作成日:2020/01/25

更新日:2020/01/26

【夢占い】好きな人と話す夢の14の意味とは?夢を見る5つの心理状態と対処方法

tamaki
tamaki

好きな人と話す夢を見ると、寝起きから少しドキッとしてしまうでしょう!それと同時に「どんな意味があるの?」と考える方が多いはず。今回は、好きな人と話す夢を見る心理や意味をシチュエーション別に紹介していきます♪夢の内容から自分自身の心理や状態を知って、恋愛に活かしていきましょう!

好きな人に話し「かける」「かけられる」では夢の意味が異なる

同僚と一緒に話す男女

好きな人と話す夢でも「かける」と「かけられる」では意味が大きく異なるものです。

まずはその違いから解説しましょう!

話しかける場合

好きな人に話しかける夢は、自分がアクションを起こしたい気持ちの表れ。

恋愛に対して本気になっている証ですし、想いが強い状態です。

しかし、「現実では上手く話せないという不満やストレスが夢に出ている」という捉え方もできます。

 

話しかける夢ばかり見てしまうときは、一度自分自身と向き合うようにしましょう。

また、抱えているストレスや不満を解消するためにリフレッシュするのもおすすめです。

話しかけられる場合

好きな人から話かけられる夢だった場合は、話した内容が起こるかもしれないという暗示になっています。

つまり、好きな人から話しかけられてデートに誘われたり楽しく会話できたりすれば、この先良いことが現実に起こるでしょう。

 

一方で、良くない内容だと流れが悪くなるサインと言えます。

焦らず気を引き締めるようにしましょう!

好きな人と話す夢を見る心理

好きな人と話す夢を見る心理

好きな人と話す夢を見るのには、自分の心理状態が関係しているものです。

気持ちを整理するためにもどのような心理が関係しているか解説していきましょう。

心理状態①:好きな人と話すことを望んでいる

「好きな人と話したいけれど、なかなか上手くいかない」という状態の方は多いでしょう。

そうなると好きな人と話したい欲求が成長していきます。

 

現実で叶えたいことが夢に出るのはよくあること。

好きな人と話せずストレスや不満が溜まっているのであれば、今の状況を分析して解決するためのアクションを起こしましょう!

心理状態②:好きな気持ちが強い

好きな人と夢の中でも話しているというのは、気持ちの強さの表れです。

つまり「本気で恋をしている」と胸を張っている状態です。

夢でも好きな人と話しているのであれば、想いに偽りはないと捉えて良いでしょう。

 

また、寝ているときまで考えてしまう相手とはなかなか出会えないものです。

今の恋愛に全力を注いでみましょう!

心理状態③:欲求不満になっている

欲求不満も好きな人と話す夢を見てしまう心理です。

想いを寄せる人と「もっと親しくなりたい」「一緒にいたい」「2人きりで遊びたい」という満たされない欲求が夢となって出ているのでしょう。

不満が溜まっているときに好きな人と話す夢を見た場合は、消化できるよう動くことをおすすめします。

心理状態④:恋愛について悩みを抱えている

好きな人と話す夢を見るのは、恋愛についての悩みが影響しています。

諸説ありますが、夢は寝る直前まで考えていたことなどが内容になりやすいです。

つまり、眠っているときも好きな人と話しているということは、頭の中が恋愛でいっぱいになっています。

 

灯りを消してからも恋の悩みについて考えていませんか?

もしそうなら、一度リフレッシュしましょう!

心理状態⑤:特に何もない

夢というのは不思議なものです。

そのため好きな人と話す夢を見たからとはいえ、何の心理も絡んでいないこともあります。

感情の振れ幅が大きい人は夢についてあまり深く考えないのもおすすめです!

好きな人と話す夢の意味:良いシチュエーションの場合

良いシチュエーションの男女

好きな人と話す夢といっても、シチュエーションはさまざま。

実は、その一つひとつで意味が異なるものです。

まずは、良いシチュエーションだったときの意味について解説していきますね。

意味①:好きな人と楽しく話する場合

好きな人と笑い合ったりラブラブ感があったりと楽しく話す夢は、良い流れになっているという暗示。

想いを寄せる人がこちらに好意を持っているサインと言えます。

今後恋愛が良い方向へ進んでいくでしょう。

 

また、好きな人から話しかけられているのであれば、冒頭で紹介した通り現実で起こるかもしれません。

夢の中とはいえ好きな人と楽しく話せた場合は、大いに喜び期待して日々を過ごしましょう。

意味②:相手から話しかけられる場合

相手から話しかけられたケースは話した内容が現実で起こる暗示です。

それに加えて、運気が良い方に流れているサインや想いを寄せる人から話しかけられたいという欲求が表に出たと言えます。

会話が盛り上がったのであれば、2人の距離感は縮まっていくことでしょう。

意味③:笑顔を見せてくれる場合

好きな人と話していて笑顔を見せてくれた場合、会話が盛り上がっているわけです。

運気の上昇や良い展開の前触れと捉えることができます。

 

しかし、自分から話しかけているのであれば、それは叶えたいシーンが夢になったという風にも考えられます。

好きな人の笑顔を見たいけど、遠くから見つめるのが精一杯。

現実でそんな状況であれば笑顔を見たい欲求が形になったのでしょう。

意味④:好きな人が良い意見をくれる場合

好きな人と話しているときに、良い意見やアドバイスをしてくれたとします。

この夢が表わしていることは、自分が気にしている部分(コンプレックスや悩み)が解決するということです。

 

例えば、「髪を切ればもっとかわいくなる」など言ってもらえるのは、「もう少し髪は短い方が良いかもしれない」と深く気にしているから。

そして、良い意見やアドバイスをもらえる夢は、その部分の解決を暗示するものです。

近いうちにコンプレックスに感じていることや不安な要素が取り除かれることでしょう。

意味⑤:日常会話をする場合

好きな人と日常会話をしている夢は、もっと親しくなって恋愛関係になりたいという気持ちの表れ。

友達としては仲が良かったりしばらく親展がなかったりしたときに見てしまいます。

 

夢の中では日常会話だけで終わってしまっても、現実ではそうはいかないようアクションをしましょう。

一度友情関係が生まれてしまうと恋愛へ発展しにくくなりますからね。

積極的なアプローチや相手から見てドキッとするような行動をとって恋心を芽生えさせましょう!

 

ちなみに、まだ現実では会話もしたことないのにこの夢を見た場合は、良い方向へ進んでいる暗示とも言えます。

話しかけられて日常会話をしたなら期待してみてください!

意味⑥:告白される場合

好きな人と話しているときに告白される夢は、自分が望んでいる結末です。

「想いを告げられたい」「相手から告白されて付き合いたい」など強く思っているでしょう。

望みが形になったと言えます。

 

告白される夢は嬉しいですが、危険な意味があることもあります。

実は夢占いでは望みが叶うといった良すぎる展開は逆の結果を暗示します。

現実では上手くいっていないサインとして捉えましょう!

 

このままでは後悔する結果になるかもしれないので、一度自分と好きな人の関係性について見直すことがおすすめです。

「夢の中で告白されたから現実でも上手くいく!」と浮かれるのではなく、より真剣に臨むようにしましょう!

意味⑦:公園デートで話す場合

公園を歩きながら2人で話す夢は、今後大きな展開を迎えるというサインです。

些細なことがきっかけで距離が縮まったり、他に魅力的な異性が現れたりするでしょう。

いずれにせよ、公園で話している夢を見たのであれば、少し気を引き締めてください!

意味⑧:電話で話している場合

好きな人と話す夢の中でも、電話が登場すると良い意味があります。

通話が盛り上がって長時間続けば、現実では両想いの可能性が高いです。

 

恋が大きく動くサインともいえるので気を引き締めましょう!

また、電話を「掛ける」と「掛かってくる」だと意味が異なるので解説しておきますね。

掛ける場合

自分が電話を掛けるのであれば、気持ちを伝えたいサインです。

「そろそろ告白したい」「恋の結果が知りたい」という状態のときに夢を見ます。

 

もちろん、「通話をしてみたい」という欲求が形になっている場合もあります。

いずれにせよ、電話の夢は良い意味があるので、現実でも動き始めてみてはどうでしょうか?

掛かってくる場合

掛かってきたのであれば、相手が自分に伝えたいことがあるサインです。

恋が良い方向へ進み出す暗示と言えます。

告白のタイミングが近づいて来ていると捉えても良いでしょう。

 

しかし、掛かってきたのに会話が盛り上がらない場合は悪い流れになってしまう暗示と捉えられます。

通話が上手くいかずに終わってしまったのなら、現実では注意して動きましょう!

好きな人と話す夢の意味:悪いシチュエーションの場合

怒っている男女

好きな人と話す夢でも、悪いシチュエーションだと不安になってしまうでしょう。

しかし、中には良い暗示やサインと言えるものもあります。

それでは、悪いシチュエーションだったときの意味を見ていきましょう!

意味①:好きな人から怒られる場合

夢の中で好きな人から怒られてしまう夢は、決して悪いことをしてしまったサインではありません。

自分の寂しさや構って欲しさの表れです。

 

本当は「もっと一緒にいたい」「甘えたい」「想いが届いて欲しい」そんな気持ちを抱えているときに見ます。

自分に正直になって行動してみると良い結果を招くかもしれません。

 

それに、怒ることは相手がこちらを想っているからこそです。

つまり、この夢は恋愛が良い方向へ進むサインと言えます。

 

ですが、怒られた箇所は自分が気にしている部分でもあるので、直す努力をしてくださいね!

あまり落ち込まず、前を向いて行動していきましょう。

意味②:悪い話題について話す場合

好きな人と悪い話題やマイナスな話、深刻なことを話しているのはトラブルが起きるサインです。

内容が重いほど降りかかる災難も大きいと言えるでしょう。

そして、この夢を見てしまったら、「自分が相手に何かしていないか?」など数日間を振り返ってください。

 

思い当たる節がなかったとしたら、相手を怒らせたり傷つけたりしないよう気をつけて接するようにしましょう。

せっかく深めた関係を壊さないようにしてください!

意味③:話しているけど素っ気ない場合

好きな人と話しているけどどこか素っ気ない夢。

こちらも、悪い意味ではありません。

自分が抱える好きな人と上手くいっていない不安が夢に出ている状態です。

 

むしろ、素っ気なかったり冷たかったりする夢は、2人の関係性が深くなっていくことを表わしています。

夢の中で少し辛い思いをしても、現実では幸せが近づいてきているはず。

悲観的にならず明るくいきましょう!

意味④:ケンカをしている場合

ケンカをしている夢はあなたが抱える不満や強い想いの表れです。

つまり、片想いのモヤモヤや告白したい気持ちがあふれている状態だと言えます。

逆夢ともいえるので、現実ではケンカとは反対に距離が縮まるでしょう。

 

また、口ゲンカを通り越して暴力沙汰に発展した場合も良い意味を持っています。

恋が良い方向へ進んでいるサインなので、夢でケンカしても不安にならないでください。

意味⑤:会話が盛り上がらない場合

会話が盛り上がらない夢は相性の悪さの暗示。

もしくは、自分自身が相手と良い関係になれるか迷っているサインです。

 

何を話してもイマイチ会話が続かずに途切れてしまう場合は、2人の相性がそれほど良くないのかもしれません。

しかし、初対面のように話していたり、お互いに反応を伺っていたりするのであれば問題ないです。

意味⑥:好きな人が別の異性の話をする場合

好きな人が別の異性の話ばかりしてくる夢は、ライバルを恐れる気持ちの表れです。

取られてしまいそうな焦りや、自分がライバルより劣っていると感じているのではないでしょうか?

 

しかし、夢の中では負けていても、現実では違います。

より一層自分磨きに精を出して魅力的な人物を目指しましょう!

好きな人と話す夢を見たときの対処法

好きな人と話す夢を見た女性

好きな人と話す夢を見たのであれば、さまざまな行動を起こすことがおすすめです。

具体的にどのようにすれば良いのか対処方法をお蔦していきましょう!

対処法①:自分の気持ちを整理してみる

好きな人と話す夢は基本的には自分の気持ちが表れているものです。

そのため、夢の内容に従って気持ちを整理してみましょう。

一人の時間を増やしたり入浴しながら考えたりするのが効果的です。

 

また、好きな人の夢を見る時点で相手への想いは強めなので、今後どうするべきかをテーマにしましょう。

「アプローチして打ち解けていくのか?」「いつ告白するか?」などです。

好きな人と話す夢をきっかけに、恋愛を良い方向へ進めていきましょう。

対処法②:直接会って話してみる

夢にまで好きな人が出てくるということは、会いたい気持ちや想いが高まっている状態と言えます。

そんなときは直接会って話してみるのことおすすめです。

相手と現実で関わることで流れが変わるかもしれません。

 

夢を見たからといって避けたり慎重になったりせず、しっかりとアプローチをしていきましょう。

運気の流れも関係していますが、恋愛は駆け引きです。

テクニックを使って落として、自分の良さをアピールしていきましょう。

対処法③:夢の内容についてあまり考えない

好きな人と話す夢を見ると、意味について考えたり不安に陥ったりするものです。

しかし、夢占いを信じるか信じないかは自分で決めましょう。

あまり考えずにアクションを起こすのも対処法の一つです。

 

ダメなのは、夢の意味に囚われてしまい何もできなくなってしまうこと。

悪い夢だったとしても、流れに逆らうくらいの気持ちで恋愛に臨みましょう。

 

せっかく気持ちが強い時期なので無駄にしてはいけません。

良い夢は受け入れて悪い夢は気にしないなど自分の中でラインを作っておくと楽になります。

対処法④:意味について考える

好きな人と話す夢の意味について考えてみることもおすすめです。

自分の気持ちや心理が表れているものなので、自分自身を知れたり今後の展開を読めたりできます。

 

例えば、好きな人に話しかける夢であれば、「相手に対して強い想いを抱いて行動したいと考えている」などです。

夢は、このように客観的に自分自身や現在の状況を表わしてくれます。

 

すべて夢のとおりというわけではありませんが、せっかく見たのであれば少し考えてみましょう。

何か大切なことが見えてくるものです。

対処法⑤:友達に相談する

好きな人と話す夢が悪いシチュエーションの場合、自分が抱えている不安が大きくなっている証です。

精神的にストレスを抱えていたり恋愛に対して疲れてしまっている状態といえます。

 

そんなときは誰かに相談するのが解決への近道です。

頼れる友人や同僚に悩みを打ち明けてみましょう!

相談すれば良い意見が返ってくることもありますし、吐き出したことでスッキリするものです。

 

一方、一人で抱え込んでしまうと、いつの日か限界がやってきます。

恋愛に疲れて意欲がなくなる前に頼りましょう!

対処法⑥:もう一度寝る

夢の途中で目覚めてしまったりよく覚えてなかったりする場合は、もう一度寝ると続きが見られるかもしれません。

時間に余裕があれば二度寝してみるのも対処法の一つです。

とはいえ、逆に夢の記憶が抜けてしまうこともあるので注意しましょう。

 

また、もう一度寝ることで別のシチュエーションが見られる可能性もあります。

たまには疲れをとってスッキリしましょう!

まとめ

スッキリしている女性

今回は、好きな人と話す夢の心理や意味、対処法について紹介しました。

夢は自分の気持ちや不安が形になっているものなので、見た際はひとまず落ち着くようにしましょう!

良い夢を見たからといって思い通りに進むわけではありませんし、悪い夢を見たからといって全部ダメになるわけではありませんからね。

 

大切なのは自分自身がどこまで恋愛に対して真剣になれるかです。

悪い流れでもアプローチや努力次第で切り抜けることはできます。

良い流れでもテキトーに過ごしていては幸せはつかめません。

夢の内容から意味や自分自身の心理を知って、しっかりとアクションを起こしていきましょう!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

tamaki

tamaki

97年生。職業フリーライター。マッチングアプリを使っていくつもの出会い・恋愛を繰り返してきました。趣味は心理の分析と人間の行動や特徴の観察です。経験を活かした記事をお届けし、皆さんの恋活のサポートをします。

他の記事も見る

TOPへ