作成日:2020/02/04

更新日:2020/02/05

【解明】女性からLINEでデートに誘う方法は?切り出し方や男性に誘わせるコツ

tamaki
tamaki

「気になる男性をLINE(ライン)でデートに誘いたい!」そう考える女性は多いでしょう!実際、女性から誘うことはアリですし、待っている男性もいます。そこで、今回はLINEで女からデートへ誘う心得・切り出すコツ・テクニック・断られたときの対処方法などを詳しく解説します。デートを誘いたいと考えている彼がいる女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

LINEで女からデートへの誘う際の心得

OKサインを出す女性

LINE(ライン)で女からデートへ誘う際の心得を知っているかどうかは、成功率を左右するポイントです。

見切り発進でメッセージを送ってしまうと後悔することになります!

では、女性から男性を誘う際に気をつけるべきポイントはどういった点でしょうか?

心得①:男性のタイプを見極める

LINEで女からデートを誘うときは、相手がどのようなタイプかを見極めましょう。

最低でも、「草食・肉食」のどちらかは知っておきたいところです。

 

普段のメッセージの中で褒めてきたりグイグイきたりすれば肉食ですし、奥手な感じがすれば草食と言えます。

彼のタイプによって誘い方も変わってくため、まずはメッセージのやり取りで相手を知りましょう。

心得②:男性の暇な時間を調べる

デートに誘うには、相手が暇なときを狙うと効果的です。

返信をもらいやすいですし、予定を立ててもらえるからです。

 

そのため、デートに誘う前のLINEで比較的返事が早い時間帯や休日をリサーチしておきましょう。

忙しいときにデートしたいと言ってもOKはしてくれないものです。

心得③:グイグイ行きすぎない

男性は、女性を追いかけたいと考えているケースが多いです。

そのため、グイグイ行きすぎるのは避けましょう。

 

例えば、メッセージのやり取りを始めてすぐに誘うなどは控えておいた方が良いですよ。

始めはきちんと会話を楽しみ、相手のタイプを分析してください。

 

その後は、彼の性格や恋愛傾向に合わせて誘い方を考えましょう。

草食なら「デートしたい」など大胆で良いですし、肉食なら彼から誘ってくるように仕掛けることをおすすめします。

心得④:最初から充実したプランを望まない

男性は、付き合う前のデートでもお金を出そうと考える方が多いです。

そのため、女から誘ってきて「遊園地に行ってディナーはここで……」とガッツリプランを言われると気が遠くなってしまいます。

 

それに、会話が弾むかわからない人と1日一緒にいるのはなかなかハードです。

初めてのデートは食事だけなど軽いものにしましょう!

 

長いデートは打ち解けてきてからすれば大丈夫です。

焦らず食事を繰り返しましょう。

心得⑤:凝った言葉は使わない

LINEを放置するのは男性あるあるです。

一瞬でも「後で返せばいいや」と思うと本当に返さないので話が進みません。

 

そのため、普段のやり取りから凝ったことばや長文は避けたいところです。

デートの誘いも長々とするよりも「〇〇行きたい」くらいシンプルにしましょう!

心得⑥:「断られる=脈なし」ではない

デートを誘って断られてしまったとしましょう。

女性としては酷く落ち込むかもしれませんが、実は脈なしと決まったわけではありません。

 

交友関係の広い男性だと、週末は大抵用事が入っていたり、平日は他の予定があったりします。

先約優先なので、女性に気が合ったとしても断るものです。

 

そのため、1回断られたくらいで落ち込む必要はありません!

勝負は始まったばかりですよ。

LINEで女からデートの誘いを切り出す際のコツ

LINEでのメッセージのやり取り

LINE(ライン)で女からデートの誘いを切り出すのにはコツがあります。

何も知らずに声を掛けてもなかなかOKはもらえません。

では、どのような点に意識して誘えば良いのでしょうか?

コツ①:2人で出掛けたいアピールをする

LINEで女からデートを誘う場合は、2人で出掛けたいアピールをすることがおすすめです。

「一緒にいるだけで楽しそう」「この間食べたステーキが美味しかったから2人で行きたい」など事前に話しておきます。

 

すると、男性も気になっている場合は「俺も遊びたい」「行ってみたい」など返すものです。

そこで「じゃあ今度行こう」と言えばデートの約束ができます。

 

いきなり「デートしよ!」と伝えるのも良いですが、こうして話の流れから誘うとスマートです。

返事もすぐにもらえますよ。

コツ②:行きたい場所があると話す

「〇〇っていうお店行きたい」「〇〇(地名)に行ってみたい」など行きたい場所を話すこともデートを誘うコツです。

しかし、ただ自分の好みを言うだけでは普通の会話になってしまいます。

 

なるべく、彼が食いついてきそうな場所へ行きたいと切り出しましょう!

「俺も気になってた」「行ったことあるけどすごいよ」といった返信を狙いたいところです。

 

後は簡単で、「じゃあ一緒に行こう」「案内してよ~」など気軽に誘えば良いのです。

男性も行きたい場所であれば、ちょうど良い機会だと思ってOKしてくれるでしょう。

コツ③:流行りのスポットについての話題を出す

SNSやテレビで紹介される流行りのスポット。

「行ってみたい」と思うのは自然なことです。

そんなスポットを使うコツがあります。

 

まずは、SNSでそのスポットのスクリーンショットを撮り、男性へ送信します。

その際、「ここ行ってみたい!」とメッセージをつけます。

 

そこで彼が食いついてきたら「一人で行くの怖いし、一緒に来て欲しい!」などと誘いましょう。

相手が少しでも行きたいと思っていればOKしてもらえますよ。

コツ④:食べ物についての話をする

男性は、食事を楽しみにしている人が多いです。

仕事で疲れているときこそガツンと決めたいなんて思っています。

 

そのため、食べ物の話題は興味津々です。

「好きな食べ物」「最近行ったお店」など食事のトークを始めると、自然な流れでデートを切り出せます。

初回のデートは食事くらいにしておいた方が良いので、食べ物で攻めましょう!

コツ⑤:男性のおすすめな店について質問する

女性をエスコートできるほど恋愛している男性なら、任せることも手段の一つです。

彼に「おすすめなお店ある?」と尋ねれば、自分がよく行く自慢のお店を紹介してくれるはず。

 

そこで、「連れて行って欲しいな」「一緒に行きたい」と誘いましょう。

女性をリードしたい男性なら快くOKして、当日は完璧なまでに導いてくれます。

 

草食系には通用しませんが、彼の女性経験が多いなら「おすすめのお店ある?」の質問からデートすることは簡単です。

連れて行ってもらったら「美味しいお店知ってるなんてさすが!」といったように褒めると、すぐに距離を縮められますよ。

コツ⑥:急に誘う

急にデートに誘うの切り出すコツです。

例えば「いきなりごめん!今日って空いてる?」「一緒食べるはずだった人がダメで……もし良かったらどう?」など送ります。

OKがもらえたら成功ですが、よほどのノリの持ち主以外は断るものです。

 

そこで落ち込むのではなく、「じゃあまた今度ね!いつが空いてるかな?」とスムーズに誘いましょう。

ある程度仲良くなっていないと使えない手段ですが、切り出し方としては効果的ですよ。

コツ⑦:理由を話す

デートを切り出す際に行きたい理由を話すのもコツの一つです。

「相談事がある」「2人きりで話してみたい」「一人で行くのは怖い」など何でも大丈夫です。

こうして理由をきっちり話すことで「信頼されてる」と思ってもらえるため、警戒心を解くことができるのです。

 

それに、「誰でも良いわけではない」というアピールになるもの。

誘う際は理由を伝えるだけで、OKをもらえる可能性がアップしますよ。

女性からではなく男性に誘わせるLINEの方法

LINEしている男性

女性から切り出すことも良いですが、できれば男性からスマートに誘われたいと思う女性もいるでしょう。

そこで、うまく男性に誘わせるコツを伝授しましょう!

先ほど紹介したコツとも似ているところもあり、誘う場合にも使えるためぜひ覚えておいてくださいね。

方法①:趣味を合わせる

デートに誘わせるなら、趣味を合わせることがおすすめです。

彼がラーメン屋巡りが好きなら「最近ラーメンにハマってて」など伝えます。

そうすれば、グイグイ食いついてくるはず!

そのまま会話を広げていき「一緒に食べたら楽しそう」などほのめかせば誘ってきてくれます。

 

映画・カラオケ・好きなアーティストなど、デートにつながりそうな趣味は被せていきましょう!

「最近始めた!」と伝えると、彼は色々教えたくなるので会話が弾みますよ。

方法②:行きたい場所の話をする

行きたい場所の話は、誘わせるときにも使える方法です。

「〇〇に行ってみたい」と相手が興味ありそうなスポットの話題を出します。

 

そのまま女性からは誘わず会話を広げていけば、そのうち彼の方から切り出してくれるものです。

打ち解けるきっかけにもなるため、行きたい場所の話は必ず入れるようにしましょう。

方法③:会いたくなる情報を明かす

デートとは、会うことです。

誘われるためには「会いたい」と思われる必要があります。

そこでおすすめなのが「美容室行ってイメチェンした!」「髪色変えてみた!」など気になる情報を明かすことです。

 

彼は「どんな感じ?」とLINEで質問してきますが、写真は送らず「会えば見られるよ!」と返します。

女性に少しでも気があれば、さまざまな手を使ってデートを取り付けようとしてくるもの。

他にも、「新しい服を買った」「メイクを変えた」など、男性が会いたくなるような情報を明かしましょう。

デート当日を盛り上げるLINEテクニック

スマホを使って喜ぶ女性

デートの約束ができたからといって、達成感に浸るのはまだまだ早いです。

本番は当日ですし、ドタキャンされる可能性もなきにしもあらず。

 

しかし、前日に「ある」LINEをすれば、デートを盛り上げられ、しかもキャンセルを防げます

では、一体どんなメッセージなのでしょうか?

テクニック①:「明日楽しみ!」

デートの前日に「明日楽しみ!」と送ると、ドタキャンを防ぐ効果があります。

さすがにウキウキしている様子を見せられてしまえば、男性は断るなんてできません。

 

それに、「自分とのデートを楽しみにしてくれている」と思ってもらえるため、当日はリードしようと頑張ってくれます。

前日に予定を確認しながら「明日楽しみ!」と送りましょう。

テクニック②:「男性と出かけるの久しぶり!」

自分がフリーであるとアピールできるのが「男性と出かけるの久しぶり!」です。

身の周りに遊ぶ異性がいないと遠回しに伝えられますし、聞いた彼は「自分は特別に思われている?」と思うようになります。

彼も気合いを入れて来てくれるでしょう!

 

このテクニックは、脈ありをさりげなく伝えて、女性として意識させる効果があります。

しかし、嘘だとバレると軽い女認定されるため、当てはまる方のみ使ってくださいね。

テクニック③:「ドキドキして上手く話せないかも」

デート当日は、上手く話せるか不安になるでしょう。

そんなときは前日に「ドキドキして上手く話せないかも」と送ることをおすすめします。

 

「緊張している⇒脈あり」と思ってもらえますし、上手く話せなくて彼を不安にさせることはありません。

男性にとってキツいのは、理由もわからず女性がしゃべらなかったり楽しそうにしていなかったりすることです!

テクニック④:「今日は眠れなさそう」

ワクワクしている感を伝えたいなら「今日は眠れなさそう」と送るのがおすすめです。

心の底から楽しみにしていると思ってもらえますし、夜でもLINEに付き合ってもらえます。

明日のプランなどを眠くなるまで話しましょう!

 

しかし、朝が早い場合は寝坊に注意してください。

起きる6時間前くらいには切り上げて、しっかり睡眠を摂りましょう。

寝不足で肌が荒れてしまっては後悔しますよ!

テクニック⑤:「明日はよろしくお願いします!」

「女性には礼儀正しくあって欲しい」そう思う男性は少なくありません。

それに、女性からデートを誘っているのであれば「明日はよろしくお願いします!」と伝えるのがマナーです。

前日には送るようにしましょう!

 

もし、仲が良いなら「よろしく!」だけでも大丈夫です。

送るだけで「いい子だなぁ」と思ってもらえますし、奢ってあげたい気持ちも芽生えます。

そして、当日会ったときも挨拶しましょうね。

テクニック⑥:「オシャレして行くね!」

彼を前日からドキドキさせたいなら「オシャレして行くね!」と送りましょう。

かわいい姿を想像して楽しみになりますし、良い男と思われるため頑張ってくれます。

 

当日は褒めてくれたり、全力でエスコートしたりしてくれるでしょう。

何より、女性が本気のオシャレで行けば想いが伝わり、彼も本気になってくれます。

 

せっかくのデートなら精一杯かわいい姿を見せましょう!

また、このときに男性が好きな系統の服を着るとより良いアプローチになりますよ。

LINEで女からデートに誘うときの注意点

悩んでいる女性

LINE(ライン)で女からデートに誘うときは、気をつけたいポイントがあります。

一歩間違えると断られる原因になってしまうこともあります。

それでは、注意点をしっかり確認してください!

注意点①:消極的にならない

LINEで女からデートに誘うときは、消極的になってはいけません。

モタモタしていると他の女性に取られてしまいますよ!

そのため、デートを誘いたいと思うならしっかりアクションを起こしましょう。

 

まずは、行きたい場所をアピールしたり男性の好きな食べ物を聞いたりすることがおすすめです。

日常会話をして彼がどのようなタイプの人間かわかったら、デートを切り出していきましょう。

注意点②:誤字・脱字をしない

LINEは文章によるメッセージツールです。

そのため、誤字・脱字に注意しましょう。

上手く伝わらなくなりますし、丁寧ではないと思われます。

 

現在は送信取り消しのシステムもあるので、間違いを見つけたら打ち直してください。

通話でデートを誘う場合は明るく聞き取りやすい声を意識して話し、終了後に決まった予定をメッセージで送信すると忘れ去られませんよ。

注意点③:すぐに返信しない

彼からメッセージが返ってくると嬉しくなりますが、すぐ反応することはおすすめしません。

早く返しすぎると「俺も急がないと……」など相手に気を遣わせてしまうからです。

 

そのため、30分くらいクッションを置いてから反応するのがおすすめです。

ただ、彼がすぐに返信してくるのであれば、女性も合わせましょう!

注意点④:長文を送らない

男性は、一般的にLINEが苦手な傾向にあります。

そのため、長文は受けつけないものです。

 

送ってしまうと、流されたり返信を後回しされたりします。

できるだけシンプルな文章を送ると良いですよ。

 

画面表示3行くらいがベストです。

デートの誘いもシンプルな感じにするとOKがもらえます。

注意点⑤:断られても不機嫌にならない

デートの誘いをした結果、断られてしまったとします。

そんなときに不機嫌になるのはNGです。

冷たい文章を送ったり既読無視をしたりするのはやめましょう!

 

男性にも予定があるため、OKをもらえる方が少ないです。

1回断られたくらいで脈なしと決めつけず、「そっか!また今度だね!」など明るく振る舞ってくださいね。

デートに断られてしまったらどうする?

あれこれと悩む女性

デートに断られることは、誰しもが通る道。

そんなときにどう対処するかで、今後の展開が変わるものです。

では、OKをもらうためにも対処方法を覚えておきましょう!

対処方法①:しつこくしないで日常会話へ

断られてしまったときに「プランが嫌だった?」「どうしてダメなの?」などしつこく尋ねることはNGです。

OKどころか、LINEしてもらえなくなってしまうからです。

 

あっさり身を引いて日常会話に戻りましょう!

後日また誘えば大丈夫なので、決して焦らないでくださいね。

対処方法②:予定が空いている日を聞く

良い感じの彼をデートに誘って断られるのは、すでに予定が埋まっていたケースが目立ちます。

「いつなら大丈夫そう?」など尋ねてみましょう。

 

すると、空いている日を教えてくれて、予約が取れるかもしれません。

「じゃあ〇日ね!」と返せばデートの誘いが成功します。

対処方法③:彼の好きなものをリサーチする

断られてしまった後は、彼の好きなものをもう一度リサーチしてください。

プランに魅力を感じなかった可能性が高いです。

 

日常会話の中で質問を増やして好みやライフスタイルを把握すると、誘い方も見えてきますよ。

また、「LINEで女からデートの誘いを切り出す際のコツ」の見出しに戻って、男性が好きそうなスポットの話題を出すなどアピールしましょう!

まとめ

手をつなぐ男女

LINE(ライン)で女からデートに誘う際は、とにかく相手の好みを知っておくことが大切です。

いかに「行きたい」「会いたい」と思わせるかが勝負と言えます。

 

そのため、デートを誘う前にLINEのやり取りをしっかり行い、アピールと男性の情報集めをしましょう!

好みとライフスタイルさえ分かっていれば怖いものはありません。

 

あとは、勇気を出して誘いのメッセージを送るだけ。

今回紹介したテクニックやコツを使って、素敵なデートをしてくださいね!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

tamaki

tamaki

97年生。職業フリーライター。マッチングアプリを使っていくつもの出会い・恋愛を繰り返してきました。趣味は心理の分析と人間の行動や特徴の観察です。経験を活かした記事をお届けし、皆さんの恋活のサポートをします。

他の記事も見る

TOPへ