fbpx

作成日:2020/02/16

【必見】中学生が成功する告白の仕方は?LINE(ライン)はアリ?失敗しても諦めるな!

drkun
drkun

「告白したいけど、まだ中学生だしどうやったら良いかわからない……」「恥ずかしくて告白できない……」そんな風に思ってはいませんか?中学生でも、しっかりと準備すれば、告白は成功できるものです♪今回は、中学生の告白の仕方を、タイミングやおすすめの場所、セリフ・言葉に分けて解説します。告白に失敗したとしても、まだ諦めるの早いですよ!

中学生が告白する前にすべきこと

中学生のカップル

中学生に限らず、告白を成功させるには準備が大切です。

準備がしっかりできていれば、落ち着いて告白できるのでうまくいきやすいからです。

ここでは、中学生が告白する前にすべきことを一気に解説していきますね!

  1. できるだけ話しかける
  2. 恋人がいるかを確認する
  3. LINE交換する
  4. グループで遊びに行く
  5. できたら2人だけで遊びに行く

告白前の準備①:できるだけ話しかける

まず、できるだけ好きな人に話しかけてください!

異性に話しかけられると嬉しいですし「自分に好意があるのかな?」と思って意識してしまうからです。

 

中学生になって男女の会話が減っているからこそ、できるだけ話しかけて相手の印象に残るようにしましょう。

話す内容は、勉強の話やテレビの話がおすすめですよ。

告白前の準備②:恋人がいるかを確認する

せっかく良い感じになって告白したのに、相手に恋人がいてはうまくいきません。

まず、相手に恋人がいるかどうか確認しましょう!

 

もしも恋人がいる場合は、諦めるか、相手が別れるまでチャンスをうかがうようにしてください。

無理して付き合うように言うことは絶対にやめてくださいね!

告白前の準備③:LINE交換する

もしも2人ともスマホ持ちなら、LINE(ライン)交換することをおすすめします。

学校の外でもやり取りできることが重要だからです

仲良くなったときに気軽に遊びにも誘えますからね。

 

LINEを交換したら、できるだけメッセージを送って楽しくやり取りするようにしましょう。

学校では話しづらいという人でも、LINEなら人目を気にせず話しかけられますよね!

 

LINEで好きな人との距離を少しずつ縮めていきましょう。

絵文字やスタンプを使って愛想良くするのがコツですよ。

告白前の準備④:グループで遊びに行く

いきなり一対一のデートに誘うのはハードルが高いですよね。

仲良しでも恥ずかしいですし、まだあまり仲良くないときに誘うのはかなり勇気がいります。

 

そこでおすすめなのが、グループで遊びに行くという方法。

グループなら恥ずかしい気持ちになりませんし、みんなと遊んでいるときに話しかけて仲良くなれます。

 

友達が協力してくれるなら、二人で話せるようにうまく後押ししてもらうこともできるでしょう。

みんなとの時間を楽しみつつ、さり気なく話すとうまくいきやすいですよ!

告白前の準備⑤:できたら2人だけで遊びに行く

できるなら、2人だけで遊びに行くようにしてください。

2人で遊びに行くことが一番距離を縮められるからです。

おいしいご飯を食べに行ったり、カラオケに行ったりして楽しい時間を過ごしましょう!

 

もちろん、どちらかがスマホを持っていない、部活や勉強で忙しいといった理由があって休日に会うのが難しいなら、無理しないで大丈夫。

その場合は、学校や帰り道などでできるだけ話してコミュニケーションを取るようにしてくださいね。

告白を成功させたいなら気をつけたいこと

悩んでいる女子中学生

告白は適当にやっても成功しません。

中学生が告白を成功させたいなら、次の7点に気をつけてください!

しっかりと注意点を守って告白すれば、好きな人にオッケーをもらいやすくなりますよ。

  1. 相手のことを考える
  2. 脈ありか考えて告白する
  3. 周りを気にしない
  4. 焦って告白しない
  5. 告白するときはモジモジしない
  6. 人前で告白しない
  7. 返事を待って欲しいと言われたら素直に待つ

注意点①:相手のことを考える

告白のタイミングを、自分の都合だけで決めようとしていませんか?

自分が良くても、相手にとっては不都合なタイミングがあるんです。

 

例えば、好きな人の大事な試合やテストの前に告白しても、相手は集中を乱されて困ってしまいます。

「どうして今告白するの?」と思うわけです。

自分が告白して相手がどう感じるか、しっかり考えてあげて告白しましょう!

注意点②:脈ありか考えて告白する

自分が好きでも、明らかに脈なしの相手に告白しても玉砕するだけです。

相手の反応をよく見て、脈ありかどうか判断してください。

  • 相手からも話しかけてくれる
  • 2人きりの時によくしゃべる
  • 特別優しくされる気がする

といったことがあるかどうかチェックしましょう。

 

脈なしの場合は、相手の好意がアップするまで告白は避けた方が無難です。

もっと親密になれるように積極的にアプローチしてみてください!

注意点③:周りを気にしない

中学生で恋愛の話になると、周りがからかってくることが多いですよね。

ちょっと褒めただけなのに「〇〇のこと好きなの?」と言い出す人もいます。

 

また、恋愛を小ばかにしてからかうような人もいます。

特に、男子に多いですよね。

 

周りの声を気にしていたら、中学生で恋愛するのは不可能です。

「自分は好きな人と楽しく過ごしたいんだ」と開き直る気持ちを持ちましょう。

大事なのは2人が楽しいかどうかですからね。

注意点④:焦って告白しない

他にライバルがいるとか、好きな人との距離がうまく縮まらないといった理由で焦って告白する人がいます。

しかし、焦って告白しても失敗することが多く、取り返しのつかないことになりかねません。

焦る気持ちがあっても、グッとこらえて我慢してください!

 

今の相手との距離感や本当に今告白しないと駄目なのかといったことを、もう一度よく考えてから告白しましょう。

あまり臆病になってもいけませんが、動けばいいというものでもありません。

注意点⑤:告白するときはモジモジしない

告白するときは、モジモジしないように気をつけてください。

特に男子がモジモジしていると、好きな人に「ハッキリして欲しい」「頼りにならない」などと思われて振られる可能性が高いからです。

 

女子の場合でも、あまりにもモジモジしていると、男子はイライラしてしまいます。

「早く話してよ」と思われてしまうからです。

 

告白するときは、もういくしかないという気持ちでいてください。

自分の気持ちを思い切り伝えて、好きな人をゲットしちゃいましょう!

注意点⑥:人前で告白しない

よく、体育祭の終わりとか遊園地など、みんなの前で告白する人っていますよね。

憧れる気持ちはすごくわかりますし、成功したら最高の思い出になります。

 

でも、これって実はすごく相手にとってしんどいことなのです。

だって、人前で告白されたらオーケーするしかないですよね!

もしも断ったら、最高に気まずくなってしまいます。

相手が周りに「空気読めよ」と言われて責められることもあるでしょう。

 

告白する側は良いかもしれませんが、される側にとってはマイナスが大きすぎるんです。

もしも好きな人のことを本当に大切に思うなら、人前で告白するのはやめましょう。

注意点⑦:返事を待って欲しいと言われたら素直に待つ

自分が告白したとき、相手に返事を待って欲しいと言われるかもしれません。

その場合は、素直に待ってあげてください。

返事をせかすことはせず、1週間くらいは待ってあげたいところです。

 

もしも相手が受験や試合など「〇〇が終わるまで待って」と言って来たら、素直にしたがいましょう。

好きな人も中学生で付き合うのは勇気がいりますから、慎重になってしまうのです。

好きな人の気持ちを汲み取ってじっくりと待ちましょう。

中学生のLINE(ライン)での告白はアリ?

LINEで告白する中学生男子

中学生の中には、直接会っての告白は緊張するから、LINE(ライン)でサラッと告白したいという人もいるでしょう。

そこで気になるのが、LINEでの告白はアリかナシかということですよね。

 

結論から言うと「アリ」です。

例えば、LINEで好きな人がいるのかという話題になったときに、実は好きなんだと伝えることは自然ですよね。

このように、LINEのやり取りで「今いける!」と思ったときは、好きな気持ちを伝えても良いのです。

 

ただし、LINEでの告白は軽くて嫌だという人もいるので要注意。

特に、真面目な性格の人は、ちゃんと会って話して欲しいと思うことが多いです。

 

話の流れでいけそうならLINEで告白しても良いですが、できれば対面か電話で告白するのが無難です。

相手のタイプをよく見て、LINEで告白するかどうか決めてくださいね。

中学生におすすめの告白タイミング

恋している中学生女子

中学生で告白するタイミングは、意外とたくさんあります。

ここでは、中学生におすすめの告白タイミングを10種類紹介します。

自分ならどのタイミングで告白できそうか考えながら読んでみてくださいね!

タイミング①:体育祭

体育祭ってすごくテンション上がりますよね。

みんなが勝利のために一致団結してものすごく盛り上がります。

 

そんなハイテンションな状態ですから、告白するとオーケーもらえる確率が高いんです。

体育祭の興奮によってドキドキしているので、告白したときに自分でドキドキしていると錯覚しちゃうんですね。

普通の日に比べると成功することが多いですよ。

タイミング②:修学旅行

修学旅行のときは、男女関係なくみんな浮ついています。

一応「修学」とついているものの、やっぱりみんな遊び気分なんです。

 

そのため、普段とは異なる環境ということもあって、告白も成功しやすいです。

勢いでオーケーしてもらえる可能性も高いので、思い切って告白しちゃいましょう!

タイミング③:卒業式

別れでセンチメンタルな気分になっている卒業式。

みんなと離れたくないという気持ちになっていることや、もう会えなくなるかもという思いのがあるので、告白は成功しやすいです。

 

また、卒業式は告白の定番だという意識があるので「もしかしたら自分も誰かに告られるかも?」という気持ちがあり、告白を受け入れる準備ができています。

素直にオーケーしてもらいやすいので狙い目ですよ!

タイミング④:高校の合格発表後

多くの中学生が気になるのが、自分が高校進学できるのかということ。

進路も決まらないうちに告白されても、恋愛のことなんて考えられないという人もいます。

 

そこで、高校の合格発表が終わったタイミングで告白してみましょう。

合格してホッとしているタイミングなので、気が緩んでいてオーケーしてもらいやすいですよ。

タイミング⑤:長期休みに入る前

長期休みに入るとなかなか会えなくなってしまうので、できればその前に告白したいところ。

テストが終わって開放感があるため成功しやすいからです。

また、長期休みは遊びに行くチャンスが多いという特徴もあります。

 

例えば、夏休みなら祭り、花火大会、プールなど遊びに行きやすいですよね。

冬休みもクリスマスがありますし、イルミネーションを見に行くことができます。

 

なので、長期休みに入る直前を狙って恋人になることをおすすめします。

成功したら、2人で最高の休みを満喫しちゃいましょう!

仮に失敗しても、長期休みに入るため気まずくないというメリットがありますよ。

タイミング⑥:お祭りや花火大会

2人でお祭りや花火大会に出かけて、その場で告白する方法です。

イベントで気持ちが盛り上がっていますし、お祭りや花火大会に誘われた時点で、相手も告白を意識しています。

 

脈ありの可能性が高いので、かなりおすすめの告白タイミングです!

良い雰囲気になったタイミングか、別れ際で告白しちゃいましょう。

タイミング⑦:相手の誕生日

相手の誕生日を狙って、お祝いと同時に告白しちゃおうという作戦です。

誕生日を覚えてもらっている時点で嬉しいですし、そんな相手から告白されたらドキッとしちゃいます。

相手の誕生日によっては告白しづらいですが、いけそうなら候補日の一つとして考えてみるのも良いですよ。

タイミング⑧:遊びの別れ際

遊びの別れ際は、ちょっと寂しい気持ちになるものです。

楽しかった時間が終わってしまうとか、もっと一緒に遊んでいたいと思うんですね。

 

つまり、普段よりも人を求める気持ちが強くなっているわけです。

なので、告白するとうまくいきやすいです。

もっと楽しい気持ちでいたいという気持ちから、オーケーしやすい心理になっているのです。

タイミング⑨:塾帰り

好きな人と一緒の塾に通っているなら、塾帰りに声をかけて告白するのもアリです。

学校や外で呼び出して告白するのが難しいという人は、塾帰りを狙ってみましょう。

他の友達がいることも多いので、相手に声をかけてちょっと呼び出して告白すると良いですよ!

タイミング⑩:夜電話しているとき

対面での告白が難しい場合は、電話で告白することになります。

夜に電話しているときに好きと伝えて告白しましょう!

「夜」というのがポイントで

  • お互い落ち着いて話せる
  • ちょっと寂しい気持ちになりやすい
  • 昼よりもドキドキしやすい

といった理由から告白が成功しやすいのです。

できれば、金曜日や土曜日など、翌日休みの日が翌日を気にせずじっくり話せるのでおすすめです。

中学生におすすめの告白場所

授業を受ける中学生

告白は、タイミングだけではなく場所も大事です!

ここでは、中学生におすすめの告白場所を紹介しますね。

おすすめ場所①:放課後の教室

放課後の教室は、告白の定番場所。

誰もいない放課後の教室って、いつもいる教室と違って独特の雰囲気があります。

 

そんな中に2人きりになって告白する……とてもロマンティックだと思いませんか?

学校やクラスによっては2人きりになるのは難しいかもしれませんが、もしもできそうなら告白しちゃいましょう!

おすすめ場所②:学校で人目がつかないところ

体育館裏や学校の裏門など、人目がつかない場所があるはずです。

そこに好きな人を呼び出して、告白しちゃいましょう!

 

人目がつかない場所なので、告白に集中できますよ。

わざわざ外に呼び出すのはちょっと……と感じる人におすすめの場所です。

おすすめ場所③:近所の公園

「学校や周りに見つかりそうだから無理!」という人におすすめなのが近所の公園です。

近所の公園なら友達に見つかることも少ないでしょうから、告白しやすいです。

公園に呼び出して一緒にお喋りを楽しみ、その流れで告白すればスムーズですよ!

おすすめ場所④:家の前

どちらかの家の前で告白するのもアリです。

特に、遊びの帰りだったら告白成功しやすいですよ。

そのままバイバイと言わず「待って」と声をかけて、告白しちゃいましょう。

おすすめ場所⑤:自宅

電話告白のときは、落ち着いて話せる自宅での告白がおすすめです。

外で電話していると周りの音がうるさくて相手が聞こえにくいですし、自分も恥ずかしくて素直な気持ちが伝えづらいでしょう。

余計な邪魔が入らないので自宅での電話告白がおすすめ!

中学生におすすめの告白の言葉・セリフ

仲の良い中学生カップル

中学生だと、まだ告白のときって何を言えば良いのかわからないですよね。

「好き」と言えば良いことに間違いありませんが、他に何か言った方が良いのかどうか気になるところでしょう。

 

ここでは、中学生におすすめの告白セリフを3つお伝えします。

これらのセリフを参考にして、自分なりにアレンジしちゃいましょう!

告白の言葉・セリフ①:「ずっと前から好きでした。付き合ってください」

ずっと前から好きだと入れることで、一途に思っていることを伝えられます。

軽いノリで告白しているんじゃないと伝わるため、誠実さと本気なのをアピールできますよ。

告白のセリフ②:「〇〇なところが本当に好きです。彼女(彼氏)になりたいです」

具体的にどういうところが好きか入れることで、本気なんだとアピールする方法。

ただ「好き」と言われるよりも、どこが好きなのか言ってもらった方が嬉しいと感じるものです。

ちゃんと見たうえで選んだことが伝わるので、疑い深いタイプも受け入れてくれますよ。

告白のセリフ③「〇〇と話していると本当に楽しい。もっと話していたい。ねえ付き合わない?」

ちょっと軽い感じの告白のセリフです。

いま楽しいし、これからもたくさん話したいという自分の気持ちをシンプルに伝えています。

確かに話していて楽しいと相手が思ってくれる可能性が高いのもポイントです!

【ポイント】シンプルに理由付きで好きだと伝える

告白セリフのポイントは、シンプルな言葉にすることです。

シンプルな方が伝わりやすいからです。

変に豪華な言葉は使わなくて良いのです。

 

また、告白セリフの②と③のように、「理由付き」の方が説得力があってオッケーしてもらいやすいです。

シンプルで理由付きで告白するのが最強ですよ!

告白して振られたときにやるべきこと

告白して振られたときにやるべきこと

頑張って告白しても、もちろん振られてしまうことがあります。

ここでは、もしも振られたときにどうすれば良いのかお伝えしますね。

振られたら①:相手に感謝の気持ちを伝える

まず、相手に感謝の気持ちを伝えてください。

「気持ちを聞いてくれてありがとう」「仲良くしてくれてありがとう」といった言葉を伝えてください。

 

そうすることで、相手を不快な気持ちにさせないからです。

相手も振って気まずい気持ちがありますから、自分から気遣ってフォローしてあげましょう!

振られたら②:相手を責めない

振られたら、相手を責めたくなるかもしれません。

「どうして付き合ってくれないの?」かとか、「なんでこんなに仲良くしてたのに駄目なの?」とか言いたくなるでしょう。

 

でも、相手にも事情があります。

他に好きな人がいるかもしれませんし、今は恋愛できないと思っているかもしれません。

また、自分が気づかないうちに相手をムッとさせることを言っていた可能性もあります。

 

振られるには必ず理由があるんです。

自分の気持ちを受け入れられなくてつらい気持ちはすごくわかりますが、好きな人に当たり散らすことだけはやめてください!

もう二度と仲良くなれなくなってしまいますよ。

振られたら③:周りに言いふらさない

振られた腹いせに、周りに言いふらすことは絶対にやめましょう。

噂になってしまいますし、周りが好きな人を責めるかもしれません。

好きな人の立場が悪くなるので、周りに言いふらさないようにしてください。

 

つらい気持ちを誰かに聞いてもらうのは良いのですが、信用できる一人に話すだけに留めておきましょう。

周りにむやみやたらに話すと、トラブルにつながりやすいですよ。

振られたら④:音楽を聴いて思いきり泣く

振られたときは、とてもつらい気持ちになります。

つらい気持ちがそのままだと、勉強も部活もやる気がなくなり、どんどん力がなくなってしまいます。

 

恋愛で生活に支障が出るのはマズいです。

自分の元気がなくなると、振った相手も罪悪感で苦しむことになります。

 

そこでおすすめなのが、音楽を聴いて思いきり泣くこと。

音楽を聴けば感情が出やすいですし、思いきり泣くことで気持ちがスッキリします。

 

休みの日や寝る前などに音楽を聴いて思いきり泣く日を作りましょう!

泣いてスッキリしたら、気持ちを切り替えて前向きになりましょう。

振られたら⑤:もっといい女(男)になるんだと気合いを入れ直す

好きな人に振られることはつらいですが、そこで止まってはいけません。

今自分は、心も体も成長する中学生です。

数ヶ月もすれば大きく成長することになります。

 

数ヶ月失恋を引きずっている自分と、気持ちを切り替えていい女(男)になろうと努力した自分とでは、成長度に大きな差が出ます。

できるだけ早く気持ちを切り替えて気合いを入れ、もっと素敵な人になるように努力を重ねましょう!

もっと魅力的になれば、まだチャンスはありますよ。

振られたら⑥:チャンスはまだまだあると考える

振られてしまったら、すべてが終わりだと思ってはいませんか?

告白は何度もできるものです。

 

いまが駄目でも、しばらくして再告白すればオーケーをもらえるかもしれません。

ネガティブな気持ちを吹き飛ばして「再チャレンジしてやる!」と思うのが大事ですよ。

振られたら⑦:どうやったら好かれるか作戦を練り直す

振られたら、どうして振られたかよく考えてください。

そして、自分をどう改善できるのか考えてみましょう。

  • 見た目を磨いてオシャレになる
  • 勉強やスポーツを頑張ってクラスで目立つようにする
  • 自分ばかり話さず好きな人の話を聞くようにする

このように、できることは必ずあるはずです。

自分がどうやったら好かれるのか、じっくりと考えてみてくださいね。

まとめ

元気な女子中学生

中学生での告白は、準備をきちんとすることがポイントです。

告白までにたくさん話をする、遊びに行くなどして、コミュニケーションを重ねてください。

告白方法は、今回解説した内容を参考にして、自分なりに計画立ててみてくださいね。

 

また、振られてもそこで終わりではありません!

中学生はチャンスがありますから、諦めないことが大事ですよ。

前向きな気持ちを持って、好きな人をゲットしちゃいましょう。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

drkun

drkun

他の記事も見る

TOPへ