作成日:2020/02/23

【解明】付き合って半年の彼氏の気持ち10選!確かめる方法とマンネリ解消方法

drkun
drkun

付き合ってから半年が経ち、関係が安定してきたものの「彼氏の気持ちがわからない」と感じるということはありませんか?交際当初と彼氏の態度が変わり、彼女としては物足りなく感じることもあるでしょう!今回は、そんな付き合って6ヶ月の彼氏の気持ちを男性心理に触れながら解説します。

付き合って半年の彼氏の気持ちとは?

男心がわからない女性

付き合って半年の彼氏の気持ちは、交際当初と異なっていることが多いです。

よくあるのが、以前はすごく気を使ってくれてLINE(ライン)も多かったのに、今はあまり気を使ってくれずLINEの頻度も少なくなってきたというもの。

彼女としては、彼氏が何を考えているのかわからず不安になってしまうんですね。

 

付き合って半年の彼氏は、彼女に対してポジティブなこともネガティブなことも考えています。

ポジティブとネガティブどちらに傾いているかは、人によって異なるものです。

この記事で彼氏がどんな気持ちになっているのか知って対策を練り、彼氏のネガティブな気持ちをなくしちゃいましょう。

付き合って半年の彼氏の気持ち:ポジティブ編

付き合って半年の彼氏の気持ち:ポジティブ編

まずは、付き合って半年の彼氏のポジティブな気持ちから紹介します。

彼女が最近の彼氏に物足りなさを感じていても、彼氏はポジティブな感情を抱いていることはよくあるんですよ!

気持ち①:一緒にいて落ち着く

半年一緒にいて「本当に落ち着くな」と心から思っている素直な気持ちです。

一緒に家でのんびり過ごしているときや、話をしているときに「やっぱりこの子といると落ち着くな」と感じることが多いです。

 

日ごろ勉強や仕事で疲れている男性は、彼女に安らぎを求めます。

素の自分を出して楽にできる彼女は、男性にとって貴重な存在なのです。

付き合って半年になり、彼女は彼氏にとってなくてはならない存在になっているわけですね。

気持ち②:安定の関係になれた気がする

交際当初は「すぐに別れるんじゃないか」という不安があるもの。

また、付き合って3ヶ月目も別れるかどうかの山場だと言われることが多く、まだまだ緊張感があります。

 

しかし、半年くらいになると関係が安定してくるので、緊張感がなくなって男性は安心します。

「彼女と安定の関係になれたな」と思ってホッとするんですね。

一緒にいるのが当たり前になっているわけです。

気持ち③:いつも一緒にいたい

付き合って半年で彼女に対する好きの気持ちがどんどん高まっているというパターンです。

「半年ずっと一緒いたけどやっぱり好き、これからも一緒にいたい」「離れていると寂しい、いつも一緒にいれたらいいのに」など、彼女にベタベタする気持ちでいっぱいです。

 

付き合って半年になると、この後にお伝えするようになのようなネガティブな感情を抱く男性も多いもの。

このパターンのように、彼女が好きすぎてたまらないと思う男性もいるのです。

気持ち④:そろそろ同棲したい

付き合って半年になったし、そろそろ同棲したいという気持ちです。

特に社会人カップルの彼氏にありがちな気持ちです!

 

結婚を意識しているため、そろそろ同棲して準備をしたいなと思っています。

また、彼女が大好きなので、できるだけ一緒にいたいという気持ちから同棲を望むこともあります。

気持ち⑤:本音が言いやすくなった

付き合ってすぐは相手に好かれたいという気持ちがあるので、なかなか本音が言えないものです。

付き合って半年になると、お互いの良いところも悪いところも見え相手に慣れてくるため、本音が言いやすくなったと感じるのです。

 

彼氏の気遣いが減ったと感じるのは、彼氏が冷たくなったのではなく、彼氏が本音を言うようになって素を出すことが増えたからなのかもしれません!

付き合って半年の彼氏の気持ち:ネガティブ編

ネガティブな男性

付き合って半年の彼氏は、ネガティブな気持ちになることも少なくありません。

いろいろなパターンがありますが、一言で言えば彼氏はマンネリな気持ちを抱えています。

 

付き合って半年経って彼女に慣れたことがマイナスに作用しているわけです。

具体的にどのような気持ちのパターンがあるのかお伝えしていきましょう!

気持ち①:ドキドキ感がなくなった

最初は、誰しも彼女にドキドキしているものです。

好きな人と一緒に付き合っているわけですから、ドキドキしないはずがありません。

 

しかし、ずっと一緒いると一緒にいることが当たり前になり、最初の頃のようにドキドキしなくなります。

特別彼女を意識しなくなるため、彼氏は「最近こいつでドキドキしないな……」と感じるようになるわけです。

気持ち②:嫌なところも見えるようになった

付き合ってしばらくは、相手の良いところばかり見てしまいます。

あばたもえくぼということわざがあるように、悪いところもいいように見えてしまうとか、良いところしか見えなくなるということが起きてしまうのです。

大好きという気持ちがフィルターになって、ある意味彼女を正しく見れなくなっています。

 

しかし、付き合って半年にもなると、彼女に慣れてきて彼氏も冷静になります。

好きの気持ちが落ち着くことでフィルターが外れ、悪いところも見えるようになるんです。

結果「嫌なところもあるな…」と感じるようになり、彼氏はモヤモヤすることが出てきます。

気持ち③:前よりも気遣う気になれない

最初は「彼女に好かれたい」「嫌われたくない」「喜んで欲しい」といった気持ちが強いため、彼氏は彼女を気遣うものです。

しかし、付き合って半年経つとそんなに頑張らなくていいとわかるので、前よりも気遣う気持ちが減ります。

好きな気持ちが落ち着いていることもあり、能動的に気遣おうとしなくなるんですね。

気持ち④:デートは楽なもので良い

最初は気合いを入れていたデートも、しばらくすると「楽なもので良いや」と思うようになります。

ネタが尽きたとか、デートに力を入れる必要がなくなったというのが理由です。

 

女性からすれば、デートに力を入れないのは何事だという気持ちになるかもしれません。

しかし、彼氏は「彼女が自分を好きだからもう前みたいに頑張らなくても良い」という気持ちになっているんです。

気持ち⑤:彼女より他のことを優先したい

付き合ってしばらくは彼女が最優先という男性は多いです。

しかし、関係が安定すると、欲が出て彼女以外のことを楽しみたいと思うようになります。

 

安心したら、他に目がいくのが男性心理なのです。

決して彼女を嫌いになったわけではないのですが、他に目がいく余裕ができたことで、彼女よりも他のことをしたいという気持ちになっています。

付き合って半年の彼氏の気持ちが冷めやすい理由

冷めたカップル

付き合って半年の彼氏は、どうしてマンネリ化して気持ちが冷めやすいのでしょうか?

ここでは、気持ちが冷めてします主な理由を3つ解説します。

理由①:自分のものになったと思うから

よくあるのが、彼女が自分のものになったから頑張る気持ちがなくなったというパターンです。

今までは彼女をゲットして関係を安定させるために必死でしたが、関係を安定したことでやり切ったような気になってやる気がなくなるんです。

ゲームクリアしたような気持ちになるので、以前ほど熱心でなくなるわけです。

理由②:頑張らなくても別れないだろうと思うから

付き合って半年が経ち一緒にいるのが当たり前になると、彼氏はもう頑張らなくても彼女は側にいてくれるだろうと考えます。

油断というか安心した気持ちになり、彼女への熱意がなくなってしまうのです。

 

ある意味、彼女に甘えている怠けのような気持ちが出ています。

このタイプの男性は、彼女が不機嫌になったり、別れをちらつかせたりすると慌ててまた頑張るようになりますよ。

理由③:恋愛ホルモンが減ってドキドキしなくなったから

私たちが好きな人を見てドキドキするのは、恋愛ホルモンであるPEAフェニルエチルアミンの影響が強いです。

この恋愛ホルモンが分泌されることで一種の興奮状態になってドキドキするわけです。

 

この恋愛ホルモンは、半年も過ぎるとだんだんと出なくなっていきます。

結果としてドキドキ感が減り、マンネリにつながるというわけです。

付き合って半年の彼氏の気持ちを確かめる方法

カップル

彼女としては、付き合って半年の彼氏の気持ちが冷めているかどうか知りたいですよね。

そんな方は、次の4つの方法を駆使して彼氏の気持ちを確認してみてください!

方法①:一緒にいるときの態度を見る

一緒にいるときの彼氏の態度を見るという方法です。

  • 気遣ってくれるか
  • わがままを聞いてくれるか
  • 表情はどうか

といったことをチェックしてください。

 

一緒にいても「まったく気遣ってくれない」「わがままを言うと嫌そうな顔をする」「目が笑っていない」といったことがある場合は要注意!

気持ちが冷めている可能性があります。

彼氏の態度をよく観察して、本音を引き出しましょう。

方法②:今の気持ちを本音で語り合う

一人でモヤモヤするのってすごくつらいですよね。

彼氏とこれからも長く付き合っていくことを考えると、今の気持ちを本音で語り合うことがおすすめです。

 

お互いに言葉にしないと、思っていることはわからないもの。

彼女は「彼氏に嫌われたかも……」と思っていても、彼氏は彼女のことが大好きかもしれません。

お互いに不満や今感じていることをぶつけ合って、今後どうすれば良いか話し合ってください!

方法③:距離を置く

あえて少し距離を置いて、彼氏の様子を探る方法です。

距離を置いても彼氏が平気そうに過ごすのか、それとも「やっぱり近くにいたい」などと言ってくれるかどうかで彼氏の気持ちがわかります。

距離を置くことで見えることもあるので、試しにやってみることもおすすめです。

 

ただし、そのまま自然消滅で別れることがないように気をつけてください。

距離を置くときはきちんと理由を説明した上で置くようにしましょう。

方法④:LINEの返信を遅らせる

わざとLINEの返信を遅らせて、彼氏の反応を見るという方法です。

彼氏に好きという気持ちがあるなら、不安を見せたり心配してくれたりするはずです。

元々お互いあまりLINEしないタイプなら使えませんが、頻繁にやり取りするタイプなら彼氏の気持ちを確認するのに使えますよ。

付き合って半年の彼氏にしてはいけないこと

NGサイン

付き合って半年の彼氏に不安を感じることもあるでしょうが、彼女がしてはいけないことがあります。

ついついやりがちなこともあるので、もしもやっていることがあったらすぐにやめましょう!

してはいけないこと①:不安になって彼氏を責める

不安な気持ちに耐え切れなくなって彼氏を責めてはいけません。

確かに自分の気持ちを伝えるのは大事ですが、彼氏を責めて良いわけではありません。

 

彼氏は自分だけ悪者にされたような気分になり、不愉快だと感じます。

下手すると「もういい」と思われて振られるリスクもあるので注意してください。

気持ちを伝えるときは、あくまでも「冷静に」です。

してはいけないこと②:構ってもらって当たり前だと思う

彼氏が優しくていつも構ってくれるからといって、それを当たり前だと思ってはいけません。

あくまでも、彼氏が彼女に優しくしてくれるから成り立っているんです。

 

いつも優しい彼氏でも、時には不満を感じることがあります。

「自分ばかり尽くしている……」という気持ちになることもあるんです。

構ってくれる彼氏に感謝する気持ちを忘れないようにしましょう!

してはいけないこと③:好きじゃないと言う

付き合って半年にもなると、彼氏と何でも言い合えるようになりますよね。

そうなると、ポロッと相手が傷つくようなことを言うことも増えます。

 

例えば、喧嘩または冗談で彼氏に「好きじゃないから」と言うことが挙げられます。

彼女は「本心は好きなんだから彼氏はわかってくれるはず」と思っているかもしれません。

 

しかし、彼氏は彼女の言葉を重く受け止め「好かれていないなら、もうやっていけない」と感じるかもしれません。

お互いが好きで付き合っているわけですから、根底を覆すようなことは言ってはなりません!

してはいけないこと④:彼氏の悪いところばかり見る

付き合って半年もすれば、お互いの悪いところが見えてきます。

当然彼女も、彼氏の悪いところが見えるでしょう。

だからといって彼氏の悪いところばかり見るのはNGです。

 

悪いところばかり見る癖がつくと彼氏のことをどんどん減点して見るようになり、彼氏の言動が気に入らなくなっていきます。

彼氏どころか彼女も好きな気持ちがなくなってしまい、別れにつながるのです。

悪いところを見るなとは言いませんが、そればかりにならないようにしてください。

してはいけないこと⑤:彼氏を諦める

彼氏に期待できることは、これ以上ないなどと考えてはいませんか?

彼氏に期待し過ぎないことは大事ですが、かといって彼氏を諦めるのも良くありません。

 

なぜなら、そうした全く期待しない気持ちは彼氏に伝わるから。

彼女に期待されていないと思うと、彼氏は寂しくみじめな気持ちになってしまうのです。

してはいけないこと⑥:結婚を迫る

お互いよく話し合ってもいないのに、いきなり結婚を迫ってはいけません。

「半年付き合ったんだからそろそろ……」という気持ちがあるのはわかります。

 

しかし、彼氏が準備できていないときに強引に結婚を迫っても逃げられるだけです。

間違っても、彼氏の部屋に『ゼクシィ』を置くといったことはやめてください!

付き合って半年のマンネリ解消方法:デート編

ラブラブカップル

付き合った半年の彼氏とのマンネリを解消したいという女性もいることでしょう。

そういった気持ちを持っている彼女のために、マンネリ解消方法を解説しますね。

まずは、デート編からお伝えしていきます。

方法①:季節ならではのデートを楽しむ

夏なら海、冬ならイルミネーションというように、季節ならではのデートを楽しむ方法です。

季節ならではのデートは一年でその時期にしかできないので、マンネリを感じにくいのです。

新鮮な気持ちになるので、マンネリを解消できますよ。

方法②:いつもと違うデートをする

「いつも家で会っている人は外に出かける」「カラオケばかりという人は水族館に行ってみる」というように、いつもとは異なるデートをする方法です。

マンネリ解消のポイントは刺激を取り入れること。

 

いつもと違うデートをすることで、デートに刺激を生み出すわけです。

彼女からおもしろそうなスポットを提案して、二人でデートプランを考えてみましょう!

方法③:旅行する

いつもと違うデートをすることと関連しますが、旅行もおすすめです。

いつも行かない場所に行く時点で刺激的ですし、遠出するワクワク感があってデートが楽しく感じられます。

どこに行きたいか話し合うだけでも楽しいですよ!

方法④:思い出の場所でデートする

付き合い始めの気持ちを思い出してマンネリ解消するという方法です。

二人の思い出の場所に行けば、懐かしさもあって甘酸っぱい気持ちになれます。

こういうこともあったねと語り合うと楽しいですよ!

方法⑤:体を動かすデートをする

スポーツなど体を動かすデートもおすすめです。

体を動かすのは良い刺激になるからです。

 

また、動くことで心臓の鼓動が速くなり、恋愛的にドキドキしているんじゃないかと錯覚する効果も期待できます。

大きな刺激になるので、インドアのカップルにこそおすすめです!

付き合って半年のマンネリ解消方法:コミュニケーション編

仲が良くなった男女

付き合って半年の彼氏がマンネリの気持ちになっているときは、コミュニケーションの取り方にも気を配ってください。

ここではコミュニケーションに注目したマンネリ解消方法を5つ解説しましょう。

方法①:些細なことでも相談する

些細なことでも相談するのは、とてもおすすめです。

次のような理由からです。

  • 彼氏が彼女に頼られて嬉しいと感じるから
  • 何でも話すことが当たり前になりすれ違いを防げるから
  • コミュニケーションの頻度が増え好きな気持ちが復活しやすいから

彼氏に重いと思われないようにする必要はありますが、このようなメリットがあるのでおすすめです。

方法②:付き合い始めの頃の話をする

付き合い始めの頃の思い出話をして、最初のドキドキ感を思い出すという方法です。

「どうして相手と付き合っているのか」「どこが好きだったのか」といったことをお互いに思い出せます。

 

マンネリなのは好きの気持ちが薄れているせいです。

そうであるなら、好きな気持ちを思い出そうという作戦です!

方法③:二人の将来について話す

今後二人の関係をどうするのか話し合うことも効果的です。

例えば、同棲や結婚についてどう考えているかお互いの考えを話し合います。

二人の将来について考えて目標ができれば、何となく付き合うという状態から脱出できますよ。

方法④:されて嫌なことを改めて共有する

されて嫌なことを改めて共有するという方法です。

相手が好きなものはわかっていても、されて嫌なことは意外とわからないことが多いです。

相手に察して欲しいと思うのではなくお互い自分から伝えて、相手にわかってもらう努力をしましょう。

方法⑤:愛情を言葉にする

「好き」「嬉しい」「ありがとう」など、愛情やポジティブな感情は言葉にしないと伝わらないものです。

言わなくてもわかると思っていると、相手が不満や寂しさを感じてしまうんですね。

 

好きな人に「好き」とか「ありがとう」などと言われると嬉しいですよね!

もっといろいろしてあげたくなります。

 

マンネリの原因は、お互いの存在や行動が当たり前になり、気持ちを出さなくなっていることかもしれません。

恥ずかしい気持ちもあるでしょうが、積極的に気持ちを言葉にするようにしてみてください。

付き合って半年のマンネリ解消方法:一人編

運動する女性

マンネリになってしまった付き合って半年の彼氏の気持ちを考えると、「彼氏にどうにかして欲しい」とか「彼氏との関り方をどうこうしよう」と考えがち。

もちろんそれも大事ですが、マンネリ解消には彼女一人で行動することも大切なんですよ。

これからお伝えする方法から、これだと思うものを試してみてください!

方法①:自分磨きをする

自分磨きをして心も体も魅力的になることで、彼氏が惚れ直すことを期待する方法です。

オシャレに気を使うようにするだけで、彼氏は「おっ」と思って綺麗だと感じます。

自分磨きは自分のプラスになって絶対に損にならないのでおすすめです!

方法②:一人の時間を楽しむ

彼氏とのマンネリに悩んでいるときは、彼氏のことで頭がいっぱいになりがちです。

気づかないうちに視野が狭くなり、良くない行動をすることも増えてしまいます。

 

彼氏と良好な関係を続けていくには、一人の時間を楽しむことも大事なんですよ。

一人の時間を楽しむ心の余裕がある人の方が、魅力的に見えますからね!

 

また、狭くなった視野を広げる効果もあります。

一人の時間が充実していると、些細なことで彼氏に不満を持つのも減るのでおすすめです。

方法③:彼氏の行動を当たり前に思わない

彼氏が優しくしてくれるのを当たり前と思っていませんか?

日頃の二人のコミュニケーションを振り返ってみて、彼氏が自分にどれだけ優しくしてくれているか考えてみましょう。

 

気づかないうちに、彼氏がいろいろなことを負担してくれているかもしれません。

気づかず甘えている可能性があるので、一度自己チェックしてみてください!

方法④:半年記念のプレゼントを考える

半年記念をしないカップルもいますが、せっかくですからマンネリ解消のきっかけにやりましょう。

彼氏が喜ぶようなプレゼントを考えて、実際に渡してプレゼントするのです。

 

彼氏が喜んでくれそうな物を考えることで彼女はまた彼氏を好きだなと思えるでしょうし、彼氏の方も彼女からのプレゼントをもらって嬉しい気分になりますよ。

方法⑤:友達や家族との時間を大事にする

一人の時間を楽しむことと似ていますが、狭くなった視野を広げて冷静になる意味でも、友達や家族との時間を大事にすることがおすすめです。

いろいろな人と関われる人は魅力的ですし、親しい人たちと話をしてストレス発散できます。

彼氏にたくさん時間を割いているのに関係がうまくいかないというときは、リフレッシュも兼ねて友達や家族と過ごすようにしてみてください。

まとめ

ラブラブな男女

付き合って半年の彼氏の気持ちは、安心する気持ちとマンネリの気持ち両方あり得ます。

彼氏の気持ちを確かめて、今後どうすれば良いかよく考えてみましょう!

 

彼氏とマンネリ化している人は、二人の間にいい刺激を入れるのがおすすめ。

いつも同じことをしているという状態から脱すれば、マンネリも自然と解消できますよ。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

drkun

drkun

学生時代に心理学を専攻していたこともあって、人の心理にとても興味があります。今まで多くの恋愛を経験し、同時に他の人の恋愛も数多く見てきました。特にネット恋愛など最近の恋愛の形に強いです。よろしくお願いします!

他の記事も見る

TOPへ