fbpx

作成日:2020/03/22

更新日:2020/03/24

【体験談】ネットナンパとは?ナンパ師が教えるテクニック・おすすめアプリ&サイト

山下
山下

「女性と気軽に出会いたい」という方におすすめなのが「ネットナンパ」です。道端で声を掛ける「ストリートナンパ」と違って警戒されにくいですし、たくさんの女性と出会えます。しかし、具体的にどのようにしてネットナンパすれば良いかわからない方も多いですよね。そこで、今回はナンパ師である男性筆者がネットナンパの具体的な流れやおすすめのサイトを紹介します!

ネットナンパとは

ネトナンする男性

ネットナンパとは、一言で言えば「ネットでするナンパ」で、一般的に「ネトナン」と称されています。

その目的は、ストリートのナンパと同じく、女性とセックスすること。

つまり、一般的なナンパと違うのは、メインの場所が「ストリートかネットか」というだけなのです。

 

SNSやマッチングアプリが普及した昨今、この「ネットナンパ」が注目を集めています。

実際に男性の筆者は、ネットナンパでたくさんの女性とエッチしちゃった経験があります。

【体験談】ネットナンパしたエピソード

セックス中の男女

筆者は、マッチングアプリで知り合った数多くの女性とセックスしました。

ここでは、そんな筆者の体験談を紹介しましょう!

体験談①:18歳の介護士と

最初にセックスしたのが、18歳の介護士の女の子です。

とにかくかわいくて、本人も見た目に自信があるのか「暇なときは自撮りしてる」というくらいでした。

 

マッチングアプリの「Pairs(ペアーズ)」で知り合ったのですが、実際に会うと写真の数倍大人っぽくて美人。

18歳だからかノリも良く、会ったその日に二人きりでドライブできました。

 

セックスしたのは2回目のデート。

水族館デートしたあとに筆者の自宅に呼び、セックスしました。

そこからしばらくセフレの関係が続き、1日に3回セックスしたこともあります。

体験談②:24歳のピアノ講師と

次にセックスしたのは24歳のピアノ講師の女の子です。

マッチングアプリの「タップル誕生」で出会った女性です。

ものすごくエロくて、会ってもいないのに毎日「エッチしたい」「会ったら朝までやろ」とLINE(ライン)を送ってきていました。

 

だからこそ「業者なのかな?」と思っていたのですが、違いました。

業者どころか、深田恭子に似た美人さんなのでびっくりしたことを覚えています。

 

会ったその日のうちに筆者の家に読んだのですが、帰ってきた瞬間に押し倒されてセックスしました。

ナマでもOKな子で喘ぎ声も大きく、筆者が今まで会った中でも1位か2位を争うくらいにエロかったです。

ネットナンパの具体的な流れ

怪しい関係の男女

筆者がネットナンパに成功したのは、セックスまでの流れを知っていたからです。

ネットナンパには、「定石」のような定番の流れがあるのです。

ここでは、ネットナンパの具体的な流れを説明します。

ステップ①:サービスに登録する

まず、ネットナンパできるサービスに登録してください。

サービスによって女性の質や難易度は変わってきます。

おすすめのサービスは後で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ステップ②:女性にアプローチしまくる

サービスに登録したら、女性にアプローチしまくってください!

相手を選びすぎていると、なかなか前に進みません。

 

たとえば、マッチングアプリでは、マッチングしない限りやりとりできません。

たくさんの女性にアプローチしないと、セックスどころかメッセージ自体できないのです。

ステップ③:セックスできそうな女性をスクリーニングする

マッチングしたら、その中からセックスできそうな女性をスクリーニングしましょう。

具体的には、メッセージを利用して「セックスOKかどうか」を見極めます。

セックスOKな女性には、このような特徴があります。

  • 深夜に返事が来る
  • 甘えたがりで寂しがり屋
  • 彼氏と別れたばかり
  • メンヘラ
  • ノリが良くすぐに会える

ステップ④:通話して距離を詰める

ある程度メッセージで絞れたら、個別に通話して距離を詰めてください。

通話することでLINEを交換するきっかけになりますし、仲も深められるのです。

通話を盛り上げて女性をその気にさせられれば最高ですよ!

ステップ⑤:デートではシモネタを駆使してその気にさせる

デートではシモネタを駆使してその気にさせましょう。

シモネタを話さずに「ホテル行こう」と打診してしまうと、女性はいきなりの展開にびっくりしてしまいます。

 

デートの段階で「もしかすると今日セックスするのかも」と思わせることが大事です。

ただし、シモネタを言い過ぎると引かれてしまうことがあるので、メリハリをきちんとつけるようにしてください。

ステップ⑥:ハンドテストで最終確認する

ハンドテストとは、「セックスOKかどうか」の最終確認です。

お店から出たあとに、女性に手を握ってください。

握り返してくれた場合、セックスOKのサインです。

ステップ⑦:ホテルを打診する

セックスOKだった場合、ホテルを打診してください。

言い方としては、定番の「本当に何もしないから」というものや「〇〇ちゃんともっと仲良くなりたいから」といったものがあります。

 

一人暮らししている場合は、ホテルではなく自宅に呼ぶのもおすすめ。

自宅の方が女性の警戒心を解きやすいですよ。

ネットナンパにおすすめなサービス

スマホアプリ

ネットナンパする上で大事なのが「ネットナンパに向いているサービスかどうか」です。

ネットナンパに向いていないサービスを使ってもセックスできません。

ここでは3つのサービスを紹介します。

おすすめ①:SNS

SNSはTwitterやInstagramがおすすめです。

どちらも無料で登録できますし、個別にメッセージも送れるからです。

 

注意しなければならないのが、「SNSは業者など悪質なユーザーが多い」という点。

悪質なユーザーに引っかかってしまうと、トラブルになる恐れがあります。

おすすめ②:マッチングアプリ

個人的にもっともおすすめなのが「マッチングアプリ」です。

マッチングアプリは「彼氏が欲しい」と考える女性ばかりなので、すぐに仲を深めることができます。

 

注意点は、上手にナンパしないと違反報告されてしまうという点。

婚活・恋活が目的なので、「ナンパ目的だ」とわかると女性から違反報告されてしまい、アカウントを消されてしまう恐れがあるのです。

おすすめ③:出会い系サイト

出会い系サイトはマッチングアプリと違い、ナンパ目的での利用がOKです。

なぜなら、アダルト利用も認められているからです。

 

ただ、その分、性的な写真やプロフィールで男性を釣ろうとする業者も多いので気をつけてください。

また、ポイント制なので、上手に使えば安く済む分、使いすぎると必要以上にお金がかかってしまいます。

ネットナンパの成功確率を上げるテクニック:マッチングアプリ

プロのネトナン師

ネットナンパは、かならずしも成功するわけではありません。

特に、マッチングアプリに登録している女性は警戒心が強いです。

ネットナンパを成功させたい方は、ここで紹介するテクニックを実践してください!

テク①:ネットナンパに向いているアプリを使う

まず、ネットナンパに向いているアプリを使いましょう。

ネットナンパに向いているアプリとは、女性の結婚に対する真剣度が低く気軽に会えるものです。

 

婚活アプリを使ってしまうと女性の真剣度が高く、警戒されてなかなか出会えません。

出会えたとしてもガードが硬いことが多いです。

ネットナンパに向いているアプリは後述しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

テク②:写真・プロフィールに徹底的にこだわる

ネットナンパ成功の鍵は、写真とプロフィールにあります。

なぜなら、女性は男性の写真とプロフィールを見て、「会っても大丈夫だな」と判断するからです。

写真・プロフィールのコツはこちらを参考にしてください。

  • 写真はプロに撮ってもらう
  • サブ写真を5枚以上載せる
  • プロフィールは身長や年収を多少盛る
  • 「付き合ったらこんなことしたい」と自己紹介文に書く

テク③:ネットナンパを悟られない

マッチングアプリは、基本的にネットナンパNGです。

たとえば、マッチングしていきなり「会おうよ」と言ってしまうと、確実にネットナンパだとバレてしまいます。

 

あたかも婚活・恋活としてマッチングアプリに登録しているかのように振る舞ってください。

セックスするときも、「本気だったけど結果としてセックスしてしまった」という流れを目指すべきです。

テク④:LINE交換できたら女性をブロックする

LINE交換できたら、マッチングアプリ上で女性をブロックしてください。

なぜブロックする必要があるかというと、違反報告されないためです。

マッチングアプリでブロックするとお互いの画面にお互いが表示されなくなるため、違反報告されなくなるのです。

 

ブロックを怠ってしまうと、「ネットナンパだ」と思った女性に違反報告されてしまい、強制退会させられる危険性があります。

できる限り早めにLINE交換してくださいね!

ネットナンパの成功確率を上げるテクニック:出会い系サイト

次に、出会い系サイトのテクニックを紹介します。

出会い系サイトのテクニックは3つあります。

テク①:業者やパパ活・援助交際に注意

注意しなければならないのが、「出会い系サイトは悪質なユーザーが多い」ということ。

出会い系サイトにいる悪質なユーザーがこちらです。

  • 業者
  • 勧誘
  • パパ活・援助交際

パパ活・援助交際している女性はお金さえ払えばセックスできますが、ほとんどが援デリ業者です。

個人的に仲を深めるのは不可能なので注意してください。

テク②:登録時のポイントボーナスを有効活用する

出会い系サイトは、メッセージを送ったりプロフィールを読んだりするのに「ポイント」が必要です。

このポイントは、登録しただけである程度プレゼントされます。

登録時のポイントボーナスを有効活用すれば、無料で出会える可能性もありますよ!

テク③:アプリと併用する

出会い系サイトは、多くの場合「アプリ版」と「ブラウザ版」で機能が異なります。

アプリ版にはログインボーナスなどの特典があったり通知してくれたり、メリットが多いです。

一方、一部の機能が制限されることが多いため、アプリ版とブラウザ版を併用して活動することをおすすめします。

ネットナンパにおすすめのマッチングアプリ

ネットナンパのテクを身につけても、実践できる機会がないと意味はありません。

そこで、ネットナンパのテクを実践できるおすすめのマッチングアプリを紹介します。

おすすめ①:Tinder(ティンダー)

Tinder(ティンダー)

Tinder(ティンダー)は、ネットナンパしやすいマッチングアプリです。

「位置情報」で近い相手を探してくれますし、「暇だから遊びたい」という軽い理由で登録している女性が多いからです。

さらに、Tinder(ティンダー)は男女ともに無料で出会えますよ。

 

ただ、Tinder(ティンダー)は「写真」で選ばれるマッチングアプリなので、イケメンでなければ工夫が必要です。

安く手っ取り早く女性をナンパしたいイケメンには最適なアプリだと言えますね。

おすすめ②:タップル誕生

タップル誕生

タップル誕生も、Tinder(ティンダー)と同じように「写真」で選ばれるマッチングアプリです。

しかし、Tinder(ティンダー)よりも「プロフィール重視」な方が多いため、イケメンじゃなくても出会える可能性があります。

 

また、タップルにはスケジュールや目的が一緒であればすぐにデートできる「おでかけ」という機能があります。

「おでかけ」を使えば、暇な女性と簡単に出会えますよ!

 

詳しくは、こちらの記事も参考にしてくださいね。

おすすめ③:CROSS ME(クロスミー)

CROSS ME(クロスミー)

CROSS ME(クロスミー)はすれ違った相手と出会えるマッチングアプリです。

街中で「いいな」と思う女性を見つけても、声をかけると怪しまれますし、何より彼氏がいるかどうかわかりませんよね。

 

CROSS ME(クロスミー)を使うと、いつもすれ違う気になる女性と簡単に出会える可能性があります。

こちらの記事で使い方などを詳しくまとめているので、チェックしてください。

おすすめ④:Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)は累計会員数No.1のマッチングアプリです。

これまで紹介した3つのマッチングアプリよりも真面目な方が多いことが特徴です。

 

真面目な方が多いため、じっくり仲を深めないとなかなか出会えません。

しかし、「距離」で近い人を探せたり「コミュニティ」で同じ価値観・好みの相手を見つけられたりすることから、マッチングしやすいアプリだと言えます。

 

会員数が多いため、地方に住んでいる方も安心ですよ。

ネットナンパにおすすめの出会い系サイト

続いて、おすすめの出会い系サイトを紹介します。

出会い系サイトは悪質なものも多いので、ここで紹介するサイト以外は使わないようにするのが無難です!

おすすめ①:ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは、累計会員数2,000万人を超える日本最大級の出会い系サイトです。

2018年には元AKB48の野呂佳代さん主演で映画化もされました。

 

マッチングアプリと違ってアダルト利用OKなので、自分からセフレを募集している女性もいますよ。

ただし、業者も多いので気をつけてください。

 

こちらの記事で業者の見分け方を紹介しているので、参考にしてくださいね。

おすすめ②:ワクワクメール

ワクワクメール

ワクワクメールは、累計会員数800万人の出会い系サイトです。

ハッピーメールと料金の相場は同じですが、ログインボーナスや毎月のプレゼントなどでポイントを無料で手に入れられることから安く出会えます。

 

会員数はやや少なめですが、逆に言えばライバルが少ないということ。

一方、地方に住んでいる方は別の出会い系サイトやマッチングアプリと併用が必要です。

おすすめ③:イククル

イククル

イククルはSNSのような使い方ができる出会い系サイトです。

つぶやきや日記などが盛んで、他の会員と交流しながら出会えます。

 

使い方は、「ハッピーメール」や「ワクワクメール」と同じです。

「すぐにナンパしたい!」という方よりも、「ゆっくり楽しく使いながらナンパしたい」というまったり派の方におすすめです。

ネットナンパのメリット

喜ぶナンパ師

ネットナンパには、たくさんのメリットがあります。

これらのメリットに魅力を感じた場合、ネットナンパに挑戦してみることをおすすめします。

メリット①:たくさんの女性とセックスできる

ネットナンパすると、たくさんの女性とセックスできます。

ストリートナンパは成功確率が極めて低く、1日かけてもまったく出会えない場合があります。

 

しかし、マッチングアプリや出会い系サイトを使うと、いつでもどこでも大量の女性にアプローチできるのです。

大量に声を掛けられるからこそ、1日に数人の女性とメッセージでやり取りすることもできます。

中には、1日に2人以上とエッチするナンパ師も存在します。

メリット②:男としての自信が身につく

ネットナンパでたくさんの女性とセックスできれば、男としての自信が身につきます。

たくさんの女性とエッチしたということは、それだけ魅力のある男だと言えるからです。

 

男としての自信が身につくと、恋愛やセックスだけでなくビジネスや仕事の面でもプラスになります。

今まで以上に積極的になって、周囲から「変わったな」と思われる可能性もありますよ。

メリット③:女性に信じてもらいやすい

ストリートナンパと違って、ネットナンパは女性に信じてもらいやすいです。

基本的に、「真面目な男性と出会える」という前提で登録する女性が多いからです。

 

また、ストリートナンパのようにあからさまに下心が見えるわけではありません。

だからこそ、仲を深めて信用してもらうだけでサクッとデートが決まります。

メリット④:ストリートに出向かなくてもいい

わざわざストリートに出向かなくて良いことも、ネットナンパのメリットです。

ストリートナンパは現地まで足を運ばないとできませんが、ネットナンパは通勤時や寝る前など、いつでもどこでも女性に声を掛けられます。

 

たしかにマッチングアプリや出会い系サイトはお金がかかりますが、それでも毎月4,000円前後です。

4,000円ほどでたくさんの女性とセックスできると考えたら、非常に安いですよね。

メリット⑤:実際に声を掛けるわけではないから警戒されにくい

ネットナンパは警戒されにくいというメリットもあります。

ストリートナンパだと、「軽い男だな」と思われて警戒されてしまいますよね。

しかし、マッチングアプリや出会い系サイトは「声を掛けるのが当たり前」です。

 

逆に、「遊ぼう」と誘うのをためらっていると、女性は別の男性と仲を深めてしまいかねません。

素早く距離を詰めて、デートや連絡先交換に誘うようにしてください。

ネットナンパのデメリット

落ち込んでいる男性

ネットナンパは、メリットばかりではありません。

このようなデメリットがあることを知っておいてください。

デメリット①:マッチングアプリはBANされる危険性がある

マッチングアプリでネットナンパを続けていると、強制退会の恐れがあります。

婚活・恋活以外の目的を禁止しているからです。

 

強制退会させられると再登録もできません。

あきらめて別のマッチングアプリを使うことになりますが、大事なのは「強制退会させられないよう注意深く行動する」という点です。

デメリット②:出会い系サイトは業者に騙される危険性がある

出会い系サイトはマッチングアプリよりも業者が多くリスクもあります。

業者に出会ってしまうと、個人情報を悪用されたりお金を騙し取られたりする危険性があるので注意してください。

 

特に、このような相手は警戒するべきです。

  • 写真がかわいすぎる
  • メッセージやプロフィールの内容が性的
  • LINEやカカオトークの交換ができない
  • 待ち合わせ場所を指定してくる

デメリット③:SNSなどで「要注意人物」とさらされる

マッチングアプリでネットナンパを続けていると、SNSなどで「要注意人物」とさらされる危険性があります。

被害に遭った女性が、注意喚起のためにマッチングアプリ上のプロフィールを公開するのです。

さらされてしまうと、マッチングアプリで強制退会させられるどころか知り合いにバレてトラブルになる恐れも考えられます。

デメリット④:女性に対して罪悪感を覚える

マッチングアプリでネットナンパするということは、女性の恋心を利用するということでもあります。

犯罪ではありませんが、道徳的に許されることではありませんよね。

「悪いことをしている」という気分になって、逆にストレスが溜まってしまう恐れもあります。

ネットナンパの成功確率を上げるコツ

スマホを使っている男性

最後に、ネットナンパの成功率を上げるコツを筆者の経験に基づいて解説します。

ある程度ネットナンパに慣れてきたら、これらのコツを実践してみてくださいね!

コツ①:フット・イン・ザ・ドア・テクニック

フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは営業術やコミュニケーション術として有名なテクニックです。

これは、人間の「一貫性」を利用したテクニック。

具体的には、「大きな要求」をOKしてもらうためには「小さな要求」を積み重ねるのが大事というものです。

 

人間には、「OKを引き出してくれる相手のお誘いは基本的にOKしたい」と考える「一貫性」があるのです。

つまり、「ホテル行こう」と誘うときも、いきなり誘うより「ほっぺにちゅーしてよ」「手つないでよ」など小さな要求を積み重ねて誘ったほうがOKされやすいのです。

コツ②:会話は「バックトラッキング」がおすすめ

バックトラッキングとは、一言で言えば「オウム返し」です。

オウム返しすることによって、女性に「この人はちゃんと私の話を聞いてくれている」と思ってもらえるのです。

たとえば、このような形ですね。

 

「私、音楽を聴くのが趣味なんです」→「へー、〇〇ちゃんは音楽聴くのが好きなんだね。どういう音楽が好きなの?」

「こないだ変な人に出会ってしまって」→「変な人に出会っちゃったんだ? 詳しく教えてくれる?」

 

ただ、やりすぎると会話のリズムが狂ってしまうので注意してくださいね!

コツ③:ミラーリングで好感度上げる

ミラーリングとは相手に自分を「似せる」というもの。

たとえば、女性が笑ったら一緒に笑ってください。

また、女性がワインを飲んだら同じタイミングで飲みましょう。

 

これは心理学でいう「類似性の法則」を利用したテクニックです。

人間は自分と同じものや似ているものに対して、好印象を抱きやすいのです。

コツ④:個人情報を教えない

個人情報は教えないようにしてください。

個人情報を教えてしまうと、さらされたり悪用されたりする恐れがあるからです。

 

ただし、女性と仲を深めるためにはある程度の自己開示も必要です。

無理のない範囲で自分の情報を公開し、女性と距離を縮めてください。

コツ⑤:女性が嫌がった場合は身を引く

女性が嫌がった場合は潔く身を引いてください。

しつこくナンパを続けると、ブロックされてしまいかねません。

ブロックされると連絡できなくなるので注意してください!

まとめ

ネットナンパは「ネットを使ったナンパ」で、ストリートとは違いいつでもどこでも女性に声を掛けることができます。

マッチングアプリや出会い系サイトを使えば女性と簡単に出会えるため、ナンパを成功させやすいですよ。

 

ネットナンパには気をつけるべき注意点もありますが、使い方によってカバーできるものがほとんどです。

少しでもメリットに魅力を感じたら、ネットナンパに挑戦してみてくださいね!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

山下

山下

PairsからDatingまで20個以上のマッチングアプリを使いこなすマッチングアプリオタク。メインであるPairs、Omiai、with、タップルでは交際・ネトナン経験もあり。現在、はPairsで知り合った女性と交際中♪

他の記事も見る

TOPへ