fbpx

作成日:2020/03/26

【衝撃】Hな体験談を7種類男が暴露します!リアルなセックスエピソード

山下
山下

男性の筆者が今までに経験したHな体験談をまとめ紹介します。人妻とエッチした話や寝取った話、彼女とのハードなセックスの話など、7種類を厳選しました。「他の人がどんなエッチしているのか気になる」「たくさんセックスしている人って、どんな感じなんだろう?」そんな方にぜひ読んでもらいたい!

筆者のプロフィール

サラリーマン

エッチな体験談をお伝えする前に、簡単に筆者のプロフィールを紹介しておきましょう。

  • 年齢:33歳
  • 住所:大阪
  • 身長:166cm
  • 体型:普通
  • 職業:専業ライター

特になんの変哲もない男だということがわかりますよね(笑)

 

ただ、会社員ではないため人より時間的に余裕があります。

この記事では、そんな筆者のエッチな体験談を紹介します!

人妻とのHな体験談

ベッドイン

人妻のSさんは、筆者の小・中の同級生です。

学生時代はおとなしい子でほとんど関わりがなかったのですが、成人式で距離が縮まりました。

 

ひさしぶりに見る彼女は大人っぽく美人になっていました。

芸能人で言うと、顔の作りや笑った雰囲気が優香さんによく似ています。

 

筆者とSさんは成人式をきっかけにmixiなどで交流を深め、二人きりで遊ぶようになりました。

当時、Sさんは男性から人気があり他にもデートに誘われていたようでしたが、最終的に筆者と付き合ってくれたのです。

Sさんの結婚

しかし、付き合って2ヶ月もしないうちに筆者とSさんは別れてしまいました。

その後、Sさんは別の男性と結婚。

幸せを手に入れたように思えましたが、この旦那がひどかったのです。

 

浮気を繰り返しお金に無頓着で、Sさんに対して言葉によるDVを浴びせました。

避妊をまったくしないタイプだったので、Sさんとの結婚もいわゆる「できちゃった婚」でした。

 

耐えられなくなったSさんは、ひさしぶりに筆者に連絡してきたのです。

それは、別れてから10年経ったときでした。

Sさんと10年ぶりに再会

Sさんとは彼女のマイホームで会ったのですが、その理由は「旦那の収入が少ない。その上に、金遣いが荒い。副業をはじめたいんだけど、どうすれば良いか相談に乗って欲しい」というものでした。

その日、Sさんの旦那は仕事。

子どもは長男が保育園、次男がまだ幼く寝ていました。

 

パソコンを準備してSさんに副業の説明をしていると、だんだん距離が縮まっていきます。

実は、筆者はSさんに関してずっと未練がありました。

交際しているときはお互い忙しく、ほとんど会えないまま別れてしまったからです。

 

Sさんが机に向かっている体勢から、そっと抱きしめてみました。

嫌がる様子はありません。

「俺、ずっとこうしたかったんだよね」とSさんの耳元で囁きます。

Sさんと不倫セックス

「あの頃言えなかったけど、俺はSちゃんのこと本気で好きだったんだよ」

思いを伝えると、「私も……山下と結婚してたら、違う未来があったのかなって思うときがあるよ……」と言ってくれました。

それから何も言わずにキスをすると、筆者はSさんの胸に手を伸ばします。

 

「んっ……」とSさんが声を出しました。

パンツの中に手を伸ばすと、溢れそうなくらいに濡れていました。

 

次男が寝ているのを確認し、寝室へ移動。

普段、旦那と寝ているベッドで、筆者とSさんはセックスしました。

Sさんとその後

筆者としてはじっくりセックスを楽しみたかったのですが、長男を迎えに行ったり次男を起こしたり食事の準備をしたりと、Sさんにはいろいろやることがありました。

そのため、15分ほどで終了し、筆者は帰宅しました。

 

Sさんとは、その後も良好な関係を続けています。

セックスは一度きりでしたが、たまに旦那の愚痴を聞いたり副業のアドバイスをしたりしています。

彼氏持ちの女性を寝取ったHな体験談

寝取り

次のエッチな体験談は、筆者が31歳のときです。

相手は石川県出身のAさんという18歳の女性で、大阪で一人暮らししていました。

 

どういう出会いかというと、何を隠そう「デリヘル」です。

Aさんはいわゆる「デリヘル嬢」で、お客さんだった筆者とたまたま知り合ったのです。

Aさんとの出会い

デリヘル嬢とはいえ、「2ヶ月限定で仕事をしているだけ」と言っていました。

どういうことかというと、Aさんは学生をしながらバンドをやっており、レコーディング費用としてまとまったお金が必要になったそうなのです。

短期間でがっつり稼げるバイトとして「デリヘル」を選んだだけで、デリヘルがしたいわけではないと言っていました。

 

だからこそ、仕事に対しては「だいぶ稼げたから、クビになっても良いんだよね」と言っていて、ナマ挿入もOKでしたし連絡先交換もできました。

ゴムを付けようとすると「なんで付けるの!?妊娠なんてしないよ!ナマの方が気持ちいいよ!」と逆に怒られるくらいでした。

ちなみに、バンドでギターボーカルをしているということから、アイドル並みにかわいかったです。

AさんとSNSでやりとり

AさんのSNSは、バンド中心の華やかな投稿ばかりでした。

バンド自体にはあまり興味がなかったため、SNSのDMを利用してAさんに連絡しました。

 

「遊ぼうよ」と誘うと、「今日の夜なら大丈夫だよ!」とはじめて会った3日後に食事が決まりました。

Aさんを迎えに行って、自宅に招きます。

オフのデリヘル嬢を家に呼ぶのははじめてだったので、なんだか不思議な感じになりました。

Aさんとセックス

軽く夕飯を作ってそのままソファでイチャイチャし、セックスしました。

デリヘル歴はたった2ヶ月でしたがセックスが上手で、年上である筆者の方がすぐにイってしまったくらいです。

 

とにかく積極的で、小さな舌で乳首を舐められるとゾクゾクしてしまいました。

喘ぎ声が大きいタイプで、クリを刺激すると「あんっ♡あんっ♡」と隣の部屋に聞こえそうなくらい声を上げていました。

 

セックスが終わってまったりしていると、Aさんに衝撃的な事実を告げられます。

それは、「実は私、地元に彼氏がいるんだよね」という内容のもの。

さらに、「でも、山下さんの方が優しいし真面目そうだから、山下さんと付き合いたい!むしろ、結婚したいな。ダメ?」と続けてきました。

 

まさか、31歳の筆者が18歳の女性を寝取るような展開になるなんて、夢にも思いもしませんでした。

しかも、求婚されるような形になるとは、人生何があるかわからないものです。

Aさんとその後

Aさんはかわいかったですし、31歳の筆者にとって18歳の女性は魅力的だったのですが、悩んだ末に断りました。

その理由としては、Aさんの彼氏です。

 

Aさんの彼氏が普通の男性なら「寝取ってやる!」と意気込めたのですが、違ったのです。

Aさんの彼氏は、Aさんが言うには暴力団と関わりがある人で、詐欺事件で逮捕され前科持ち。

現在は職人になって真面目に暮らしているそうですが、気性が荒く浮気がバレたら「殺されるかも」ということでした……。

 

Aさんは「絶対バレないよ!」と言っていましたが、さすがに信じられません。

今もAさんとはSNSでつながっていますが、連絡は控えています。

痴漢のHな体験談

次に紹介するのが痴漢のHな体験談です。

ただし、筆者が痴漢したわけではありません。

これは、筆者の後輩であるYさんの話です。

Yさんについて

Yさんは、いわゆる「委員長タイプ」でおとなしそうな見た目とは裏腹に、中身は変態な女性。

出会ったきっかけは、高校生の頃です。

 

筆者が駅で電車を待っていると、2人組の女性が僕に近づいてきました。

「一目惚れしました、メールアドレスを教えてください」いきなりそう言われたのですが、筆者に声をかけてきた方ではない女子こそYさんだったのです。

 

なぜか筆者は声をかけてくれた女子と一緒に、Yさんともメールアドレスを交換しました。

ただ、特に話をするわけではなく、「連絡先を知っているだけ」といった間柄でした。

衝撃的な現場

そんなある日、筆者は衝撃的な現場を目撃することになります。

Yさんとは同じ電車で通学していたのですが、筆者の前にYさんがやってきたのです。

 

せまい電車の中で、Yさんは誰かにメールを打っているようでした。

そのメールの内容こそが、「衝撃的」だったのです。

 

メールの内容は、「ご主人さま、今日はノーパンで登校しています。命令通り、お昼休みにトイレでオナニーします。また、あとで証拠の写真送りますね」といったもの。

それを見た僕は、「朝からすごいメール打ってるな」と逆に感心してしまいました。

興奮しなかったのは、Yさんを性的な対象として見ていなかったからです。

Yさんの痴漢体験

そんなYさんですが、「痴漢に遭ってセックスしてしまった」というAVみたいな経験があります。

とにかくセックスが好きなYさんは、電車でお尻を触ってきた男性に対して、わざとスカートをめくったそうです。

男性の手を自分のパンツに誘導し、自らアソコを触らせました。

 

さらに、自分の手で男性のペニスをしごき、性的な興奮を高めていきます。

聞いた話なので具体的な事実は不明ですが、そのまま男性のペニスを自分のあそこに挿れてセックスしてしまったそうです。

 

現在は、筆者はYさんと連絡を取っていません。

ある日、Yさんから「私の友達と援助交際して欲しい」と言われたからです。

いきなりすぎてよくわからなかったので、そのままYさんをブロックしてしまいました……。

学生のHな体験談

学生カップル

学生時代のHな体験は、高校のときにできた彼女Kさんとの思い出です。

ある日、Kさんから急にメールが来ました。

「〇〇君からアドレス聞いて、メールを送ってみました!良かったら私と友達になってください」

Kさんはクラスで一番かわいい女子だったので、驚きました。

 

しかし、筆者はKさんと一言もしゃべったことがありません。

それにも関わらず、Kさんからは毎日メールが届き、1週間くらい経ってから「山下くんのことが好きです!良かったら付き合ってください!」と逆に告白されてしまいました。

もちろん筆者はOKし、交際がスタートします。

Kさんとのセックス

Kさんとは修学旅行を一緒に回ったり、学校帰りに遊んだりしていました。

ただし、まったくしゃべったことがなかったので、関係はどこかぎこちない感じです。

そのぎこちない感じを進展させるために、筆者はKさんを家に呼びました。

 

誰もいない部屋でゲームをしたりテレビを見たりしていると、Kさんとの距離が縮まりました。

そのままキスをして、パンツの中に手を入れると……おしっこを漏らしたかのように濡れています。

 

「恥ずかしいよぉ……」と顔を赤らめるKさんがかわいくて、筆者は勢いをつけてベッドに押し倒しました。

お互いセックスははじめてで、Kさんは「痛い」と言っていたものの、意外と簡単に挿入できました。

「んっ…♡んっ…♡」と喘ぎ声もままならない感じでしたが、無事に射精してセックス終了。

急に淫乱になるKさん

感想を聞いてみると「痛いだけだった」とのことでした。

ただし、次の日もKさんと会ってセックスしたのですが、「今度は気持ち良さの方が勝ってた」と言ってくれました。

 

さらに回数を重ねるごとに、Kさんはどんどん淫乱になっていきます。

セックスは1日2回じゃないと満足しないという感じになり、筆者にオナニーやあそこのドアップ写真を送ってくるようになりました。

 

筆者的にはKさんと付き合って行きたかったのですが、急に「やっぱり友達に戻ろ!」と言われてしまい関係は終了。

今では結婚し、別の男性と幸せに暮らしているようです。

彼女とのHな体験談

カップル

彼女とのHな体験談で記憶に残っているのが、Rさんです。

Rさんとは31歳のときに婚活パーティーで知り合いました。

時系列で言えば、Aさんと出会ったあとですね。

Rさんとの出会い

Rさんは婚活パーティーの中でももっとも美人な女性でした。

黒髪がよく似合う女性で、職業はバレエのインストラクター。

芸能人で言うと、壇蜜さんにかなり似ていました。

 

婚活パーティーでカップル成立し、3回デートを重ね、USJの帰り道で告白。

結婚を前提に付き合うことになったのですが、とにかくおとなしい女性で、デート中は筆者から話しかける以外に口を開きません。

 

しかし、「暗い」というよりかは大和撫子的な感じで、気遣いや気配りに長けており、なんでも言うことを聞いてくれるような、まさに「日本人の男性が憧れる女性像」といった女性だったのです。

 

それはセックスにも現れており、見た目はおとなしいのに、どこでもセックスしてくれました。

たとえば、観覧車の中でもセックスしましたし、ピクニックしてるときも手マンで感じていました。

Rさんと日帰り旅行セックス

ある日、筆者とRさんは日帰り温泉旅行を計画します。

なぜ日帰りかというと、Rさんは非常に厳格な家の生まれで、30歳であるにも関わらず彼氏とのお泊りはNGだったからです。

 

旅館に着いてから、軽く温泉に入りました。

部屋に戻ってきて、浴衣のRさんを押し倒して畳の上でセックス開始。

とにかくなんでも言うことを聞いてくれる女性だったので、部屋のカーテンを開けて外に見せつけるようにセックスしたり、玄関の扉の前で立ちバックしたりしました。

 

他にも、アナル開発もOK、ナマ挿入もOKでした。

ただ、「中に出して良い?」と聞くと、それはさすがにNGでした。

Rさんとのその後

Rさんは美人な上に性格も良く、男性の夢を叶えてくれる理想の女性でした。

筆者としては結婚したかったのですが、交際して1年で別れてしまいました。

その理由は、Rさんの親が筆者たちの結婚に猛反対したからです。

 

とにかく古風で保守的な両親で、「フリーランス」という仕事が受け入れられなかった様子。

「素性を調べるために戸籍謄本を用意してくれ」と言われたり、Rさんに「あの男と結婚するなら家族の縁を切る」と宣言してきたりして、泣く泣く結婚を断念しました……。

 

つい最近、Rさんから「また話がしたい」と言われましたが、筆者に新しいパートナーがいたため、連絡は返していません。

年上の女性とのHな体験談

年上女性との乾杯

年上の女性とのHな体験談は、大学生の頃にさかのぼります。

筆者は大学生の頃に音楽をやっていたのですが、「新しいバンドを作ろう」と考え、ネットでメンバーを募集しました。

そこに応募してきたのが、1個の上の先輩であるMさんだったのです。

Mさんとの出会い

Mさんとの出会いはあまり覚えていないのですが、偶然にも同じ大学だったことからすぐに仲良くなりました。

Mさんは筆者のことを気に入ってくれて、バンドよりもプライベートな話が多くなりました。

 

ある日、Mさんが筆者の家にやってきます。

「ごはん行きたい」と言われたのですが、筆者のバイト終わりが21時だったため会うのが遅くなり、「明日も学校だから、山下くんの家に泊まらせて」と言われたのです。

Mさんとのセックス

ベッドの上でイチャイチャしていると、Mさんが僕のアソコをぐっと握ってきました。

そして、筆者を逆に押し倒すと、「山下くんとHしたいな♡」と誘ってきたのです。

 

ちなみに、筆者もMさんのことは少し気になっていました。

アイドル並にかわいいというわけではありませんでしたが、顔が整っており「いいな」と思っていたのです。

「そんなMさんとセックスできるなんて!」と思い、テンションが上がりました。

 

今思い返してみても、Mさんとのセックスは鮮明に覚えています。

とにかくセックスに対して貪欲な女性で、「アソコを舐めて」と自分から指示してきました。

 

Mさんのあそこはドロドロで、Hな臭いが漂っていました。

「んっ♡あんっ♡そこっ♡気持ちいいっ♡」MさんはAV女優みたいな喘ぎ声を上げる人で、それが非常に興奮しました。

結果として、夜に2回、朝起きてから1回と合計3回もセックスしました。

Mさんとのその後

Mさんとは手をつないで学校に行ったり、お昼を一緒に食べたりしましたが、関係は進展せず。

筆者は違うバンドが忙しくなり、Mさんとの関係も疎遠になりました。

 

そのうちにMさんは東京で就職が決まり、会うこともなくなってしまいました。

今は連絡先も知らず、どこで何をしているのかまったくわかりません。

出会い系サイトのHな体験談

出会い系サイトを使う男性

最後に、出会い系サイトのHな体験談を紹介します。

出会い系サイトで知り合ったのは、18歳の介護士Kさんでした。

Kさんとの出会い

Kさんとは出会い系サイトで知り合い、マッチングした2日後に会いました。

はじめて会った印象は、「めちゃくちゃかわいい!」といったもの。

とにかく18歳とは思えないくらいに美人で、大人っぽかったです。

 

一緒に焼き肉に行って、2回目のデートでセックスしました。

筆者が出会ってきた女性の中でもトップクラスにかわいかったので勢いで告白しましたが、セックスはできたのに交際は拒否。

ただ、「セフレなら良いよ」とセフレになりました。

Kさんとのセックス

Kさんは細身なのに巨乳という理想的な体型。

さらに、18歳ということから肌がスベスベで気持ち良かったです。

Aさんと違ってナマ挿入はNGでしたが、セックス大好きな女性で1日に3回は当たり前でした。

 

昼間は別の男性と会ってセックス→夜に僕の家に来てセックス→次の日は違う男性とセックスと、セックス漬けの毎日を過ごしていたようです……。

LINEを見せてもらいましたが、数十人の男性から連絡が来ていました。

その中でも、筆者のことは一番に気に入ってくれており、「声が良い」「喋り方がめっちゃ好き」「セックスも気持ちいい」と絶賛されました。

 

Kさんの過去は複雑で、「実の父親にレイプされたんだよね。だから、誰とでもセックスできるんだ」とのこと。

ただし、「付き合うのは好きになった人だけ。彼氏ができたら、男は全員ブロックするよ」とも言っていました。

Kさんとのその後

その宣言どおり、彼氏ができた途端、Kさんにブロックされました。

LINEのアイコンが彼氏との2ショットなのですが、びっくりするくらいにイケメン。

「これは、僕が絶対に勝てないわけだ……」と納得しました。

 

最近、アイコンが消えていたので彼氏と別れたのでしょうが、ブロックは解除されていません。

18歳のセフレができる機会なんてめったにないので関係を続けたかったですが、残念です……。

まとめ

エッチする男女

筆者はイケメンでもありませんし身長も高くないことから、「モテる男である」とは言えません。

しかし、積極的に女性と交流したり出会いの場に参加したりすることで、たくさんの女性とエッチすることができました。

「もっとエッチしたい、だけど出会いがないし……」と嘆く方は、筆者のやり方を参考にしてみてくださいね。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

山下

山下

PairsからDatingまで20個以上のマッチングアプリを使いこなすマッチングアプリオタク。メインであるPairs、Omiai、with、タップルでは交際・ネトナン経験もあり。現在、はPairsで知り合った女性と交際中♪

他の記事も見る

TOPへ