作成日:2020/04/19

【衝撃】関わりたくない人にはこんな共通点があった!男女別のウザい人の特徴

drkun
drkun

あなたの周りに「関わりたくない人」はいるでしょうか?周りにそんな人がいたら、対応に一苦労しますよね。職場にそんな人がいたら思わずうんざりしてしまいます。そこで、今回は「関わりたくない人」の特徴を男女別に解説します。対処法や自分が関わりたくない人と思われないコツについてもお伝えしていきますね♪

【体験談】こんな人とは「関わりたくない」

頭を抱える男性

男性の筆者は、大学時代関わりたくないと思う研究室の先輩がいました。

普段はそんなに問題はないのですが、こちらが少しでもミスをすると、何度もネチネチと責めてくるのです。

 

「どうしてそんなミスするの?ちゃんと考えてた?防げたよね?」などと言ってきて、ひたすら人のことを責め立てます。

お節介な性格が災いして、鬱陶しいくらい絡んでくるのです。

その割に、自分がミスしたときは静かに対処して「仕方ない仕方ない」という態度を取るものですから、後輩である筆者の学年から嫌われていました。

 

正直なところ、筆者は関わると何を言われるかわからないと感じていて、できるだけ関わらないようにしました。

関わるのは最低限にしておき、目をつけられないようにやり取りを最小限にしたのです。

そうすることでストレスを減らすことができ、自分の学校生活に支障が出ないようにできました。

 

どうしても時々何か言われることはありましたが、仕方ないことだと思って割り切って関わるようにしました。

あまりその先輩について深く考えないようにすると、精神的に参ることがなくなりました。

「関わりたくない」と思われる人の特徴:男女共通

頭が痛い女性

関わりたくないと思われる人は、わかりやすい特徴がかあります。

まずは、男女共通の特徴からお伝えしましょう。

「関わりたくない」と思われる男女の特徴

  • 否定の言葉が多い
  • 人を見下す発言が多い
  • 人の話を自分の話にする
  • 他人のミスにうるさい
  • 自分のミスに甘い
  • 自分の仕事をしない
  • 上に媚びて下に威張る
  • 思い通りにならないと不機嫌になる
  • 発言がころころ変わる

特徴①:否定の言葉が多い

関わりたくないと思われる人は、否定の言葉が多いです。

人が何か言ったときに「でも」「いやそれは……」などと言って否定から入るのです。

 

何でもすぐに否定するので、周りは話していてつまらないと感じるようになります。

細かいことにこだわりすぎるとか、否定する自分が偉いと勘違いしているなどの理由で、否定ばかりするわけです。

特徴②:人を見下す発言が多い

「あの人はあの年でこんな仕事をやらされているから駄目」「あの人は〇〇大卒だから要領悪くて使えない」みたいに、人を見下す発言が多いと、周りの人はドン引きして関わりたくないと思います。

関わりたくないと思われる人は、自然と人を見下すので、自分が周りに引かれていると自覚していないことも多いです。

自分では普通のことを言っているつもりで、何が悪いか気づいていません。

特徴③:人の話を自分の話にする

人の話を自分の話にする人がいます。

例えば、誰かが「この前沖縄に旅行に出かけてさ……」と話したときに「沖縄いいよね、そういえば自分もハワイに行ってさ、海すごく綺麗だったよ!そうそうフランスに行ったときも…」などといって、自分の話をし出すのです。

一見雰囲気良さげに喋っていますが、最初の沖縄旅行について話そうとした人は、結局何も話せていないところがポイントです。

 

人の話を取って自分の話を延々とするので、周りは話を取られてつまらないと感じ、関わりたくないと思うのです。

常に自分が中心でないと気が済まない性格のせいで、周りから避けられることになっています。

特徴④:他人のミスにうるさい

関わりたくないと思われる人は、とにかく他人のミスにうるさいです。

筆者の先輩のように、起きてしまったことをいつまでもネチネチ言う人もいます。

 

立場上ミスをとがめる必要があっても言い方がありますし、過ぎたことを責めるだけでは何の意味もありません。

ただ自分が怒りたいだけなので周りに避けられるのです。

怒るのが相手のためではなく、自分のためになっているから駄目なことがよくわかります。

特徴⑤:自分のミスに甘い

関わりたくないと思われる人は、他人のミスにうるさい割に自分のミスに甘いです。

笑ってごまかすこともあり、周りの反感を買いがちです。

 

ムードメーカーだったり温厚だったりするなら周りも気にしないでしょうが、普段は口うるさいことが多いので「何その態度」と周りは思ってしまいます。

一貫性のない態度を取るので信頼が損なわれ、関わりたくないと思われるのです。

特徴⑥:自分の仕事をしない

関わりたくないと思われる人の中には、自分の仕事をしない人がいます。

業務時間にサボって休んだり、仮病を使って早退したりします。

 

人に仕事を押し付けて任せるタイプもおり、押し付けられる方に不満が溜まって周りに避けられるようになります。

特に、仕事で部下に仕事を押し付ける人が多いです。

特徴⑦:上に媚びて下に威張る

自分よりも偉い人には媚びるのに、下の立場には偉そうにする人ってよくいますよね。

このタイプの人も態度に一貫性がないので、周りの信頼を損ねて関わりたくないと思われるようになります。

 

特に、下からの評判が最悪で敵視されることも多いです。

能力がなくて媚びることだけはうまいということもあるので、周りは余計に関りたくないと思ってしまいます。

特徴⑧:思い通りにならないと不機嫌になる

普段は温厚でも、少しでも自分の思い通りにならないと不機嫌になる人がいます。

周りからすると機嫌を取るために何でも言うことを聞かないといけなくなりますし、すぐに不機嫌になることも多く、できれば関わりたくないと思われるのです。

 

気まずいので一緒の場にいたくないと思われるわけです。

恋人なら別れれば済む話ですが、学校や会社にこのタイプの人がいると、扱いに困ると思われてしまいます。

特徴⑨:発言がころころ変わる

最初に「Aという方法でやるように」と指示を出してきたのに、言われた通りにしたら「どうしてBでやらなかったんだ?」といって怒る人がいます。

このように発言がころころ変わる人は、関わる人が混乱し理不尽な思いもするので、避けられることが多いです。

他の特徴を見てもわかるように、一貫性がない態度を取る人は関わりたくないと思われます。

「関わりたくない」と思われる人の特徴:男性編

「関わりたくない」と思われる人の特徴:男性編

次に、関わりたくないと思われる男性の特徴をお伝えしていきましょう。

次の特徴がある男性は、周りに避けられることが多いです。

「関わりたくない」と思われる男の特徴

  • 自虐が多い
  • ネガティブな発言が多い
  • 自慢話が多い
  • すぐ怒鳴る
  • 清潔感がない

男性の特徴①:自虐が多い

「どうせ自分なんてモテないんでね」といったように、自虐ネタが多い男性です。

少しくらいならまだしも、いつも自虐ばかりするので周りが困っています。

 

実害があるわけではありませんが「どう扱って良いかわからない」「だからモテないのでは?」「自虐しないで努力して欲しい」などと思われ、悪い印象がどんどん強くなっていきます。

関わっていて楽しくないし見ていて不愉快と思われ、避けられるようになるのです。

男性の特徴②:ネガティブな発言が多い

「失敗するに決まっている」「なんでこんなつまらない仕事をしないといけなんだ?」など、ネガティブな発言をする人も関わりたくないと思われます。

自虐でなくてもネガティブ発言が多すぎると、周りは気が滅入ってしまいます。

 

自分が頑張ろうとしているときにネガティブなことばかり言われたらやる気をなくしますよね。

チームの雰囲気を悪くするので、一緒にいたくないと思われてしまいます。

男性の特徴③:自慢話が多い

男性は、自慢話をする人が多いです。

自慢話は、話す方は気持ちがいいのですが、聞かされる方が苦痛というデメリットがあります。

 

自慢話が多いと「また自慢かよ」「いつも自慢ばかりだ」などと思われ、周りに避けられるようになります。

自慢が多いということは、自分の話が多いことにもつながりますから、話を聞く側に不満が溜まりやすいのです。

男性の特徴④:すぐ怒鳴る

怒ったらすぐ怒鳴る男性っていますよね。

感情のコントロールが下手なタイプの人です。

 

今時、そんな人は空気を悪くするだけで周りに白けた目で見られます。

一緒にいたくないとか怒鳴られるのが怖いなどと思われ、避けられてしまうのです。

男性の特徴⑤:清潔感がない

態度が普通でも、身なりがきちんとしていないと、周りに関わりたくないと思われます。

特に、清潔感がない男性は周りから避けられます。

見ていて不愉快ですし、一緒にいて不衛生な感じがして近づきたくないと思われるのです。

 

身なりを整えるのは人として最低限のマナーですから、それさえもできないと評価が落ちるのは当然のことでしょう。

「関わりたくない」と思われる人の特徴:女性編

嫌われている女性

関わりたくないと思われるのは、男性だけではなく女性もいます。

女性の場合はどのような人が、周りに関わりたくないと思われるのでしょうか?

「関わりたくない」と思われる女の特徴

  • 裏表が激しい
  • 気に入らないことをされると陰口を言う
  • 都合が悪くなると逃げる
  • 何かあると被害者面をする

女性の特徴①:裏表が激しい

表では愛想良くしているのに裏では陰口を言うとか、男性の前では猫かぶりなのに男性がいないと本性を現すなど、裏表が激しい女性は関わりたくないと思われます。

男性はそんな女性を避けたいと思うことが多いですし、女性も引いて「本心は見せられないな」と思ってしまいます。

どこか周りに一歩引かれてしまいます。

 

誰しも人によって多少は態度は変わるものです。

しかし、あまりにもギャップが激しくて裏の性格が悪すぎると、周りに関りたくないと思われるのです。

女性の特徴②:気に入らないことをされると陰口を言う

ミスをして注意されたとか、ちょっと嫌なことを言われるとすぐにその人の陰口を言う人がいます。

自分が悪いことを棚に上げて相手を悪く言うので、周りに引かれてしまうのです。

 

こういうタイプの女性は少なくありません。

その場面を見ている人はドン引きです!

そんな人と関わりたいと思う方が珍しいでしょう。

女性の特徴③:都合が悪くなると逃げる

「彼氏と喧嘩したらすぐにブロックして別れる」「上司と喧嘩して会社をバックレる」など、都合が悪くなるとすぐに逃げる人がいます。

責任感がなくまるで子供のようなので、周りは関わりたくないと思うのです。

一見愛想良さそうに見えても追い込まれたら本性を現すタイプで、問題が起きると化けの皮が剝がれます。

女性の特徴④:何かあると被害者面をする

自分が悪いときでも「自分はこんなに頑張っているのに」などと言って不幸ぶり、被害者面する女性がいます。

まるで自分は悪くないかのように振る舞って、悲劇のヒロインを気取っているのです。

 

周りは「何言ってるんだろう」という気持ちになりますし、自分が悪者にされた人にとってはたまったものではありません。

自分が正しいことを言っているのに、まるで自分が加害者のような扱いを受けるわけですから。

当事者はもちろん、周りで見ている人も「関わらないようにしよう」と考えてしまいます。

関わりたくない人への対処法

対処法

周りに関わりたくない人がいたとき、上手に対処しないと大きなストレスを抱えることになります。

実害があるケースもあるので、きちんと対処することが大事なのです。

 

ここでは、関わりたくない人への対処法を解説します。

これからお伝えする内容を参考にして、関わりたくない人に負けないようにしましょう!

対処方法

  • 挨拶など最低限の関りはやる
  • 関係が切れるなら切る
  • ネットの人なら個人情報を教えない
  • 自分からは話しかけない
  • 何を言われても気にしない
  • 面と向かって否定しない
  • 周りに味方を作っておく
  • 返信を少し遅らせる
  • 子供だと思って関わる
  • 相手の気持ちを考える

対処法①:挨拶など最低限の関りはやる

挨拶など、最低限の関りだけやるという対処法です。

会社の人など、どうしても関係が切れない相手には、うまくコミュニケーションを取らなければなりません。

 

完全に無視するとかブロックするということができませんから、挨拶など、印象が悪くならないような工夫はしてください。

ただし本当に最小限を目指し、必要がないときは関わらないようにしましょう。

無理してたくさん関わらなくて良いのです。

対処法②:関係が切れるなら切る

ネット友達や、学生時代の友人など、今関係が切れるなら切ってしまうことをおすすめします。

後味悪いかもしれませんが、このまま我慢して関わり続けるよりははるかにマシです。

下手に関わるとずっとストレスを抱えることになるので、早いうちに関係を切りましょう。

 

自分から連絡を取らないだけではなく、LINEその他SNSのブロックをして、つながりを断ってください。

関りがなくなれば、関りたくない人に悩まされることもなくなります。

シンプルで確実な方法ですよ!

対処法③:ネットの人なら個人情報を教えない

相手がネット上の友達なら、個人情報を教えないようにしましょう。

下手に個人情報を教えると、何かあったときに脅迫の道具にされます。

ネット上に晒されるリスクもあるので、絶対に個人情報を教えないようにしましょう。

 

当然、写真なども見せたら駄目ですよ。

可能ならブロックした方が良いですが、ブロックするほどではない、または関係上ブロックし辛いというときは、個人情報を教えず、距離を保つようにしてください。

対処法④:自分からは話しかけない

関りたくない人には、自分から話しかけないようにしましょう。

下手に情を持って接すると、相手が勘違いして近寄ってきます。

関りたくない人の相手を押し付けられる形になるので、自分からはコミュニケーションを取りに行かないでください。

対処法⑤:何を言われても気にしない

関りたくないと思われる人は、人の心を逆なでするようなことをよく言います。

相手にしていてはキリがありませんから、何を言われても気にしないようにしましょう。

「また言っているよ」くらいの気持ちで関わると、相手のことが気にならなくなりますよ。

対処法⑥:面と向かって否定しない

関りたくないと思われる人はネチネチとしていて、何かと根に持つタイプが多いです。

そのため、相手が間違っていると思っても面と向かって否定しないことをおすすめします。

否定したことを根に持って仕返しや粘着するようになるからです。

 

正しかったとしても、相手はそんなことお構いなしに嫌がらせしてきます。

余計なトラブルに巻き込まれないためにも、やんわりと伝えるかスルーして、怒らせないようにしましょう。

対処法⑦:周りに味方を作っておく

何かあったときに自分が不利にならないためにも、周りに味方を作っておくことをおすすめします。

味方が多ければ、関りたくない人に強く出ることも可能になるからです。

 

先ほどは「面と向かって否定しない」とお伝えしましたが、みんなで否定すれば相手を大人しくさせることも可能です。

一人でどうにかしようとはせず、多くの味方をつけて、あなたが孤立しないようにしてください。

 

また、気持ちを理解してくれる仲間が増えると、単純に気が楽になるというメリットもあります。

一人で悩むのが一番つらいですから、わかってくれる人を探しましょう!

対処法⑧:返信を少し遅らせる

自分は返信したくないのに、相手からどんどん連絡が来ることってありますよね。

そういうときは少しずつ返信を遅らせることをおすすめします。

 

相手から返信が来なさそうな時間帯に返すとか、寝たふりをして翌日に返すといった方法がおすすめです。

やり取りの頻度をさり気なく少なくしていって、ストレスを溜めないようにしましょう!

対処法⑨:子供だと思って関わる

同じ大人だと思うから「どうしてこの人はこんなことを言うのだろう」などと考えて、ストレスが溜まるのです。

相手を子供だと思えば、イライラしません。

 

例えば、小さな子供に何か言われても、そこまで気にならないですよね。

所詮子供が言ったことと思えます。

相手は少し精神的に幼稚な人なんだと考え、余裕を持って接しましょう!

対処法⑩:相手の気持ちを考える

相手の気持ちを考えて理解しようとすることでイライラをなくすという方法です。

相手が何か心無いことを言っても、どうしてそんなことを言うのか背景がわかれば、イライラが少なくて済みます。

 

なぜその発言をしないといけないのか、どうして言ってしまうのか考えてあげてみてください。

もしかしたら誤解しているだけで、意外と悪い人ではないかもしれません。

対処法⑪:他の人に振る

関りたくない人が話しかけてきたら、うまく他の人に話を振ってバトンパスしましょう。

言ってしまえば、他に人に押し付けるというわけです。

 

例えば、休憩中に関りたくない人が話しかけてきたら「そういえば〇〇さんこの前この話してましたよね?」などと言って、他の人を巻き込むのです。

うまくいけばターゲットがその人に代わり、逃げることができます。

対処法⑫:考えすぎない

関りたくない人のことで考えることは、すごくもったいないことです。

周りに関りたくないと思われるような人のことで自分の貴重な時間を使わなくて良いのです。

 

考えすぎることは気分が憂うつになることに繋がりますから、考えすぎない方が精神的にも良いです。

あまり深く考えず「なるようになる」「仕方ないか」の精神でいきましょう!

「関わりたくない」と思われないためのコツ

関わりたくない人と思われないためのコツ

今まで関りたくないと思われる人の特徴や対処法について解説してきました。

しかしながら、逆にあなたが周りに関わりたくないと思われるリスクもあります。

関りたくないと思われる人だって、普通にしているつもりの人も多いですから。

 

ここでは、関りたくないと思われないためのコツをご紹介します。

間違っても、関りたくないと思われる人にならないようにしましょう。

関わりたくないと思われないために

  • 挨拶など最低限の関りはやる
  • 関係が切れるなら切る
  • ネットの人なら個人情報を教えない
  • 自分からは話しかけない
  • 何を言われても気にしない
  • 面と向かって否定しない
  • 周りに味方を作っておく
  • 返信を少し遅らせる
  • 子供だと思って関わる
  • 相手の気持ちを考える

コツ①:陰口を言わない

陰口を言う人は信頼を損ね、周りの人と一歩距離ができてしまいます。

その場では合わせていても、内心引いていることも多いです。

気に入らないことがあっても、陰口を言うことはやめましょう!

コツ②:人によってころころ態度を変えない

人によってころころ態度を変えると、信頼できない人だと思われ、評価が下がってしまいます。

周りに関りたくないと思われないためには、信頼を得ることが大事です。

 

できるだけ一貫性を持った態度を目指して、態度を変えないようにしましょう。

信頼されることが、関わりたいと思われることにつながるのです。

コツ③:聞き上手を目指す

関りたくないと思われる人は、みんな自分が話してばかりで相手の話を聞くことができません。

ということは、聞き上手になれば、関りたくないと思われることを避けられます。

相手の話をじっくりと聞いて受け止めることを意識しましょう!

 

聞き上手はモテや後輩からの尊敬につながります。

目指して損になることはありませんから、自分が話をするよりも人に話してもらうことを意識しましょう。

慣れれば自分が話すよりも楽なのでおすすめですよ。

コツ④:周りに感謝の気持ちを持つ

自分が今頑張れているのは、自分の力だけではなく周りの支えあってこそのはずです。

その気持ちを忘れてしまうと無意識に偉そうな態度や見下す態度になってしまい、反感を買うことになります。

謙虚な気持ちを忘れないようにして、周りと良い関係を築きましょう。

コツ⑤:責任感を持つ

責任感がある人って周りに尊敬されますし、信頼もされますよね。

逆に、責任感がない人は軽く見られて頼りにもされません。

自分の発言や仕事内容、約束などすべてのことに責任を持ち、逃げないようにしてください。

 

無理して何でもこなせと言っているのではなく、誠実な対応を心がければ良いというだけの話です。

都合が悪くなると逃げるとか、嘘をつくといったことをやらないだけでも全然違いますよ。

コツ⑥:清潔感ある服装を心がける

清潔感がない人は、それだけで周りから避けられるようになります。

社会で生きる人間として必須のことですから、清潔感がある服装を心がけましょう!

 

ヨレヨレのシャツを着ない、爪や髪、肌の手入れをきちんとするといったことをきちんとしてください。

見た目がきちんとすれば、きちんとした人だと見られるようになりますよ。

コツ⑦:いつも笑顔でいる

笑顔の人って一緒にいて楽しいですし、もっと一緒にいたくなりますよね。

自然と人が寄ってきます。

 

また、自分自身も笑顔でいると楽しい気持ちになって気分が上がるというメリットもあります。

周りの人と楽しく過ごすためにも、いつも笑顔でいることを心がけましょう。

慣れない人も意識的に笑顔でいるようにしてみてくださいね。

まとめ

ポイントを伝える女性

関りたくないと思われる人は態度や発言に一貫性がなく、周りに厳しく自分が甘いです。

自己中心的な振る舞いをしているので、周りに関りたくないと思われてしまいます。

 

関りたくない人とはできるだけ距離を取って、刺激しないことがコツです。

できれば周りに味方をつけて、うまく関わりましょう!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

drkun

drkun

学生時代に心理学を専攻していたこともあって、人の心理にとても興味があります。今まで多くの恋愛を経験し、同時に他の人の恋愛も数多く見てきました。特にネット恋愛など最近の恋愛の形に強いです。よろしくお願いします!

他の記事も見る

TOPへ