fbpx

作成日:2020/05/07

更新日:2020/05/08

【解明】告白保留期間はどれくらい?男性・女性心理&それぞれが注意すべきこと

山下
山下

告白の保留期間中は、男性・女性によって考えることが違います。告白をした側である男性は不安な日々を過ごし、女性は「どうしよう」と真剣に考えていることが多いです。ただ、具体的にどんな気持ちなのか、どんなことを考えているのか気になりますよね。そこで、今回は告白保留期間中の男女について詳しくお伝えしていきます。

【体験談】告白を保留にされたエピソード

告白された女性

筆者が告白を保留にされたときは、返事が来るまでに1週間以上かかりました。

「しばらく考えさせて」と言われただけだったので、「本当に返事を考えてくれているのだろうか?」と不安になりました。

実際に1週間が来ても返事は来ず、自分から「俺、〇〇ちゃんのことが本気で好きなんだ!」ともう一度伝えたところ、「ごめんなさい」と断られてしまったのです……。

 

個人的な体験から、相手が「考えさせて」と言ってきた場合、高い確率で断られます。

特に、1週間以上経っても返事が来なければ女性はフェードアウトを考えており、交際はほとんど期待できません。

 

逆に言えば、「考えさせて」と言わせないような告白をすることが大事です。

そのためには、「本当に好きなんだ」「これからも一緒にいたいんだ」など、告白の時点で自分の気持ちを正確に伝えることが大事です。

それでも保留されてしまった場合、一度だけ再アプローチしてダメだったら潔く諦めましょう。

告白の保留期間の平均

思い悩む男性

告白の保留期間は、返事が「OKの場合」と「NGの場合」によって違います。

まずは、それぞれについて解説していきましょう。

OKの場合

マイナビウーマンの調査によると、OKの場合は71.1%が「即日」です。

「1週間以内」で見ると約95パーセントであることから、1週間以内に返事が来なければ「ほとんど望みがない」と考えられます。

実際に、SNSを見てみても、OKの場合はほとんどの方がその日のうちに返事をしています。

NGの場合

一方、告白を断る場合、即日に返答する方は64パーセントでした。

OKの場合よりも、即答する方の割合は少ないですね。

告白を保留されたら、期待しすぎないほうが精神的にも楽ですよ。

 

実際に、SNSを見てみても、保留した方は「どうやって断ろう」と考えている場合が多かったです。

「恋人はほしい。でも、この人を好きになれるかどうか……」と悩む方もいました。

告白の保留期間中の男性心理

身が入らない男性

女性にとって気になるのが、保留期間中の男性心理ですよね。

もし告白を保留しようと考えていたり、現に保留したりしているなら、男性はこういった心理状態になることが多いと知っておいてください。

告白の保留期間中の男性心理

  • OKしてくれるかどうか不安
  • なんで保留にされたんだろう?
  • 半ばあきらめている
  • 告白を後悔している

男性心理①:OKしてくれるかどうか不安

真剣に告白してきた男性の多くは、返事が来るまで不安な日々を過ごします。

中には、精神が不安定になる男性もいるくらいです。

受験などのように「結果が発表される日」が決まっているのであれば、程度不安をコントロールできます。

しかし、告白の保留はいつ返事が来るのかわかりません。

そのため、自分の気持ちをコントロールできずに、時間が経てば経つほど不安に思ってしまうわけです。

男性心理②:なんで保留にされたんだろう?

場合によっては、「絶対に付き合ってくれるはずだ」と確信して告白することもありますよ。

付き合う前にセックスしていたり何度も遊んだりしている場合、もう付き合っているも同然だと考えているのです。

それにも関わらず保留されてしまうと、「なんで?」と思ってしまいます。

また、中には「そもそも保留にする意味がわからない」と考える男性もいます。

男性は女性よりも過程より結論を大事にするため、結論より過程を大事にする女性の気持ちがわからないのです。

男性心理③:半ばあきらめている

告白の返事は「YES」か「NO」しかないので、確率で言えば成功確率は50パーセントです。

つまり、どれだけ仲が良くても、1/2の確率でフラれてしまうわけですね。

だからこそ、最初から期待を抱かない男性も多いです。

 

期待しすぎると、断られたときの精神的なダメージが大きくなってしまいます。

傷つかないように、あえて諦め気味に考えている方もいます。

男性心理④:告白を後悔している

中には告白したことを後悔している男性もいます。

告白してしまうと、良くも悪くも告白前の関係にはなかなか戻れません。

仲が良かったのに、告白してしまったことによって疎遠になる場合もあるのです。

告白を保留する際に気をつけるべきこと

思い悩む女性

保留期間中の男性は、先ほどお伝えしたように不安でいっぱいです。

男性を不安にさせないためにも、保留する際はこちらで紹介する3つの注意点を意識しておきましょう。

告白を保留する際の注意点

  • 「○○日待ってほしい」と期間を伝える
  • できるだけ早めに結論を出してあげる
  • 「なぜ保留するのか」を明確にする

注意点①:「○○日待ってほしい」と期間を伝える

告白を保留することでやってはいけないのがフェードアウトです。

「返事しづらいから」といってフェードアウトを狙おうすると、男性を傷つけるどころか怒らせてしまう可能性もあります。

 

男性だって、勇気を出して告白しているのです。

その気持ちに勇気を出して答えてあげることがマナーです。

 

だからこそ、「◯◯日待ってほしい」と期間を設けるようにしてください。

期間は最低でも1週間以内がおすすめですが、短ければ短いほど良いですよ!

注意点②:できるだけ早めに結論を出してあげる

「1週間待って」と言った場合でも、早めに結論を出してあげてください。

特に、OKの場合は、ちょっとでも気持ちが傾いた時点で返事することをおすすめします。

なぜなら、早めにOKの返事をすると、気持ち良く交際をスタートできるからです。

 

返事を遅くしてしまうと、それだけ男性は「結局OKなのに、なんで保留されたんだろう」とモヤモヤしてしまいますよ。

場合によっては、交際してすぐに喧嘩してしまうこともあるでしょう。

注意点③:「なぜ保留するのか」を明確にする

男性が不安に思ってしまうのは、保留される理由がわからないからです。

逆に、理由を明確にしてあげることである程度不安を取り除けます。

「次に付き合う人とは結婚したいと思ってるから、よく考えたいの」など、理由をはっきり伝えてください!

告白の保留期間中に考えておくべきこと

考えている女性

告白の返事は、早ければ早いほど良いです。

ただ、OKするか断るか悩んでいる方は、「どうやって返事を決めれば良いかわからない」と困ってしまうことも多いでしょう。

そこで、告白の返事を考える基準について解説します。

告白の保留期間中に女性が考えるべきこと

  • 男性の気持ちが本当かどうか
  • お互いの仲は十分に深まっているかどうか
  • 価値観が合うかどうか
  • 長く付き合えそうかどうか

考えるべきこと①:男性の気持ちが本当かどうか

大事なことは、男性の気持ちが本当かどうかです。

「口では誠実そうなことを言っているけど本当は遊び目的」という男性もいるからです。

特に、マッチングアプリで知り合った場合など、付き合いが浅い男性は注意してください。

 

男性が本気かどうかチェックするには、方法があります。

 

男性が本気かどうかチェックするポイント
  • 友達を使って聞いてみる
  • 保留期間中にもデートしてみる
  • 本気かどうか自分から尋ねてリアクションを伺う

 

すべて試しても良いですが、いずれの場合もあまり時間を掛けないようにしてください。

考えるべきこと②:お互いの仲は十分に深まっているかどうか

仲が深まっていない状態で付き合うことはおすすめできません。

付き合ってから「こんな人だとは思わなかった」と後悔することになるからです。

 

最低でも3回以上はデートするようにしてください。

ただ、あまりにも慎重になりすぎることもよくありませんよ。

考えるべきこと③:価値観が合うかどうか

付き合っていく上でもっとも大事なのが価値観です。

たとえば、「連絡は毎日したいタイプ」「そうでないタイプ」が付き合うと、噛み合わずにどちらもストレスが溜まってしまいます。

 

たとえ価値観が合わなくても、「相手のために譲歩できるか」もしくは「相手が譲歩してくれそうか」を確認することも大事です。

「毎日連絡するのは面倒だけど、この人のためならがんばれる!」と思ったらOKの返事をするべきです。

考えるべきこと④:長く付き合えそうかどうか

すぐに別れてしまえば、将来のためにならないどころか時間の無駄です。

だからこそ、「この人とは長く付き合えそうかどうか」を基準に考えるようにしてください。

 

価値観が合っても、遠距離であればなかなか会えず、すぐに別れを決意してしまうこともあります。

このように、物理的な側面なども考慮して、将来のパートナーにできるかしっかり考えましょう。

保留期間後に告白の返事をする際の伝え方

保留したあと、相手のことを何も考えずに返事をするのは良くありません。

場合によっては男性から悪い印象を持たれて、付き合ってすぐ喧嘩してしまうこともあります。

返事をする際は、こちらで紹介する5つの伝え方を実践してください!

保留期間後の返事の仕方

  • 「待たせてごめん」とまずは謝る
  • 「告白してくれてありがとう」と感謝する
  • OKの場合はストレートに返事する
  • 断る場合は相手を傷つけないようにする
  • 断る場合はLINEや電話などでもOK

伝え方①:「待たせてごめん」とまずは謝る

断るときは、そのまま「いろいろ考えたんだけど……」と伝えると相手の機嫌を損ねてしまう恐れがあります。

多くの場合、男性は「どうせ断るなら、告白のタイミングで言ってほしかった」と思ってしまうわけです。

男性の機嫌を損ねたくない場合は、「待たせてごめん」と最初に謝りましょう。

 

「待たせてごめん」の一言がある・ないでは、男性の受ける印象は大きく違います。

たとえば、「お名前を伺ってもよろしいですか?」より「恐れ入りますが、お名前を伺ってもよろしいですか?」と言われた方が丁寧に感じますよね。

断るときも同じで、「待たせてごめん。いろいろ考えたんだけど……」と切り出すようにしてください。

伝え方②:「告白してくれてありがとう」と感謝する

より丁寧にしたいなら、「告白してくれてありがとう」と感謝の言葉を伝えてください。

ただ、こちらは断るときよりOKするときのほうがおすすめです。

 

断るときに感謝の言葉を伝えてしまうと、一瞬、男性は期待してしまいます。

その期待を裏切ることになるため、まるで天国から地獄に突き落とされたかのようなショックを受けてしまうわけです……。

伝え方③:OKの場合はストレートに返事する

OKの場合、もったいぶるよりはストレートに返事をしてください。

「いろいろ考えたんだけど、私には〇〇くんがもったいないと思うの。でも、付き合ってみたいという気持ちもあってね、それで……」など前置きが長いと、男性は「結局どっちなの!?」とモヤモヤしてしまいます。

「私でよければよろしくお願いします」と、このくらいストレートでシンプルな方が良いですよ!

伝え方④:断る場合は相手を傷つけないようにする

相手を傷つけないよう断るには、「なぜ付き合えないのか」を明確にすることがおすすめです。

なぜなら、男性は理由がわかれば納得するからです。

 

男性は女性に比べて共感力が鈍く、「察すること」が苦手なので、理由を聞かされないまま断られると「なんで付き合えないんだろう……」とずっと疑問に思ってしまいます。

しかし、そのぶん「論理的思考能力」に優れていることが多いため、理由を説明すると「たしかにそれじゃ付き合えないよね……」と納得しやすいわけです。

伝え方⑤:断る場合はLINEや電話などでもOK

男性の中に、はしつこく交際を迫ってくる方もいます。

そういう相手には、直接会う必要はありません。

むしろ、理由を付けて説明してもわかってもらえず、逆上したりストーカー化したりしてしまいます。

 

LINEや電話で「ごめんなさい」と伝えるようにしてください。

そして、一定期間連絡を取らないようにしましょう。

告白保留期間中の女性心理

思いを巡らせる女性

ここからは、女性心理について解説します。

同じ男性として、告白を保留にされてしまったときの不安は強く共感します。

不安を緩和させたい方は、「なぜ保留されたのか」を推測してみましょう。

告白保留期間中の女性心理

  • 告白されるとは思っておらずびっくりしている
  • 男性の誠実な気持ちに応えようと思っている
  • 恥ずかしくてその場でOKできなかった
  • どうやって断ろうか考えている

女性心理①:告白されるとは思っておらずびっくりしている

あまり仲が深まっていない場合や男性のことを友達だと思っていた場合、告白されるとびっくりさせてしまいます。

確率で言えば、YES・NO半々くらいです。

中にはこのように、「前から好きだったからこそ」びっくりして、保留にしたケースもあります。

女性心理②:男性の誠実な気持ちに応えようと思っている

「その場で返事をするのは軽率そうに思われるかも知れない」と考え保留する場合もあります。

こちらも、成功確率で言えば50パーセントです。

ただ、関係性がある程度深まっていたり、真剣な気持ちを伝えられた自信があったりする場合、その後の対応によって成功確率を上げられます。

下記にある「男性がすべきこと②:自分の気持ちをLINEなどでもう一度だけ伝える」を参考にしてみてください。

女性心理③:恥ずかしくてその場でOKできなかった

告白をOKすると、その瞬間から恋人同士になりますよね。

告白した側は恋人になる気が満々なのですぐに気持ちを切り替えられますが、された側はそうはいきません。

目の前の男性と恋人関係になるのが恥ずかしくて、「気持ちの整理を付けたい」とし、告白を保留にすることもあります。

女性心理④:どうやって断ろうか考えている

「断りたいから保留した」という女性も多いです。

結局のところ、保留されようがされまいが、告白の返事は「YES」か「NO」しかありません。

精神的な負担を減らしたいなら、「断られるかもな」とあまり期待しすぎないようにすることが大事です。

告白の保留期間中に男性ができること

スマホを使っている男性

告白を保留されたからといって、おとなしく過ごしているのはもったいないです。

ここでは成功確率を少しでも上げるために、男性ができることを紹介します。

告白保留期間中に男性ができること

  • 普段どおり過ごす
  • 自分の気持ちをLINEなどでもう一度だけ伝える
  • 女性をデートに誘ってみる
  • 返事を無理に催促するのはNG
  • できれば他の女性と連絡を取らないようにする

男性がすべきこと①:普段どおり過ごす

女性が真面目な性格で、「〇日考えさせて」ときっちり言ってきた場合は、その日まで普段どおりに過ごしてください。

男性からアクションを起こしてしまえば、女性にプレッシャーを与えてしまうからです。

不安に思っている素振りを見せず、普段どおり堂々と過ごすことによって、女性は男性に安心感を抱く場合もありますよ。

男性がすべきこと②:自分の気持ちをLINEなどでもう一度だけ伝える

自分の中である程度OKしてもらえる確信があるなら、LINEでもう一度だけ伝えてみてください。

「あのときの言葉に嘘はないよ。俺は、本当に〇〇ちゃんを大事にしたいと思ってる」と、誠実な言葉で5行から6行程度にまとめましょう。

女性の背中を後押しすることができ、OKの返事をもらいやすくなりますよ。

 

ここで大事なことは、軽々しい言葉で送らないことです。

短すぎたり絵文字が多すぎたりすると、告白の言葉そのものが軽く思われるようになってしまいますよ。

男性がすべきこと③:女性をデートに誘ってみる

なかなか答えを出してくれない場合、思い切ってデートに誘ってみることもアリです。

返事をしてくれないということは、女性が交際するかどうか決めかねているということ。

デートに誘うことによって、「いいかも」と思ってくれる場合もありますよ。

 

ただし、デートで粗相をしたり女性に手を出そうとしたりすると、告白自体が台無しになってしまいます。

誠実な態度で女性と接するようにしてください!

男性がすべきこと④:返事を無理に催促するのはNG

返事を無理に催促するのは、女性にプレッシャーを与えてしまうのでNGです。

告白は、告白された側も精神的なストレスを感じます。

なぜなら、軽々しく返事をして良いものではないからです。

 

「なかなか返事をしてくれないから」といって、「もう3日も経つんだけど」などと言ってしまってはなりません。

早く返事をしてもらいたいなら、催促ではなく自分の気持ちを再度伝えるべきです。

男性がすべきこと⑤:できれば他の女性と連絡を取らないようにする

「保留されたってことはダメなんだな」と見切りをつけて、他の女性にアプローチするのはやめておきましょう。

女性の気持ちが「YES」だったとしても、男性のそういった行動を目の当たりにしたことで「誰でも良いんだ」と思うようになり、「NO」に傾くこともあります。

マッチングアプリなども退会しておいたほうが賢明ですよ!

まとめ

寄りそう男女

告白の保留期間中、男性は不安な気持ちで毎日を過ごします。

女性はできる限り早めに返事をしてあげるようにしてください。

返事をじっくり考えたい場合は、事前に「◯◯日考えさせて」と期限を伝えましょう。

 

男性は期待しすぎないことが大事です。

ただ、保留期間中もできることはいろいろあるので、今回紹介したことを実践して少しでも成功確率を上げてくださいね!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

山下

山下

PairsからDatingまで20個以上のマッチングアプリを使いこなすマッチングアプリオタク。メインであるPairs、Omiai、with、タップルでは交際・ネトナン経験もあり。現在、はPairsで知り合った女性と交際中♪

他の記事も見る

TOPへ