作成日:2020/06/18

更新日:2020/06/27

【体験談】ハプニングバーで4Pしたエピソード。料金・注意点・楽しみ方

山下
山下

ハプニングバーは、女遊びやセックスが好きな男性なら一度は行ってみるべきです。危ないイメージがありますが、節度を守って入場すれば犯罪などに巻き込まれる危険性はほとんどありません。ただ、「どのようにハプニングバーを楽しめば良いかわからない」という方も多いですよね。そこで、この記事では、実際にハプニングバーを利用したことのある男性が体験談をもとに解説します。

筆者のプロフィール

一人の男性

筆者は33歳の男ですが、学生の頃からナンパをはじめ、現在までに200人以上の女性と関係を持ってきました。

基本的に出会い系サイト・マッチングアプリがメインなのですが、風俗嬢と付き合ったりナンパしてすぐにセックスしたりしたこともあります。

 

女遊びが激しいと、周りの男性も同じような人種が集まってくるんですね。

2018年頃に、同じナンパ師から「ハプニングバー行ってみよう」と誘われました。

この記事では、そんな筆者のハプニングバーに行った体験談とハプニングバーの楽しみ方を紹介します。

ハプニングバーとは

ハプニングバーで出会う男女

ハプニングバーとは、一言で言えば「セックスできるバー」です。

女性と遊びたい男性や、たくさんの男性と関係を持ちたいセックス好きの女性などが集まっています。

 

ハプニングバーに行くと、至るところで男性と女性がイチャイチャしています。

プレイフロアと呼ばれる個室ではセックスを見ることもできますし、場合によってはオープンフロアでお酒を飲んでいるときでもセックスの音が聞こえてきます。

 

かつてハプニングバーは逮捕者が出たり摘発されたりしていましたが、スタッフの巡回やセキュリティの強化などによって、ある程度安心して利用できるようになりました。

料金も昔より安くなったので、興味があれば一度入店してみるのもおすすめですよ。

ちなみに、カップルで参加することもできます。

【体験談】ハプニングバーに行った時のこと

ハプニングバーで出会った男女

筆者は2018年に、先輩に連れられて大阪のとあるハプニングバーに行きました。

ここではハプニングバーのリアルな体験談を紹介します。

異様な雰囲気は健在

先輩と二人でハプニングバーに行くと、まずお店のロビーで本人確認されました。

その場で入会金・入場料合わせて12,000円を払い、中に入ります。

中は携帯電話の持ち込みが禁止であるため、あらかじめロッカーに預けました。

ハプニングバーの内部は、「ちょっとおしゃれなバー」といった雰囲気でした。

 

かつてはバーのそこら中で男女がセックスしていたそうなのですが、取り締まりが厳しくなってからはおとなしくなったようです。

今ではプレイフロアに行かないとセックスできません。

 

そうは言っても異様な雰囲気は健在。

膝の上に乗せられた女性が男性とキスしたり、奥にあるプレイフロアから大きな喘ぎ声が聞こえてきたりしました。

筆者と先輩はバーに座り、しばらくお酒を楽しんでいました。

いきなり話しかけられる

すると、見知らぬ男性にいきなり話しかけられたのです。

「お兄ちゃんたち、初めて?こいつ良いよ。使ってみる?」

男性の隣にいたのは、30代半ばと思わしき女性でした。

 

どうやら男性の彼女か妻で、寝取られプレイをして楽しんでいたようです。

「おまえ行けよ」と先輩にそそのかされたのですが、女性の見た目があまり綺麗でなかったため、「病気とか移されたらどうしよう」と思い、断りました。

その日は単にお酒だけ飲んで、ハプニングバーの異様な雰囲気を楽しんで終わったのです。

後日、女性とともに……

後日、筆者は出会い系サイトで知り合ったセフレの女性Aさんとハプニングバーに行きました。

Aさんはハプニングバーについて何も知らず、「何それ?」という反応でしたが、「良い経験になるよ」という言い方で連れ出しました。

 

やってきたハプニングバーは前と同じところです。

カップル料金を払い、携帯電話を預けて中に入りました。

 

前回は夜の21時くらいだったのですが、今回は23時です。

時間帯が遅いほうが賑わっているようで、ざっと見ただけでも前回の2倍くらい人がいました。

女性を連れていると視線を感じる

女性を連れていると、オープンフロアにいる男性の視線が一気にこちらへ向けられます。

スタッフさんが気を利かせて「他のお客様に声をかけられないよう見張っておきましょうか?」と言ってきました。

しかし、筆者とAさんは単なるセフレでカップルではなかったので、「いえいえ、大丈夫です」と断りました。

 

前回と同じように、はじめはオープンフロアでお酒を飲みます。

最初はAさんも緊張していたようですが、スタッフの丁寧な対応に好印象を抱いたのか、「コスプレもあるよ!」とノリノリになっていました。

 

すると、ちょうど隣に座っていた高橋さん(仮名)という男性から、「二人で来てるんですか?」と声を掛けられたのです。

高橋さんも筆者たちと同じようにセフレと来ていて、「良かったら4Pかスワッピングしましょう」と提案されました。

初めてのプレイフロアへ

高橋さんに紹介された女性Bさんは30歳前後で、見た目も悪くありませんでした。

Aさんも29歳だったので、交換条件としては申し分ありません。

 

4Pもスワッピングもはじめての経験だったことから、「良いですよ」と了承しました。

Aさんも「楽しそう」とOKしてくれました。

 

セックスができる「プレイフロア」はオープンフロアの奥にあります。

ハプニングバーによっては1階と2階に分けられていることもあるようですね。

 

完全個室になっているところと壁がスケルトンになっているところがありました。

「どっちにしますか?」と聞かれたところ、Aさんが「見られるのは恥ずかしい」と答えたので個室の方へ。

ハプニングバーで4Pセックス

プレイフロアは一般的なラブホの部屋を少し狭くした感じです。

大きなベッドが中央にあって、電マやゴムなどのコンドームが近くに置かれていました。

 

高橋さんは筆者よりも慣れているようで、すぐにAさんの体を弄っていました。

筆者は基本的にいきなりやるのは好きではなく、はじめは会話を楽しみたいタイプなので、Bさんに話しかけてみます。

 

すると、Bさんも高橋さんのセフレで、クラブのナンパで知り合ったとのこと。

ハプニングバーに来ている理由は「付き合うよりセックスするほうが好きだし、若いうちでないとこういうことできないから」とのことです。

話をしていると、Bさんのほうから筆者にキスしてきました。

「山下さんって、見た目真面目っぽいし、女遊びしなさそう。なんかかわいい」と言われ、どうやら気に入られたようです。

 

すると、筆者もスイッチが入り、Bさんとディープキス→手マンからフェラしてもらいました。

Bさんは筆者以上に経験豊富で、とにかくフェラが上手かったです。

ベッドにAさんとBさんを並べて、交互に挿入するというセックスも非常に興奮しました。

ハプニングバーに行ってみた感想

セックスが終わったあと、筆者は高橋さんたちと連絡先を交換しました。

高橋さんはアダルトサイトでも、自分たちのセックス画像や動画を投稿・販売しているそうです。

 

ハプニングバーに行ってみた感想としては、女遊びやセックス好きな男性なら一度は行ってみても良いでしょう。

風俗やクラブ、ラブホとはまた違う、独特な楽しさがあります。

 

ただ、出会い目的で行くのはおすすめできません。

出会える可能性もゼロではありませんが、できればセフレを作ってセックスの一貫として利用することをおすすめします。

ハプニングバーの料金

お金を払う男性

ハプニングバーは一般的なバーと違い、ドリンク代の他に入会金と入場料が必要です。

その料金も男女で違う上に、カップルで入場するときも変わってくるので注意してください。

男性

一般的に、男性の料金がこちらです。

種類 料金
入会金 0円~10,000円
入場料 3,500円~8,000円

中には入会金が必要ないハプニングバーもありますが、平均して5,000円~6,000円程度が必要になってくると考えておいてください。

高いところでは10,000円クラスのお店もあります。

入場料はイベントによって変わりますが、だいたい5,000円前後です。

女性

女性の料金がこちらです。

種類 料金
入会金 0円~1,000円
入場料 0円~2,000円

女性は入会金が無料であるところも多いです。

かかったとしても1,000円ほどなので安心してください。

入場料も安く、高いところでも2,000円前後ですよ。

カップル

ハプニングバーはカップルでも楽しめます。

カップルの料金がこちらです。

種類 料金
入会金 0円~8,000円
入場料 2,500円~6,000円

やや男性より安いですね。

ハプニングバーの中には、「カップル専用」というものもありますよ。

ハプニングバーに行く際の注意点

ハプニングバーにいる女性

ハプニングバーは誰でも気軽に参加できます。

しかし、注意点があるので、行く前に確認しておきましょう。

注意点

  • 携帯電話の持ち込みは禁止
  • 公然わいせつ罪のリスクがある
  • 基本的には女性が優先される
  • 店内ではスタッフが定期的に巡回している
  • かならず出会えるわけではない

携帯電話の持ち込みは禁止

まず、携帯電話の持ち込みはできません。

ほとんどのハプニングバーでは、入場する際に携帯電話をロッカーに預ける必要があるのです。

これは盗撮などを防ぐためで、いかなる理由であれフロアに携帯を持ち出すことはできないため気をつけてください。

 

中には「こっそり持ち出せばわからない」と考える男性もいるでしょうが、見つかれば即時強制退去となる可能性が高いです。

それほどまでにハプニングバーはルールやマナーに厳しいところが多いですよ。

公然わいせつ罪のリスクがある

ハプニングバーは公然わいせつ罪に問われるリスクがあります。

実際に、2017年には東京・上野のハプニングバーで逮捕者が出ました。

どういうことかというと、オープンフロアで性器を露出してしまったわけです。

 

ハプニングバーは「オープンフロア」と「プレイフロア」に分けられているのですが、「オープンフロア」では性的な行為ができません。

プレイを楽しみたい場合、かならずプレイフロアを利用してください。

プレイフロアでは服を脱いでも構いませんし、セックスしてもOKです。

基本的には女性が優先される

ハプニングバーの利用者はほとんどが男性です。

そのため、女性を見かけたら紳士的に対応してください。

 

中には、出会い目的ではなく興味本位でハプニングバーに来ている女性もいます。

そういった女性とは、なかなか関係を深められません。

「誘ってもOKしてくれないから」といって強引に体を触ってしまうと、出禁にされる恐れがありますよ。

店内ではスタッフが定期的に巡回している

店内ではスタッフが定期的に巡回しています。

上述したようにハプニングバーは逮捕者が出る可能性もあるため、店内のスタッフは常に異変がないか目を光らせています。

スタッフに迷惑がかからないよう、ルールはきちんと守りましょう。

かならず出会えるわけではない

ハプニングバーは、かならずしも出会えるわけではありません。

なぜかというと、女性のお客さんが非常に少ないからです。

そのため、一人で参加したはいいものの、誰とも出会えずにお酒だけ飲んで終わるということも多いですよ。

 

おすすめの利用方法としては、出会い系サイトなどであらかじめ女性と出会い、デートの一貫としてハプニングバーに行く、というものです。

ハプニングバーでひたすら出会いを待つのも悪くありませんが、効率が良くない上に別の男性に取られてしまうリスクもあります。

ハプニングバーの楽しみ方

ハプニングバーを楽しむ男女

どのハプニングバーも楽しみ方はほとんど同じです。

中にはカップル専用のものや「猥談バー」のように会話メインのものもありますが、ここでは一般的なハプニングバーの楽しみ方について解説します。

楽しみ方

  • 本人確認をして入会する
  • オープンフロアとプレイフロアに分けられている
  • 最初はバー感覚でお酒と会話を楽しむ
  • 目当ての異性を見つけたら恥を捨ててプレイに持ち込む
  • プレイフロアで異性とセックスする

本人確認をして入会する

入会には本人確認が必要です。

本人確認は、運転免許証や保険証など公的書類を提出しなければなりません。

「提出したから」といって悪用されることはありませんので安心してください。

 

なぜ本人確認が必要かというと、18歳未満の入会を防ぐためです。

このように本人確認済みの会員しかいないため、安心して利用することができるわけです。

最初はバー感覚でお酒と会話を楽しむ

ハプニングバーはオープンフロアとプレイフロアに分けられています。

簡単に紹介すると、このような違いがあります。

オープンフロア」と「プレイフロア」の違い

  • オープンフロア:出会うための場所(プレイ禁止)
  • プレイフロア:セックスするための場所

オープンフロアにはバーがあり、ダーツやビリヤードなどが置かれています。

まずはオープンフロアでお酒を飲みながら、異性と仲を深めましょう。

目当ての異性を見つけたら恥を捨ててプレイに持ち込む

目当ての異性を見つけたら、相手を口説いてください。

特に、女性は入店してすぐにたくさんの男性から声を掛けられます。

つまり、男性はライバルが非常に多いことを覚悟しておきましょう。

 

ただ、ハプニングバーは「一対一でなければならない」といった決まりはありません。

一人の女性に対して複数の男性が近づいても良いわけです。

恥ずかしがっていると乗り遅れてしまうので、恥を捨てて女性に近づくのがおすすめですよ。

プレイフロアで異性とセックスする

異性と仲を深められたら、プレイフロアに誘いましょう。

中にはオープンフロアでキスや手マンまでしている方もいますが、基本的にはプレイフロアでしてください。

 

プレイフロアは個室になっています。

外から丸見えになっており、セックスしている様子を眺めて楽しむこともできますよ。

もちろん自分たちのセックスを他の会員に見せつけることも可能です。

ハプニングバーで楽しむためのコツ

いい雰囲気のカップル

ハプニングバーは初心者に対するハードルが高いです。

そこで、ここではハプニングバーを楽しむためのコツについて解説します。

楽しむためのコツ

  • 夜の11時以降に行く
  • その日のイベントを吟味する
  • 女性はコスプレすると確実に声を掛けられる
  • カップルで入店する

夜の11時以降に行く

ハプニングバーは夜の11時以降に行くのがおすすめです。

なぜなら、お客さんが非常に多いからです。

 

お客さんが多い時間帯に行かないと、普通のバーとあまり変わりません。

23時以降なら、「終電逃しちゃったし、前から気になってたハプニングバーに行ってみようかな」という女性や、「友達とクラブに行くようなノリで来た」という女性もいます。

その日のイベントを吟味する

ハプニングバーによってさまざまなイベントが開催されています。

たとえば、女性が安くなる「レディースデー」やTバックの女性しかいない「Tバックデー」などです。

行く前に公式サイトをチェックして、どんなイベントが開催されているのか調べておきましょう。

女性はコスプレすると確実に声を掛けられる

女性はほとんどの場合、入店するとすぐに声を掛けられます。

ただ、複数人で来店した場合や男性側が初心者ばかりの場合、なかなか話しかけてもらえません。

 

そういうときは、お店にあるコスプレを利用してみてください。

バニーちゃんや制服などに着替えると、男性も声を掛けやすくなります。

カップルで入店する

ハプニングバーはラブホ代わりとして使える場合もあります。

自分たちのセックスを周りに見たり聞いたりしてもらえるので、ラブホ以上に興奮しますよ。

 

また、寝取られ願望がある場合もおすすめです。

カップル専用のハプニングバーでは、いわゆる「スワッピング」などを楽しむことができるんですね。

他の異性とセックスすることでマンネリを回避することもできますよ。

まとめ

ポーズを決める男女

ハプニングバーについてまとめます。

ハプニングバーに関するまとめ
  • ハプニングバーは女遊びが好きな男性なら行くべき
  • 節度を守れば犯罪などに巻き込まれる危険性は低い
  • 出会えるわけではないのでセフレや彼女と行くのがおすすめ
  • 時間帯は23時頃がベスト

興味が湧いたら、ぜひ一度行ってみてくださいね!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

山下

山下

PairsからDatingまで20個以上のマッチングアプリを使いこなすマッチングアプリオタク。メインであるPairs、Omiai、with、タップルでは交際・ネトナン経験もあり。現在、はPairsで知り合った女性と交際中♪

他の記事も見る

TOPへ