作成日:2020/06/29

更新日:2020/06/30

【体験談】遠距離恋愛で「浮気」は当たり前?ばれないと思いしてしまった男の衝撃的末路

山下
山下

遠距離は、浮気されやすいです。なぜなら、寂しくなりやすく、浮気がバレにくいからです。「私の恋人はそんなことしない」と思いたい気持ちはわかりますが、信じすぎることは良くありません。今回は、実際に遠距離で浮気をしたことがある男性筆者が浮気する理由や原因、相手から送られるサインを体験談に基づいて解説します!

筆者のプロフィール

うつむく男性

筆者は33歳ですが、恋愛経験が豊富で遠距離な女性と付き合ったこともありますし、近くに住んでいた女性と遠距離恋愛になってしまったという経験もあります。

また、そういった恋愛経験の中から、「浮気をしてバレてしまった」という過去もあります。

 

今はマッチングアプリの「Pairs(ペアーズ)」で知り合った女性と結婚し、過去を反省しています。

この記事では、そういった実際の体験談から遠距離で浮気をしてしまうリアルな心理や原因を解説していきます。

【体験談】遠距離で浮気がバレたエピソード

浮気に感づく彼女

筆者の場合、隣県だったのでそこまで超遠距離というわけではありませんでした。

ただ、それでも車だと片道で2時間かかるため、デートは2週間に1回程度でした。

 

付き合い始めの頃は良かったのですが、1年、2年経ってくるとだんだんとマンネリ化してしまいました。

そんなときに、友達から「合コンに参加しないか?」と誘われたのです。

その友達は筆者に彼女がいることを知らなかったのですが、彼女とマンネリ中だった筆者はお誘いにOKしてしまいました。

浮気をするようになったきっかけ

浮気相手のBさんは、その合コンで知り合った女性です。

もちろん彼女がいることは伏せていたのですが、何度も会うようになり3回目のデートではつい告白してしまいました。

 

というのも、Bさんには彼女にないような魅力があったからです。

彼女とマンネリになったきっかけの一つに、「彼女の見た目があまりタイプでない」というものがありました。

 

一方で、Bさんは彼女よりも筆者のタイプに近く、一目見たときから「かわいいな」と思ってしまったのです。

また、彼女とはなかなか会えませんでしたが、Bさんとはすぐに会うことができたことも大きかったです。

浮気がバレたきっかけ

筆者はBさんと1年ほど付き合っていました。

その間、彼女にもBさんにもまったくバレませんでした。

 

しかし、あるとき突然彼女に浮気がバレてしまったのです。

それは、彼女が筆者の家に遊びに来たときです。

筆者のパソコンを使っていた彼女が、急に「これ、何……?」と筆者に言ってきたんですね。

 

そこに表示されていたのは、筆者のTwitterでした。

しかも、彼女が知っているメインアカウントではなく、彼女に内緒で作った裏アカウントです。

その裏アカウントに、筆者は「BさんとUSJに行った」「Bさんとラブホで2回戦」などと投稿していたのです。

浮気がバレた筆者の末路

実は、このとき筆者はうまく彼女を言いくるめることに成功しました。

「このアカウントは筆者じゃないよ。友達に貸していて、投稿しているのはその友達なんだ」というと、怪しまれながらも信じてくれました。

しかし、信じてくれはしたものの、彼女はものすごく落ち込んでしまいました。

 

結果として、筆者は彼女とBさん両方と別れました。

中途半端な気持ちで付き合っているとまた同じことを繰り返しそうですし、Bさんにも迷惑を掛けてしまうからです。

今は別の女性と結婚しましたが、あのとき浮気をしてしまったことはずっと後悔しています。

ぶっちゃけ、遠距離での浮気は当たり前?

怒る女性

遠距離での恋愛は当たり前なのかどうか、SNSでみんなの意見を参考にしてみましょう。

こちらの方は、1年間で浮気のエピソードを5人から聞いたそうです。

それらすべてが遠距離恋愛だったとのこと。

そういった教訓から、「遠距離は絶対に浮気される」と感じてしまっているようですね。

実際に、「浮気をしてしまった」という方もいました。

やはり、遠距離で浮気をする方は多いようです。

女性は男性を「浮気しない」と疑っていない方が多かったですよ。

ただ、上の意見を見る限り、信じていたとしても浮気をする男性はいると考えてください。

しかし、中には「遠距離なのにいっさい浮気をしなかった」という方もいます。

結論として、「浮気される可能性は高いものの、相手による」と言えます。

遠距離で浮気をしてしまう理由

携帯を見る男性

それでは、なぜ遠距離で浮気をしてしまうのか、その理由を解説します。

遠距離で浮気をしてしまう理由は次の3つです。

浮気する理由

  • 会えなくて寂しいから
  • バレないだろうと気を抜くから
  • 遠距離はアリバイ工作などが簡単だから

理由①:会えなくて寂しいから

真面目な方でも、会えない寂しさから浮気に走るケースがあります。

特に、女性に多いです。

 

女性はセックスすると女性ホルモンである「オキシトシン」の効果から、精神が安定したりストレスが軽減したりします。

しかし、遠距離になるとセックスできなくなるため、精神的に不安定になりやすいのです。

そのため、近くにいる男性から優しくされてしまうと、勢いで浮気してしまいかねません。

理由②:バレないだろうと気を抜くから

男性に多いパターンです。

男性は女性よりも精神的に安定していることが多く、遠距離になったとしても寂しさを感じることはあまりありません。

むしろ、中には「遠距離だから浮気がバレない」とプラスに考える場合もあります。

 

また、男性は本能的に「たくさんの子孫を残そう」と考え、他の女性に目移りしてしまうことが多いです。

遠距離になると、本能を制御している「理性」の部分が甘くなってしまうので、浮気に走ってしまうわけです。

理由③:遠距離はアリバイ工作などが簡単だから

遠距離恋愛は、近距離恋愛に比べてなかなか浮気がバレません。

なぜなら、アリバイ工作が簡単だからです。

だからこそ、「バレることはないだろうし、ちょっとくらい遊んでも良いかな」と考えてしまうわけです。

 

実際に、現地で女性と遊んだりデートしたりしても、共通の知り合いがいない限り浮気がバレることはありませんよね。

こういった物理的な要因も、遠距離で浮気をしてしまう理由の一つになりますよ。

遠距離で浮気がバレる原因

喧嘩中のカップル

上で「遠距離は浮気がバレにくい」と紹介しました。

しかし、だからといってかならずしも浮気を隠し通せるわけではありません。

そこで、ここでは遠距離で浮気がバレる原因を紹介します。

浮気がバレる原因

  • 恋人が突然家にやってきた
  • LINE(ライン)に違和感を覚えた
  • 浮気相手から連絡が来た
  • 友達から「浮気されてるよ」と報告を受けた

原因①:恋人が突然家にやってきた

遠距離中の恋人に、サプライズのつもりで会いに来る方は多いですよ。

そこで浮気現場を目撃する、というケースもあります。

浮気現場を目撃しなくても、異様に部屋が片付いていたり異性の下着を見つけたりすることで浮気を見抜く方もいます。

浮気中の方は、日頃から浮気の痕跡がないか部屋をチェックしたほうが良いですよ。

原因②:LINE(ライン)に違和感を覚えた

特に女性は、男性の細やかな変化にもすぐ違和感を覚えます。

なぜなら、「遠距離=浮気されやすい」と理解しているため、常にアンテナを張り巡らせているからです。

たとえば、女性は連絡頻度が少なくなったり内容が薄くなったりしただけで「浮気されているのかも」と感じます。

いつもと同じように装っていても、女性に「何かがおかしい」と思われる可能性がありますよ。

浮気していないのなら、男性は女性に「なぜ連絡ができないのか」などきちんと説明するべきでしょう。

原因③:浮気相手から連絡が来た

浮気相手から連絡が来て、浮気が発覚するというパターンがあります。

たとえば、AさんとBさんが付き合っていて、BさんがCさんと浮気をしていたとしましょう。

BさんとCさんの関係は、「Bさんは遊び」だとしても「Cさんは本気」だという可能性があるわけです。

 

本気だからこそ、CさんはBさんの本命であるAさんに直接連絡して「別れて」とメッセージを送ってくる場合があります。

特に、SNSを通じて連絡を取ってくることが多いですよ。

原因④:友達から「浮気されてるよ」と報告を受けた

こちらも、よくあるケースを紹介します。

AさんとBさんが付き合っていて、Bさんが「浮気をしよう」と考えマッチングアプリや出会い系サイトを利用したとしましょう。

同じマッチングアプリ・出会い系サイトに登録していたCさんがアプリでBさんを発見し、Aさんに報告したことで浮気がバレるということもありえます。

遠距離で浮気されている際のサイン

浮気を怪しむ女性

遠距離で浮気されている場合、かならず日常生活や連絡において「いつもと違う点」が見られるようになります。

こういった浮気のサインを見逃さないようにしましょう!

浮気のサイン

  • 連絡頻度が急に落ちた
  • 聞いてもいないことを自分から喋るようになった
  • やけに残業や休日出勤、飲み会が多い
  • 不自然に部屋が綺麗
  • 動向を気にしてくる
  • 体を鍛えるようになった
  • SNSをあまり更新しないようになった
  • おやすみLINEが来なくなった

サイン①:連絡頻度が急に落ちた

連絡頻度が急に落ちたのは、他に頻繁に連絡する異性ができたからです。

浮気をした経験のある筆者からすると、連絡の優先順位は「近くにいる浮気相手>遠くにいる恋人」になってしまいます。

そのため、どうしても恋人に対する連絡頻度が後回しになってしまうわけですね。

 

連絡頻度だけじゃなく、連絡の内容や通話時間も少なくなります。

実際に、筆者は浮気をしているとき、彼女に「LINEの内容がいつもより冷たくなった」と言われてしまいました。

絵文字が少なくなったり質問がなくなったりしたことから、このように思ったそうです。

サイン②:聞いてもいないことを自分から喋るようになった

浮気中の方は、相手に浮気を悟らせまいと余計なことをしゃべるようになります。

筆者も聞かれてもいないのに、「今週の土日は〇〇に行く予定だよ」などと余計なことを言ってしまいました。

 

また、妙に気遣いが多くなることも浮気のサインです。

たとえば、「仕事忙しいの?ゆっくり休んだほうがいいよ!」「たまには家でのんびりしたら?」といった内容のLINEは、恋人を家から出さないようにするための方便です。

実際は、「よし、これで自由に浮気できるぞ」と考えています。

サイン③:やけに残業や休日出勤、飲み会が多い

急に残業や休日出勤、飲み会が増えた場合、浮気されている可能性が高いです。

なぜなら、浮気する側にとって「仕事が忙しい」というのは非常に使い勝手がいい言い訳だからです。

「仕事が忙しい」というと、言われた側は「それなら仕方ないか」と納得しやすいんですね。

しかし、冷静になって考えてみるとわかりますが、繁忙期でもないのにいきなり仕事が忙しくなることはあまり考えられません。

また、急に休日出勤や飲み会が増えるのも不自然です。

サイン④:不自然に部屋が綺麗

浮気をしている男性の部屋は、異様に綺麗です。

これには2つの理由があります。

 

部屋がきれいな理由
  • 浮気相手の女性が掃除をしているから
  • 浮気の痕跡を残さないようにしているから

 

男性は女性より労働時間が長いことが多いため、部屋を綺麗に保てている方は多くありません。

それにも関わらず不自然に綺麗だった場合、長い髪が落ちていないかチェックしてみましょう。

サイン⑤:動向を気にしてくる

こちらの動向を気にしてくるのは、突然家に来ることを避けようとしているからです。

たとえば、筆者も彼女に対しては「今週の土日は何か用事あるの?」「今何してるの?」としょっちゅう送りました。

そうすることによって、彼女の動きを把握しようとしたのです。

サイン⑥:体を鍛えるようになった

体を鍛えるようになるのも浮気をしている証拠です。

新しく好きな人ができたため、その女性に気に入られようとしているわけですね。

それまでまったく筋トレなんかしていなかったのに、いきなり「ジムに入会した」と言い出した場合、浮気を疑ってください。

他にも、久しぶりに会ったときにツーブロックになっていたり、おしゃれな服を着ていたりした場合も疑うべきです。

サイン⑦:SNSをあまり更新しないようになった

SNSをあまり更新しなくなったというのは、いわゆる「裏垢(裏アカウント)」をメインに使い始めたからです。

筆者の場合、メインアカウントは彼女にフォローされていました。

そのため、別にアカウントを使ってそちらで浮気のことを呟いていたのですが、そうなるとメインアカウントをほとんど使わなくなってしまったのです。

サイン⑧:おやすみLINEが来なくなった

おやすみLINEが来なくなったり連絡が次の日になったりするのは、他の異性と夜を過ごしているからです。

筆者も経験がありますが、セックスしているときは携帯をほとんど見ません。

日頃から「彼女いない」と言っているわけですから、携帯で誰かにLINEを送っているところを見られてしまうと、今度は逆に浮気相手に怪しまれてしまいます。

 

だからこそ、次の日になって浮気相手とさよならしたあとに、「ごめん、昨日寝ちゃってた」「携帯の充電切れてた」などと言い訳をしていました。

このようなLINEが来た場合、浮気されている可能性が非常に高いです。

遠距離で浮気を防止するコツ

ZOOMで会話するカップル

遠距離でも、ちょっとしたコツで浮気を防止できます。

ここでは6つのコツを伝授しますね。

浮気防止のコツ

  • 定期的に会うようにする
  • 会えない場合はビデオ通話などで仲を深める
  • 理由を付けてお泊りしに行く
  • 相手の交友関係についてさり気なく聞き取る
  • お互いの現地で共通の知り合いを作る
  • 「浮気をしない」といった旨の誓約書を書いてもらう

コツ①:定期的に会うようにする

かならず定期的に会うようにしましょう。

ここで大事なのが、「自分ばかり会いに行かない」ということです。

 

会いに行ってばかりいると、相手に「この子は自分に惚れているから、浮気なんて疑わないだろう」と調子に乗らせてしまいます。

お互い話し合って、「先月は私が会いに行ったから、今月は〇〇くんがこっち来て!」と交互に会いに行くようにしてください。

コツ②:会えない場合はビデオ通話などで仲を深める

会えない場合はビデオ通話で仲を深めてください。

通話でも構いませんが、ビデオ通話ならさらに安心できます。

なぜなら、通話だと、「今どこにいるの?」と聞かれて、本当は外にいるにも関わらず「自宅だよ」と嘘をつかれる可能性があるからです。

 

ビデオ通話だと確実に相手が家にいるとわかりますし、室内の雰囲気も確認できます。

また、相手をビデオ通話に集中させられるため、浮気をする時間も減らすことができるのです。

コツ③:理由を付けてお泊りしに行く

浮気を防止するコツは、「相手が浮気できないように時間を奪う」というものです。

お泊りすることによって、相手は部屋を掃除する時間が必要になりますし、いろいろ準備しなければなりません。

そのため、浮気どころではなくなってしまうわけです。

また、お泊りすれば相手が浮気しているかどうかもわかります。

コツ④:相手の交友関係についてさり気なく聞き取る

浮気している方は、会話の中に異性の存在がチラホラ出てきます。

実際に浮気をしていた筆者が解説すると、あえて異性の存在を相手に知らせることで、「嘘をついていない」とアピールしているわけです。

 

しかし、そうやって異性の存在を知らせつつも大事なことは伝えません。

だからこそ、「今日飲みに行ってたんだって?こないだ言っていた〇〇ちゃんも一緒?」とさり気なく聞いてみてください。

浮気をしている人は、「えっ、まぁ一緒だったけど、何もしてないよ」と歯切れの悪い答えになります。

このように「普段、異性の存在を明らかにするくせに、大事なところで隠す」というのは浮気している人の典型ですよ!

コツ⑤:お互いの現地で共通の知り合いを作る

浮気してしまうのは、「バレないから」という心の油断があるからです。

共通の知り合いを作っておけば「バレるかもしれない」と考えるようになり、浮気防止になります。

SNSや連絡先を交換しておけば、「〇〇くんが知らない女性と歩いていたよ」と報告してもらえる場合もありますよ。

コツ⑥:「浮気をしない」といった旨の誓約書を書いてもらう

浮気は不倫と違って気軽にしてしまいやすいです。

なぜなら、浮気したからといって犯罪ではありませんし違法でもないからです。

そのため、浮気が発覚しても相手に慰謝料を払う必要はありません。

 

しかし、誓約書を書いてもらえれば逆です。

誓約書で「浮気をした場合、金銭を支払う」と約束すれば、簡単に浮気できなくなります。

この場合、できれば浮気調査が得意な探偵事務所などに見てもらうのがおすすめですよ。

まとめ

寝ているカップル

遠距離の浮気についてまとめます。

 

遠距離の浮気のまとめ
  • 遠距離は浮気される可能性が高い
  • 中には浮気しない人もいるが少数派
  • いつもと違う違和感を覚えたら要注意
  • 定期的に会ったりビデオ通話したりする
  • 最終手段として誓約書を書いてもらう

 

浮気を未然に防いで、恋人と良い関係を築いてくださいね!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

山下

山下

PairsからDatingまで20個以上のマッチングアプリを使いこなすマッチングアプリオタク。メインであるPairs、Omiai、with、タップルでは交際・ネトナン経験もあり。現在、はPairsで知り合った女性と交際中♪

他の記事も見る

TOPへ