作成日:2020/08/22

更新日:2020/08/23

【解明】彼氏との電話の話題は何が良い?おすすめ頻度と話す内容

drkun
drkun

女性のみなさん、「彼氏と電話したいけど、どれくらいの頻度で話せば良いのかわからない」「うまく話せずすぐに切られてしまう」といった悩みはありませんか?電話は大事なコミュニケーションツールですが、うまくやらないとかえって気まずい思いをすることもあります。そこで今回は、おすすめの電話の頻度と話す内容、注意点などについて男性目線から開設していきます。

筆者プロフィール

筆者は30代前半の男性で、大学時代は心理学を専攻していました。

恋愛も数多く経験し、いろんな出会いと別れがありました。

中にはすごく電話好きで、頻繁に電話で話す彼女もいました。

心理学の知識と様々な経験があるからこそ書ける情報をみなさんにお伝えします。

【体験談】彼女からの電話を彼氏はどう思ってる?

電話をかける男性

筆者には、電話好きの彼女がいました。

毎日のように電話をし、移動の合間やお風呂のとき、寝ながらなど隙あらば電話という彼女でした。

筆者は仕事柄時間に融通が利くため、できる限り彼女の電話に応えていました。

 

彼氏としては、彼女がたくさん電話してくれるのは嬉しいです。

それだけこちらのことを好きということになりますし、求められている実感が湧くので付き合っている感じがするからです。

また、単純に彼女と話していて楽しいので、むしろ筆者もたくさん電話したいと思っていました。

 

しかし、

  • 自分がやりたいことがあるのに電話がかかってきて後回しにせざるを得ないときがある
  • 彼女がいつ電話してくるかわからないからある程度時間に余裕を持たせないといけない

といった制約があり、少し負担に感じることもありました。

彼女が精神的に不安定ですぐに拗ねるタイプだったため、できるだけ彼女が楽な気持ちになるように配慮していましたが、それが負担に感じることがあったのです。

ときには、無理だと思って電話を断ることもありました。

 

しかしながら、基本的には彼女の電話は嬉しく、たくさんかけて欲しいというのが筆者の本音です。

筆者の体験談から次のことが言えます。

 

 

彼女からの電話を彼氏はどう思ってるのか
  • 基本的に彼女からの電話は嬉しい 
  • 話して楽しいなら電話は苦にならない 
  • 電話をかけすぎると彼氏の負担になることがある

 

男性は、彼女に求められると嬉しがる生き物です。

この記事でご紹介する話題や注意点を参考にすれば楽しい時間を過ごせることになり、彼氏との関係がもっと良くなるでしょう。

彼氏と電話のおすすめの頻度は

スマホを見て喜んでいる女性

ここでは「彼氏と電話はどれくらいの頻度でやればいいの?」という疑問にお答えします。

次の2つの頻度がおすすめです。

おすすめ①:付き合い始めや時間に余裕があるなら週2回~3回くらい

あなたが彼と付き合い始めたばかり、またはお互い時間に余裕があるなら週2回~3回くらいの頻度がおすすめです。

最初はたくさん話してお互いのことを知った方が良いからです。

 

「もっと話したい!」という方が多いでしょうが、あまりにもたくさん話しすぎると、飽きが早くなってしまいます。

話すことに慣れすぎてしまい、話せる喜びがすぐに減ってしまうため、たくさん話すのはおすすめできません。

 

週2回~3回くらいなら話題が尽きることもありませんし、お互いの負担にもなりにくいです。

話せない日があっても不安になることはありません。

 

もしも毎日話すのが当たり前になっていたら、1日話せないだけで不安になって苦しくなります。

お互いが楽に関係を続けるためにも、週2回~~3回くらいのペースで電話するのがおすすめです。

おすすめ②:慣れた後または忙しいなら週1くらい

付き合って数ヵ月経って慣れてきた、またはお互い仕事が忙しくてあまり時間が取れないという場合は、週1くらいの頻度がおすすめです。

慣れてきたらそんなに話さなくても関係性が安定しているでしょうし、忙しいのに無理してたくさん話しても負担にしかならないからです。

だからといって全く話さないのでは気持ちが冷めてしまいますから、週1くらいで話すのがおすすめというわけです。

 

週1なら休日にゆっくり話すことができますし、あまり話せていないという印象にもなりにくいでしょう。

忙しいと一週間はあっという間ですから、むしろ「よく話している」という感覚になりやすいくらいです。

無理なくコミュニケーションを取り続けることができるので良いですよ。

ポイント:お互いに無理のない範囲で電話する

週2回~3回、または週1回がおすすめだと述べましたが、カップルの事情によって頻度を変えて構いません。

あくまでも一つの目安ですから、参考程度に考えてください。

ポイントは、お互いに無理のない範囲で電話するということです。

 

筆者のように負担を感じることがあったら、できるだけ話し合って、ちょうど良いペースを見つけてください。

無理をすると電話自体が楽しくなくなりますし、いずれつらくなって別れたくなる可能性が高いです。

彼氏とずっと幸せでいるには、お互いが楽できるのが大事です。

彼氏と電話するときのおすすめの話題

電話で楽しそうに話す女性

彼氏があまり話すのが得意でない場合、女性がある程度リードしてあげる必要があります。

ここでご紹介するおすすめの話題を参考にして、彼氏と電話を楽しんでくださいね!

電話での話題

  • お互いの近況
  • 最近あったおもしろいこと
  • 彼氏が好きなこと
  • 次のデート
  • 将来のこと
  • 悩み相談
  • 対面で言いづらい愛情表現

話題①:お互いの近況

お互いの近況は話しやすいですし、彼も興味があるでしょうからちゃんと話を聞いてくれやすいです。

最近仕事や学校で何をしているかとか、ハマっていることなどを話すといいでしょう。

相手が何をしているのか知ることもできるので、特に遠距離恋愛の人は近況を話すようにしましょう。

話題②:最近あったおもしろいこと

近況とも関連しますが、最近あったおもしろいことをネタにして話すのもおすすめです。

あなたがおもしろいと思ったことは、彼氏もおもしろいと感じる可能性が高いです。

お互い楽しく話せるので、電話が盛り上がるでしょう。

話題③:彼氏が好きなこと

彼氏が好きな音楽やスポーツ、趣味などの話をするという手もあります。

彼氏が好きなことの話題なので、相手が話しやすいというメリットがあります。

あなたも彼氏の好きなものに興味を示してハマれば、2人で楽しめるものが増えますよ。

話題④:次のデート

次のデートの話題って楽しいですよね!

どこに行くか考えるのも楽しいですし、次はこういうことをしたいと考えるだけでウキウキしてしまいます。

 

遠距離恋愛でなかなか会えない人はもちろんのこと、近距離恋愛でもあまりデートできていない人は、次はこういうことをしたいという話題を多くするといいでしょう。

なかなか会えないストレスを緩和することができます。

話題⑤:将来のこと

あまり頻繁にやる話題ではありませんが、ときには将来のことを話しても良いでしょう。

いつ同棲するのか、結婚はどう考えているのか、子どもは欲しいのかといったことを話します。

現実的に考えても良いですが、夢を語るようにふわっと語り合っても良いでしょう。

将来のことを考えると楽しくなりますし、もっと仕事も恋愛も頑張ろうという気になれます。

話題⑥:悩み相談

何か悩んでいることがあるなら彼氏に電話で相談してみてください。

男性は彼女に頼られると嬉しいので、喜んで話を聞いてくれますよ。

 

ただし、次の3点は守ってください。

彼氏の負担にならない程度にほどほどに頼るのがコミュニケーションのコツです。

 

 

注意点
  • 重い相談は頻繁にしない 
  • 彼氏が話を聞ける状態でないなら無理して相談しない 
  • 思い通りの回答をもらえなくても拗ねない

話題⑦:対面で言いづらい愛情表現

対面だと恥ずかしくてなかなか言えないことってありますよね。

特に、人と話すのが苦手な人は、彼氏相手でも緊張してなかなか好きと言えないこともあるでしょう。

 

対して電話なら顔が見えませんし相手に見られているという感覚がないため、話すのが苦手な人でも本音を言いやすいです。

普段あまり好きと言えない人は、電話は思い切り愛情表現して甘えてみてはいかがでしょうか?

彼氏と電話するときのかわいいセリフ

仕草がとてつもなく可愛い女性

せっかくの彼氏との電話ですから、かわいいと思われたいですよね。

ここでは、彼氏と電話するときのかわいいセリフを集めました。

かわいいセリフをうまく使って、彼氏ともっとラブラブになっちゃいましょう!

かわいいセリフ

  • 「ねえ話したい」
  • 「声聴いて寝たいな」
  • 「大好き」
  • 「話して楽しい」
  • 「ほめてくれるの嬉しい」
  • 「早く会いたいな」
  • 「話すと落ち着く」

セリフ①:「ねえ話したい」

シンプルに話したい気持ちを伝えるセリフです。

彼女が話したがっているのがわかるので、彼氏は嬉しくなります。

サラッと自分の気持ちを伝えているので、重い感じもありません。

セリフ②:「声聴いて寝たいな」

声を聴きたい、一緒に寝たいという二つの要望をまとめて伝えるセリフです。

いわゆる寝落ち通話を希望するセリフですが、甘えられているような気分になるので、彼氏は「かわいい」と思うのです。

夜にLINEを送り、甘えながら電話して寝ると良いでしょう。

セリフ③:「大好き」

電話しているときに「大好き」と言われると、男性はドキドキします。

いつ言われても嬉しいものですが、電話で不意に言われると耳元でささやかれたような気分になってドキドキ感が増します。

 

特に、普段あまり言わない彼女からの「大好き」ほど嬉しいものはありません。

電話でも恥ずかしいという方も、電話を切るときに「大好き」と言って切ると、彼氏は最高に喜んでくれますよ。

セリフ④:「話して楽しい」

意外と男性も不安になることは多く「彼女は本当に自分と話して楽しいのか」と疑問を抱くことがあります。

なので彼女が「話して楽しい」と言うと、男性はすごく喜びます。

安心するのと同時に、楽しいと言っている彼女がかわいいと思うのです。

素直な気持ちを表現することは男性ウケが良く、喜んでもらえるので積極的にやってみてください。

セリフ⑤:「ほめてくれるの嬉しい」

彼氏に電話でほめられたときに使えるかわいいセリフです。

ほめられたことに感謝しつつ、嬉しいという気持ちを素直に表現します。

少し笑って機嫌良さそうな素振りを見せれば、彼氏は満足してくれることでしょう。

もっとほめられたいという雰囲気を出せば、彼はこれからももっとあなたのことをほめてくれますよ。

セリフ⑥:「早く会いたいな」

「早く会いたいな」とボソッと言ってつい本音が漏れたかのように言うセリフです。

やっぱり彼氏は会いたいと言われると嬉しいと感じますし、自分も会いたいと思うものです。

 

また、彼女の本音が見えたような気がするのもポイントです。

男性は彼女の本音を知りたいと思うのと同時に、その気持ちを満たしたいと思うことが多いからです。

彼氏が彼女を今以上に愛おしく思えるようになるのでおすすめのセリフです。

 

ただし、あまり言いすぎると「俺だって会いたいのに、会えないのは仕方ないだろ、仕事だってあるんだ」などと思われます。

不満が出てくる可能性があるので気をつけてください。

セリフ⑦:「話すと落ち着く」

「落ち着く」と言われると喜ぶ男性も多いです。

本音が出ているように感じられるのと、特別扱いされているような気がするため嬉しく感じます。

自分が彼女の居場所になっているのを実感できるので、彼氏はもっと彼女に尽くそうという気持ちになれるのです。

彼氏と電話するときの注意点

電話をかけている女性

彼氏と電話するときは、気をつけないといけないこともあります。

せっかくの電話で2人の仲が悪くなるのは最悪ですから、注意点を把握して電話で失敗しないようにしましょう。

注意点

  • 他の男性の話をあまりしない
  • 明るい声で話す
  • 一方的に愚痴らない
  • 彼氏を困らせるようなことを言わない
  • 彼氏が余裕ありそうなタイミングでかける
  • 長時間話しすぎない
  • 電話を断られてもネガティブにならない

注意点①:他の男性の話をあまりしない

つい周りの男友達の話をする女性が多いですが、あまりおすすめできません。

浮気を疑われることもありますし「そんなにそいつが好きならそいつと遊んでれば?」と彼氏が拗ねるリスクもあるためです。

たまに話のネタにするくらいなら良いですが、頻繁に名前を出すのはやめましょう。

注意点②:明るい声で話す

彼氏と電話するときは、できれば明るい声で話すようにしてください。

明るい声の方が聞いていて楽しくなりやすいからです。

もちろん時間帯や話題によっては落ち着いた声の方が良いこともありますが、基本的には明るい声を意識した方が良いでしょう。

注意点③:一方的に愚痴らない

たまには電話で愚痴を言ってもいいですが、一方的にいつも愚痴を言うことになるのは避けてください。

愚痴を言う方は気持ち良いですが、聞く方は結構大変です。

 

少しくらいならまだしも、いつも愚痴を聞いてばかりだと彼氏に不満が溜まってしまいます。

あまり愚痴は言わない、または彼氏の愚痴もいっぱい聞いてあげるなどして、バランスを崩さないようにしましょう。

注意点④:彼を困らせるようなことを言わない

「朝まで話して!」「なんですぐに電話出てくれないの?」「デートしたいのに全然会えないね」など、彼氏を困らせるようなことを電話で言うのはやめてください。

彼氏はどうしようもありませんし、困るだけで何もできず、無力感も出てしまいます。

「いろいろ言われるなら電話したくない」と感じるようになるので注意が必要です。

注意点⑤:彼が余裕ありそうなタイミングでかける

一日の終わりや休日など、彼氏が余裕ありそうなタイミングで電話しましょう。

余裕があるときなら電話に出やすいですし、ゆっくり話せるためです。

彼氏の都合を考えるのも大事なのです。

注意点⑥:長時間話しすぎない

彼氏と長時間話したくなる気持ちはわかりますが、あまり長く話すのはやめましょう。

やりたいことができなくなりますし、長時間話してばかりだと飽きが来るのも早くなります。

一気に五時間話すくらいなら、一時間を五回に分けて回数を多くした方が良いです。

注意点⑦:電話を断られてもネガティブにならない

彼氏にも都合がありますから、電話を断ることもあります。

そんなときにネガティブになって彼氏に迷惑をかけないようにしてください。

「まあ、そんなときもあるか」「忙しいのかな」などと思って、あまり深く考えないようにしましょう。

彼氏と電話できないときの対処法

悩んでいる女性

最後に、彼氏と電話できないときの対処法をご紹介します。

ただ落ち込むのではなく、やれることをやるのが大事です。

対処方法

  • 電話内容やタイミングに問題ないか考える
  • 自分一人で楽しめる趣味を持つ
  • LINEを頻繁に送る
  • かわいく寂しさを伝える

対処法①:電話内容やタイミングに問題ないか考える

まず、電話内容やかけるタイミングに問題がないか考えてください。

男性が電話を断るのには理由があります。

よくある理由には次のようなものがあります。

 

電話を断る理由
  • 忙しい 
  • 電話が楽しくない
  • マンネリ

 

電話が楽しくなくて電話を避けるようになるのはよくあることですから、電話内容に問題がないかチェックしてください。

次のようなことを考え、分析してみましょう。

 

 

チェックポイント
  • 楽しく話せているか 
  • ネガティブな話題が多くないか 
  • 自分の都合でいつも電話をかけていないか 
  • 今彼は忙しい時期ではないか

対処法②:自分一人で楽しめる趣味を持つ

自分一人で楽しめる趣味があれば、彼氏と電話できなくても寂しくなりません。

彼氏と電話できないことを強く思い悩むのは、一人で過ごすのがあまりうまくないからということが多いです。

映画を観るなどでもいいですから、自分一人で楽しめるようになりましょう。

対処法③:LINEを頻繁に送る

彼氏の都合で電話できないときは、代わりにLINEを頻繁に送るようにしましょう。

電話が駄目なら他の方法でコミュニケーションを取れば良いという発想です。

電話は無理でも、いつでも返せるLINEなら対応できるかもしれません。

 

もちろん、ものすごく忙しいときはLINEも返せなくなります。

ただ、リアルタイムで対応しないといけない電話よりも対応しやすいので試してみてください。

対処法④:かわいく寂しさを伝える

かわいく寂しいことを伝えて電話を誘うテクニックです。

彼氏はかわいいと思って、もっと話そうと思うようになります。

重くならないように配慮しつつ、おねだりしてみてください!

まとめ

かわいらしい仕草をしている可愛い女性

彼氏と電話する頻度は週1回~3回がおすすめです。

お互い無理ないペースで電話すると良いでしょう。

ときにはかわいいセリフを言うなどして、彼氏との電話を楽しんでください。

 

楽しく電話できれば、2人の関係はもっと良くなります。

電話をうまく生かして、関係を長続きさせましょう。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

drkun

drkun

学生時代に心理学を専攻していたこともあって、人の心理にとても興味があります。今まで多くの恋愛を経験し、同時に他の人の恋愛も数多く見てきました。特にネット恋愛など最近の恋愛の形に強いです。よろしくお願いします!

他の記事も見る

TOPへ