作成日:2018/12/24

更新日:2018/12/28

結婚生活を「幸せ」にするために絶対知っておきたいこと!幸せじゃない人との違いは?

青

結婚後、幸せになれるかはどんな男性を選ぶかが重要です。そして、それを生かすかどうかはあなた次第です。結婚したらそれでもう一生安心ではありません。今回は、幸せな結婚をするための男性の見極め方と、自分のあるべき考え方についてお伝えします♪幸せじゃない人との違いも解説!

幸せな結婚に必要な男性を選ぶポイント

幸せな結婚をした女性

結婚すると幸せになれる男性とは、どのような人なのでしょうか?

 

女性は結婚することで、姓が変わる人が多いものです。

職場が変わって、住む場所が変わり、友人たちとも離れることになる。

 

結婚は、ただでさえ環境が変わり不安なことでいっぱいです。

そのため、結婚するのであれば、幸せになりたいと考えるものです。

 

では、女性はどような男性を選べば幸せな結婚になれるのでしょうか?

そのヒントを、既婚女性である筆者が紹介していきましょう♪

①性格・感覚

結婚生活は、どこまでも長く続いていくものです。

離婚理由で良く耳にするのが、「性格の不一致」ではないでしょうか?

 

結婚生活では、一緒の空間で過ごして、一緒の生活を作っていきます。

そのため、1つひとつの物事に対する考え方が違いすぎると、たちまち結婚生活は崩壊していきます。

 

何か起きたときに、理屈なしで感じる感覚はごまかしようがありません。

その反射的な感覚が似た相手を見つけられたのであれば、理想の結婚相手と言えるかもしれません♡

②きちんとした収入

男性側の、仕事・収入面も結婚の場面においては重要です。

 

近ごろは、仕事で成功することだけが良いことではないと考える男性も増えてきています。

しかし、その考え方は、女性が結婚するときの立場を考えると微妙です!

 

追い立てられないで生きている男性は、自分らしくて良く見えるかもしれません。

しかし、家庭を養っていく大黒柱としての価値はないに等しいと女性は考えてしまいます。

 

もし、あなたがバリバリのキャリアウーマンだとしましょう。

仕事も絶対辞めたくなくて、自分が一家の稼ぎ頭で良いと思っているのであればOKです。

 

しかし、男性にもしっかりと稼いで欲しいと思っているのであれば、きちんと収入が安定している男性を選ぶ方が将来的な幸せが待っていますよ♪

③外見

「美人は3日で飽きる」ということばがありますが、夫の外見のレベルも多くの場合、加齢とともに衰えていきます。

 

恋に落ちるきっかけ、婚活においては仲良くなるきっかけとしては、大いに男性の外見の良さは気になってくるでしょう。

 

しかし、結婚している立場からすると、見た目よりもその人との性格の相性を見た方が良いと思います。

 

イケメンが大好きな女性は、外見が良い男性と結婚するだけで、モチベーションが上がり楽しい結婚生活を送っていくことができるでしょう。

そのため、外見のよさを結婚の決め手にするのもアリです。

 

ただし、外見が良くて社交的な男性を夫にすると、不倫や彼の周りの女性たちにモーションをかけられる心配が出てきます。

可能であれば、外見はほどほどに良くてあまり派手過ぎない性格の持ち主だと、結婚した後に幸せになれるかもしれません。

④お金と人に誠実

人柄の誠実さは、結婚生活においてはかなり重要です。

 

お金の問題で結婚生活でのトラブルに発展することは多々あります。

その場合、単純に収入が多い、少ないだけで片づけられない問題の場合があります。

 

その原因は、夫がお金に対して誠実さが欠けてしまっていることが原因です。

 

自分の収入に見合ったお金との向き合い方がきちんとできる誠実な男性かどうか、デートの際にしっかり見極めるようにしましょう。

 

結婚前のデートで、お金のかかったプレゼントをしてきたり、豪華なディナーに連れて行ってくれたりする男性は注意が必要です。

 

家庭を持ったときに、お金の使い方に不安を感じると思ったら、結婚を決める前に結婚後の計画を掘り下げて話し合ってみると良いですよ。

結婚する際に気をつけた方が良い男性のタイプ

絶望する女性

結婚して幸せになるためには、避けた方が良い男性のタイプもあります。

次の2つのタイプの男性には注意した方が良いですよ!

①自分の家族を優先し過ぎる

独身のときに、家族を大事にできる男性はとても優しいタイプに見えるため、好印象に映るでしょう。

しかし、そのような男性は、結婚後に妻よりも自分の家族ばかりを優先するタイプの男性かもしれません。

 

もし、結婚前のデートでその可能性を感じているのであれば、結婚後の住まいが彼の実家とある程度距離が離れているのかを確認しましょう。

 

あまりに住んでいる場所が彼の実家と近い場合、あなたが夕飯を作って家で待っているにも関わらず、自分の実家で食べてきたなんていう可能性があります。

イライラする行動を平気でやってしまうタイプの男性ですので、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。

②自己愛の強すぎる

いわゆるナルシストようなの傾向があったり、自分の話ばかりで女性側の話を聞こうとしない男性は、結婚相手としては少し難アリかもしれません。

 

結婚してあなたが働いたとしても専業主婦になったとしても、あなたが話すことは「お前は気楽で良いよな」と勝手なことを言って聞いてくれないタイプです。

 

自分の仕事の大変さを永遠に話し続けるタイプの男性の危険性が高いので注意しましょう!

結婚のときに確認した方が良いこと

確認する女性

今までは、結婚して幸せになるためにお相手の性格や属性についてお伝えしました。

結婚する前には、その後の生活をどのように考えているかについても確認をした方が良いですよ。

①結婚後に働けるかどうか

現在付き合っていたり、これから婚活の場で出会ったりする男性でも、結婚を決める前に確かめておいた方が良いことは、妻が働くことに対してどう思っているかです。

 

妻に対して、「働いて良いよ」「仕事することに対して理解があるよ」という男性も、「だから家事育児を手伝うよ」という気持ちはない男性が多いです。

 

「仕事も家事も育児もちゃんとやるなら、働いて家を空けても良いよ」という謎の上から目線で、妻の仕事にOKを出している男性は大問題です。

 

自分の生活を変えるつもりがないくせに、妻にだけ負担を強いるような夫婦の在り方は、対等ではありません。

 

認識のずれが結婚後に発覚した場合、途端にお互いの心が離れてしまいます。

必ず、結婚後の生活に関する価値観のすり合わせを行いましょう。

②仕事・収入に関する考え方

結婚後、働きに出るつもりはなく、夫だけの収入で暮らしていくことを望んでいる場合、男性の収入が付き合っている時点で安定していることが結婚前提です。

 

結婚するときに、「きちんとするから」なんて口約束をする男性は、結局きちんと果たされないままあなたの収入を当てにしてくる可能性があります。

 

結婚するのであれば、きちんと相手の意思を確認せずに退職してしまい、そのまま2人で路頭に迷ってしまうなんてことになったら大変です。

 

結婚する前に、具体的なお金の話をするのは、少し気が引けるかもしれません。

しかし、この時期にきちんと話ができない相手であれば、結婚後はもっとできません。

 

結婚後に「こんなはずではなかった」と思わないために、きちんと確認しておきましょう。

結婚後の幸せか不幸せかの分かれ道とは

幸せと不幸の分かれ道

結婚する人は、お互いに想い合ってしたはずなのに、幸せになれる人と不幸になってしまう人がいます。

 

では、どうして結婚生活に幸・不幸差が出てしまうのでしょうか?

幸せになれる女性と、不幸になってしまう女性の差をお伝えしましょう。

①多くを求めない女性は幸せ

結婚を幸せにできるかどうかは、女性自身の物事への捉え方が大きく影響してきます。

 

恋人時代には感じることのなかった価値観の違いが、結婚生活が始まるとどうしても出てきます。

女性が男性と結婚を決めるときに、どういう気持ちで結婚を決めたかが、その後の生活でどれだけ相手を受け入れられるのかが変わってきます。

 

恋人の間は目につかなかった欠点が、結婚後は気になり出して止まらなくなることは多々あります。

 

それを受け入れるのか、相手に不満をぶつけるのかどうかで、結婚生活が幸せになるか不幸になるかが大きく異なります。

 

妻が夫に文句ばかりぶつけていれべば、家庭は夫にとってしんどいだけの場所になってしまいます。

 

毎日元気に働いてくれて、借金や浮気をするわけでもない。

妻のご飯を食べに帰ってきてくれる。

 

それ以上を夫に多くを望むのは、ぜいたくかもしれませんよ。

②自己肯定感が低い女性は不幸な傾向

結婚生活を不幸にしてしまう女性の特徴は、自分という存在を自身で認めてあげられないことです。

 

自分に自信がなくて、相手のささいな間違いや欠点を指摘することで、自分の問題から逃れようとしてしまうのです。

 

自分のことを認めて受け入れられている人は、人の悪い部分よりも良い部分に目がいきます。

 

もし、自分が結婚生活において不幸になるサイクルにはまっていると感じたら、まずは自分のことを見つめ直してみましょう。

結婚生活で幸せを感じること

結婚生活を幸せにできるかどうかは、結局のところ自分自身の気持ちの持ちようが大きいのです。

実際に生活を始めると、どのようなところで幸せを感じることができるでしょうか?

①共に生活する人がいること

元気な若い時代には感じにくいことではありますが、人はいつか老いていきます。

どんなにお金を持っている人でも、徳のある人でも、権力のある人でも、その部分はみな人間として平等です。

 

結婚するということは、相手を大切に想い、そして相手に想われるということです。

将来老いていった自分を想像したときに、誰にも大切に想われず、最期を一人で迎えるような将来ほど辛いものはありません。

 

誰かと寄り添い歩いていくことの喜びは、小さいようでとても大きいものです。

 

②ふとした瞬間の感謝

結婚生活の中で相手の行動に感謝することはとても大切なことです。

 

ゴミ出しを手伝ってくれたり、日々の家事を少し手伝ってくれたり、ちょっとした夫側の気遣いに感謝することが結婚生活を幸せにしていくのです。

 

感謝の気持ちというものは連鎖していきます。

 

夫に対して感謝の気持ちを覚えられるようになると、あなた自身の毎日も肯定していけるようになります。

 

結婚相手の行動を認めて、小さな感謝を重ねていくことが幸せな結婚生活への近道なのです。

 

③好きな人と毎日会えること

付き合っていた期間が長かったり、遠距離恋愛の期間が長かったりすると、毎日会うことが難しかったカップルも多いでしょう。

 

朝目覚めて好きな人に毎日会えるということは、それ自体が奇跡のようなものです。

これが、きっと一番結婚して幸せだと感じることでしょう。

 

どんな不満を感じても、一緒に生きていく覚悟をして結婚した相手です。

毎日生活を共にできる喜びに勝るものはありません♪

④子供をともに育てる喜び

子供は、あなたたち夫婦が愛し合い、この世に生まれてきてくれた宝物です。

 

例えちょっとした不満が夫にあったとしても、かわいい我が子がいれば、そんなことどうでも良くなってくるものです。

 

子供に迷惑をかけてしまうような借金、不倫を夫がしてしまうときは許す必要はありません。

ただ、他のちょっとした日々の不満は、子供のためにも飲み込んであげましょう!

 

子供のためにと夫婦でお互いが歩み寄る努力を続けていれば、子育てする幸せ以上に、結婚生活で嬉しいものはないはずです♪

⑤自分を求めてくれること

結婚して、自分を求めてくれる相手がいるということはとても幸せなことです♡

 

新婚時代からセックスレスになる夫婦も多くいるため、夫婦生活に問題がないのであればそれだけで幸せです。

 

男性は、どんなにキレイにしてきちんとすごしている妻を前にしても、不倫をしてしまうこともあるのです。

 

世の中にたくさん女性がいる中、見向きもせずにきちんと妻のもとへ帰ってきて、夫婦生活を継続してくれていることは幸せなことです。

まとめ

結婚して幸せになるためにはどんな男性を選べば良いのか、そしてどんな幸せが待っているのかについてお伝えしました。

 

結婚はゴールでもあり、人生のスタートでもあります。

どんなに良い男性を選んでも、その後の結婚生活へのあなたの向き合い方が、結婚生活を幸せにするか不幸せにするかを決める大きなポイントだということを頭の中に入れておいてくださいね。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

青

花のOL時代を経て20代半ばに同僚と結婚・出産を経験。子育てをしながら恋愛関連の記事を執筆中。学生時代に民間のカウンセラー講座を修了していて、人間関係の様々なやり取りのパターンを観察することが好き。読む人が前向きな気持ちになれる記事が書けるように心掛けている。

他の記事も見る

TOPへ