作成日:2019/01/16

更新日:2019/01/07

【解説】結婚と恋愛の違いは何?理想の相手は異なる!既婚者が伝えます

Olivia
Olivia

結婚と恋愛は、どちらも好きな人と特別な関係になることです。しかし、実は似ているようでまったくの別物です。「恋愛の先に結婚があるのだから、恋愛のままでも結婚しても状況は変わらない」というのは大間違いです。では、一体どこが違うのでしょうか。今回は、結婚と恋愛の違いを既婚者の筆者が体験談を踏まえてまとめました♪

結婚と恋愛の違いとは

結婚と恋愛の違い

「結婚と恋愛は違う?」と既婚者に聞けば、半数以上は「違う」と答えるでしょう。

しかし、その違いは結婚してみないとわからないという訳ではありません。

 

恋愛の段階で結婚との違いを知っておくと、この先2人の間に困難が訪れた際に解決しやすくなるはずです。

5つの違いをお伝えしましょう。

①金銭面

結婚と恋愛の大きな違いのひとつは、金銭面でしょう。

 

恋人同士の段階では、お互いが自分のお金を管理して好きなように使っても大丈夫です。

しかし、結婚すると2人の生活と、同じ目標のためにお金を管理するようになります。

 

結婚してから、今まで通り好きなように使える人は少ないはずです。

かなり外面的なことではありますが、結婚したら一番違いを実感することのひとつでしょう。

②関係性

「恋人」から「夫・妻」のように、関係性が変わります。

2人の気持ちに変化はなくても、「他人」から「家族」になるのです。

 

婚姻手続きをした瞬間から、もう家族です。

 

書類上で文字にされただけでは実感しにくいかもしれません。

逆に、文字にされることで気持ちが変わっていくものです。

③お互いの存在意義

恋人から家族になると、相手に対して抱いている存在意義が変わってきます。

 

恋人のときは、

  • 一緒にいて楽しい存在
  • 安らぐ存在
  • ときめく存在

だったものが、家族になると、

  • 守るべき存在
  • 然るべき存在
  • そばにいるべき存在

となります。

 

もちろん、恋愛のころのように安らぎや安心さは感じるでしょう。

 

しかし、家族になると、そばにいることが当たり前のような存在になる一方で、より相手に対して強い責任感を抱くようになります。

 

そして、よく言われているのが、結婚するとときめきが少なくなることです。

ときめきが少なくなる代わりに、より一層安心感が強くなるのも間違いではありません。

④2人の目標

恋愛の中での2人の目標は何でしょうか?

恋愛から結婚につながるように、結婚が目標というカップルもいるでしょう。

 

しかし、恋愛の段階で同じ目標を抱いているカップルは多くはありません。

特に、人生の目標はお互い違うビジョンを見ていることが珍しくないかと思います。

 

結婚して家族になると、同じ目標を持つようになり、将来のビジョンを共有するようになります。

2人の未来のために切磋琢磨し、時にはぶつかり合うことだってあります。

 

同じ目標を持っているがために、結婚すると恋愛の頃よりも2人の間での困難が増えるようになるのです。

⑤愛情

恋愛も結婚も愛情がないと成立しません。

しかし、2つの愛情には違いがあります。

 

恋愛のころに抱いている愛情は、「この人と一緒にいたい」「触れたい」というような、自分の欲求からくるものが多いかと思います。

 

一方、結婚してからの愛情は「○○してあげないと」と、相手を労わる気持ちからくる愛情が多くなります。

 

義務的にも見えますが、相手のことを思いやっているからこそ生まれる愛情です。

親が息子に与える愛情と似てくるわけです。

 

結婚すると、恋愛のころの愛情に加え、違う愛情が芽生えてきます。

それが結婚と恋愛の違いなのです。

理想の恋愛相手

理想の恋愛相手

結婚と恋愛の違いは、挙げればきりがないかもしれません。

そして、「結婚と恋愛における相手の理想」でも、その違いがはっきりと出ています。

 

まずは、理想の恋人についてみていきましょう。

理想の恋愛相手①:優しい人

「理想のタイプは?」と聞かれて、よく出される代表的な回答のひとつが「優しい人」ではないでしょうか。

もはや、優しい人は無敵とも言えるかもしれません♪

 

恋人にするなら、やっぱり優しくて思いやりのある人が選ばれます。

理想の恋愛相手②:おもしろい人

最強の理想とはいっても、優しいだけでは物足りないはずです。

毎日笑って楽しく過ごせるような、おもしろい人も理想に挙げられます。

 

また、おもしろい違いですが、ユニークな人も刺激があって好まれます。

理想の恋愛相手③:気遣いのある人

誕生日やデートで相手へサプライズをしたりなど、気遣いができる人は恋愛相手の理想とされます。

 

恋愛には新鮮さとドキドキ感が大切です。

そして、まだまだ2人で思い出を増やしていく段階です。

 

相手のことを気にかけて恋愛できる人は、たくさん素敵な思い出を作りあげられるでしょう♡

理想の結婚相手

理想の結婚相手

理想の結婚は、恋愛の相手とは異なり、現実的で人生をずっと共にしていけそうな人が多く挙げられます。

恋愛はうまくいくけど結婚できない人は、ぜひ参考にしてみてください♪

理想の結婚相手①:仕事が安定している人

結婚するとなると、相手次第で自分の人生の半分は決まったようなものです。

 

将来のことを考えると、安定した職についていて経済力のある人が望まれます。

それは、女性にも男性にも言えることです。

 

男性の理想の相手なら、家庭的な女性をあげる人もいるでしょう。

相手のステータスが結婚のカギとなるかもしれません。

理想の結婚相手②:家族想いな人

家族になるのだから、家族を大事にしてくれる人が理想の結婚相手だという人はたくさんいます。

 

結婚を考えるとき、ご両親への接し方や恋人への振る舞い方に注目し出すはずです。

家族のことを第一に考えてくれる人は、結婚生活もうまく乗り越えられるでしょう♪

理想の結婚相手③:他人と自らの欠点を認めてくれる人

他人同士が一緒になる結婚において、小さいことをいちいち気にしていては身が持ちません。

 

結婚は、多少の妥協が必要不可欠です。

相手の欠点を認めてあげられる人は、他人と一緒に人生を歩んでいける人です。

 

また、相手の欠点だけでなく、自分の弱い部分を素直にさらけ出せる人ならなおさら良いでしょう。

お互いが無理することなく一緒にいられる居心地の良い関係になれるのが理想です♪

まとめ

まとめ

結婚と恋愛の違いについて、既婚者の筆者がお伝えしました。

似ているようで、まったく異なりますね!

 

結婚には、2人の間にさらなる困難が付いてきます。

しかし、その困難を一緒に乗り越えれば、その分2人の絆は深まります♡

 

「結婚は恋愛と違って甘いものではない」とよく聞きますが、だからと言ってつまらないものではありません。

家族が増えれば、幸せが何倍にもなります♪

 

恋愛で抱いていた相手への「恋しさ」が、結婚して「愛しさ」に変わります。

どちらも違うけど、どちらも楽しいことは間違いないでしょう♡

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

Olivia

Olivia

ホンカツライターのOliviaです。自身の経験や、色彩検定の資格を活かして、心理や恋愛アドバイスの記事を執筆してきました。少しでも多くの恋活を頑張る女性に向けて、タメになる情報をお伝えします!

他の記事も見る

TOPへ