fbpx

作成日:2019/02/04

【必見】婚活する30代後半の女性の現実は厳しい。「行動」と「気持ち」の改善が必要

しずく
しずく

いつか結婚相手が目の前に現れるんだうと思って楽しんで過ごしていたけれど、気がついたら30代後半になっていた。そのように、いつか結婚したいと思っていたアラフォーの女性は、先延ばしにしてきた婚活を本気で頑張るタイミングです。今回は、婚活する30代後半の女性が挑む市場の現実についてお伝えします。そして、結婚するために必要なことを、「行動」と「気持ち」の2つの側面からお伝えします♪

婚活する30代後半女性の現実は厳しい

30代後半の婚活の現実

婚活する30代後半の女性は、なかなかうまく進まずに苦労している方が多いようです。

難しくなっている理由は、妊娠・出産の問題が大きなウエイトを占めています。

 

30代後半女性が婚活のターゲットとしている30代から40代の男性は、妊娠・出産・育児が問題なくできる可能性がある20代女性を結婚相手として選択する傾向が強いのです。

結婚して子供が欲しいと思っている男性は、できるだけ若い女性を選んで思い描いた結婚生活を叶えようとします。

 

ただ、30代後半の女性も同じく、早く結婚して妊娠したいと思っていることは事実。

では、30代・40代の男性を振り向かせて結婚するにはどうしたら良いでしょうか?

婚活する30代後半の女性が結婚するために

結婚したくて婚活する30代後半の女性

婚活している30代後半の女性は、その多くが焦っているのが現実です。

今まで、「結婚はできれば良いな」くらいに考えていた方でも、30代後半になると子供を産んで育てる未来を思い描く人は少なくありません。

40才を迎える前に結婚したいと思う女性は、どうしたら結婚できるのでしょうか?

それは、ずばり30代後半の女性を結婚相手として見てくれる男性を見つけることです。

そのための婚活の方法はたくさんあります。

  • 結婚相談所
  • マッチングアプリ
  • 婚活パーティー
  • 職場や友達の紹介

など、フルに使って婚活しましょう♪

結婚するための方法:行動編

結婚するための行動

婚活している30代後半の女性は、早く確実に結婚したい気持ちを現実のものにするには、「婚活マーケティング」という概念を使うと良いでしょう。

婚活マーケティングとは、マーケティング理論を応用した考え方で、婚活市場で自分を商品と見立てて、異性に自分を売り込んでいくという考え方です。

 

次のステップで、自分自身をうまく売り込んでいきましょう!

①自分のなりたい将来像を決める

何よりも始めに、まずは将来自分がどのような人生・生活を送りたいかを決めます。

  • どんな女性になりたいか
  • どんな家に住みたいか
  • どんな家族との関係性を築きたいか
  • どんな仕事をしたいか
  • どんな相手だったら叶いそうか

など、できるだけ詳しく思い描きましょう。

なぜ今後、人生・生活を送りたいのかを先に決める必要があるのかというと、
自分の結婚後の人生・生活が自分が思い描いたような幸せを現実のものにするためです。

結婚は、仕事・状況・相手によって自分が思った通りにならないことも多くあります。

我慢して幸せを感じられない結婚をするために、婚活をするのではありません。

今後、婚活していくための基礎的な部分なので、正直に自由に細かく決めてください。

 

また、自分の未来をはっきり決めている女性は、男性にとっては魅力的に映るものですよ♡

②どのような男性に需要があるのか考える

続いて、今までにどんなタイプの男性から声をかけられて、どんなタイプの男性と付き合ってきたかについて振り返ってみてください。

そうすることで、自分自身がどのような男性に需要があるのか、つまり好んでもらえるのかがわかります。

  • 甘えん坊の男性と付き合ってきた
  • わがままを聞いてくれる頼りになる男性から声をかけられた

など、過去にお付き合いしたりデートに誘ってもらえた男性の特徴から、自分を必要としてくれる「ターゲットとなる男性」を絞ることが目的です。

③ターゲットの男性が取る行動を推測する

自分がなりたい将来像や、自分を必要としてくれるターゲットの男性を決めることができたら、最後にどんな行動を取ればよいのかについて考えてみましょう。

 

ターゲットとなる男性について、

  • 勤めている会社やエリア
  • どこに飲みに行いくのか
  • どこで買い物をするのか
  • どんな婚活をするのか

を考えます。

 

そして、それを自分の行動に移します。

つまり、相手の行動範囲に入るのです。

そうすることで、自分がなりたい将来像に合致し、自分を好んでくれる男性と出会うチャンスを増やすことができるのです。

結婚するための方法:気持ち編

結婚するための気持ち

婚活している30代後半の女性が結婚するためには、行動も必要ですが気持ちも整えることが必要です。

 

30代後半になると、婚活がうまくいかない要素が多くなるのが現実です。

自分の発言にたいして、家族や友達から「そんな性格じゃ、結婚できないよ」と注意されることも出てきます。

 

結婚したいのになかなか思いどおりの人に出会えない辛い気持ちからくる特徴的な言動と、改善する方法を2つお伝えしましょう。

①誰にでもわがままを言ってしまう

20代のころは、若くて恥じらいがあり、誰の言うことも聞き入れることができるものです。

しかし、30代の後半ともなると、わがままな発言が増えてしまうものです。

年齢を重ねるにつれて、経験や自分の考えが固まってくるため、理不尽なことには反論できるようになるのです。

 

しかし、必要以上に反論してしまうのが30代後半の特徴です。

自分を守り理不尽を許さないため、必要以上に反論してしまう傾向が強まり、周囲の人たちからは「わがまま」だと言われることが多くなります。

 

そのような女性がどのように改善すれば良いかというと、まずは落ち着くことです。

反論しようと考え始めてしまったら、ひとまず深呼吸しましょう。

そして、イライラし始めたら好きな香りをかぐなど、自分が落ち着つかせてください。

 

決して、反論が悪いわけでもないし、あなたが悪いわけでもありません。

自分を必要以上に守ろうとする言動は、婚活で出会った男性に不快感を与えてしまうのです。

常に、落ち着いている状態をキープするように心がけてください。

②自分がダメだから結婚できないと思う

結婚に至らない30代後半の女性は、「自分の何かがダメだから結婚ができないんだ」と思っていることが多いです。

  • 料理ができないから
  • 太っているから
  • わがままだから

など、自分のダメなところばかりに目がいってしまいます。

 

考えるべきは、「自分のターゲットになる男性が何を求めているのかを想像し、できないことをできるようにしておくこと」です。

 

男性がお料理をできる人を求めているなら、お料理をできるようにしておく。

男性がわがままを受け入れてもらいたいと思っているなら、相手を受け入れられるようになっておく。

男性が困っているときに助けて欲しいと思っているようであれば、相手を助けられる寛大さを持っておく。

 

できることはたくさんあります。

「この人だ」と思える男性と出会えたときに、1つでもできることを増やしておくと、あなたも「この人だ」と思ってもらうことができますよ。

婚活する30代後半の女性は、経験と知識と実力で勝負しましょう!

まとめ

婚活する30代後半の女性の現実と、結婚するためのポイントを行動と気持ちの2つの側面から解説しました。。

 

30代後半の決断で、今後の人生が大きく変わってきます。

自分がどうしたいのかをしっかり考えて婚活するようにしましょう!

 

どうしても婚活に疲れてしまったという方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

しずく

しずく

ホンカツライターのしずくです。20種類以上の婚活に参加してきました。 婚活のイベントやパーティーに出席しては、婚活を楽しんじゃっています! 私が体験した楽しい婚活をお伝えします。

他の記事も見る

TOPへ