作成日:2018/12/23

男性の「目線」を気にし過ぎていない?自分らしくいることの大切さに気付こう

ホンカツ編集部
ホンカツ編集部

恋活・婚活のどちらも、男性の目を気にせずには叶うことがありません。しかし、異性の目を気にし過ぎて本当の自分を見失ってはいませんか?結婚は、特に結婚してからがスタートとも言えます。今回は、男性の目線を気にせずに自分らしくいられることの大切さと、自分らしくいるためにできることを紹介します♪

男性の目を気にしない方法

仲の良い男女

男性の目線を気にし過ぎていては、恋活も婚活もうまく進めることができません。

あまり気にし過ぎることは良くないので、ほどよく異性の目を気にしない方法を探っていきましょう♪

方法①:自分に自信をつける

異性の目を気にしない方法としてまず大事ななことが、自分に自信をつけることです。

とにかくなんでも良いので、自分が得意なことなどを見つけて、自分に自信をつけましょう♪

 

  • 仕事を頑張っている人であれば仕事での成果
  • 趣味を頑張っている人なら趣味での結果

など、なんでも良いのです。

 

そもそも、自分に自信を持つことは、恋活や婚活にはかなり役立つことだと筆者は思っています。

 

やはり、自信がある人は、男性も女性も魅力的ですよね?

根拠がなかったり、まだ実績がないのに自信がある人でも、少し魅力的に見えてしまうこともあります…。

 

もちろん、きちんと根拠や実績があった方が良いですけどね!

でも、自分に自信がなく卑屈な人より、絶対に自信があった方が良いと思います。

 

自分に自信がつけば、必要以上に異性の目を気にしなくなります。

異性の目はほどほどに気にした方が良いですが、必要以上に気にする必要は全くありません。

方法②:相手がどう思うかを考えない

ふたつめの方法は、相手が自分のことをどう思うかを考え過ぎないということです。

 

恋活や婚活では、もちろん相手にどう思われるかが重要です。

しかし、相手にどう思われるかばかりを気にする必要はありません。

 

そもそも、すべてを受け入れてくれる人なんてこの世にはいないのです。

ダメなことや失敗してしまうことは、お付き合いしていく上でたくさんあります。

 

しか、しそれだけで嫌いになるかというと、そういうものではないでしょう。

 

相手がどう思うかを考え過ぎて自分にストレスをかけてしまうことや、無理をしてしまうことは精神衛生上よくありません。

 

自分のためにも、相手がどう思うかを手放してみましょう♪

方法③:自分のことを見ていないと思う

3つめの方法は、意外に自分のことなんて見られてないと思うことです。

 

異性の目を気にし過ぎる人は、少し自意識が過剰なのではないかと筆者は考えます。

意外に、異性は自分のことを見てなんていませんよ!

 

筆者は今年の10月に、少し早めのハロウィンパーティーを友人宅で行いました。

その際、ありえないほどのスカルメイクで電車に乗りました。

 

日曜日の都内地下鉄ではありましたが、意外にも見られませんでした…(笑)

そんなもんなのです!

 

自分では「こんなド派手なメイクで地下鉄に乗ってドキドキする~」と最初は思っていました。

 

しかし、思っていた以上に見られませんでした(笑)

逆に、自分が自分で恥ずかしくなるほどに…

 

結局のところ、意外に他人って自分以外の人のことに興味がないのです。

そのことを頭に入れておくだけで、少し気が楽になりませんか?

男性の目線を気にせず自分らしくいる方法

自分らしくいる方法

男性の目線を気にせずに、「自分らしくいる」とはどういうことなのでしょうか?

そして、自分らしくいるためにできること、するべきことってあるのでしょうか?

 

いま自分というものがわからない人も、少しずつ自分を取り戻していきましょう♪

方法①:自分の声に耳を傾ける

自分らしくいるために一番手早くできることが、自分の声に耳を傾けてあげるということです。

 

では、自分の声に耳を傾けるとはどういうことなのでしょうか?

 

まず、「周りにどう思われるか」ということや、「自分はこうするべきなど」の思いをいったんやめてみます。

そのような思いをやめて、自分はどうしたいのかについて自分に問いかけてみましょう。

 

「わたしは今どう振る舞いたい?」

「わたしは今どうしたい?」

「わたしは今これをしたい」

 

意外なことに、日常で自分の声に耳を傾けることって、難しいです。

 

例えば、会社の同僚とのランチを考えてみましょう。

自分は和食の気分だけど、みんながイタリアンっているからまあイタリアンでも良いかな?

 

このようなシチュエーションは、意外と多いと思います。

些細なことかもしれませんが、日常の一コマでも自分の声に耳を傾ける癖をつけましょう♪

 

和食の気分なら「今日は和食の気分だから和食を食べてくる!」はっきり伝えましょう。

 

些細なことから、本当に自分はいまどうしたいのかを拾っていくことで、自分らしさを徐々に取り戻せるはずです。

方法②:自分を肯定する

自分らしくいるためにできることのふたつ目は、自分を肯定することです。

 

では、自分を肯定するとはどういうことなのでしょうか?

簡単なことではあるのですが、「すべてオッケー!」とするのです♪

 

例えば、友達との予定を当日にドタキャンしたとします。

 

約束したときは楽しみだったけど、いざ近づいてくるとなんか億劫になることってありますよね?

そんなときにドタキャンしたとします。

 

ドタキャンしたのは自分だけど、友達に申し訳なくなり自己嫌悪におちいることもありますよね。

 

そんなとき、自分を肯定してみましょう!

 

「そのときの自分はドタキャンしたかったのだから、仕方ないよね。オッケー!オッケー!」

ひとつめの方法で紹介した、自分の声にも耳を傾けることができていますよね。

 

気が乗らないことはしなくて良いし、どんな自分でもオッケーなのです。

ダメな自分も素直でない自分も、どんな自分でもオッケーと思いましょう!

 

自己肯定ができるようになると、人のことなんて、気にならなくなります。

 

自己肯定は育った環境でできる人、できない人が分かれます。

しかし、大人になっても自分自身が変わりたいと思えば、自己肯定は身に付きますよ♪

まとめ

男性の目を気にしない方法と、自分らしくいるためにできることはとても似ています。

 

異性の目を気にし過ぎる人は自己肯定が低いし、自分らしくいれない人は異性の目を気にし過ぎる傾向にあります。

 

本当の自分を偽って好きになられても、後々辛かったり大変になったりしてしまいます。

本当の自分を好きになってもらった方が絶対に良いのです♪

 

「そんなの難しいよ」という声も聞こえてきそうですが、決してそんなことはありません。

ありのままでいれば良いのです。

 

絶対にありのままで自分らしくいれれば、そんなあなたを好きになってくれる人が出てくるはず。

あせらずに自分らしく生きていきましょう!

 

その先に、きっと幸せは待っているはずですよ♪

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

ホンカツ編集部

ホンカツ編集部

ホンカツ編集部です。婚活・恋活に関する情報を配信していきます。

他の記事も見る

TOPへ