fbpx

作成日:2019/06/23

更新日:2019/06/27

【解明】男女で異なる結婚適齢期はいつ?結婚適齢期を過ぎても結婚できる人できない人

Olivia
Olivia

結婚適齢期を意識したことがある人は多いでしょう。しかし、最近は結婚適齢期に関係なく結婚する人は増えており、結婚のあり方が変わってきています。実際、結婚適齢期は世間一般が持っているだけの概念。男女で考える結婚適齢期が異なることもあります。今回は、結婚適齢期の基準と適齢期を過ぎても結婚できる人とそうでない人の特徴を解説します♪

一般的な結婚適齢期とは

一般的な結婚適齢期

結婚適齢期は社会の中で作られた基準であって、適齢期がすべての人に当てはまるとは限りません。

しかし、結婚を考えるときには、社会で言われている結婚適齢期が基準となるのは確かです。

では、まずは一般的な結婚適齢期について把握しておきましょう!

 

日本の法律上、女性は16歳以上、男性は18歳以上からが婚姻適齢と言われていますよね。

これはあくまで法律上の話ですが、結婚適齢期にはここからさらに上限があると意識づけられています。

 

世間でいう結婚適齢期を気にするというのは、この上限の時期を気にするということです。

そして、社会一般的な意識としてあげられている結婚適齢期は、

  • 女性:20代後半
  • 男性:30代半ば

と言われています。

 

女性が男性よりも結婚適齢期が早いのは、出産のリスクが上がることが原因でしょう。

社会一般的に言われている適齢期が、早いか遅いと感じるのは人それぞれではないでしょうか。

昔は今と比べてもう少し若い時期が結婚適齢期だと言われていたので、私たちの意識や社会環境によってまだまだ変動するかもしれません。

男女別に考える結婚適齢期の基準

男女別に考える結婚適齢期の基準

社会一般的に言われている結婚適齢期は、女性では20代後半、男性は30代半ばあたりと紹介しましたが、男女で結婚適齢期に対する意識の違いがあります。

男性は女性が思っているよりも結婚適齢期が遅いかもしれませんし、女性は男性が思うよりも早いかもしれません。

カップルなら、お互いが思っている理想の結婚時期が異なることがあるでしょう。

女性が考える結婚適齢期の基準

女性は、男性よりも若い間に結婚願望が芽生える人が多いです。

また、結婚適齢期を気にして焦りを感じるのも、比較的若い年齢のことが多いのではないでしょうか。

 

女性が考える結婚適齢期で、最も多いのが20代後半です。

その最大の理由は、やはり出産です。

  • 若いうちなら出産や育児の体力がある。
  • 流産リスクが低い
  • 子どものために貯金しやすい

これらの理由があげられます。

 

そして、もう一つの理由は女性は歳を取ると出会いが少なくなることです。

歳を取れば味が出る男性と違って、女性は「若いうちが華」と言われていますよね。

30代を超えると一気に出会いが少なくなり、男性からアプローチを受けることも減ります。

こういった理由から、大きな獲物は元気で綺麗なうちに取っておかないと、という焦りが出るのです。

男性が考える結婚適齢期の基準

では、男性が考える結婚適齢期の基準はどうでしょうか?

男性は、女性と違って出産のリスクを心配する必要はありませんが、やはり子育てを考えると体力のある30代前半のうちに結婚したいと考える人が多いようです。

 

また、仕事や収入の安定、精神的な安定を基準とすることがあります。

30代ともなればある程度キャリアを積み上げてきて役職に就く人も多いもの。

 

こういった仕事のタイミングを結婚のタイミングにする人は、男女ともに一定数以上います。

また、精神的にも成熟し責任意識が強くなるので、結婚に意欲が沸いてくるのでしょう♪

結婚適齢期を過ぎてから結婚できる人の特徴

結婚適齢期を過ぎてから結婚できる人の特徴

結婚適齢期は人それぞれ基準があります。

大体の人が考える結婚適齢期は、世間が持つ意識の中に入ることでしょう!

しかし、結婚適齢期と言われている時期を過ぎると、結婚が難しくなることもまた事実です。

 

では、結婚適齢期を過ぎたのに結婚できた人は、どうやって結婚できたの?と気になる方も多いでしょう。

ここからは、結婚適齢期を過ぎてから結婚できる人に共通する特徴ご紹介していきましょう!

結婚できる人の特徴①:自己管理がしっかりとできている

歳を取ると老いてしまうことは当然です。

30代を迎えるころから、体や見た目に変化が出てきますよね。

もちろん、結婚適齢期を過ぎたのに結婚できる人だってそれは実感するでしょう。

 

しかし、そこで自己管理をしっかりと行っているかそうでないかで、大きな違いが出てきます。

  1. 健康に気を使う
  2. 美容に気を使う
  3. お金の管理ができる

これら3つの管理ができれば若々しく魅力的に見えますし、1人の大人として立派に見えます♪

20代後半で「おじさんだから体力がないや」「おばさんだから、モテない」なんて言っていると、本当に魅力がなくなってしまいますよ!

結婚できる人の特徴②:人付き合いを大切にしている

人と出会うためには、人とのつながりはなくてはなりません。

結婚適齢期を過ぎると出会いがなくなるとお伝えしましたが、受身の状態で待っていてはいつまでも出会いはやってきません!

 

結婚適齢期を過ぎても結婚できる人は、常に人と関わり新しい出会いを求める人です。

婚活パーティや出会い系に積極的に参加する方法もありますが、恋愛云々ではなく友達としての出会いも大切にします。

 

出会いがないのなら、出会いがある場に足を運ぶ。

こうして、いろんな人と出会って新しい刺激を受ければ、人間として更に興味深い人になれるはずです♡

結婚できる人の特徴③:年下にモテる

女性の場合、お姉さんのような存在の人は結婚適齢期を過ぎても結婚できる確率が高い傾向にあります。

年下に好かれるような性格なら、男性でも女性でも結婚のチャンスはあります♪

  • 下手に若作りせず上手に歳を取っている人
  • しっかりしているようで頼りない部分がある人
  • プライドが高くない人
  • 大人の余裕を持っている人

これらに当てはまる人は、年下から好かれやすいです。

年下とでも対等に話せたり広い理解力を持てば、年下からモテるでしょう♡

結婚できる人の特徴④:結婚に貪欲でない

結婚のタイミングはいつ訪れるかわかりません。

「結婚したい!」と強い結婚願望があるときに限って結婚の機会がなく、結婚を意識していないのに結婚できたなんてこともあります。

なぜなら、結婚に必死な人はモテないからです。

 

結婚に執着し過ぎると、人と結婚するのか結婚と結婚するのかわからなくなります。

周りは、そんな人とは結婚したいと思わなくなるのです。

 

また、結婚に意識が向きすぎて素敵な人を見逃してしまうこともあります。

結婚したいときは、一度結婚適齢期に囚われず過ごしてみることをおすすめします♪

結婚適齢期を過ぎても結婚できない人の特徴

結婚適齢期を過ぎても結婚できない人の特徴

次に、結婚適齢期を過ぎても結婚できない人の特徴をみていきましょう。

結婚できない人の特徴①:結婚へのこだわりが強い

結婚へのこだわりが強い人は、かえって結婚できないことが多いです。

「20代から出会いがあったけど、理想の結婚相手が見つからなかった」「結婚するなら収入がいくらある方が良い」

こんな風に考えているうちに、結婚適齢期を迎えてしまいます。

結婚は理想通りにいかないのは当たり前だということに、早めに気づいておくと良いでしょう!

結婚できない人の特徴②:モテたい欲が強い

何歳になっても、女性として男性として魅力的でありたいと思うのは素晴らしいことです。

誰でもモテたいと思うのは自然なことですよね!

しかし、いつまでも新しい恋愛ばかり求めていると、結婚のタイミングを逃してしまいます。

モテたい欲求が強い人は、結婚することがもったいないとどこかで感じているはずです。

結婚できない人の特徴③:異性との付き合いが苦手

結婚できない人の中には、もともと恋愛が苦手な人も多いです。

異性に対してトラウマがあったり、うまく恋愛が実らなかったりと、理由は千差万別でしょう。

結婚適齢期を過ぎると諦めが生まれて、「結婚できない」から「結婚しなくても良い」という状態に変わってしまうのです。

まとめ

結婚適齢期は人それぞれで基準が異なります。

結婚したいのに、お相手の恋人はまだしたくないなんてことはよくあります。

 

ただ、結婚適齢期を過ぎても結婚できる人は、結婚適齢期に囚われない人です。

焦らずに結婚のタイミングをつかみ取りましょう♪

 

こちらでは、男性の結婚適齢期について詳しく解説しています。

男女とも一度目を通しておくことをおすすめしています。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

Olivia

Olivia

ホンカツライターのOliviaです。自身の経験や、色彩検定の資格を活かして、心理や恋愛アドバイスの記事を執筆してきました。少しでも多くの恋活を頑張る女性に向けて、タメになる情報をお伝えします!

他の記事も見る

TOPへ