fbpx

作成日:2019/04/18

更新日:2019/04/22

【解明】付き合う前に「体の関係」に!付き合う前にやる男性・女性の心理とは?

Olivia
Olivia

付き合う前に体の関係になると、恋愛関係にはなれないと言われるもの。しかし、必ずしもそうとは限りません!体の関係になった後の対応次第では、相手の心もゲットてきるかもしれません。今回は、付き合う前にやる男性・女性の心理と、そのまま付き合うための対処法を解説していきます♪

付き合う前に体の関係になるのは本命でない証拠?

付き合う前に体の関係になった男女

付き合う前にデートをして、「良い雰囲気になったから体の関係になってしまった」など、好きだけど付き合ってない異性と体の関係になる人は多くいます。

そんなつもりじゃなくても、何が起こるかわからないのが男女の関係ですよね。

 

しかし、やはり付き合いたいと思う本命の相手とは、付き合う前に体の関係にはなりたくないという意見の方が多いのではないでしょうか?

ましてや、相手がきっかけで体の関係になったら、「ただの体目当てなのでは?」と不安に思うはず。

 

しかし、付き合う前に体の関係になったからと言って、本命だと思われていないわけではありません!

  • 付き合う前に体の相性を確かめたい
  • 体の関係から始める恋愛もある
  • 好きだからこそ、体の関係になってしまうことがある

といった意見も多いです。

 

しかし、体の関係になったことでお互いの感情が揺れ動くのは仕方ありません。

しかも、男女で気持ちの変化に違いがあるのです。

付き合う前に体の関係になった女性の気持ち

付き合う前に体の関係になった女性

女性が付き合う前に、男性と体の関係になったときの気持ちの変化からお伝えしましょう。

女性の気持ち①:体の関係になったら更に好きになる

女性は、好きな男性と体の関係になった途端に、恋愛感情が高まる傾向があります。

女性にとって、体の関係を持つことはそれほど特別なことなのです。

 

そんなに興味のなかった男性とでさえ、「好き」という感情が生まれることもあります。

体の関係になったら、「付き合って独占したい」という心理が含まれています。

女性の気持ち②:愛情に貪欲になる

一度好きな男性と特別な関係を持つと、さらに愛情を求めるようになります。

相手に対してもっと愛情を求めて、ときには切ない気持ちになることもあるのです。

 

体での愛情よりも、相手から好きだと言われたり連絡を頻繁にしてくれるなど、別の愛情表現を求めます。

女性の気持ち③:体の関係になったことを後悔する

女性にとって、体の関係になることはセフレだと割り切っていない限り、特別なことです。

もし好きな人と体の関係になったら「なんで許しちゃったんだろう」と後悔する気持ちが生まれることも多いです。

好きでもなかった相手とならなおさらです。

 

付き合ってから体の関係になるという理想が崩れたことと、自分の気持ちの弱さに恥ずかしくなる人もいます。

女性にとって、身体の関係を持つということは、それほどデリケートなことなのです!

女性の気持ち④:綺麗になろうとする

一度体の関係になってしまったら、「もう一回あるかも」と自分磨きに力を入れ始めます。

彼に喜んでもらおうと努力し始めるのです。

 

このように気持ちが先走って、体の関係を続けたいと思う女性もいます。

女性は、付き合う前の男性と体の関係を持ったとき、恋愛感情が高まるケースが多いです。

体の関係になったことで、もっと親密な関係になりたいという願望が生まれるのです。

付き合う前に体の関係になった男性の気持ち

付き合う前に体の関係になった男性

男性が、付き合う前の女性と体の関係になったらどんな気持ちが生まれるのでしょうか?

先ほどお伝えした女性の気持ちと比較しながら、男女の違いに注目してみてください!

男性の気持ち①:気持ちが冷める

男性は、女性を追いかけている間が気持ちのピークです。

そして、自分の手に入った瞬間に気持ちが冷めることが多いものです。

 

つまり、体の関係になったということは、最終到達点に着いてしまったと感じます。

体の関係を通して彼女のすべてを見たときに、追いかける物がなくなり、道に迷ってしまうのです。

これを踏まえると、女性は好きな男性とは体の関係にならない方が良いと感じることでしょう。

 

ただ、すべての男性に当てはまるわけではありませんし、状況によっては彼女のことをさらに好きになる男性ももちろんいますよ♪

男性の気持ち②:キープしておきたい

男性の中には、体の関係を持った女性をキープしておきたいと考える人もいます。

これは、単純に性欲を満たすためかもしれませんし、彼女との営みに大満足したのかもしれません。

 

どちらにせよ、関係が続くのであればそのまま付き合いたいと考える可能性があります。

男性の気持ち③:不安になる

好きな女性が体の関係の誘いに応じた場合、もしくは相手から誘ってきた場合は、不安になる男性もいます。

「もしかしてただの体の関係?」「他の男性とも遊んでいるのかな?」と考えるからです。

 

男性から誘って男性が不信に感じることがあるので、女性はしっかりと行動の線引きをしなくてはいけません!

付き合う前に体の関係になってから交際するために

付き合う前に体の関係になってから交際した男女

付き合う前の異性と体の関係になったら、その後相手がどんな態度を取るのかに注目してみれば、深層心理がわかるかもしれません。

 

中には、順序は違ったけどこのまま関係を続けて付き合いたいという人もいるかと思います。

しかし、うまくいくのかどうかは不安になるでしょう。

 

そこで、体の関係からの恋愛関係に発展させるために、どんな行動を取れば良いのかについて解説していきますね。

付き合うために①:体の関係の誘いは断る

体の関係を持った後も、相手からデートに誘われたり誘ったりすることがあるかもしれません。

もし、デートで相手から再び体の関係を求める誘いがあった場合は、断る方が良いです。

 

「もう関係を持ってしまったのだから、いまさら……」と思うかもしれません。

しかし、恋愛関係にするためにはとても大切な選択ですよ!

 

付き合う前に何度も体を許すと、それだけの関係になり、結果的に付き合わず仕舞いで終わる可能性がとても高いです。

男性ならしっかりと付き合いたい意思を表せますし、女性なら都合の良い女にならずにすむのです♪

付き合うために②:交際したつもりで馴れ馴れしくしない

体の関係になると、つい相手に馴れ馴れしくなってしまいます。

しかし、まだ付き合っていないのなら、恋人のように振る舞うのはNGです。

 

恋人のように馴れ馴れしくすると、相手によっては厚かましく感じますし、恋の楽しみが消えて飽きてしまいます。

体の関係になったからこそ、恥じらいなどを見せるようにすれば新鮮な関係が保たれますよ♪

付き合うために③:押しと引きを上手に使う

恋愛では押しと引きが成功のカギと言いますよね。

体の関係を持つと、どうしても気持ちが先走ってしまい、押しが強くなることがあります。

 

しかし、相手の反応をきちんと伺って、引いてあげることの方が重要です。

相手にもっと追いかけたいと思わせるように、会話や行動で引く要素を入れてみましょう!

 

例えば、

  • 連絡頻度を抑えてみる
  • 2人きりでなく大勢で会う機会を増やす

などです。

 

しかし、引いてばかりだと今度は「体だけの関係だったのか」と誤解されてしまう可能性もあります。

そのため、押しと引きのバランスを工夫しなくてはなりません。

 

引く頻度を多めにして、押すときは大胆に押すという手もありますよ♪

付き合うために④:関係の核心に触れる

4つ目は、最終手段です。

体の関係になってからも2人の間で動きがある場合に使いましょう!

 

それは、デートを数回重ねてまだ付き合うまでに至らない場合は、核心に触れてみること。

正直に、「どうする?付き合ってる?」と聞いてしまいましょう!

 

もし相手が付き合う気でいるなら、自信がなくてハッキリと気持ちを表せないでいるだけかもしれません。

その気持ちを後押しできるのが、この方法です。

さらに、この方法はその気がない相手とキッパリ別れ、新しい恋をするためにも役立ちます。

付き合わずに体の関係で終わるのは重たくなるから

体の関係で終わるのは重たくなるから

付き合わないまま、体だけの関係で終わってしまい交際に発展しないのは、相手に甘えすぎたり気持ちを押し付けてしまうからです。

焦って相手を束縛したり何度も体の関係を許したりしててしまうと、恋という感情が薄れてきます。

また、相手からはただの軽い人間として認識されかねないので気を付けるべきです!

 

ついうっかり、体の関係になってしまうことは誰しもあるものです。

だからこそ、好きな人ならその後の対応をもっと慎重にすることが大切ですよ♪

体の関係だけを求める人の特徴

体の関係だけを求める男性

好きな人と体の関係になれるのは、嬉しくないと言えばウソになりませんか?

「このまま恋愛関係に発展させたい」と思うかもしれません。

 

しかし、相手によってはただの体の関係で終わらせたいと思っている場合があります。

そんな相手にいつかでも振り回されるのは時間の無駄ですし、自分が傷付くだけです。

 

先ほど紹介したように、恋愛関係に発展するためのアプローチをしても意味のない場合、すんなりと引くのが身のためでしょう!

では、体の関係になった後も付き合いたい人とそうでない人とでは、どんな違いがあるでしょうか?

特徴①:会う度に体の関係を求めてくる

2人きりで会ったときにこそ、体を狙っているかそうでないかがわかります。

  • デートが適当になりホテルに誘ってくる
  • 夜のデートが多くなる
  • 付き合ってないのに家デートに誘う
  • 女性なら服装や仕草で誘ってくる

など、明らかに体の関係を誘っている場合は要注意です!

相手にとって都合の良いセフレとなっているかもしれませんので注意しましょう。

特徴②:急にアプローチしてこなくなる

男性の場合、体の関係になったら気持ちが冷めるとお伝えしました。

今までは積極的にアプローチしてきて連絡もよくしてくれたのに、体の関係になった途端アプローチがなくなれば、付き合う気がない可能性が高いです。

 

女性の場合も同じです。

彼に失望したら途端に対応が薄くなります。

メールの返事がなかなか返ってこないときや、デートの誘いをはぐらかされるときはもう関係を終わらせたいと思っているかもしれません。

特徴③:他人の存在を見せつけてくる

自分は真剣に付き合っていくつもりでも、相手からはただのセフレと思われている場合に当てはまります。

  • デート中に他の相手と平気で通話する
  • 気になっている人の写真を見せる
  • デートの思い出話をする

これらが当てはまれば、はじめから体だけの関係で付き合っていた可能性があります。

 

残念ですが、そんな人と付き合える確率はほとんどありません。

キッパリ関係を断ち切って、次の恋愛を見つけていきましょう♡

まとめ

付き合う前に体の関係を持つことについて詳しく解説してきました。

 

一度きりであっても、過ちは犯してしまったら、ときすでに遅し。

後悔しないためにも、自分の意思を強く持って相手と付き合っていかなくてはいけません。

 

ただ、体の関係から始める恋愛はまったくないとも言えません。

事後の対応次第で、恋愛関係に発展させることは可能ですよ♪

 

付き合っていない相手とうっかり体の関係になってしまったら、今まで以上に冷静になって徐々にアプローチをしていきましょう!

相手も自分もドキドキできる関係が続けば、きっと好きな人と付き合えるはずですよ♡

 

あわせて、こちらの記事も読んでおくと失敗しないで済むかもしれません!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

Olivia

Olivia

ホンカツライターのOliviaです。自身の経験や、色彩検定の資格を活かして、心理や恋愛アドバイスの記事を執筆してきました。少しでも多くの恋活を頑張る女性に向けて、タメになる情報をお伝えします!

他の記事も見る

TOPへ