fbpx

作成日:2019/04/21

更新日:2019/04/27

【体験談】結婚のタイミングは男女で考えが違う!男女別の結婚を意識するタイミング

こもも
こもも

彼氏・彼女がいる人もいない人も、「自分が結婚するタイミングっていつなんだろう?」と漠然と考えたりしますよね。普通のお付き合いを続けているだけでは、恋人同士の関係を続けて何年も経ってしまいがち。みんなどんなきっかけで結婚しているのでしょうか?今回は、結婚のタイミングを男女別に解説します。そして、既婚者である女性筆者の結婚のタイミングも体験談を交えながらお伝えします♪

結婚のタイミングはいつがベスト?

結婚するタイミングのカップル

結婚のタイミングは本当に人それぞれですが、みんなどのくらいの交際期間を経て結婚しているのかはきになるもの。

結婚のタイミングを慎重に測るカップルもいれば、出会ってすぐに結婚するカップルもいます。

 

女性の場合、年齢を気にする人も多いでしょう。

男性の場合は、「ある程度収入が安定してから……」と思う人も多いでしょう。

 

そこで、結婚のタイミングについて、本音のところはどう思っているのかを、男性・女性それぞれに聞いてみました。

男性編

  • 30歳までは結婚するつもりがない
  • もう少し収入が安定してから
  • 結婚生活が想像できないので、まだ結婚のタイミングではない
  • 彼女のことは好きだけど、彼女の生活を養う自信がない

男性の場合、「結婚=責任と思」っていることが多く、まずは自分の仕事や生活をしっかりと確立することが優先だと思っている意見が目立ちました。

また、収入がある程度安定してくる年齢が結婚のタイミングだと考えるのも、男性が結婚と彼女の人生を大切に考えているという気持ちの表れでしょう。

 

一方、結婚のタイミングはどこに住んでいるかという地域性も大きく影響します。

地方に在住の男性の場合、都会在住の男性よりも結婚年齢は早めの傾向があります。

結婚のタイミングは、女性に合わせて早めにすることも多いようです。

女性編

  • 結婚すると仕事がどうなるのか不安なので、早めに結婚したい
  • 30歳までには結婚したい
  • 20代に入って1年以上付き合った男性と結婚しないと時間がもったない

女性は、結婚に対して夢を見ている傾向にあり、意外とシビアな目を持って男性を見ています。

結婚後に今の仕事を続けるかどうかもテーマになります。

旦那さんの生活リズム次第では退職もしくは転職しなければならないということもあるでしょう。

 

また、女性は結婚した後は出産についても考えなければなりません。

しかし、昔のように「結婚=出産」という時代ではなくなっているため、結婚やその後の出産についても計画的に考える人が多くなっています。

出産して育児に入ると、何年間か子供につきっきりになります。

そのため、女性にとって結婚・出産は大きな選択となるのです。

 

ただ、「一度は結婚してみたい」というお嫁さん願望がある女性は多いもの。

具体的に何歳までに結婚したいという望みが明確である場合も多いです。

 

また、女性は「無駄な時間を過ごしたくない」と思う人もたくさんいます。

結婚願望がある場合、25才を過ぎてから結婚願望がない男性と付き合い続けることに意味を感じなくなります。

そのため、1年以上付き合った彼氏に対して結婚したいと執着する女性もいるのです。

周りの結婚のタイミングは何歳でやってくる?

周囲が結婚するタイミング

周りの友達を見てみると、結婚した人もいれば、結婚していない人もいることでしょう。

ただ、よくよく考えてみると、周りの友達や知人の結婚て連続していませんか?

 

これは、いわゆる結婚ラッシュの波があるということです。

結婚ラッシュというのは、男性と女性で年齢に違いがあります。

男性の結婚ラッシュ・女性の結婚ラッシュは、それぞれどのタイミングでやってくるのでしょう?

男性の結婚ラッシュ

男性の結婚ラッシュは、つぎのものが一般的です。

  • 27歳から28歳くらい
  • 30歳直後
  • 35歳手前

男性は、27歳から28歳くらいで1回目の結婚ラッシュがやってきます。

その後は、30歳直後に「30歳になったし、結婚しようか」と思う傾向にあるようです。

そして、35歳手前に第3回目の結婚ラッシュがやってきます。

 

また、男性の場合は「40歳すぎても結婚に対してリスクを感じない」という人も多くいます。

女性の結婚ラッシュ

続いて、女性の結婚ラッシュは次のものが一般的です。

  • 25歳ごろ
  • 30歳手前
  • 35歳手前
  • 40歳手前
  • 45歳手前

女性も晩婚化が進んでいるとはいえ、女性の結婚ラッシュは、いったん25歳ごろまでにやってきます。

このとき結婚する人は、授かり婚(できちゃった婚)のカップルも多いことが特徴です。

 

続いて2回目の結婚ラッシュは、30歳前にやってきます。

30歳までに結婚したいと思う女性が多いのは、結婚後の出産やその後の職場復帰の年齢のことまで考慮していることが背景にあります。

 

そして、35歳手前、40歳手前、45歳手前と、女性は5歳刻みで結婚ラッシュが訪れます。

節目となる年齢を目前にすると、結婚願望が強くなるのでしょう。

男性と女性の結婚ラッシュの違い

男性と女性での結婚ラッシュの違いは、男性は30歳直後に結婚ラッシュが訪れるのに対して、女性の場合は30歳よりも前だということ。

 

男性は30歳を迎えることで、人生の区切りとして結婚する人が多いのです。

それに比べて、女性は「30歳になる前に結婚したい」と焦る気持ちを感じるようです。

 

男女で「30歳」という年齢の節目の捉え方が違うということなのでしょう。

既婚者に聞いてみました!結婚を決めたのはいつ?

結婚を決めたタイミング

結婚している既婚者たちは、「この人と結婚しようということをいつ決意したんだろう?」と気になる人もいるでしょう。

特に、いまお付き合いしている彼氏や彼女がいる方は、「どのタイミングで決めたのか」は気になりますよね!

 

では、男性と女性、それぞれの既婚者に結婚を決意したタイミングを聞いてみたので紹介しましょう!

男性編

  • 27歳から30歳くらい
  • 35歳から37歳直後
  • 42歳頃

男性の場合、30歳の節目前に結婚を意識することが多いようです。

何年も付き合っている彼女がいる場合、彼女からも結婚の意思確認が増えてくる時期でもあります。

 

35歳をすぎたタイミングは、仕事も少し落ち着きが出てきて、人生としてもちょうど分岐点にやってくる年頃でもあります。

 

42歳頃は、自分が歳をとっていくことをより現実的に感じ始めたときに、「そばに誰かいて欲しい」と思う寂しさなどを感じることがきっかけで、結婚願望が出てくるのです。

女性編

・27歳から28歳くらい
・30歳手前
・35歳手前

女性の場合、25歳を過ぎ、27歳から28歳で結婚を決意する人が多いです。

それは、30歳という節目前までに結婚したいと思う人が多いためでしょう。

 

自分の人生を大事にしながら結婚にも向き合っていく結果、30歳までに結婚を決意することは自然な流れです。

結婚のタイミングが男女で合わない理由

結婚するタイミングの女性

これまでお伝えしてきた内容を振り返ってみると、男女が考える結婚のタイミングは異なることがわかります。

その理由は、年齢に対する価値観の違いが大きいです。

 

女性は30歳までに結婚したいと思う人が多く、男性は30歳を過ぎてから結婚したいという傾向があります。

「30歳」というポイントに対する価値観が異なるため、結婚のタイミングが男女で合わないのです。

特に、同級生カップルの場合、結婚のタイミングがずれる傾向があります。

 

近年、日本ではどんどん晩婚化が進んでおり、40代で初婚同士のカップルも増えてきています。

40代同士のカップルの場合、45歳の壁などはないので、お互いの結婚に向けての準備期間も気長に待つことができる傾向にあります。

 

しかし、若い女性は「30歳までに結婚したい」と強く思いすぎることが原因となり、30歳の目前まで付き合ったカップルが結婚のタイミングが合わずに別れを選択する結果となってしまうのです。

結婚する前に同棲はすべき?

結婚前に同棲をするかどうかは、いつの時代であっても大きなテーマになることです。

そこで、結婚前に同棲をすることのメリットとデメリットをお伝えしていきましょう♪

同棲するメリット

結婚前に同棲をするメリットは、お互いの生活感がわかることです。

パートナーがどのように暮らしているのかは、一緒に住んでみて初めてわかることも多いのです♪

①家事分担をしやすい

同棲中に家事分担がしっかりできているカップルは、結婚した後も家事をお互いで協力しながら進めていくことができます。

そのため、不満の種が生まれにくくなるというメリットがありますよ♡

②デート代を節約できる

結婚前に同棲をするメリットには、デート代を節約できるということがあります。

デート代は、交通費や食事代、レジャー費など、結構な金額になります。

でも、同棲していればデートを家で楽しむことができるので、デート代の節約につながります♪

そのため、同棲期間で結婚資金を貯めるというカップルも多いですよ!

同棲するデメリット

結婚前に同棲をすることは、メリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。

①結婚するタイミングがわからなくなる

結婚前に同棲をしてしまうと、「もうこのまま結婚しなくても良いかも」という感覚になってしまうというデメリットがあります。

結婚するタイミングを失うというだけでなく、結婚という形式に意味を感じなることもあります。

 

すると、多くの場合、女性の方に不満が溜まっていきます。

「いまさら彼氏と別れたくない」と執着するようになり、2人の関係は進展がないまま泥沼化してしまう可能性が高いのです。

 

同棲のデメリットは、結婚に意味を持てないようになってしまうこと。

そのため、同棲を良く思わない人たちも多いのです。

②喧嘩した時に気まずい

同棲のデメリットは、喧嘩をしても同じスペースにいなくてはならないことです。
特にワンルームで同棲する場合は、プライベートスペースがないので、喧嘩をするとかなり気まずい雰囲気で過ごさなくてはなりません。

喧嘩をしなくても、ワンルームでずっと一緒というのは窮屈さを感じてしまいます。

理想は2DK以上のお部屋で同棲することです。

それぞれに個室があって同棲をするのであれば、プライベートの空間もしっかり確保することができます。

そのため、相手への配慮を持ちながらストレスがなく暮らす事ができるでしょう♡

プロポーズのタイミングは付き合ってからどれくらいがベスト?

プロポーズのタイミング

結婚する前の大きなイベントである「プロポーズ」のタイミングも、付き合ってからどれくらいですれば良いのか悩む方も多いものです。

既婚者へのアンケートでは、プロポーズのタイミングは「付き合って1年」という答えが一番多く、続いて「半年目」「2年目」と続きました。
プロポーズの日は、何かしら特別なタイミングで行っている人が多いようです。

例えば、

  • 交際記念日
  • クリスマス
  • バレンタインデー

といったイベントにお祝いムードの中でプロポーズしている男性が多いですよ。

なお、既婚者ヘのアンケートでは、「プロポーズは男性から」という意見が圧倒的に多くありました。

婚活のタイミングはいつが良い?

婚活するタイミング

結婚のタイミングを考えたとき、婚活の時期はどのタイミングで始めたら良いのでしょうか?

婚活するベストな時期を、男性・女性別に解説していきましょう♪

男性編

仕事の節目のタイミング

男性の場合、自分の仕事の方向性が見え始めたときに婚活を意識してみると良いでしょう!

 

転勤のタイミングや、昇給のタイミングなど、仕事に関することで落ち着き始めたときに、男性は結婚を意識するようになります。

そのタイミングで彼女がいない人は、結婚に対して焦ってしまうかもしれません。

 

仕事が落ち着いてきそうだと感じたら、婚活パーティーや合コンなど婚活を始めてみると良いでしょう♪

友人の結婚ラッシュに入るタイミング

周囲の友達の結婚式に度々呼ばれるようになる「結婚ラッシュ」に入ると、自分にとっても結婚が現実味を帯びて来ます。

このタイミングで彼女がいない場合も、結婚に対して焦りを感じることも多いでしょう。

そのため、友達の結婚式が増え始めるころに婚活を開始することをおすすめします♪

女性編

ネットで婚活

女性の場合、仕事の時期というよりも年齢で婚活を真剣に考える人が多いことが特徴ですので、「婚活のタイミングは25才前後」という人がとても多いです。
20代の女性は、年齢的には婚活では有利になるので、25才前後から婚活をすることはおすすめです。

婚活方法としては最近では、インターネットを通じた婚活をする人も増えて来ました。

マッチングサイトに登録してお見合いする人や、出会い系のかなりライト版のような、出会いや交流を楽しむサイトで婚活する人も増えています。

あえてこの時代に文通を楽しむための、文通相手探しの婚活も。

ネットでの婚活は、「彼氏がいなければいつでもしている」という人もいるほどです。

スマホでの婚活は、今や常識になりつつあるのです。

友人の結婚ラッシュになったタイミング

女性も30才前になると周囲が結婚ラッシュになりますよね。このタイミングで「自分も結婚したい!」と強く思うようになり、婚活に積極的になります。

ですから、友人の結婚ラッシュに合わせて婚活を始めることもおすすめです。

友人の結婚式で知り合った男性と仲良くなるケースも多いので、結婚式や二次会でも積極的に行動してみましょう。

筆者の体験談に基づく結婚のタイミング

結婚のタイミングの体験談

最後に、女性の既婚者である筆者の結婚のタイミングについて体験談をお伝えしましょう。

 

実は、筆者は授かり婚(できちゃった婚)だったため、いまの旦那さんとは付き合って半年で結婚しました。

大学卒業後に就職したばかりだった企業を結婚を機に退職し、結婚式から5ヶ月後には出産したため、実質彼と2人きりで過ごした時間はわずかな時間でした。

 

そのため、夫婦2人の絆など当然できているはずもなく、結婚直後にも関わらず離婚がチラつく大ゲンカがたくさんありました。

そして、そんな中育児が始まったので、大混乱のまま月日が経っていきました。

 

自分の結婚を振り返ってみると、こんなバタバタの結婚ではなく、落ち着いて彼と2人の時間を楽しみたかったなと思うことがあります。

きちんと予定を立てて結婚していく友達を見て、「みんな賢いな」とも思っていました。

 

ただ、子供は授かりもの。

子供いたからこそ、いまの旦那と結婚できたのだとも思っています。

 

今は、デキ婚のことを「授かり婚」と言うようになりましたが、私たち夫婦にとっても、子供は天からの授かりもの。

旦那さんとのご縁をつないでくれたキューピットだったんだなと思います。

カップルによっては、「子供ができたタイミングが結婚のタイミング」ということも大いにアリだと思います。

まとめ

結婚のタイミングや、既婚者が結婚を意識した年齢など、結婚に対する男女の考え方や価値観を紹介しました。

 

男性は仕事が落ち着くタイミングや、収入アップのタイミングなど、総合的に判断しながら結婚のタイミングを決めている傾向にあります。

そんなときに、女性側から結婚について問い詰めるのは逆効果。

「早く結婚したい」と思う女性は、相手を急かすのではなく、男性の仕事面や環境面をしっかり理解し配慮してあげることがおすすめです。

彼氏も安心することができるため、結果的には結婚のタイミングを早めるきっかけになりますよ♡

 

なお、こちらの記事では男女それぞれが結婚を決断した決め手について解説しています。

なかなか結婚に踏み切れない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

【男性】

【女性】

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

こもも

こもも

カード占いを通して、皆様にアドバイスをお伝えさせて頂きます。皆様の人生がロマンスに満ちたものでありますように。

他の記事も見る

TOPへ