fbpx

作成日:2019/05/17

更新日:2019/05/22

【体験談】結婚を意識するきっかけは男女で違う!結婚を意識させる男女別8つの方法

Olivia
Olivia

結婚を意識するタイミングは人によって異なります。また、男女によっても少し違いがあるのです。今回は、「結婚したいけれど、相手に結婚願望がないかもしれない」と悩んでいる人のために、男女別に結婚を意識するきっかけやタイミング、そして相手に結婚を意識させる方法について、既婚女性の筆者の体験談を交えながら解説します♪

目次

女性が結婚を意識するきっかけ

結婚を意識する女性

多くの女性が、子供のころから結婚を夢見て、多かれ少なかれなんらかの願望を抱きます。

大人になってお付き合いしている男性がいると、頭の片隅に結婚を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

また、結婚願望が強くなくても、いつかは結婚するものだろうと考えている女性もいるはずです。

 

では、具体的に何がきっかけで女性は結婚を意識し始めるのでしょうか?

女性が結婚を意識する時①:結婚適齢期を迎えた時

女性は、世間一般的に20代後半から30代が結婚適齢期と言われることが多いです。

その年齢を迎えたころ、急に結婚に真剣に考えたり、焦ったりする女性が多いのです。

婚活を始めようと考える女性も珍しくありません。

 

20代前半で結婚願望がなくても、20代後半になると結婚したくてたまらないなんて時期が訪れるかもしれません。

女性が結婚を意識する時②:子供が欲しくなった時

結婚と同様に、女性がいつか迎えるであろうと考える人生のターニングポイント、それは出産です。

奥さんになること、そして母になることは、女性の自然の成り行きだと感じている人も多いです。

 

そして、女性は年齢に関係なくふとしたときに、母性本能が強くなったり弱まったりします。

 

社会人になり、母性本能が強くなる時期が訪れると、結婚を意識し出すことがあるのです。

恋人がいればなおさら、その男性との子供を産みたいと考えるかもしれません。

女性が結婚を意識する時③:周りが結婚した時

周りが結婚した時に結婚を意識した女性

友達や兄弟が結婚したときには、その幸せそうな姿を目の当たりにして結婚願望が強くなることがあります。

「既婚者」というステータスを周りが手に入れたことで、劣等感を覚えたり羨ましい気持ちになったりすることも……。

 

女性は、「我先に!」という気持ちが男性よりも強いものです。

周りが結婚すると焦ってしまうのかもしれません。

女性が結婚を意識する時④:彼とのフィーリングが合った時

付き合っている男性がいる場合、一緒に過ごす中で「落ち着くな」と感じたときに、結婚を決意することがあります。

 

彼氏との結婚生活を何となく思い浮かべてしまったり、結婚するなら彼氏しかいないと思ったりしたときには、すぐにその思いを伝える女性が多いでしょう♡

やはり、フィーリングが合う人と結婚する方が良いですよね♪

女性が結婚を意識する時⑤:交際期間の節目を迎えた時

交際数年目という節目で結婚を決意する女性は多いです。

交際期間5年以上の人もいれば、1年目で結婚を考える人もいます。

 

節目という区切りの良いタイミングを見計らって、結婚の話を持ち掛けようとしている女性はたくさんいることでしょう♪

女性が結婚を意識する時⑥:結婚のアプローチをされた時

逆に、男性の方から結婚のアプローチされて、結婚を明確に決意する女性もいます。

「彼氏がその気なら結婚しよう!」と背中を押されるケースです。

 

彼女に結婚の意識を持って欲しい男性は、思い切ってアプローチしてみると良いかもしれません♪

女性が結婚を意識する時⑦:妊娠した時

恋人との子供を授かったことを機に結婚するケースです。

それまで特に結婚願望がなくても、子供のために結婚して身を固めようと決意し出します。

奥さんになる前にお母さんとなるので、より強い意思が生まれるのです。

男性が結婚を意識するきっかけ

男性が結婚を意識するきっかけ

「彼氏の結婚意欲はいつ湧くのか……。」このように、男性が結婚を意識するきっかけを知りたいと思う女性は多いです。

では、男性が結婚を意識するきっかけは何なのでしょうか?

男性が結婚を意識する時①:キャリアアップした時

結婚願望の多い男性はたくさんいます。

中でも、具体的に結婚しようと考えるきっかけが、仕事の転機ではないでしょうか?

 

男性として、家庭を支える責任を背負っていると考える人は多いです。

将来性がないままの生活では、結婚に対する自信を持てないのかもしれません。

 

そして、そんな男性の背中を押してくれるのがキャリアアップや昇給です。

キャリアアップしたことで、自信を持って彼女と結婚について話し合うことができます♪

「安定した職に就いたから、身を固めよう!」そう考える男性は少なくありません。

男性が結婚を意識する時②:30代を迎えた

男性も、女性と同じように年齢がきっかけで結婚を決意します。

結婚適齢期である30代以降になると、自然とそろそろ結婚するものだと考えて婚活に励む人もいます。

精神的にも成熟する年齢なので、結婚という選択を頭に入れるのでしょう。

男性が結婚を意識する時③:理想の彼女だった時

結婚願望はないけれど、付き合った彼女がまさに理想の彼女だった場合、当然手放したくないと思いますよね♡

そうなると、自動的に「結婚」の2文字が頭に浮かびます。

「彼女となら結婚しても良い」と感じたときに、結婚の意欲を持つことでしょう!

男性が結婚を意識する時④:仕事や精神面で支えられた時

付き合っている彼女が生活の支えになったとき、男性は結婚を意識し始めます。

「彼女のお陰でここまでこれた!」そう感じれば、結婚までの道は遠くないでしょう♡

お互い支え合うことのできる人を人生の伴侶に選ぶのです♪

男性が結婚を意識する時⑤:周りが結婚した時

特に今まで結婚願望がなかった男性の場合、周囲の影響で結婚意欲を持つことが多いです。

友人が結婚したことにより、結婚がより身近に感じて他人事ではなくなります。

 

また、周りがどんどん結婚していくと、これまでの友達付き合いが変わります。

そして、寂しさを感じ始めることもあるのです。

友達が友達へと結婚の連鎖をつないでいるのかもしれません♪

男性が結婚を意識する時⑥:自立したと自覚した・したいと思った時

結婚することで、社会的に認められやすいというメリットがあります。

既婚者と独身者だと、既婚者の方が精神的に大人なイメージを持たれますよね。

 

さらに、自分は自立して結婚するのに相応しいと感じたときに、具体的に結婚を考える男性もいます。

精神的な理由が結婚のきっかけを作ることがあるのです♪

男性が結婚を意識する時⑦:彼女が妊娠した時

彼女の妊娠がきっかけで、責任を持って2人を守ろうと決意します。

結婚願望がなかったけど、妊娠を機にキャリアアップを目指したり、これまで以上に真剣に彼女と向き合い始めたり。

男性の気持ちを大きく変えるターニングポイントなのです。

男女で異なる結婚に対する意識

結婚に対する意識

結婚に対する意識は、男女で異なります。

異なるがゆえに、結婚後にトラブルが発生することがあるわけです。

そのため、あらかじめお互いの結婚に対する意識を理解しておくと良いですよ♪

女性の場合:結婚は人生そのもの

女性は、自分の人生に結婚があるのは当たり前だと考える人が多いものです。

結婚すると、妻として、母として生きていきます。

まさに、結婚こそ人生、人生こそ結婚です。

 

自分の生活は後回しに、身を削って子育てに励む女性だってたくさんいます。

女性は結婚してから強くなるのも、こういったことが理由でしょう♪

男性の場合:結婚と人生は別物

一方で、男性は結婚して夫となり、父となっても、自分の人生と結婚を分ける傾向にあります。

結婚しても変わらず趣味を楽しんだり、友達付き合いが変わらなかったり。

あくまで、既婚者というステータスは人生の一部と考える男性が多いです。

 

個人の人生をとても大切にしたいと思っているのでしょう。

女性に結婚を意識させるには

プロポーズする男性

結婚したい女性がいるけど、彼女はまだ結婚願望がない場合、男性はどうしたら良いでしょうか?

 

じっと彼女の気持ちが変わるのを待つのも良いですが、ある程度の年齢になると時間を惜しまずに過ごしたいと考える人が多いでしょう。

ならば、彼女が結婚したいと思えるよう、なんらかのアクションを仕掛けてみましょう♪

 

きっかけを作ってあげることで、2人で一緒に幸せを手に入れられるかもしれませんよ♡

女性に結婚を意識させるために①:2人の将来のために働いているアピールする

結婚を考え始めたとき、これまで以上に仕事に精を出して安定した収入を得ようと考える男性は多いはずです。

少なからず、女性は男性の収入を結婚の条件として考えている可能性があります。

「今付き合っている彼の収入では、まだ結婚は先かな……。」と感じているかもしれません。

 

しかし、安定した収入がなくても、彼氏が2人の将来のために一生懸命働いている姿を見れば、結婚への意識が強くなります♡

「結婚する気があるんだ!」といった意思を見せるには、仕事面でアピールしてみることをおすすめします♪

女性に結婚を意識させるために②:愛情を注ぐ

「結婚したいけど、ちょっと彼女への愛情が足りないかも?」と感じたら、目一杯彼女をかわいがってみましょう!

行動で愛情を注ぐ方法も良いですが、やはり一番効果的なのはことばです♡

 

「いつもありがとう」「これからも一緒にいたい」

こういった感謝の気持ちや、これからの2人の人生に対してでも良いんです。

普通は素直に言えないことをしっかりと伝えれば、彼女は愛情を感じて「結婚するならこの人だ」と思うはずですよ♡

女性に結婚を意識させるために③:子供の話をする

いつか子供を産みたいと考えている女性は多いです。

 

先ほどお伝えしたように、女性はふとした瞬間に母性本能が強くなります。

子供の話をして母性本能を上げれば、結婚を意識し始めるかもしれません!

 

また、珍しく男性から子供の話をされると「2人の子が欲しいのかな?」と嬉しくなり、彼氏との結婚を考えるでしょう♪

女性に結婚を意識させるために④:結婚生活を想像させる

彼女との何気ない会話で、2人の結婚生活を想像させてみましょう!

「結婚するならどんな家に住みたい?」といった妄想話で充分です♪

 

ちょっと照れ臭いなら、「結婚したら財布をにぎられそう」といった冗談っぽい会話でも良いのです。

彼氏との結婚生活を想像したときに、幸せな2人の生活が思い浮かぶような関係でいましょう♡

男性に結婚を意識させるには

結婚を意識した男性

では、続いて男性に結婚を意識させる方法についてお伝えしていきましょう♪

 

「彼氏に結婚を意識してもらいたい!」「そろそろプロポーズしてほしい!」

 

そう感じている女性はたくさんいるはず。

しかし、結婚のプレッシャーを彼氏に与えてしまい、破局につながることは避けたいものです。

 

これから紹介する方法を参考にして、彼氏をその気にさせちゃいましょう♡

男性に結婚を意識させるために①:家庭的な部分をアピールする

男性が結婚対象として選ぶ女性の条件に、「家庭的な女性」をあげる人は多いです。

 

家事ができて子供が好き。

そういった一面を見たとき、男性は「結婚してもいいな」と感じます。

 

彼氏に手料理を振る舞って、家庭的な部分をアピールしてみましょう♡

男性に結婚を意識させるために②:健康や仕事をサポートする

彼氏が仕事で悩んでいるときや落ち込んでいるときには、彼を励まして心の面で支えてあげましょう!

キャリアアップを目指している彼氏なら、応援して心の支えになってあげましょう♪

 

心身的に支えられることで、「彼女がいないといけない」と感じるようになります。

いずれ、その気持ちが結婚へとつながっていくのです♡

男性に結婚を意識させるために③:余裕を持ちある程度自由にさせる

彼氏を束縛したり、常に2人でいたりしませんか?

男性も女性も、居心地が良いと感じたときに結婚したいと感じます。

 

女性の場合、彼氏と一緒にいて落ち着く、幸せを感じるときに居心地が良いと感じます。

 

男性の場合、それ以外に、自由や解放感を感じたときにも居心地が良いと感じます。

つまり、彼氏の時間を尊重し、ある程度自由にしてあげることで彼女との居心地の良さを感じるのです。

 

心に余裕を持って、彼氏とうまい距離を保てば、結婚したいと考えてもらいやすくなるでしょう♡

男性に結婚を意識させるために④:結婚したい旨を伝える

鈍感な彼氏には、口頭で伝えるのが一番です!

いつもの会話でなんとなく「そろそろ結婚したいなぁ」と伝えてみましょう♪

 

ここで注意したいのが「いつ結婚するの?」と質問することです。

質問されると、彼氏はプレッシャーを感じてしまいます。

ただ、自分の気持ちを伝えるだけに留めておくようにしてください!

 

また、何度も結婚したい気持ちを伝えるのも絶対にNGです。

男性が引いてしまい、最悪の場合はお別れに至ってしまうことも考えられます。

結婚の意識がなくなる瞬間

結婚の意識がなくなった男性

結婚を視野に入れているけど、あることがきっかけで結婚の意識がなくなることがあります。

せっかく相手が結婚する意欲を持ったのに、自分の手で台なししてしまっては元も子もないですよね。

では、男女に共通してどんなことをされると結婚の意欲がなくなるのかについて紹介していきます。

結婚の意識がなくる時①:しつこく結婚のプレッシャーをかけられる時

いくら自分に強い結婚願望があるからと言って、相手にプレッシャーをかけるように責めるのはよくありません。

 

先ほどお伝えしたような「いつ結婚する?」といった質問攻め。

何度も何度も結婚の話を持ち出す。

 

これらは、相手に結婚について考えさせているようで、相手の頭から結婚の2文字を消しているようなものです。

焦らず慎重に結婚の話を進めていきましょう!

結婚の意識がなくる時②:浮気された時

浮気されると、愛情が冷めるのは説明するまでもありません。

結婚間近といったタイミングで浮気が発覚すると、これまでのすべてが白紙になることだってあります。

結婚どころか、お付き合いすら幕を閉じるハメになるので、ほんの遊び心でも気をつけるようにしましょう!

結婚の意識がなくる時③:貯金できない・していないと知った時

結婚しようとさまざまな準備に取り掛かる中、相手の貯金額を見てビックリ!

結婚するのには厳しい貯金額しかなかったとき、しかも相手は貯金しようとすらしていなかったとき、結婚の意識は薄れてしまいます。

 

なにかとお金がかかる結婚には、ある程度の貯金は必要です。

貯金せず豪遊ばかりしていると、結婚する気がないと見なされても仕方ありませんよ!

結婚の意識がなくる時④:いつまでも結婚をじらされた時

プレッシャーをかける方も良くないですが、のん気にいつまでも相手を待たせる方も良くありません。

結婚の話をしてから数年も待たされては、本当は結婚する気がないと思われてしまいます。

 

結婚をずっと先延ばしにすると、相手はしびれを切らして他の人に乗り換えるかもしれません!

決心や覚悟は必要ですが、今ある幸せを逃してしまわないように気を付けましょうね。

【体験談】筆者が結婚を意識したタイミング

結婚を意識したタイミング

ここからは、女性既婚者である筆者がどんなタイミングで結婚を意識したのかについて体験談をお伝えしましょう!

 

筆者は、20歳のときにお付き合いを始めた男性と、3年ほどの交際期間を経て結婚しました。

結婚するきっかけとなったのは、就活中だった夫の仕事が決まったことです。

 

ある程度安定した仕事に就いたことがきっかけで、彼氏から真剣に結婚の話を持ち掛けられ、結婚に至ったのです。

 

しかし、これはあくまで結婚のきっかけです。

筆者が結婚しようと意識し出したのは、交際して1年が過ぎたころのことでした。

 

まだ、年齢的にも精神的にも幼かったのにも関わらず結婚を意識したのは、彼氏が夫になる想像ができたのと、姉が妊娠したことがきっかけだったと今になって思います。

彼氏とのフィーリングが合い、周囲の影響を受けて結婚を意識し始めたのです。

 

結婚を意識し始めてからも、覚えている限りでは彼氏に「結婚したい」などとハッキリ言ったことはありません。

自然と彼氏も結婚を意識し始めていたようで、2人で結婚の話になったときには、お互い驚くことも戸惑うこともありませんでした。

フィーリングってとても曖昧だけど、とても大切なんだと感じます。

まとめ

結婚を意識するタイミングは、誰にもわかりません。

昨日まで結婚願望がなかった人が、いきなり次の日には結婚を考えていることだってあり得ます。

 

ただ、誰かから影響されたり、年齢や自分の環境によって変わったり、結婚に対する意識は変わりやすいのです。

 

「結婚したいけれど、恋人に結婚願望があるのかわからない。」

そんな人は、一度結婚についての話題を持ち掛けてみて、相手の気持ちを確かめてみることをおすすめします♪

 

ただし、結婚のプレッシャーを与えすぎないようにだけは気を付けてください!

好きな人とこれからも一緒にいられるように、結婚を意識したり相手に意識させたりして、幸せの一歩を踏み出してくださいね♡

 

 

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

Olivia

Olivia

ホンカツライターのOliviaです。自身の経験や、色彩検定の資格を活かして、心理や恋愛アドバイスの記事を執筆してきました。少しでも多くの恋活を頑張る女性に向けて、タメになる情報をお伝えします!

他の記事も見る

TOPへ