作成日:2019/05/18

更新日:2019/05/16

【体験談】Tinder(ティンダー)はマッチしない?女性2500人とマッチした男が教えるコツ

sdavid

大手マッチングアプリとして若者から絶大な人気のTinder(ティンダー)。プロフィール写真と自己紹介文だけでアリかナシか判断する手軽さが魅力♪一方、全然マッチしないという男性の声も多数。ティンダーは男性のマッチ率が低くハードルが高いアプリです。今回は、ティンダーを4年ほど使い2,500人以上とマッチし100人の女性と出会った男性筆者が、マッチしない原因と対策を体験談や経験を踏まえて余すところなく解説♪

目次

ティンダーでマッチする仕組みを知らない

ティンダー(Tinder)のマッチを知らない男性

そもそも、ティンダー(Tinder)でマッチする方法をよくわかっていない人もいるのではないでしょうか?

 

ティンダーはマッチングの仕組みが独特。

その仕組みを知らなければマッチを増やすことは難しいです!

まずは、マッチングの仕組みを知ることがマッチ量産の第一歩ですよ♪

対策①:マッチングの仕組みを理解する

ティンダーでは、異性(設定次第では同性も可能)の顏写真とプロフィールを確認し、良いなと思ったら「ライク」、好みでなければ「ノープ(NOPE)」を押します。

お互いが「ライク」した場合のみマッチングが成立し、メッセージが送れるようになるという仕組みです。

 

他のマッチングアプリとは違い、相手は自分に来た「ライク」を見ることができません(有料会員であれば可能です)。

したがって、お情けで「ライク」を返してくれることがありません。

ティンダーは、自分の写真とプロフィールで勝負するシビアなマッチングアプリなのです。

対策②:マッチングしやすいプロフィールを知る

マッチングの仕組みの仕組みを理解した上で、マッチやすいプロフィールの特徴を知ることも重要です。

 

ティンダーでマッチしやすいアカウントには共通点があります。

マッチしやすいプロフィールの特徴を理解し自分のものに反映させることで、マッチング率は確実に上がります♪

プロフィールのポイントは後で解説します!

ターゲットを絞りすぎている

若い女性

ティンダーの検索条件には次の3つがあります。

  • 性別:男性・女性
  • 相手との距離:1キロメートルから160キロメートル
  • 年齢:18歳から100+歳

たまに、年齢を「18歳から24歳」など、極めて狭く設定している方がいます。

しかし、検索対象を絞りすぎてしまうとなかなかマッチングしません。

 

ティンダーは男性にとってはかなりマッチングしにくいアプリです。

検索の段階でお相手の範囲を狭めると、マッチング率はさらに下がってしまいます。

対策①:検索対象年齢を広げる

マッチング率を上げるためには、なるべく検索ターゲットを広く設定することが重要です。

もしかしたら、素敵な熟女と出会えるかもしれません♪

ちなみに、筆者は年齢の検索対象を「18歳から100+歳」に設定していますよ。

対策②:検索範囲を広げる

ティンダーでは、現在地から160キロメートルの範囲まででお相手を検索することができます。

160キロメートルというと、イマイチ想像しにくいかもしれません。

だいたい、東京から静岡くらいの距離です。

 

確かに、160キロメートル先の人とマッチしても会うのは難しいです。

しかし、会える範囲で検索範囲を広めることを意識しましょう!

30キロメートルから40キロメートルくらいまでの相手であれば、十分会える範囲ですよ♪

プロフィール写真の選び方が悪い

ティンダー(Tinder)のプロフィール写真撮影

ティンダー(Tinder)に限らず、マッチングアプリで最も重要と言って良いのが「プロフィール写真の選定」です。

会員が多く、競争率の高いティンダー。

ウケの悪い写真を使ってしまうと、女性からまったく注目されない、もしくは一目で「NOPE」されてしまうなんてことは珍しくありません。

対策①:笑顔の写真を選ぶ

人の表情で最も魅力的なのは「笑顔」です!

笑顔の写真が1枚あるだけで、女性会員にとっては安心感がまるで違います。

クールな決め顔も良いですが、少なくとも1枚は笑顔で写っている写真を載せることがおすすめです♪

対策②:自撮り写真・加工アプリは避ける

自撮り写真は、ナルシストっぽい印象を与えるため、女性からの印象がかなり悪いです。

自撮り写真しか持っていなければ仕方ありませんが、なるべく控えるようにしましょう!

 

また、男性が「スノー」といった加工アプリを使うことに抵抗を感じる女性は多いです。

そのため、加工していない写真を選ぶのことをおすすめします♪

対策③:上裸の写真を避ける

よく、上裸の写真を載せて筋肉アピールをしている男性がいます。

こういった写真は、女性ウケが非常に悪いのでおすすめしません。

 

確かに筋肉が好きな女性は多いです。

ただ、それをわざわざアプリのプロフィールに載せてひけらかすような男性に惹かれる女性はあまりいませんよ。

対策④:趣味がわかる写真を載せる

趣味を楽しんでいる写真を載せることは非常におすすめです。

自分の趣味を理解してもらうことができ、相手にとっても話題を広げやすくなります♪

同じ趣味を持つ女性から「ライク」をもらいやすくなるのも大きなメリットです。

 

個人的なおすすめは、「スポーツ中の写真」そして「ペットと一緒に写っている写真」です。

スポーツ中の写真は、さわやかな印象を与えることができます。

また、ペットと写っている写真は、「動物好きの優しい男性」というイメージをもってもらうことができるからです♪

 

ペットを利用するようで心が痛むかもしれませんが、ティンダーは余裕こいてマッチングできるほど甘い世界ではありません!

まさに戦場なのです。

利用できるものは利用する精神で臨みましょう!

プロフィールの自己紹介が悪い

ティンダー(Tinder)の自己紹介文が気に入らない女性

ティンダー(Tinder)に限らず、マッチングアプリでは自己紹介文も写真同様に非常に重要です!

一般的に、男性は相手の顏写真のみでアリかナシかを判断する傾向が強いですが、女性は自己紹介文も確認することが多いです。

 

自己紹介文を登録しないのはもちろん、ウケが悪い文章では、かなりのイケメンでない限り女性から「ライク」をもらうことは難しいですよ!

対策①:文章は短くシンプルに

ティンダーは、次から次へと表示されるプロフィールを見て、瞬時にアリ・ナシを判断していくアプリです。

ほとんどの会員は、一人ひとりのプロフィールをしっかり吟味することなく、感覚的・反射的にスワイプしています。

そのため、無駄に長い自己紹介文は避け、要点のまとめられたシンプルな自己紹介文を心がけましょう♪

対策②:自分語りや自慢話は避ける

自分の経歴や過去の栄光について長々と語るのはNGです!

自分語り、自慢話の多い人がモテないのは、マッチングアプリの世界でももちろん同じです。

まだ知り合ってもいない男性の自分語りを聞きたいと思う女性はまずいません。

 

さらに、「自分の肩書や経歴でしか自分を魅せられない浅い男性」という印象を与えかねません。

自己紹介はあくまで謙虚に、シンプルに書くことを意識しましょう♪

対策③:ネガティブな情報は書かない

「自慢話は避ける」とお伝えしましたが、だからといってわざわざネガティブなことを書く必要もありません!

例えば、「実家暮らし」「フリーター」「ニート」といった要素は、マッチングアプリではかなり不利になります。

このようにマイナスになる情報をわざわざプロフィールに記入する必要はありません。

 

筆者は実家暮らしの上に薄毛の男性なのですが、プロフィールにそんなことは一切書いていません!

打ち明けるにしても、女性と十分に仲良くなり、信用できる相手と判断できてからにしていますよ。

対策④:趣味や仕事について書く

自己紹介文には、趣味や仕事のことについて書くことがおすすめです♪

そうすれば、同じような趣味を持つ女性や、同じ業界で働く女性から興味を持ってもらいやすくなります。

例えそうでなくても、会話を広げてもらいやすくなりますよ。

 

マッチングアプリでは、プロフィールを見た女性が「この男性とはこんなデートができて楽しそうだな」とイメージできる状態が理想です。

自己紹介文に趣味を記載することで、それを見た女性は一緒に趣味を楽しんでいるシーンを想定しやすくなります♪

 

マッチングアプリに限らず、相手との共通点を見つけることは、会話を盛り上げるテクニックとしてよく知られています。

共通点のある相手に見つけてもらうという意味で、趣味や仕事について記載することはおすすめなのです!

高学歴・人気職業なのに表示させていない

高学歴・人気職業の男性

ティンダー(Tinder)では、学歴が高い方や人気の職業についている方は掲載すべきです。

 

先ほど、自慢話や自分語りは避けるべきだとお伝えしました。

しかし、男性の肩書や経歴に魅力を感じてライクする女性が少なくないのは事実です。

 

わざとらしさを感じさせない程度にハイスぺぶりをアピールするのは、むしろマッチング率を上げるのに役立つことがありますよ♪

対策①:学歴・勤務先欄を活用する

ティンダーのプロフィールは、自由記述の自己紹介欄とは別に、

  • 卒業大学
  • 勤務先

を任意で記入することができます。

自己紹介欄で自分語りや自慢をするのはアウトですが、自慢できる学歴や勤務先がある方は、さりげなく記入しておくのことをおすすめします♪

対策②:職種だけ書く

長々と経歴や学歴について自己紹介文で書くことはNGですが、職種や仕事内容を自己紹介欄に書くことはおすすめできます!

特に、「医師」や「税理士」などは、職種を記載するだけでハイスぺを感じさせることができ、マッチング率が上がります。

要は、わざとらしさを感じさせない程度にハイスぺをアピールするのは問題ないということです。

スーパーライクを上手に使っていない

ティンダー(Tinder)でスーパーライクする男性

ティンダー(Tinder)の機能のひとつに、「スーパーライク」があります。

スーパーライクを押すと、通常の「ライク」とは異なり、相手に通知が届きます。

 

「普通ならライクしないけど、向こうが好意を示してくれるなら」とライクを返してくれる女性は一定数います。

無料会員の場合、スーパーライクは1日に1回しか使うことができません。

そのため、「温存して結局使わずじまいだった」なんて方もいますが、マッチング率を上げるためにはスーパーライクを活用することは大事です!

対策①:スーパーライクはバンバン使っていく

スーパーライクは貴重ですが、翌日に持ち越すことはできません。

そのため、使わなければもったいないのです!

その日のスーパーライクが補充されたら、なるべくそのスワイプ時に使うことを心がけましょう♪

対策②:スーパーライクはあまりかわいくない人に使う

ゲスい言い方ですが、スーパーライクはガチな美人よりも、あまりかわいくない人に使う方が効率的です!

美人であればあるほど、他の男性からもスーパーライクをもらい慣れています。

そのため、せっかく押した自分のスーパーライクはすぐに埋もれてしまいます。

 

しかし、スーパーライクをもらいなれていないような女性に使えば、女性は気分が良くなります♪

そして、積極的にメッセージに応じてくれる可能性が高いですよ。

ティンダーは課金した方が圧倒的有利

ティンダー(Tinder)で課金した男性

ここまで、無料会員の男性でもできるマッチング率を上げる方法についてお伝えしました。

しかし、ティンダーは会員数が多く、男性にとっては非常にマッチングのハードルが高いアプリです。

無料会員でマッチングするのは至難の業だと主張する人もいるくらいです。

 

今まで解説したテクニックに気をつければ、課金しなくてもマッチングすることは可能です。

ただ、有料会員の方が、無料会員よりも圧倒的に有利なことは事実です!

 

実際、筆者は最初は無料会員でしたが、月額の有料会員になってから飛躍的にマッチング数が伸びました♪

お財布に余裕があるなら、有料会員への移行を検討してみても良いかもしれません。

 

では、これからティンダーの有料会員について詳しく解説していきましょう!

ティンダーの有料会員には、次の2種類がありますよ。

  1. Tinder Plus
  2. Tinder Gold

1.Tinder Plus

Tinder Plusは、月額1,100円で使えるようになります。

無料会員に比べると圧倒的に有利なので、なかなかマッチングしなくて困っている方は、一度試してみるのも良いかもしれません!

Tinder Plusで利用できるようになる機能は、主に次の8つです♪

①押せるライク数が無制限になる

ティンダーは、無料会員の場合は押せるライクの回数は12時間に120回までです。

しかし、Tinder Plusでは、無制限に「ライク」を押すことができるようになります♪

②「ライク」した相手にだけ自分を表示させられる

Tinder Plusでは、自分が「ライク」したお相手にだけ、自分のプロフィールを表示させることができるようになります。

そのため、自分の興味のない会員とはやり取りをしなくて済むようになるのです。

③アクティブユーザーを優先表示

無料でティンダーを使用している場合、アクティブユーザー(実際にアプリを使って活動している会員)を優先表示させる機能がありません。

したがって、全然ログインしていないユーザーが先に表示され、「ライク」を無駄打ちしてしまう可能性があります。

 

しかし、有料のTinder Plusでは、最近ログインしたアクティブユーザーを優先的に表示してくれるようになります。

そのため、ログインしていない会員に対して「ライク」を無駄に消費することなく、マッチング率を上げることができるのです♪

④プロフィールの一部を隠せる

Tinder Plusでは、自分の「年齢」「距離情報」を非表示にすることができるようになります。

年齢を隠したい人や、住んでいる地域を特定されたくない人にはありがたい機能です♪

⑤スーパーライクが1日5回まで押せる

無料会員では1日1回までしか押せなかった「スーパーライク」。

Tinder Plusでは、1日に5回まで使用できるようになります!

1回しか使えないと躊躇してしまいがちですが、5回まで使用可能ならより積極的にスーパーライクを使えるようになりますよ♪

⑥位置情報変更

Tinder Plusでは、自分の位置情報を変更することができるようになります。

そうすることで、さまざまな地域の女性を表示しマッチすることができるようになるのです♪

 

遠くの女性とマッチしたところで、実際に会うのは難しいかもしれません。

ただ、メッセージで話すだけでもなかなか楽しいものです♡

ちなみに、筆者はヨーロッパに現在地を設定し、金髪グラマラスなお姉さんとのマッチを狙う遊びにハマっています(笑)

⑦スワイプしなおしが可能

無料会員では、一度押した「ライク」や「NOPE」を撤回することはできません。

しかし、Tinder Plusではひとつ前のプロフィールの評価を訂正することができるようになります!

 

「めっちゃかわいい子だったのに、間違ってNOPEしてしまった!」なんてことは、ティンダーではあるある。

うれしい機能です!

⑧広告非表示

無料会員の場合、女性のプロフィールを見ているときに何度も広告が出てきます。

これ、地味にイライラしてしまうんですよね(笑)

 

Tinder Plusでは、広告を非表示にできるようになります。

そのため、無駄な時間を使わず、スムーズにプロフィールを閲覧することができますよ♪

2.Tinder Gold

Tinder Goldは、Tinder Plusの上位互換です。

月額は1,700円~と少しお高くなります。

 

とはいえ、じつは機能はTinder Plusとほとんど変わりません!

Tinder Plusと異なるのは、「自分をライクしてくれたお相手がわかる」という点くらいです。

 

Tinder Goldでは、自分に「ライク」を押してくれた女性の一覧が表示されます。

ただ、そもそもお互いに「ライク」したのであれば、マッチとなります。

よって、Tinder Goldの機能で表示されるのは、「こちらはライクしていないけど、向こうからライクしてくれた女性」ということになります。

 

ある程度承認欲求を満たせはしますが、わざわざ追加料金を支払うほどの機能でもないでしょう。

個人的には、Tinder Plusで十分だと考えています。

待っているだけでも多くのライクをもらうことができる女性会員にはおすすめですが、基本的に男性にはおすすめしません。

【体験談】ティンダーでマッチング率が上がったコツ

ティンダー(Tinder)でマッチング率が上がった男性

男性の筆者は、ティンダー(Tinder)利用歴4年のベテランティンダリストです。

しかし、始めたてのころは、なかなかマッチングせず悩んでいました。

同じように悩んでいる男性は少なくないはずです!

 

そこで、筆者がマッチング率を上げるために実践した方法の中で、特に有効だと感じたものを紹介してきましょう!

ティンダーでマッチング率を上げたコツ①:全員に「ライク」する

ティンダー初心者の方にありがちなのが、「しっかりと女性のプロフィールを吟味し、アリかナシかを判断してスワイプすること」です。

誠実で大変よろしいとは思うのですが、ティンダーの世界では逆効果です!

 

ティンダーに限った話ではありませんが、マッチングアプリは圧倒的に「女性有利・男性不利」の世界です。

女性は「ライク」を押せば、ほぼ100パーセントマッチします。

一方、男性のマッチング率は、100人スワイプして、1人から3人といったところでしょう。

 

ただでさえほとんどマッチングしない男性会員には、女性を選り好みする余裕などないのです!

表示される女性を、写真も見ずに全部「ライク」するくらいの気持ちで臨むべきです。

ティンダーでマッチング率を上げたコツ②:写真は9枚フルに登録する

ティンダーでは、プロフィール写真を最大9枚まで登録することができます。

しかし、ほとんどの男性会員は1枚から2枚しか登録していません。

 

女性会員であれば、写真の枚数が少なくても「ライク」はもらえるでしょうが、男性はそうはいきません。

女性は男性よりもかなり警戒心が強いため、素性がわかりにくい相手には「ライク」を控える傾向があります。

したがって、なるべく多くのプロフィール写真を設定し、女性に自分のことを知ってもらって警戒心を解く必要があります。

 

筆者の場合、趣味を楽しむ写真やスーツの写真、旅行先で撮った写真など、なるべくバリエーションに富んだものを載せるようにしていますよ♪

ティンダーでマッチング率を上げたコツ③:最強の「ブースト」機能を使う

ティンダーには「ブースト」という最強の機能があります♪

有料会員であれば月1回使用可能、無料会員でも1回450円ほどで利用することができます。

 

この「ブースト」を使うと、30分間自分のプロフィールが他の会員に優先的表示されるようになります。

ようは、30分間だけいつもより多くの女性から注目を集めることができるということです。

 

しかも、ティンダー公式の情報によると、ブースト時のプロフィール閲覧数は最大で10倍にも上るようです。

まさに界王拳のような機能!

こんなチート機能を使わない手はありません♪

 

筆者も、普段は1日1マッチから3マッチといったところですが、ブーストを使えば30分で4マッチから6マッチも珍しくはありません!

ティンダーでマッチングせず悩んでいる男性には、絶対におすすめの機能ですよ♪

まとめ

ティンダー(Tinder)でマッチしない原因と対策について、筆者の体験談や経験をもとに詳しく解説しました。

 

筆者自身、童貞卒業も初彼女ゲットもティンダーのおかげでした。

そのため、非常に思い入れのあるアプリなのです♪

 

「ティンダーは、イケメンでないとマッチしない」という声があります。

しかし、今回紹介した方法を実践すれば、イケメンでなくとも十分に出会うことは可能です。

ソースは筆者です!

 

プロフィール写真と自己紹介文をしっかりと見直して、一緒に最高のティンダーライフを送りましょう♪

 

なお、ティンダーはマッチすることからハードルが高いですが、マッチした後に会うまでのハードルも高いものです。

そのためには、メッセージのテクニックもしっかりと押さえておく必要があります。

メッセージのコツは、こちらでしっかりと把握してください!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

sdavid

他の記事も見る

TOPへ