作成日:2019/05/18

更新日:2019/05/17

【体験談】婚活は年収で取るべき戦略が違う!男性の年収別婚活方法&女性の婚活のコツ

Shiroinu

年収が原因で婚活がうまくいかいように感じることは多々あります。実は、婚活する男性は、自身の年収に合った戦略・戦術を取ることが婚活成功への近道です!今回は、年収別に婚活男性が取るべき戦略を女性筆者が伝授!年収300万円~400万円、500万円~600万円、700万円~800万円、1,000万円以上に分けて加えて、解説します。また、婚活女性が高収入男性と出会う方法も、筆者の体験談を織り交ぜて紹介♪

目次

婚活は年収によって取るべき戦略が異なる

婚活で必要な年収

婚活中の男女に必ず関わってくるのが「年収」です。

婚活男性と婚活女性にとっては、年収に含まれる意味付けは少しだけ異なります。

男性の場合

婚活男性にとって、年収は高ければ高いに越したことがないものです。

想像がつくと思いますが、年収300万よりは年収500万がスムーズに婚活を進めることができます。

さらに言うと、年収500万よりは年収1,000万のほうが婚活市場では圧倒的に女性からモテます。

 

婚活男性の場合「年収の高い=苦労せず婚活がうまくいく」ことは想像するにたやすいですよね!

女性の場合

逆に、婚活女性にとっては年収は高ければ高いほど良いというものではありません。

男性によっては「自分より年収の高い女性はイヤ」と考える男性もいます。

 

だからといって、「一生涯専業主婦をさせてあげるだけの度量がない」と年収が低すぎる女性(定職についていない女性)を避ける男性も存在します。

年収別の戦略を把握しよう

そこで、婚活男性が知って損はない「年収別の戦略」をお伝えしていきたいと思います。

さらに高収入の夫と結婚した筆者の体験を踏まえ、婚活女性が希望する年収の男性と出会う方法を紹介していきますね♪

婚活する年代の男性の平均年収

婚活する男性

年収ごとに特化した婚活戦術を知る前に、まずは敵・ライバルの平均年収を知っておきましょう!

婚活女性は、自分が狙っている収入の男性は世の中にどれくらいいるのか、知識として入れてくださいね♪

さらに、婚活する男性においては、自分の年収が婚活市場ではどのくらいの位置に存在しているのかにも注目してください!

男性の平均年収

まずは、男性の平均年収についてです。

男性の平均年収は国税庁の調査結果によると、次のようになっています。

男性の平均年収

  • 20代前半の男性の平均年収:307万円
  • 20代後半の男性の平均年収:413万円
  • 30代前半の男性の平均年収:513万円
  • 30代後半の男性の平均年収:589万円
  • 40代前半の男性の平均年収:645万円
  • 40代後半の男性の平均年収:695万円

年齢があがればあがるほど、年収があがっていくことがわかります。

計算すると、20代後半から30代後半(婚活男性の平均年齢)の男性の平均年収は455.5万円という数字が出てきます。

 

ただ、これは独身・既婚に関わらず、全体の男性から平均年収を出したもの。

婚活男性、婚活女性が知りたいのは未婚の男性平均年収ですよね。

 

次は未婚男性に対象をしぼった平均年収を見てみましょう。

未婚男性平均年収

総務省が発表した就業構造基本調査に、未婚者の所得データがあります。

今回は未婚男性の数が多い、すなわち婚活男性が多い20代前半から30代後半にしぼって紹介します。

 

年収ガイドを参考にすると、次のような調査結果がでています。

未婚男性の平均年収

  • 20代前半の未婚男性の平均年収:240万円
  • 20代後半の未婚男性の平均年収:307万円
  • 30代前半の未婚男性の平均年収:332万円
  • 30代後半の未婚男性の平均年収:341万円

つまり、未婚男性の平均年収は200万円半ばから300万円半ばだということがわかります。

平均男性年収の金額からガクッと下がってしまいましたね。

高収入男性の多くは早くに結婚してしまっていることが見て取れます。

 

婚活女性からすると、ちょっと心もとない結果、かつ、婚活男性からすると現実味を帯びた結果となっているのではないでしょうか?

 

この未婚男性の中には、当然、経済的な不安があって結婚する意思がない男性も含まれています。

したがって、婚活男性の平均年収はもう少し高いと考えても良いでしょう!

男性は年収500万円が分岐点

さらに言うと、婚活男性は「年収500万円」が1つのターニングポイントです。

 

結婚相談所IBJメンバーズの調査によると、男性の年収500万円以上だと女性からの申込みも増えていく傾向があります。

つまり、仮に自分の年収が、未婚男性の平均年収より上だとしても、年収500万以上でなければ結婚相手として女性から見られないという現実があるのです。

 

未婚男性の平均年収よりは上だからといって、婚活がうまくいくわけではないので気をつけてください!

婚活女子が希望する平均年収

世の中の男性平均年収と婚活市場の女性の希望を比べてみると、多くの女性が現実的ではない、高望みした年収を男性に求めていることがわかりますね。

実際、大手結婚相談所ノッツェの調査によると婚活女性が相手男性に希望する平均年収は、次のような調査結果が出ています。

女性が男性に求める年収

  • 年収500万円以上を希望する婚活女性:54%
  • 年収401万円〜500万円を希望する婚活女性:25%
  • 年収301万円〜400万円を希望する婚活女性:8%
  • 年収201万円〜300万円を希望する婚活女性&その他:13%

さらに、相手男性に希望する最低年収は301万〜400万という厳しい調査結果もあります。。

男性から「女性は現実を見てなさすぎる」という声が聞こえてきそうです。

 

ただ、こういった年収を希望している女性の多くは「なにも年収1,000万以上が良いと豪語しているわけではないし、高望みはしていない」と口をそろえて答えます。

 

実は、今婚活している女性の多くは「妻は専業主婦で夫、家庭を支える家庭」で育っています。

婚活女性は決して高望みしているわけではなく、自分が育ったところのような、暖かい家庭環境を築きたいだけなんですよね。

 

「自分の母が専業主婦だったから、自分も専業主婦で家族の幸せを守りたい」

「専業主婦は無理でも、週3パートくらいで平々凡々な幸せな家庭を築きたい」

 

そんな控えめな幸せを願った結果、「結婚相手には年収500万程度は稼いでいて欲しい」と考える婚活女性が非常に多いのが、今の婚活市場の特徴です。

 

そんな女性が多い婚活女性で、男性はどういった戦略をとって婚活を進めていくべきなのでしょうか?

さっそく、年収ごとに男性が取るべき婚活戦略を紹介していきましょう!

年収300万円~400万円の男性の婚活

婚活する年収300万円~400万円の男性

年収300万円から400万円となると、未婚男性平均年収は超えていますが、婚活女性のニーズとは合っていない事実があります。

つまり、普通に婚活していてはなかなか厳しい現実があるんです。

 

そこで年収300万から400万だからこそ、取るべき戦略を紹介します。

戦略①:年収以外(趣味や価値観)で女性を選ぶ

まず、あなたが女性を顔やスタイルで選んでいるなら、今すぐその選択方法を止めましょう!

年収300円から400万円の場合、男性の年収を重視している婚活女性からは相手にされないことがほとんどです。

そして、婚活女性の多くは男性の年収を気にしています

 

そこで、あなたが取るべき方法は、年収以外の自分をアピールすることです。

端的に言うと、趣味や価値観がドンピシャに合う女性を探すこと。

 

趣味や価値観が合った女性を見つけるには、キーワードで検索したり、女性のプロフィールを丁寧に読み込んでみてください。

マッチングアプリ以外を利用するなら「趣味でしばりのある婚活パーティー」や「イベント型の街コン」などを利用してみると良いでしょう♪

 

趣味嗜好が似ている女性を見つけたら、いろいろと悩む前に即アタックすることが望ましいです。

言い方が悪いですが、ただでさえ少数の女性を狙っていくのだから、その中からさらに女性を選んでいくというような、選択の幅を狭めることはしない方が良いでしょう!

 

うまくいく秘訣は、いかに女性に「この男性は年収はいまいちだけど、それ以上の魅力がある」と思わせられるかどうかに尽きます。

波長がぴったり合うと感じたら、女性はあなたに心惹かれていくはずです♡

戦略②:自分のキャリアを大切にしてる女性を狙う

婚活市場では、自分の年収が高いとは言えないからこそ、女性の年収・キャリアを重視してみる手段も取ることができます。

つまり、あなたが専業主夫になる覚悟で、自身のキャリアを重視している女性に近づくんです。

 

もちろん、キャリアがあり自立している女性ほど、女性は自分以上に頼りのある男性を求める傾向があります。

ただ、「頼りがいがある」という点は、別に金銭的な部分でなくても良いわけです。

  • 常に彼女の健康を考えた食事を提供する
  • 彼女が家ではゆっくりできるよう家事は完璧にこなす
  • 彼女の喜ぶようなことを常に提案し実行する
  • 子供が生まれたら育児はほとんど自分が担当する

こういったことを完璧にこなせば、あなたはキャリアのある女性にとって唯一無二の頼りがいのある存在となることができます。

要は、世の中でいう専業主婦が夫にしてきたことを、彼女のために献身的に行えることをアピールするんです。

 

もちろん、上から目線で「俺が家事をしてやるよ」というようなことではダメですよ!

「あなたを支えたいから、自分ができることはなんでもさせてほしい」という態度で、女性に接する必要があります。

 

自分のキャリアや男としてのプライドなどすべて捨てて、女性に捧げることができるのであれば、キャリア志向の女性を狙ってください!

男女ともに働く時代になったからこそ、結婚を希望する、高給取りのキャリア志向の女性は増えてきています。

 

金銭的な面以外でそんな女性の支えとなることができれば、年収300万円から400万円でも幸せな結婚が可能ですよ♪

戦略③:費用効果の高いマッチングアプリで出会いを増やす

年収300万円から400万円だと、婚活にあまり費用をかけられない現実があります。

だからこそ、費用効果の高い方法で婚活を進めていく必要があります。

 

婚活パーティーや街コン、合コンは1回の参加費用で安くても3,000円から4,000円以上。

交通費を含めれば1回5,000円以上かかってくるのが普通です。

これに毎月5回から10回行っていたら、月の婚活費用は平気で25,000円から50,000円ほどかかってきてしまいます。

 

婚活は、いつ終わりにできるかわからない活動です。

だからこそ、細く長く、確実に出会いの数を増やせる婚活手段を取るべきです!

 

費用効果の高い婚活手段はずばり「マッチングアプリ」を利用すること。

マッチングアプリなら、毎月の費用が3,000円から4,000円に抑えることが可能です(何ヶ月まとめて支払うかによって変わってきます)。

 

さらに、マッチングアプリで真面目に婚活をしている女性ほど、丁寧かつ詳細にプロフィールを記入しています。

プロフィールを読めば、自分が狙うべき女性かどうか、一目瞭然。

年収300万円から400万円の男性ほど、マッチングアプリで効率よく自分が狙うべき女性を探してくださいね!

 

また、マッチングアプリを利用する場合、アタックしたい女性が人気会員かどうかも注目してください。

女性が人気会員だと、あなたより条件の良い男性が女性にアプローチしている場合が多く、結果としてあなたには見向きもしない可能性が高いです。

新規会員の女性や「いいね」数がさほど多くない女性なら、反応も良いはずですよ♪

年収500万円~600万円の男性の婚活

婚活する年収500万円~600万円の男性

年収500万円から600万円の男性は、婚活女性が希望する相手男性の平均年収を軽々と超えることができていることになります。

つまり、婚活女性が希望する男性にあなたも含まれているということ♪

 

多くの婚活女性から結婚相手の対象になっているあなたが、どういった戦略を取れば婚活がうまくいくのか説明していきます!

戦略①:トライ&エラーで客観的に自分を見つめる

年収500万円から600万円の男性は、決して収入が低いわけではありません。

先ほどお伝えしたように、婚活女性の多くは相手男性に年収500万円以上を希望しています。

あなたの年収は女性の希望をクリアしているため、多くの女性があなたのことを結婚相手の対象として見てくれているんです♡

 

ただ、逆に言うと、それだけライバルとなる婚活男性が大勢いる場所に立っているということでもあります。

あなたは女性の希望する最低年収をクリアしているだけ。

 

結婚したいのであれば、それ年収以上に付加価値のある自分をアピールする必要があります!

年収的に女性から選ばれる場所に立てているからこそ、自分を客観的に見つめることを忘れないでください。

 

婚活をしていたら、うまくいかないことにも多々ぶち当たるでしょう。

壁にぶつかったらその都度、「なぜ自分はうまくいかなかったのか?」という点を客観的に分析し、原因を究明、そして解決する。

大勢いるライバルの婚活男性と差別化するためにも、向上心をもって自分の容姿、内面の魅力を常にあげていく努力が必要です。

戦略②:決して驕らずプライドは低く。中身重視の女性を狙う

年収500万円から600万円は「年収が低いわけではない」だけです。

婚活女性から見れば「高収入男性」にあなたは入っていないことは肝に銘じてください。

女性が考える高収入男性は年収1,000万円が基本です(低く見積もっても年収800万円)。

 

辛辣なことを書くようですが、年収500万円から600万円の男性に対しては「まあまあかな」と感じる婚活女性がほとんどです。

年齢とともに年収アップが確定していることが周知の事実(職業や医者や弁護士など)でない限り、自分の収入が女性にとってさほど魅力的なものではないことは覚えておきましょう!

 

だからこそ、あなたは年収以外に自分の魅力を見つける必要があるわけです。

年収500万円から600万円だと、「自分はそこそこ稼いでいる」というような奢りやプライドは婚活の邪魔にしかなりません(「高慢な男性は嫌い」という女性は多いです)。

 

自分が相手女性の中身を重視するように、内面を重視してくれる女性を狙っていけば、婚活は成功するはずです♡

戦略③:幅広い婚活手段で出会いの幅を広げる

年収500万円から600万円あれば、多くの婚活女性の「相手男性の求める年収」の条件をクリアしていることになります。

だからこそ、出会いの数を増やしてみるのもおすすめです♪

 

マッチングアプリだけでなく、年収で区切られた「婚活パーティー」に参加してみましょう!

マッチングアプリより料金は高いですが、婚活アドバイザーから直接アドバイスをもらえる「結婚相談所」を利用してみることもアリです♪

 

年収500万円から600万円の男性にとって

  • 出会いの数を増やすこと
  • 年収以外の自分の魅力をあげること

が、婚活がスムーズにうまくいくかどうかに直結してくる部分です。

マッチングアプリだけではなかなかうまくいかないと感じるなら、他の手段をとってみることも検討してみてくださいね!

年収700万円~800万円の男性の婚活

婚活する年収700万円~800万円の男性

年収700万円から800万円の男性は、自分から女性を誘わなくても、勝手に女性の方からアプローチがくる状態です。

女性を選び放題に見える年収700万円から800万円の男性。

しかし、本当に幸せな結婚を臨むのであれば、次の戦略をもって婚活をしてください!

戦略①:結婚相手に求める具体的な条件を持つ

年収700万円から800万円もあれば、婚活男性の中ではかなり有利な場所にいることになります。

実際、女性からアプローチされた経験がそこそこあるはず。

 

年収は、誰の目にわかりやすい数字です。

だからこそ、高収入男性との結婚を希望する婚活女性は、年収700万円から800万円の男性に手当たり次第アプローチしていくんです。

 

ただ、あまりに多くの女性からアプローチがあると、結果的にどんな女性を選べば良いのかがよくわからなくなってきてしまうデメリットがあります。

来る者は拒まずで女性と付き合っていると、気がついたら年ばかり取ってしまっていたということもあり得ます。

 

女性から求められる立場にあるからこそ、結婚したいのであればどういった女性と結婚したいのか予め具体的に決めておくことが大切です♪

  • 仕事への理解がある女性
  • 金遣いが荒くない女性
  • 高学歴の女性
  • 趣味が合う女性

など、「ここだけは譲れない」という条件を具体的に持ってください!

 

そして、条件にかなった女性が現れたら、一途に真面目にお付き合いをすること。

相手女性が年収以外の自分を見てくれているか、お付き合いしながらしっかりと見定めることが大切ですよ♪

戦略②:年収の上にあぐらをかかない

先ほど少しお伝えしましたが、年収が高いとアプローチしてくる女性が後を絶ちません。

結果として、結婚しないまま中年のオヤジになってしまっていたということもたまに耳にします。

 

いくら年収が高いから(そして女性が途切れないから)といって、いつまでも何の努力もせずにいたら、永遠と結婚することは不可能です。

年収700万円から800万円の人ほど、年収に頼りすぎず「結婚したい」という意思を強く持って婚活を進めていくことが大切なのです。

 

年収が高くとも、誰しもがいずれ年を取ります。

年齢が上がれば上がるほど、結婚できる可能性は低くなっていくものです。

 

「自分は年収が高いから、結婚しようと思えばいつでもできる」という考えは捨て、女遊びはほどほどにしましょう!

自分の目で結婚したいと思える女性を探す努力が必要です。

戦略③:いつも腰の低い態度で女性と接する

収入が高いと、それだけプライドも高くなりがちです。

「他人と比べて圧倒的に努力したからこそ、今の稼ぎの自分がいる」と誇る気持ちも確かにわかります。

しかし、あなたの過去の努力と、今目の前にいる婚活女性はなんら関係がないことです。

 

もちろん、多くの婚活女性はあなたの過去の努力を理解してくれるとは思います。

ただ、それでも「自慢話ばかり聞いても何も楽しくない」と感じてしまう女性がほとんどです。

  • 自分は努力したから特別だ
  • 自分より劣っているものを卑下しても良い

そんな考えがあるなら、すぐに考えを改めてください!

 

実際にそんな考え方をしていると、女性に語らなくても態度やことば遣いで女性は敏感に察知します。

そして、察知した途端、女性はすっと冷めてしまい、あなたから遠のいてしまうでしょう!

 

男女に限った話ではなく、自分自身が貶(おとし)められているわけではなくとも、簡単に他人を馬鹿にする人とは誰だって付き合いたくないですよね!

「能ある鷹は爪を隠す」ということばのように、高慢な態度は捨て、女性の前では常に腰を低く、そして、女性が楽しめるうような会話ができるよう努めてくださいね♡

年収1000万円以上の男性の婚活

婚活する年収1000万円の男性

年収1,000万円以上となると、仕事が忙しく婚活どころではない男性がほとんどでしょう。

婚活をしていなくとも、年収を明かしてしまえばいくらでも女性が寄ってきてしまう状態です♪

そんな年収1,000万円以上の男性が結婚をするために取るべき戦略を紹介していきましょう!

戦略①:年収目当ての女性かどうかを見抜く

まずは、すでにお気づきかと思いますが、自分に寄ってくる女性の多くはあなたではなく、あなたの「年収」を見て近づいてきています。

お金目当ての女性と結婚はしたくないですよね!

だからこそ、自分に近づいてきた女性が年収目当てなのかどうか、見抜くことが大切です。

 

結婚相談所などの場合、低く見積もった年収設定で婚活を行える場合があります。

そういった場所を利用してみるのもアリでしょう!

 

ただ、やはり仕事の忙しさを考えると、時間と場所を選ばない「マッチングアプリ」が最もやりやすい婚活方法かもしれません。

マッチングアプリを利用して婚活をするなら、とにかく話してみることが大切!

メッセージ機能を使って、とことん相手女性と話してください。

 

あなたの年収や仕事の話だけでなく、あなたの内面や趣味の話を楽しそうにしてくれる女性が狙い目です♪

あなたが自分の内面を見てもらいたいように、「自分が幸せにしたいと思える女性」を中身を見て選ぶことがポイントですよ♡

戦略②:仕事に理解がある女性を狙う

年収1,000万円以上の婚活男性は、20代後半から30代後半ですでにそれだけの高収入だということになります。

職業でいうと、経営者、開業医、弁護士、など、どれも激務の仕事ばかり。

寝る間も惜しんで仕事をしている場合がほとんどだと思うので、仕事の理解が深い女性を選ぶ必要があります

  • 突然のデートのキャンセル
  • クリスマスや記念日などを毎回一緒に祝えるわけではないこと
  • 忙しい時期はLINEのやり取りすら厳しいこと

などは、仕事に必死な年収1,000万円以上の男性にとってはどれも当たり前のことかもしれません。

しかし、女性としてはショックなことではあります。

 

「仕事で忙しいから無理」と当然のこととして女性に伝えるのではなく、申し訳なさそうに伝える心遣いはしてください!

ただ、その心遣いをしても「なんで? どうして?」と駄々をこねる女性は残念ながら大勢います。

「仕事だから仕方ないね、お仕事頑張ってね」と送り出してくれる女性を選ぶようにしましょう♡

戦略③:女性の金銭感覚に注目する

年収1,000万円は手取りにすると700万円から800万円。

この金額は、東京のど真ん中で専業主婦・子供ひとりを養うとすると、豪遊はできないものの、普通に暮らしていける程度です。

 

東京で必要な暮らしをするために必要な年収」では3人家族(夫、専業主婦1人、子供1人)の場合、年収850万と算出されています。

しかし、筆者の実体験から考えても、子供に対して周りと同じように教育資金をかけ、私立中学、高校、大学、と進ませていくと、年収850万円はおろか、1,000万円でも余裕のない生活になりがちです。

 

さらに、年収が上がれば上がるほど、仕事上の付き合いが増え、支出も増えていくもの。

こういった事情があるからこそ、付き合う女性にはしっかりとした金銭感覚を持っていてほしいと考える年収1,000万円以上の男性は多いです。

 

しかし、ながら残念なことに、多くの女性は、「年収1,000万円以上の男性と結婚すれば、ブランド物を買い占め、毎月海外旅行にビジネスクラスでいける」ほどに裕福な暮らしができると勘違いしがちです。

適正な金銭感覚がない女性とお付き合いしても、必ずどこかでうまくいかなくなります。

 

女性の金銭感覚を見抜くには、女性の身の回りのものを見てください。

  • ブランド物でバッグや靴が固められている
  • デートのときに安いお店に入ると嫌がられる
  • なにかと物を買ってほしいとおねだれされる

こういったことが多いと、女性は年収1,000万円に夢をいだきすぎている可能性があります。

 

あなたが年収1,000万円を裕に超えていて、女性の願いをなんでも叶えられるだけの経済力があるのであれば問題ありませんが……。

それ以外なら、女性の金銭感覚に注目するよう気をつけましょう!

婚活女性が高年収の男性と出会う方法

高年収の男性と出会った婚活女性

さて、次は女性側の視点に立って、婚活女性が高年収男性と出会うにはどうすれば良いのかについてお伝えしましょう!

年収ごとに分けて紹介していきますね♪

年収500万円~600万円の場合

年収500万円から600万円の男性と出会いたい場合、さほど苦労せずとも出会えます。

マッチングアプリを利用して年収を500万円から600万円に絞った検索結果を見ても、かなりの数の男性が出てくるはずです。

 

年収500万円から600万円の男性には、多くの婚活男性がいます。

だからこそ、年収以外の部分で自分の希望(趣味が同じ、次男が良い、など)をすべて兼ね備えてくれる男性を見つけやすいというメリットがあるんです♪

 

年収条件でしぼれる婚活手段(マッチングアプリ、結婚相談所、年収条件のある婚活パーティーや街コン等)は、何でも活用してみてください!

年収500万円から600万円の男性と出会う数を増やすことで、その年収の男性とお付き合いできる可能性がぐっと上がりますよ♡

年収700万円~800万円の場合

年収700万円から800万円の婚活男性は、人数もさほど多くないし、何より多くの婚活女性のライバルがいる中での戦いになります。

 

だからこそ、婚活をしながら自分磨きをすることが大切です!

  • 会話の引き出しの数を増やすために毎日新聞を読み本を読んで知識量を増やす
  • 魅力的な見た目になるよう努力しファッション誌を読んでセンスを磨く
  • 料理や掃除などアピールできるポイントを持つ

など、他の女性では持ちえない、魅力をもてるよう努力してください!

 

年収700万円から800万円の婚活男性の前では、数だけで見ればあなたは選ぶ側ではなく選ばれる側の女性です。

しかし、選ばれる側だからこそ努力を重ね、自分自身を誇れるような素敵な女性になってください!

 

「私は選ばれるべき女性だ」くらいの自信が持てるようになると、きっと700万円から800万円の婚活男性から見ても、かなり魅力的な女性に見えるはずです。

年収1,000万円以上の場合

年収1,000万円以上の男性となると、まずそもそも出会いがないことで悩むでしょう!

年収1,000万円以上の男性は、仕事が忙しくまともに婚活のための時間を取っていない人がほとんどです。

だからこそ、一般的な合コンや街コンではなかなか出会うことができないんです。

 

そこでおすすめな出会い方は、多くの男性の中から年収1,000万円以上の男性を探すのではなく、年収1,000万円以上が集まる場所へあなたが飛び込んでいく方法です。

年収1,000万円以上男性が対象の婚活パーティーに足を運んだり、年収1,000万円以上の男性が多く登録する結婚相談所に登録したりすべきなのです。

 

マッチングアプリでいうと、「東カレアプリ」というマッチングアプリがおすすめです。

年収1,000万円が基本ラインで、年収1,000万円以上の高収入男性が数多く存在しています。

東カレデート

ただ、年収1,000万円以上の男性が集まる場所に飛び込んでいくだけでは、出会いの数が増えるだけに過ぎません。

年収1,000万円以上の男性を射止めるまではいきません!

 

年収1,000万円以上の男性とお付き合いするには、そういった男性があなたを選びたいと思うかどうかが重要です。

そこそこの容姿以上に、

  • 魅力的な内面
  • 誰に紹介しても恥ずかしくない教養や知識

といったように、年収1,000万円以上の男性に「すごい」「素敵だ」と思われるような「なにか」が必要になってきます。

「なにか」とは、ピッタリと合う相性の良さだったり、将来の夢や希望だったり、ひたむきに努力ができる性格であったりします。

 

仕事で日々が忙殺されている年収1,000万円以上の男性が、「あなたと一緒にいたい」と思うような癒やし、魅力を持つこと。

それが年収1,000万円以上の男性と付き合う上で大切な要素です!

【体験談】高年収の男性と結婚!

高年収の男性と結婚体験談

年収別に、婚活男性が持つべき戦略と高収入男性と婚活女性が出会う方法を紹介してきました。

最後に、高年収の男性と結婚することができた筆者の経験をみなさんに共有したいと思います。

高年収の男性とはマッチングアプリで出会った

筆者自身は、「マッチングアプリ」のOmiai(おみあい)で年収1,000万円を提示していた男性と出会い、結婚しました。

Omiai(おみあい)

あとから聞いた話ですが、主人は当時女性よけのためにペアリングをわざわざ購入し、その片方を薬指につけていたこともあったようです。

それだけ、ただの合コンや飲み会で女性が寄ってくることにうんざりしていたようです。

 

ただ、年収で目の色が変わる女性が多かったからこそ、「メッセージ機能があるマッチングアプリを使って、本当に相性の合う女性を探していた」というようなことを語っていました。

高年収の男性と結婚できた成功要因

筆者自身が高年収の主人と付き合ったり結婚できたりしたポイントは、次の4点にある考えています。

  • 22歳という大学生で時間がたっぷりあったこと
  • 高学歴で話の幅は比較的広かったこと
  • 知的好奇心が大きかったこと
  • 夢に向かって努力している部分があったこと

筆者がマッチングアプリを利用していたのは、22歳・大学4年生のときです。

まだ大学生でたっぷりの自由時間があったからこそ、主人と実際に会うまでの長期間のメッセージのみの状態に耐えることができたんです♪

(筆者は主人とマッチングし、実際に出会うまでに6ヶ月かかっています(汗)

 

また、学歴で人を選ぶことはない主人は断言していますが、それでも筆者自身はそこそこ高学歴の部類です。

一般的な知識が身についていたからこそ、主人の理系の会話にもある程度はついていくことができたのかなと考えています。

さらに、筆者自身はもともとの性格上、好きなことが多く、知らないことは何でも知りたい、経験がないことはやってみたい、と感じるタイプでした。

 

主人と実際に初めて会ったとき、主人は「仕事のことも、趣味のことも、自分が話すことになんでも興味を持ってくれるな」と感じたそうです。

(実際、結婚式のとき、お互いの第一印象を書く項目に主人からは「好奇心旺盛」と書かれていました汗)

 

加えて、将来的にいつかこうなりたいという憧れの像も持っており、今もその努力を続けている最中です。

あまり甘いことばを言ってくれるタイプの人間ではないので、主人からは、どうして筆者を選んでくれたのか、という回答に対して適切な答えをもらえた試しがないのですが。

 

まとめると、

  • 大学生で時間があったため辛抱強くメッセージ交換を続けた
  • 夢をもって努力を続けている
  • 高学歴で話の幅が広い
  • 好奇心を持って彼の中身を深く知ろうとした

ことが、主人とお付き合いでき、結婚することができた要因なのかなと考えます。

女性は必ずしも美女である必要はない!

ちなみに、筆者は身長は150センチほどしかなく、スタイルも良くないし、容姿端麗とはかけ離れていると自負しています……(ミス○○大学のようなものとも関わったことは皆無です)。

それでも、女性なら誰しもすることだとは思いますが、自分の体型に似合うファッションや、綺麗な肌、髪を目指して努力はしていました(あくまで「努力」です)。

 

最終的には「見た目」よりも「内面」だと思います。

「自分は無理だ」と決めつけず、できることから少しずつ自分磨きを楽しんでみてください♡

まとめ

婚活男性向けた年収別に行う婚活戦略と、女性が高収入男性と出会う方法について紹介しました。

婚活と年収は切り離すことができないものです。

結婚がその後一緒に生活していきお金を必要とする行為である以上、それはもう仕方がないことです。

 

ただ、男性の場合、年収が婚活の足かせに感じても、すべてを年収のせいにする必要はありません!

今回お伝えしたとおり、自分の年収だからこそ取るべき戦略があるのです。

 

そして女性は、年収の高い男性に標準を定めれば定めるほど、自分磨きを努力する必要があります。

嘘の自分を作り上げるような自分磨きは、きっと続かないだろうし、辛い思いをするだけです。

自分がなりたいような自分になれるよう、見た目も中身も努力していくことが、高収入男性を捕まえる秘訣かもしれません♪

 

みなさんの婚活がうまくいくように応援しています♡

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

Shiroinu

20代の婚活ライターshiroinuです。「高学歴」&「実は恋人いない歴=年齢」という婚活に不利な要素だらけの筆者でしたが、マッチングアプリ出会った初彼(高収入高学歴)と幸せな結婚ができました。1人でも多くの人が幸せな結婚へとたどり着けるよう、自身の経験を活かして役立つ記事、ワクワクする記事をお届けしていきます♪

他の記事も見る

TOPへ