作成日:2018/12/08

更新日:2019/01/28

付き合ってないのに「クリスマス」に誘われた。意味は?男性・女性それぞれの心理とは

ホンカツ編集部
ホンカツ編集部

2018年のクリスマスは、ラッキーなことに3連休ですね♪しかし、付き合ってないのにクリスマスに誘われたときは、色々なことを考えてしまいませんか?「どうしてクリスマスイブにデートに誘われたんだろう?」「これって脈あり?」などなど。今回は、付き合ってないのにクリスマスに誘われた場合の心理を、男性女性別に解説。注意点も踏まえてお届けします♪

付き合ってないのにクリスマスに誘う意味:男性編

付き合ってないのにクリスマスにデートに誘う男性の本音とはなんなんでしょうか?

 

「わたしのこと好きなのかな?」

「もしかして暇なだけ?」

 

色々な疑問がありますが、クリスマスも間近なので、今回解決していきましょう♪

男性心理①:デートのきっかけ作り

付き合ってないのにクリスマスデートに誘そう男性の本音のひとつは、あなたとのデートのきっかけが欲しいと思っていることが考えられます!

クリスマスという絶好の機会を利用してあなたへ近づきたいと思っているのです。

 

クリスマスデートに誘う男性の心理として多いのは、きっかけ作りだと筆者は思います。

まだ付き合ってないけど、せっかくのクリスマスを、あなたと過ごしたいという男性の心理が感じられます!

 

きっと「タイミングがなくて告白はできてないけど、せっかくのクリスマスだからデートをしよう!」と意を決して誘ったのだと思われます。

 

だって。聖なる夜ですよ!?

誰だって好きな人と過ごしたくないですか!?

 

クリスマスの夜にデートをするってことは、やっぱり誘った男性側も、気持ちのある女性と時間を過ごしたいと思って誘っているはずです。

 

まだ付き合ってないのにクリスマスデートに誘われたときは、喜んでお受けしましょう♪

きっと楽しいクリスマスのデートができることでしょう♡

男性心理②:本命にデートを断られた

心理①で紹介した心理の真逆です。

まさかの本命に断られてしまったけれど、寂しいからデートに誘ったという本音…

 

「ありえない!」

「そんな男性信じられない!」

 

と思う女性は多いですよね?

筆者もそう思います。

 

しかし、世の中にはせっかくのクリスマスデートなのに、本命に断られたからあなたを誘うような男性も存在するのです。

 

もしくはご飯屋さんだけ予約しておいて、一緒に行く女の子は後から決めるというパターンも想定されます。

 

どちらも、やはり筆者としては、信じられません!

普通の日ならまだしも、クリスマスに!

 

では、どこでクリスマスデートに、本命に断られたからあなたを誘うような男性だと判断をするのでしょうか?

判断基準①:いつ誘われたか

まずひとつめの判断要素は、誘ってきた日時です。

12月に入ってすぐや、11月の後半など早い段階でクリスマスの予定を聞かれるなどしたら、あなたが本命だと思われます♡

 

だって、まだ付き合う前ですから友達や、他の男性にせっかくのクリスマスの日を取られたくないと男性は考えるでしょう?

判断基準②:予約しているかどうか

ふたつめの判断要素は、予約の有無です。

 

特に、予約がとりづらいフレンチレストランや、イタリアンレストランなど、あなたの予定を聞く前に予約していたであろう場合は、残念ながらあなたは本命ではない可能性が高いと思われます。

 

きっと、一緒に行く女性のために予約はしたものの、何らかの理由で断られてしまったのでしょう。

そして、あなたが何人目かわかりませんが、お声がかかったということでしょう。

 

少しでもその片鱗が見えた場合は、クリスマスなんて無視してきっぱりとお断りしましょう!

クリスマスは、来年も再来年もみんなに平等にやってきます。

今年焦って無理に付き合う必要はないのです!

付き合ってないのにクリスマスに誘う意味:女性編

付き合ってないのにクリスマスデートに誘う女性の本音をズバリお伝えしましょう!

少々男性には夢がないように思われるかもしれませんが、これが女性の本音だということを覚えておきましょう♪

女性心理①:寂しさを埋める

付き合ってないのにクリスマスデートに女性から誘う心理は、単純にクリスマスを一人ぼっちで過ごすのがイヤで、寂しいのを埋めるためだと考えられます。

 

年齢が若いほどクリスマスを重要視する傾向にあると思いますが、年齢を重ねると「そろそろ年末だなあ」くらいにしか思いません。

 

ですが、寂しい気持ちはどちらも一緒です。

できればひとりでなんかいたくないです。

 

そんなときには、都合が合いそうな男性をクリスマスのデートに誘うのです。

そこに特別な感情はないでしょう。

 

「おしゃれな格好をしておしゃれなお店で美味しいご飯が食べたいわ」

くらいのノリです。

 

付き合ってないのにクリスマスデートに誘われたからと言って、女性側に好意があると勘違いするのはやめましょう!

体験談

ここで、体験談をひとつ紹介しましょう。

筆者の知り合いにこんな女の子がいました。

 

彼女は、クリスマスの夜に、弟みたいな存在の男友達に、某夢の国に誘われました。

彼女は、クリスマスに予定もないし一人でいるのも寂しいので、二つ返事でオッケーしました。

 

そして、某夢の国でクリスマス当日の、キラキラした空間の中、弟みたいな友達に告白され、その場で断り、1人で某夢の国を後にしたのです…。

 

彼女に全く悪気はないのです!

 

しかし、男性は「クリスマスに某夢の国へのデートをオッケーしてくれたってことは、俺のことを好きってことでしょ!」と勘違いしてしまったのでしょう。

 

男性女性どちらも悪気はないことがわかりますが、ミスコミュニケーションです。

付き合ってないのにクリスマスデートに女性から誘われても、決して舞い上がらずしっかりと見極めましょう!

女性心理②:クリスマスを特別に思っていない

付き合ってないのにクリスマスに誘う女性の心理として、クリスマスを周りの人と同じ温度で感じていない場合があります。

 

心理①でも少しお伝えしましたが、クリスマスを特別だと思っておらず、平日にご飯に誘う感覚で、クリスマスの日にデートに誘っているのだと考えられます。

年齢を重ねた女性に多いかもしれません。

 

男性からすると、「そんな…」と思うかもしれません。

しかし、世の中の女性全員がクリスマスを特別に思っているわけではありません。

 

男性は、女性をロマンチックだと思いがちですが、意外に女性は現実的です。

クリスマスだからといって、周りと同じ温度で思っているかというとそうではありません。

それは、男性女性問わずでしょう。

 

では、付き合ってないのにクリスマスデートを誘われたら、女性のどんなところから気持ちがないと判断すれば良いでしょうか?

判断基準①:お店選び

ひとつめの判断基準は、行くお店です。

 

気持ちのある男女がクリスマスデートをする場合、少しいつもと違ったお店に行こうとするはずです。

しかし、クリスマスを特別に思ってない女性は、クリスマスだからとおって、いつもと行くお店は変わりません。

 

なぜなら、クリスマスを特別に思っていないので特別なところに行く理由がないからです。

判断基準②:服装とお化粧

ふたつめの判断基準は、服装やメイクです。

 

ひとつめの判断基準と同様に、クリスマスにデートすると意気込むときは、女性はきっとオシャレします。

クリスマスを特別な日だと思えば、メイクだって気合が入るはずです。

 

その意気込みや気合いは、いくら鈍感な男性でも気がつくレベルだと思います。

 

クリスマスデート当日にやってきた女性の服装やメイクを見てみてください。

きっとそこで気持ちがあるかないか判断できるのできるはずです!

まとめ

残り2週間ほどに迫った2018年のクリスマス。

付き合ってないのにクリスマスデートをすることについて、悩んでいる方も、今の時期は多いのではないでしょうか?

 

そんなお悩みの方に言えることは、「どんな理由であれクリスマスにデートをしましょう!」ということです。

 

もう四の五の言わずに、クリスマスデートを楽しみましょう♡

せっかくのクリスマスですよ?

 

まだ付き合ってない場合でも、そのデートが楽しければ、その後に発展する場合だって容易に考えられます。

もし恋愛に発展しなかったとしても、良い経験になり、その後に活かすことだってできます。

 

恋愛は、ボジティブに前向きに考えたもん勝ちです。

ネガティブになってうまくいく恋愛なんてありません。

せっかくのクリスマスを、思う存分楽しみましょう♪

 

2018年は予定がない人も、あせらずにゆっくり自分のペースで。

だって、来年のクリスマスは逃げないのですから♪

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

ホンカツ編集部

ホンカツ編集部

ホンカツ編集部です。婚活・恋活に関する情報を配信していきます。

他の記事も見る

TOPへ