fbpx

作成日:2019/06/30

更新日:2019/07/02

【ティンダー体験談】27歳男がTinderで出会ったヤバイ4人の女性たち!出会いのコツは?

sdavid
sdavid

プロフィール写真と自己紹介文で直観的にアリかナシかを判断していくマッチングアプリTinder(ティンダー)。アメリカ発祥で190以上の国に会員を持つTinderは「世界で最も人気のマッチングアプリ」と言っても過言ではありません。筆者もTinderを4年使い、2500マッチ、100人以上の女性と出会うことができました。今回は、そんな熟練ティンダリストが実際にTinderで体験したエピソードと、存分に出会いを楽しむためのコツを経験に基づいて伝授します♪

目次

Tinderをはじめたきっかけ

Tinder(ティンダー)をはじめた人

まずは、筆者がTinder(ティンダー)などのマッチングアプリの道に迷い込んだときのことからお伝えしていきましょう。

男性の筆者がTinderと出会ったのは23歳、今から4年ほど前のことでした。

筆者のスペック

  • 23歳(Tinder登録時)
  • 平均身長平均体重
  • 自称フツメン
  • 大学4年(Tinder登録時)
  • 童貞(Tinder登録時)

マッチングアプリを始めた理由

「何がなんでも童貞を卒業したい」当時、インターネットでの出会いに懐疑的であったはずの筆者をTinderの世界へと駆り立てたのは、そんな純粋な願いでした。

中学高校を男子校で過ごした筆者は、いざ大学に入ってもなかなか異性とコミュニケーションを取ることができず、卒業間近になっても彼女ができたこともありませんでした。

究極完全童貞、いや童帝です。

 

華のテニスサークルに所属しておきながらこの有様。

筆者がいかにみじめな存在だったか想像するのは実にたやすいことでしょう!

 

そんな筆者を見かねて、サークルの友達がマッチングアプリをおすすめしてくれたのです。

それまでの筆者は「マッチングアプリに頼るとか負け組かよwww」と強がっていたのですが、いよいよ笑えない状況になっていたので、すがるような気持ちでアプリの力を借りることにしたのです。

Tinderを選んだ理由

数あるマッチングアプリの中からTinderを選んだのは、「童貞を卒業する」という目標が第一にあったからです。

というのも、Tinderは真面目な恋活・婚活よりも、大人の関係など、カジュアルな出会いに向いていると友達から教わったのです。

 

セフレやワンナイト探しの会員が多いアプリに対するためらいもありましたが、「童貞卒業」という最大の目標のために自分を奮い立たせ、ついにTinderに登録しました。

体験してわかったTinderの特徴

Tinder(ティンダー)の特徴

実際に体験してみてわかった、Tinder(ティンダー)の特徴を紹介します!

他のアプリと比較して特徴的だったのは次の4つです。

特徴①:スワイプ式のマッチングアプリ

Tinderは、次々と表示される相手の写真とプロフィールを見て、直観的にアリ(Like)かナシ(Nope)かを判断、仕分けしていく「スワイプ式」が特徴的なマッチングアプリです。

他のマッチングアプリと比べて瞬時に直観で判断するので、プロフィールの第一印象が非常に大切です。

特徴②:位置情報で出会える

Tinderでは、現在の自分の位置情報をもとに、自分の1kmから160km内の範囲でお相手を検索・表示させることができます。

もし外国に旅行に行っている場合、現地の女性会員が表示されます。

 

とは言え、160km離れているお相手と出会うことは難しいため、継続して会える関係を探すのであれば、30kmから40kmくらいまでの範囲をMaxとして検索をかけることがおすすめです。

特徴③:同性とも出会える

多くのマッチングアプリでは、基本的に同性と出会うことはできません。

一度男性で登録すると、女性のプロフィールしか表示されないからです。

 

しかし、Tinderでは表示される性別を、

  • 男性
  • 女性
  • 男性と女性

の中から選択することができます。

同性の友達を探すこともできる数少ないマッチングアプリなのです。

特徴④:外国人が多い

アメリカ発祥のTinderは、190以上の国で使われているグローバルなアプリです。

世界的に知名度が高いので、日本在住の外国人も多く登録しています。

 

「死ぬまでに、一度はブロンズヘアーの外国人お姉さんに狩られてみたい」そんな願望を持ったことはありませんか?

筆者は、24時間そんなことを考えています。

 

外国人お姉さんと夜の異文化交流を堪能する。

そんな不可能を可能にできるのがTinderです。

体験してわかったTinderのメリット

Tinder(ティンダー)のメリット

実際に体験してみてわかったTinder(ティンダー)の強みを紹介していきましょう。

Tinderを使うメリット・強みは、主に次の4つが挙げられます。

メリット①:男性も無料で出会える

Tinderは、男性も無料で出会える数少ないマッチングアプリです。

マッチングアプリは、一般的に男性が有料・女性が無料というものが多いです。

男性の場合、登録自体は無料でも、メッセージを送るのには有料会員になる必要があるため、実際に出会うためにはお金を使わなければなりません。

 

一方、Tinderは無料会員でもLike(ライク)やメッセージ交換をすることができるので、男性も無料でデートまで楽しむことができます♪

月額制のマッチングアプリは、金欠のときは結構ダメージ大きかったりしますが、Tinderは筆者のような万年金欠マッチングアプラーにもおすすめできます。

メリット②:操作性が良い

Tinderでは、プロフィール写真と自己紹介文を見て、アリと思ったら「Like」、ちょっとナシかなと思ったら「Nope」を押して仕分けていくシンプルなマッチングアプリです。

「Like」は右フリック、「Nope」は左フリックするだけでもできるので、操作性が良くスイスイ仕分けて手軽に出会いを見つけることができます。

メリット③:カジュアルに出会える

Tinderの魅力は、カジュアルな出会いを求めている層が多いところ。

ワンナイトや大人の関係を探している人にとっては、まさに最強のアプリです。

もちろん、体の関係を求めている人ばかりでなく、メッセージだけの関係やただの飲み友を探している人もいるため、すぐにがっつくのはNGです!

メリット④:外国人と出会える

先ほどお伝えしたように、Tinderは190以上の国で使用されている超国際的なマッチングアプリです。

ゆえに、外国人の登録者がとてつもなく多いです。

 

日本のマッチングアプリだと外国人を探すのに一苦労要したり、探したところで「最終ログインが1ヶ月前だった」なんてことはザラです。

もし「外国人と付き合ってみたい」「英語を勉強したい」という人がいれば、Tinderは理想のマッチングアプリになり得るかもしれません。

ただ、「英語の勉強に付き合うつもりはない!」という外国人の方も多いので要注意です。

体験してわかったTinderのデメリット

Tinder(ティンダー)のデメリット

一方で、Tinder(ティンダー)にはデメリットも結構たくさんあります。

人によっては絶望的に合わない可能性もあるので、始める前にしっかり吟味するようにしましょう!

デメリット①:男性はマッチングしにくい

「男性も無料で出会える」という大きなメリットゆえに、男性会員数が非常に多く、男性の競争率はとてつもなく高いです。

女性はLikeを押せばほぼマッチングしますが、男性は100回Likeして2マッチから4マッチといったところでしょう!

 

一部のイケメンや超ハイスぺはこの限りではありませんが、基本的に男性の場合はマッチングしにくいと考えておきましょう。

もちろん、イケメン・ハイスぺ以外もプロフィール写真や自己紹介文のクオリティを上げることで、マッチングの確率を上げることはできますよ♪

デメリット②:真剣な人は少ない

先ほどお伝えしたように、Tinderには体の関係やただの飲み友など、気軽な関係を求めている人が多いです。

慎重に距離を縮めて深い関係を築きたい人、真剣に恋活や婚活をしたい人にはあまり向かないかもしれません。

デメリット③:検索機能が弱い

Tinderは他のマッチングアプリと比較して、検索項目が充実していません。

大手のマッチングアプリは、居住地、身長、体型、職業、お酒を飲むかなど検索項目が充実しており、理想の相手を見つけやすいです。

しかし、Tinderの場合は「性別」、「年齢」、「距離」くらいしか検索項目がありません。検索で理想の相手を探すことは非常に難しいです。

デメリット④:Likeしてくれた人を確認できない

Tinderは、自分とお相手がお互いにLikeをして初めてマッチングとなり、メッセージ交換をすることができるようになります。

マッチングが成立するまでは、だれが自分にLikeしてくれたかを確認することはできません。

自分が送ったLikeも、相手は確認できていません(有料会員の場合は確認可能)。

 

他のマッチングアプリでは「いいね」をもらったら、お礼の意味で「いいね」を返してくれる人も少なくありません。

その場合、最初は特別な好意がなくても、メッセージを重ねることで自分に愛着を持ってくれる場合があります。

 

しかし、Tinderの場合はそのような、いわゆる「お返事Like」がないため、脈なしからメッセージで挽回することができません。

Tinderはシビアな世界なのです!

Tinderにサクラ・業者はいるのか

Tinder(ティンダー)のサクラ

Tinder(ティンダー)などのマッチングアプリを使うにあたって気になるのは、やはりサクラ・業者の存在でしょう。

結論から言うと、Tinderにサクラは存在しません。

 

そもそも、サクラは他の会員とメッセージ交換をすることで、課金を促すために投入される運営側のなりすまし会員です。

したがって、プロフィール閲覧やメッセージ送信を行う度にお金がかかる「従課金制」の出会い系アプリにはサクラが大量に存在します。

しかし、Tinderのように、Likeやメッセージを無料で行えるアプリには、サクラの存在意義がそもそもないのです。

 

一方で、業者はTinderにも存在します。

業者は運営会社とは無関係の人が、アプリを利用して一般会員を悪質サイトに誘導したり、マルチ商法(MLM、ネットワークビジネス)に勧誘したりします。

 

あくまで一般会員としてアプリに登録し金儲けのために利用しているので、登録時にはじき出すことが難しいのです。

ゆえに、Tinderに限らずどれだけ監視体制がしっかりしているアプリにも業者は存在してしまうのです。

Tinderで出会った女性エピソード

Tinder(ティンダー)で出会った女性

それでは、筆者が実際にTinder(ティンダー)で出会った女性たちとの体験談をお伝えしていきましょう♪

手軽に出会えるというアプリの性質上、なかなか刺激的なエピソードが多いですよ!

体験談①:キス魔の女子大生に初キスを奪われる

Tinderを始めたばかりのことです。

日課となっていたスワイプ(仕分け)をしていると、マッチングの通知が来ました。

 

確認すると、有村架純を少し殴ってケバくしたギャルがそこにいました。

お相手のスペック

  • Rさん
  • 20歳
  • 大学生
  • 趣味:飲み・キス
  • 2・3発殴られた有村架純がギャル化した感じ

当時ギャルモノのAVも嗜んでいた筆者は、心の中でガッツポーズしました♪

マッチング後

筆者は慎重派マッチングアプラーです。

普段は数週間メッセージ交換をしてからでなければデートに誘ったりはしませんが、Rさんは女子大生特有のノリの良さもあり、マッチング後2日で飲みに行くことになりました♪

いざデート

待ち合わせ場所に現れたのは、プロフィール画像と変わらぬ被殴打ギャル村架純。

相変わらずノリも良く、下ネタも大好きな架純!

ついつい盛り上がりすぎてしまい、気付けば終電の時間になっていました。

 

会計を終え、駅へ向かう途中で、Rさんは「今日は帰りたくない……。」とつぶやきました。

リアルでこんな破廉恥なセリフを言う女性がいるのでしょうか?

てっきりギャルゲー限定のセリフだと思っていた筆者は面食らってしまい、股間のテントはそれはそれはもうパンパンに張っていました。

 

しかし、当時Tinderを始めたてだった筆者はまだ童貞。

ホテルに誘うことがなんだか恥ずかしいことのように思え、カラオケに誘うことが精一杯でした。

 

カラオケでは、Rさんがキス魔だということ、キス魔すぎて飲み会で彼氏の前で別の男とキスをして別れることになった話などを聞かされました。

そんな話を聞かされたら、「一流のキス魔のテクニックを味わってみたい」そう思うのが人情というものです。

 

しかし、童貞ゆえなかなかキスまでもっていくことができず攻めあぐねている筆者を見かねてか、なんとRさんに方から上にまたがってきてキスをしてきたのです!

 

キス魔を自称するだけあって、そのテクはレジェンド級♪

100人以上と出会った現在でも、彼女こそベストなキステクを持つ女性と言えます。

 

筆者の唇、歯茎を丁寧に舐めたあと、なんと頬まで舐め回してきたのです。

これはもうキス魔というより舐め魔!

なんという痴女でしょう。

 

気づけば、Rさんは筆者のズボンを脱がそうとしていました。

しかし、レジェンド級の童貞であった筆者はそこで「初めては好きな人が良い」と女子高生もびっくりなお花畑マインドゆえに、その先に進むことを拒否してしまったのです。

なんという童貞でしょう!

あそこで最後までやらなかったことは今でも後悔しています。

デートその後

解散後、何通かメッセージのやり取りをしましたが、Rさんと再会することはありませんでした。

Rさん、この記事を読んでくださったら、ぜひまたよろしくお願い致します!

体験談②:28歳OLに惚れTinderで童貞卒業

キス魔との死闘を終えてから2日後くらいの話です。

当時Tinderでもマッチングが増え、週に3人ほどとアポをとれるようになってきた筆者は、それはもう調子に乗りまくっていました。

 

今回のお相手は、既に1ヶ月ほどメッセージの交換をしていたので、スムーズに飲みに誘うことができました♪

お相手のスペック

  • Nさん
  • 28歳
  • OL
  • 趣味:アニメ・飲み
  • 松岡茉優似

マッチング後のデート

アニメ好き、酒飲みという共通点があったので会話も盛り上がり、ついつい飲みすぎてしまいました。

Nさんも楽しんでくれたようで、というか楽しみすぎたようで、泥酔しトイレに駆け込んでいきました。

 

Nさんがトイレから戻ってきたのは終電が終わってからでした。

しかしまだ辛そうな様子だったので、駅前のベンチで介抱、落ち着いてからタクシーで家まで送ることにしました。

 

普通の男性であれば、ここでNさんの家に上がり込み、一夜を共にするのでしょう。

しかし筆者は違います!

「下心を見せるのは3回目のデートから」という高校の頃先生が言ったことばを信じていたのです。

 

最初は紳士に徹するのが一番!

デキる男のテクニックです(嘘です、家にあがる勇気がありませんでした)。

 

ということで、1回目は紳士らしく家に送り届け、筆者もちゃんと自分の家に帰りました。

この紳士っぷりが評価されたのか、2回目、3回目のデートにつなげることができました♪

3回目のデート

2回目は何も起こらなかったのですが、3回目で異変が起きました。

「君はなんで、私と飲んでくれてるの?」

「私は君のことが好きだからだよ?」

と囁くように言ってきたのです!

 

なんということでしょう。

余りの突然な告白に、童貞はただ「ゲヘッ…!ゲヘヘヘッ!」と気持ちの悪い笑みを浮かべるいかありませんでした(笑)

 

照れと気まずい雰囲気を隠すために、ついつい飲みすぎてしまい、気づけば渋谷のホテルにいました。

どうやら、Nさんがタクシーを拾ってくれたようです。

 

男女がホテルでやることと言ったらただ一つ!

そう、卒業式です。

ついに今夜、23年間の童貞生活に終止符を打つのです♪

 

3回のデートですっかりNさんに惚れていた筆者。

初めての相手としては申し分なし!

 

シャワーを浴びると、余程溜まっていたのか、Nさんは筆者のイチモツを咥えようとしてきました。

筆者はAVでもフェラシーン以外は早送りするほどのフェラ好きです。

 

いよいよリアルでフェラされるときが来たのです♡

しかし、イチモツに異変がありました。

なんと激痛に悲鳴を上げるムスコがいるではありませんか!

どうやらNさんの歯が当たっているようです……。

 

しかし、筆者はあくまで童貞を卒業させてもらっている身。

ここで指摘して相手の機嫌を損ねるわけにはいきません!

 

まして、相手はそこそこ慣れているであろう年上のお姉さんですから、童貞に指摘されたとあってはプライドがキズついてしまうのではなかろうか。

一生に一度の童貞卒業式で、意外にも冷静だった筆者はそんな考えに至り、今夜は激痛に耐え抜く覚悟を決めたのです。

 

その後、めでたく童貞を卒業することができましたが、フェラの痛みが残っていてあまり気持ちよくはありませんでした。

「やはり言いたいことは早めに言っておくべき」という教訓を得た体験でした。

デートその後

その後何回かデートし告白しましたが、なんと撃沈!

それ以降、女性の「好きだよ」を信用できなくなったことは言うまでもありません。

体験談③:夜の公園で巨乳を揉みしだく

Tinder歴2年目、中堅ティンダリストのときに出会った人のエピソードです。

お相手のスペック

  • Kさん
  • 20歳
  • 学生
  • 趣味:音楽・飲み・アニメ
  • 最上もが似

Tinderで1週間ほどメッセージを重ねて、お相手の地元で飲むことになりました。

マッチング後のデート

最上もがというだけで股間が暴れん坊将軍なのに、持ち合わせ場所に現れたのは巨乳ニットという男の欲望を詰め込んだような女性でした。

アニメ好きだということもあり会話は弾み、巨乳だということもあり胸は揺れていました。

 

一件目を出ると、「近くの公園で飲みたい」というので、コンビニでお酒を買ってベンチで夜風に当たりながら飲むことにしました。

酔った勢いで、「おっぱい大きいよね(笑)」と尋ねると「触ってみる?」と返されました!

Tinderにはドスケベしかいないのでしょうか?(笑)

 

全く困ったものです、ありがとうございます!

ということで、人生初、屋外でおっぱいを揉むという貴重な体験をすることができました。

 

しかも巨乳!

それまで貧乳としか手合わせする機会がなかった筆者です。

谷間に汗がたまっているという事実だけでも興奮ものです♪

 

筆者は翌日仕事があったので、一通りキスをしながら巨乳を揉みしだいたところで解散しました。

さすがに、外で最後までやる勇気はありませんでした。

デートその後

初対面でここまで気を許してもらえたのですから、きっと今後はもっと先まで進めるに違いありません♪

ということでLINEを送ると……なんと既読無視!

その二日後、LINEのアイコンが別の男性と写っている写真に変更されていました……。

Tinderで出会った巨乳のアメリカ人痴女に脱がされた体験談

Tinder(ティンダー)の外国人との体験談

Tinder(ティンダー)で外国人と出会った体験談をお伝えしましょう!

さすがはグローバルマッチングアプリのTinder。

異文化交流にも最適です♪

アメリカ人とマッチング

今回マッチングしたのは、日本で英語教師として働いているアメリカ人でした。

お相手のスペック

  • Sさん
  • 24歳
  • 英語教師
  • 趣味:海外ドラマ・飲み
  • クリステン・リッター似(米国女優)

日本語はほとんどしゃべれないようなので、自分が頑張って英語でメッセージを送っていました。

 

デート前日には、大学受験で使った単語帳を復習しました(笑)

性欲ってのは語学力を伸ばすこともできるんですね!

恐ろしいことです……。

アメリカ人は性にオープン?飲み会で下ネタ連発

Sさんの最寄り駅付近の居酒屋で飲むことになりました。

最初は外国人相手に筆者も緊張していたのですが、アルコールが進むにつれ何とか打ち解けることができました。

 

Sさんも良い飲みっぷりで、徐々に親近感を覚えてくれたのか、「初体験はいつ?」「好きなAVのジャンルは?」など、際どい質問をしてくるようになりました。

やはり、アメリカ人は性欲にオープンだという噂は本当だったのかもしれません。

初対面の男に「3Pで2人の男に犯されるAVが好き!」などと暴露してしまうくらいです。

 

今日もカジュアルにアメリカンセックスを楽しむつもりで来たのでしょう!

筆者の股間はいつの間にか枝豆からアメリカンドッグに変貌していました(笑)

即日アメリカンセックス!自由の国万歳

ゲスい下ネタについつい盛り上がってしまい、気付けば終電の時間に。

「もう帰らないと」というと、「泊っていけば?」と返してくれました。

 

計画通り♪

このことばを待っていました!

 

ここまで性にオープンな人ですから、男性を家に泊めることに何の抵抗もないはずです。

ということで、出会って初日に相手の家にお邪魔することになりました。

 

お酒を飲みながら、「真実か挑戦か」というゲームをしました。

お互い順番に、「相手の無茶ぶりに挑戦するか、質問に対して真実の答えを暴露するか」を選んで実践するゲームです。

 

筆者が挑戦を選ぶと、Sさんは「ズボンを脱いで」「シャツを脱いで」と破廉恥な無茶ぶりを繰り返すので、筆者もしぶしぶ気付けば全裸になっていました(しぶしぶね)。

アメリカ人女性は、ゲームという名目で男性を全裸にするほどドスケベだったのです!

このとき、「将来アメリカに移住しよう!」と心に決めたことは言うまでもありません。

 

筆者も負けじと相手を脱がしていきました。

最後の挑戦で、相手はキスを要求してきました。

それからは、もうアメリカ仕込みの野性的なセックスにお互いよがり狂うだけ……とはいかず、意外にも控えめで奥ゆかしいジャパニーズ風セックスでした(笑)

さっきまでの痴女感はどこへ消し飛んでしまったのでしょう。

 

Sさんは、今でも定期的に飲んだりたまにエッチしたりする仲です。

この出会いがきっかけで、今では毎日英語を勉強するようになりました。

性欲とアメリカに感謝です♪

体験してわかったTinderで出会うためのコツ

男性にとって競争率が激しいTinder(ティンダー)。

そんなTinderで上手く出会うためのコツを筆者の体験談をもとに紹介していきましょう♪

コツ①:写真は9枚フルに載せる

Tinderでは、プロフィール写真を9枚まで設定することができます。

写真と自己紹介欄だけで判断されるTinderでは、プロフィール写真の選定は命!

女性会員の警戒心を解くという意味でも、プロフィール写真を多く設定し、自分をアピール、信頼できる男性だと思ってもらうことが重要です。

 

相手に安心感を与えるためにも、写真は自分が写っているもの、笑顔のものを設定することをおすすめします。

コツ②:自己紹介欄には仕事・趣味・休日の過ごし方

自己紹介欄には自分の仕事や趣味、休日の過ごし方について記入することがおすすめです。

仕事内容を記入することで、同じような仕事をしている人から関心をもってもらえるからです。

 

仕事内容をあまり公言したくない場合は、業界だけでも書いておくと違いますよ♪

趣味や休日の過ごし方を書けば、共通の趣味を持つ相手から関心をもってもらえますし、マッチング後も共通の話題があるので会話を盛り上げ、デートまでもっていきやすくなります。

コツ③:相手の趣味から話を盛り上げる

プロフィール写真や自己紹介文から、相手の趣味や興味を感じるものを探るようにしましょう。

自分の趣味に興味を示してくれる男性は魅力的ですし、共通点があればそこから会話を盛り上げることもできます。

 

マッチング後、実際に出会えるかどうかはメッセージの会話の盛り上げ方にかかっています。

なるべく盛り上がる会話のネタを準備することは非常に大事です!

コツ④:できるだけ全員にLikeする

先ほど説明したように、Tinderは男性にとっては激戦を強いられるアプリです。

こちらからストライクゾーンを狭めてしまうと、なかなかマッチングしなくなってしまいます。

 

Tinderでは、生理的に受け付けない人以外、基本的に全員にLikeするくらいの気持ちで臨むことをおすすめします。

最初はタイプじゃなかったけど、メッセージを重ねるうちに魅力的な女性に見えるようになることも良くありますよ。

コツ⑤:Super Like(スーパーライク)を使う

先ほどお伝えしたように、Tinderではマッチング成立まで誰が自分にLikeしてくれたかを知ることができません。

しかし、1日1回まで(有料会員なら5回)まで使用できる「Super Like」を使うと、使った相手に通知が行きます。

逆に、女性会員がこちらにSuper Likeを使うと、その時点でこちらに通知が来ます。

 

1日1回しか使えないSuper Likeを自分に使ってくれたことへの感謝から、快くメッセージに応じてくれる可能性が高まります♪

SuperLikeを上手に使うことも、出会うためには必要です!

コツ⑥:Tinderブーストを使う

Tinderには「Tinderブースト」という課金コンテンツがあります。

Tinderブーストを使うと、30分だけ自分のプロフィールが優先的に他の会員に表示されるようになります。

 

Tinderで出会いを増やしたいのであれば、Tinderブーストを有効に使うべきです。

Tinderブーストは、多くの人が退社後、帰宅してスマホをいじる21時から24時の間に発動するのが個人的におすすめです♪

Tinderに要注意人物が多い理由

Tinder(ティンダー)の要注意人物

Tinder(ティンダー)は、他の大手マッチングアプリに比べて要注意人物・訳ありの会員が多いです。

その理由は以下の2つです。

理由①:本人確認が甘い

Tinderは登録時に公的身分証明書の提示義務がありません。

登録時の本人確認が甘いので、業者やパパ活・援助交際目当ての会員が比較的多いです。

理由②:監視体制が甘い

運営による監視も、大手マッチングアプリと比べると幾分甘め。

既に登録済みの不正ユーザーの監視も徹底しきれていないところがあるので、マルチ商法や(MLM、ネットワークビジネス)、悪質サイト関連の業者は結構多いです。

Tinderをおすすめしたい人

Tinder(ティンダー)がおすすめの人

筆者の経験から、マッチングアプリTinder(ティンダー)をおすすめしたいのは次のような人たちです!

おすすめの人①:大人の関係が欲しい

体験談を読んでいただいたらわかるように、Tinderは他のマッチングアプリに比べてドスケベな人が多いです。

真剣な関係を築くより、サッと会って発散できる都合の良い関係を探してい人にはおすすめです!

おすすめの人②:外国人と出会いたい

Tinderは、外国人にも人気のマッチングアプリです。

「一度は外国人のお姉さんと付き合ってみたい」「異文化交流したい」という願望がある人にはおすすめ。

 

筆者は、実際にTinderでアメリカ人、ドイツ人、イタリア人と出会うことができました!

ただし、ただの語学練習のために使っている人、純粋な友達探しに使っている人もいるので、すぐにがっつくのはNGですよ。

おすすめの人③:イケメン・ハイスぺ

Tinderは、プロフィール写真と自己紹介文で判断するアプリです。

自己紹介文には、卒業大学、勤務先を表示させることができるので、イケメンとハイスぺは当然のようにモテるわけです。

 

「リアルでモテなかったからアプリに来たのに」という筆者みたいな男にはつらい事実ですが、Tinderは現実のリア充が有利なアプリです。

とは言え、写真選定や自己紹介のクオリティを上げればフツメンでも十分に出会えるのであきらめないでくださいね♪

おすすめの人④:メンタルが強い

男性の場合、Tinderでマッチングするのは他のアプリよりも難しいです。

やっとのことでマッチしても、メッセージの返信がこなかったり、真剣な会員が少ない分1回デートしただけで切られてしまう可能性があります。

 

ゆえに、何度失敗しても気にせず立ち上がれる不屈のメンタリティを持っている人に向いています。

というか、Tinderでメンタルを鍛えることができます。

筆者もTinderで失敗を繰り返し、今ではダメ元の精神で急に連絡を切られてもなんとも思わなくなりましたし、すぐに切り替えて次の女性を探せるようになりました♪

Tinderを体験して学んだこと

Tinder(ティンダー)の経験

Tinder(ティンダー)という素晴らしいアプリで童貞を卒業できた筆者。

その後4年間のTinderライフで学んだことを発表します!

経験①:女性の「好き」は社交辞令

これは存分に思い知らされました。

全国のピュア男子のみなさんは心得ておくべきです!

 

女性の「好き」は「おはよう」と同じくらいの意味です。

「好き」と言われたら「おはよう、いい天気だね」と返すくらいが一番です♪

経験②:痛かったら言った方が良い

相手の歯が当たるときは、なるべく早めに言いましょう!

遠慮していると、自分のムスコがかわいそうです。

 

体の相性はとっても重要!

交際であれセフレであれ、長い関係を希望するなら違和感を感じたときに指摘してあげるのが優しさだと思います。

童貞卒業式で傷ついた筆者のムスコがそう言っていました。

まとめ

Tinder(ティンダー)のエピソード

マッチングアプリTinder(ティンダー)での体験談と、筆者の経験に基づいて使う上でのコツを余すところなく紹介しました!

男性にとっては確かに競争率の高いアプリですが、努力と工夫次第で、筆者のように痴女と出会うことはできます。

 

最初はだれでも出会えません。

失敗と修正を繰り返し、一流のティンダリストを目指しましょう!

 

なお、Tinderをもっと使いこなしたいと思った方は、こちらで筆者のテクニックを公開しています。

身につけて楽しいTinderライフを送りましょう♪

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

sdavid

sdavid

都内在住27歳ライターのsdavidです!23歳まで童貞という絶望的な状況から、マッチングアプリを始めて4年で2,700マッチ。100人以上の女性と出会った経験を活かし、恋活に役立つ記事を書いています。Tinder、with、Pairsに生息しています。全てのマッチングアプラーに幸あれ!

他の記事も見る

TOPへ