fbpx

作成日:2019/07/20

更新日:2019/07/22

【解明】結婚に理由は必要?男女で異なる結婚する14の理由と後悔する5つのケース

Olivia
Olivia

恋人や家族から結婚の圧をかけられるけど、結婚する理由が見つからないという方もいるでしょう。結婚に理由が必要なのか、なぜ結婚したいと思うのかが分かれば、恋人と真剣に向き合えるはずです。今回は、男性・女性それぞれが考える結婚する理由を紹介します。また、理由なく結婚することが不安な方のために、結婚して後悔するケースも男女別に解説します♪

結婚に理由は必要?

結婚したカップル

結婚は、人生を歩んでいく上で漠然とあるもので、するのが当たり前のようなものとなっています。

「結婚しない=普通ではない」「という意識を当たり前のように持っている人は多いはずです。

好きな人がいれば、いずれ結婚して家庭を築くという流れが自然とだと考えるでしょう。

 

でも、好きな人と一緒にいるだけなら、結婚しても結婚しなくてもどちらでも良くありませんか?

 

結婚することに理由はあるのでしょうか?

また、結婚には必ず理由が必要なのでしょうか?

 

既婚者である女性筆者の経験からすると、結婚するのに特別な理由はなくても良いのではないかと感じます。

しかし、理由があれば、その理由が結婚生活のビジョンを明確にしてより現実的に結婚を考えるきっかけにもなります。

 

逆に、頭を抱えて結婚する理由を考えすぎると、できる決断もできなくなってしまいます。

結婚する理由は2人で決めれば良いですし、お互い違う理由を持っていても良いんです。

 

結婚する理由は人それぞれです。

中には、理由なく結婚する人もいるでしょう。

どんな理由を持って結婚するのかを改めて考えてみると、本当に結婚が必要なのかどうかが見えて冷静になれますよ♪

女性が考える結婚する理由

結婚する理由を考える女性

結婚する理由は人それぞれですが、具体的にどんな理由があるのかについてみていきましょう。

男女別に紹介していくので、それぞれの気持ちを読み解くためにも、異性が考える結婚する理由をチェックしてみてください!

まずは女性からお伝えしましょう♪

女性の理由①:子供が欲しい

女性は、母になりたいという願望を持つことがあるでしょう。

子供を持って家庭を築くことを人生の宿命のように捉えている女性もいます。

宿命を全うすることと、大きな夢を叶える意味としても、子供が結婚の大きな理由となります。

女性の理由②:老後が心配

結婚せずに不安定な関係を持ったままでは、老後に独りになってしまうのではないかと心配になる人もいます。

子供も夫もおらず、一人でひっそりと暮らすことを想像すると結婚願望が湧くのです。

女性の理由③:世間の目が気になる

結婚適齢期に入ると、結婚していることが当たり前のように思われます。

「その歳でまだ結婚していないなんて」というように、側から変わった目で見られる瞬間が訪れるでしょう。

世の風潮に従って結婚を決意する人は多くいます。

女性の理由④:家庭につきたい

20代から社会で戦って生きてきた女性なら、結婚して家庭で落ち着きたいと思うこと人もいます。

「夫に稼いでもらって、自分は専業主婦に」といった形を取ろうとするのです。

女性がバリバリ働く時代ですが、まだまだ専業主婦で子育てや家事をしている方が良いと思う女性はたくさんいます。

女性の理由⑤:劣等感を味わいたくない

自分だけ独身で周りがどんどん結婚してしまうと、出遅れのようになり劣等感を感じてしまうのが女性です。

結婚願望が薄くても、周囲の影響で結婚するケースも多いです。

結婚適齢期に差し掛かるころに、焦って結婚準備をし始める女性は多いのです。

女性の理由⑥:経済的に安定する

結婚生活にはお金がかかるイメージがありますが、一人で家賃や生活費を支払うよりも、2人で折半した方がお金が貯まりやすいです。

夫の稼ぎによっては、今までよりも生活水準が上がる可能性もあります。

お金関係は、結婚するうえでの大きな理由となることが多いです。

女性の理由⑦:好きな人とずっと一緒にいたい

「結婚すれば好きな人と結ばれる」このような考えは今でも一般的です。

社会から認められた中での約束は、2人の間に特別なつながりを作ることは間違いないでしょう!

ただ好きな人と一緒にいたいから結婚するといった理由は、ある意味最も当たり前な理由です。

男性が考える結婚する理由

結婚する理由を考える男性

続いては、男性があげる結婚する理由について紹介しましょう。

理由をみてみれば、男性がどんなときに結婚を考えるのかがわかりますよ♪

男性の理由①男として自立・けじめがしたい

「付き合っている彼女との関係に男としてのけじめをつけたい」そう考えて結婚に至る男性は多いです。

人生の一大決心である結婚は、大きな覚悟がないとできません。

自立した男性になるためにも、結婚を決心し彼女にその気持ちを示そうとします。

男性の理由②社会的地位を気にして

社会では、独身者より既婚者の方が自立していると思われることは事実です。

ひとつの家庭を持つ者として、より多くの責任感を抱いた大人の男性と見られるでしょう。

男性の理由③子供が欲しい

男性も女性と同じように、自分の子供を持ちたいと思います。

生き物特融の子孫を残そうとする本能でしょう。

周囲が結婚し始めて子供を持つようになれば、子供を持ちたいという欲求は余計に高まります。

男性の理由④近くでサポートして欲しい

仕事でキャリアを積み上げていくことが大事な男性にとっては、彼女にずっと近くで支えてもらいたいと感じます。

精神面は特に、健康面などを支えてくれるパートナーがいることは大きな心の支えになります♪

男性の理由⑤一人が寂しい

「結婚するのは単純に一人でいることが寂しいから」こういった男性は結構多いのです。

年齢を重ねていけば、一人でいることの寂しさは強くなります。

 

しかし、恋人同士という関係では別れることが簡単なので、いつ一人になってもおかしくはありません

だからこそ、結婚という道を選ぶのでしょう。

男性の理由⑥家族を気にかけて

親に心配をかけたくないからと結婚を決意する男性もいます。

結婚適齢期になれば親からの結婚の圧は強くなりますが、同時に歳を取る親に少しでも安心して欲しいという気持ちが生まれます。

孫の顔を見せてあげたいという願望を抱く人もいるでしょう。

男性の理由⑦好きな人を手放したくない

一生涯守っていきたい相手が現れれば、その女性を手放すまいと思うはずです。

手放さないためにも、法律的に結婚して生涯をともにしていこうと考えるのです。

女性が結婚で後悔するケース

結婚で後悔する女性

結婚する理由を見ていきましたが、理由があるからと言ってその結婚が順風満帆になるとは限りません。

理由を持って結婚したのに、結婚してから後悔するケースもあるのです。

 

まずは、女性が結婚を後悔するケースについてお伝えしましょう。

どういったケースがあるのでしょうか?

女性が後悔する場合①:夫が頼りなかった

女性は、夫のスキルによって結婚を後悔するケースが多いです。

例えば次のようなケースがあげられます。

  • 家事は一切やらない
  • 収入が低い
  • 子育てしない
  • 金銭感覚が合わない

結婚より、「夫への後悔」の方が強く感じるのです。

女性が後悔する場合②:自由にお金を使えない

時間と同じように、結婚して制限されるのがお金です。

女性は男性よりも生活にかかる出費が多いと言われています。

 

お店で見かけたかわいい洋服もコスメも、独身のときは買っていたけれど、結婚してから買えなくなるなんてことは、結婚すればよくあることです。

節約する割に全然貯まらない貯金額を見て「結婚した意味あったかな?」と考えてしまうのです。

男性が結婚で後悔するケース

結婚で後悔する男性

続いて、男性が結婚して後悔するケースは何なのかを見ていきましょう。

男性が後悔する場合①:結婚後に豹変する

女性は結婚をすると気が緩んで安心してしまがちなので、恋人でいるときと奥さんでいるときの態度が豹変することがあります。

子供を産んで母になったときはなおさらです。

 

最早、女性ではなく強い母となるので、男性から好かれようという気遣いをする余裕がなくなります。

男性は、結婚してからの妻の変化を見て「理想の女性ではなかった」と後悔してしまうのです。

男性が後悔する場合②:自由時間がない

結婚すると時間が制限されるのは致し方ありません。

なぜなら、家族ができて、分一人の暮らしではなくなるからです。

 

子供がいれば好きな時間に好きなことをするなんてほぼできません。

寂しいから、家族が欲しいからという理由で結婚したのに、その理由に苦しめられるケースは充分ありますよ。

男性が後悔する場合③:他の女性に恋ができない

綺麗な女性が言い寄ってきても、結婚して妻がいれば何もできません。

当たり前のことですが、出会いや恋愛は制限されてしまいます。

一生一人の女性しか愛せないのです。

結婚という“誓い”のせいで、後悔する男性は珍しくありません。

結婚する理由が見つからない時

結婚する理由が見つからない時

結婚に特別な理由は要らないと既婚女性の筆者は考えています。

ただ、メリットやデメリットを考えて、2人で話し合うことは大切です。

 

結婚する理由が見つからないときは、結婚にこだわる必要はありません

結婚は義務ではありません。

 

好きな人と一緒になるだけなら、結婚しなくても良いのです。

結婚する場合もしない場合も、2人で決めたことが正しい決断となるはずです。

まとめ

男女別に、結婚する理由やきっかけについてお伝えしました。

 

結婚には結婚するだけの多くのメリットがあります。

金銭面や夫婦の関係の面などを見ると、正式に結婚して誓いを立てる方が安定します。

 

結婚する人には、結婚するだけの理由がそれぞれあります。

「結婚したい」と漠然と考えたとき、なぜ結婚したいのかその理由を考えれば、結婚生活のビジョンが明確に見えてくるはずです。

結婚する理由がなくてメリットも必要としないなら、結婚にこだわらず2人に合った道を選ぶと良いでしょう!

 

なお、こちらでは男女別に結婚の決め手を紹介しています。

まだ結婚することに対してしっくりと来ない方は、一度目を通してみることをおすすめします♪

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

Olivia

Olivia

ホンカツライターのOliviaです。自身の経験や、色彩検定の資格を活かして、心理や恋愛アドバイスの記事を執筆してきました。少しでも多くの恋活を頑張る女性に向けて、タメになる情報をお伝えします!

他の記事も見る

TOPへ