fbpx

作成日:2019/07/20

更新日:2019/07/22

【体験談】モテ女が成功例から伝授!LINE(ライン)のやりとりのベストな頻度と内容

京華
京華

一般男性だけでなく、経営者やプロアスリート、ITコンサルタントといったハイスペック男子を次々と射止めてきた「超」恋愛体質の女性筆者が自身の成功体験談をもとにして、付き合う前だからこそ知っておきたいLINE(ライン)のベストなやりとりを、頻度や上手く続けるコツ、そして男性の脈あり・脈なしについて細かく解説します♡モテ女だからこそわかる「成功した恋愛テクニック」も伝授しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

ラインのやり取りのベストな頻度

LINE(ライン)のやり取りをする女性

付き合う前の気になるあの人とのLINE(ライン)。

相手のことが知りたくて、毎日とってもドキドキしますよね♡

 

でも、楽しいし待ち遠しいからといって「今の返信のタイミングがベストなのか」少し不安になったりしませんか?

常に恋愛を楽しんできた女性の筆者からお伝えしたい”ベストなラインの頻度”ですが、正直、「1日◯通!」というものはありません。

むしろ固定しないことがベストです!

常に相手の気持ちやタイプを読んで、返信頻度を変えられるかどうかが勝負です。

 

例えば、返信が早く、短文で会話のようなキャッチボールを楽しみたい方は同じように早めに返信し、その”阿吽の呼吸”を楽しむスタンスが良いでしょう。

なぜなら、その会話のキャッチボールが「心地良さ」や「相手との楽しい未来を想像させること」につながるからです。

 

また、反対に1日1通のように好きなタイミングでポンっと返してくるような相手の場合は、すぐに返信するのではなく自分も好きなタイミングで自由に返しましょう!

仕事が忙しい人ももちろんいますが、基本的に縛られたくない自由なタイプの男性が多いので、その方が良好な関係を築いて行くことができるでしょう♪

ラインでやり取りを続けるコツ

LINE(ライン)でやり取りするコツ

続いては、気になるあの人との「ラインを続けるコツ」について解説していきましょう♪

コツ①:相手が返しにくい内容を避ける

気になる相手とのラインのやり取りをより長く続けるには、「相手の返しにくい内容を避ける」ということが重要です。

ラインが来たときに返しにくい内容だった場合、次ようなことが起こる可能性があります。

  • 既読したのにも関わらず返す気が一度失せてしまったことで返信を忘れる
  • そのまま返すタイミングがわからなくなり結果既読無視になる
  • どう返していいかわからず面倒になってしまう

このようなことにならないためにも、ラインでは相手が困ってしまうような返信はなるべく避け、電話や直接会ったときなど、仲が深まってからそれとなく聞いてみましょう!

コツ②:会話はできるだけ次の日につなげる

ラインのやり取りを続けるためには「ラインを終わらせない」ということが大切です。

夜遅くなり、「おやすみ」となればそこでラインが切れてしまう可能性がありますよね。

 

そんなときは、その日の「会話の最後」は自分から終わらせるようにし、次の日にまたその続きを送るようにすれば、自然に続くやり取りが生まれます。

これを毎日続ければ、ラインのやり取りが当たり前となって、既読スルーになてしまう可能性をグッと下げることができます。

コツ③:一緒に遊んだ後にすぐお礼を送る

ラインのやり取りを始めた後に直接デートで会うことで一旦ラインが途切れてしまう可能性もあります。

そんなときは「一緒に遊んだ後にすぐにお礼のラインを送る」というのも一つのコツです。

 

相手に「きちんとお礼が言える子なんだ」「良い子だな」と印象良く思ってもらえますし、一度途切れかけたやり取りに対しても効果的です。

誰でも気軽に言いやすく、再度ラインが続くきっかけにもなります。

深夜遅い場合は相手の仕事によって次の日に送る方がベストですが、なるべく気持ちが高まっている時点で気持ちのこもったお礼のラインを送りましょう♪

ラインしているときの男性の心理

LINE(ライン)しているときの男性の心理

では、実際にLINE(ライン)しているときの男性の心理を詳しく解説していきます。

男性特有の心理状況とも言えるので、しっかり理解しておいてくださいね♪

男性心理①:もっと知りたい

「もっと知りたい」ということは、筆者がやり取りしていた男性も口にしていたことがある「リアルな男性の心理」といえます。

  • 「相手は一体どんな人何だろう?自分のことも知ってもらいたい!」
  • 「もっと仲良くなりたい」「距離を縮めたい」

つまり、「=相手をもっと知りたい」ということです。

付き合う前のラインではこのように思っている男性が多いのです。

 

男性は、「追いかけたい生き物」です。

女性側が少しミステリアスな部分を持っていたり、心理や行動が読めなかったりと知らない部分があることが、より付き合う前のやり取りを燃え上がらせることができます♡

実際にお付き合いが始まっても「もっと知りたい」と思わせる部分は継続し、「追いかけられる恋」を楽しむのもアリです♪

男性心理②:女子からアプローチして欲しい

いくら男性は「追いかけたい生き物」とは言っても、やはり「気になる相手(女性)からもアプローチして欲しい!」と感じている男性も少なくありません。

恋愛が上手い女性ほど、その駆け引きが上手です。

「この人、俺のことどう思ってるんだろう?」と男性に気になってもらう程度にアプローチをし、男性側が追いかけて来てくれるのを楽しむ余裕すらある小悪魔ちゃんもいたりします(笑)

 

男性だって、ある程度の自信や期待がないと行動にはなかなか移しません。

ある意味、女性よりも女々しい男性なんて山ほどいたりします(笑)

 

もしもあなたが意中の男性に素っ気ない態度や恋愛感情を上手く出せていない場合は、勇気を出してアピールしてみることをおすすめします。

それをきっかけにお付き合いまでスムーズにつながるかもしれませんよ♡

男性心理③:無視するのは悪い

一方で、男性の優しさから、女性側に対して行為を抱いていなくてもラインのやり取りを続けている場合もあります。

そんな男性の心理状況としては「無視するのは悪いし……」と感じています。

 

中には、暇つぶしにやり取りを続けている男性もいます。

本気で恋人や結婚相手を探している方は、そんな一面をしっかりと見極める必要があります。

「大切な時間を無駄にしない」ということもとても大切なことなのです。

男性が見せる脈ありサイン

脈ありサインを見せる男性

実は、女性同様に男性も気になる女性にだけ見せている「脈ありサイン」があります。

今やり取りしている男性がこのような行動を起こしてくれている場合、あなたに「気になっています」とアピールしている可能性が高いでしょう!
では、実際にどんな「脈ありサイン」なのか一緒に確認していきましょう。

脈ありサイン①:返信の間隔が短い

男性は、気になる女性に対しては「返信の間隔が短い」傾向にあります。

仕事などの忙しい時間の隙間時間を見つけては返信してくれていたり、夜のゆっくりした時間帯にコンスタントに返信をくれている場合、あなたに「脈ありのサイン」を出している可能性が高いと言えるでしょう♡

 

筆者は昔、相手の返信も自分自身が送るラインも想いが伝わりやすい「長文派」が好みでした。

なので、一言でポンポン返信してくる男性に対し「なんか適当だな」と少し苦手意識を持っていました。

 

昔付き合っていたSさんは、出会った当初は筆者好みの長文派だったのに、電話やデートを重ねると見事に一言返信の「短文派」になってしまいました(笑)

その理由をSさんに尋ねてみると次のように言っていました。

  • 出会った頃長文だった理由:自分を知ってもらいたいので手紙を書くイメージ
  • 付き合う前、付き合ってから短文になった理由:たくさん送り合いたい、会話のキャッチボールを楽しみたい

このように「心の変化があったから」だそうです。

ある意味、文が短く返信が早くなったことが「脈ありサイン」だったというわけです!

文が短くても、頻繁に返ってくる場合はこの実例が当てはまるかもしれません。

脈ありサイン②:質問してくる

男女共に当てはまることですが、やはり気になる相手に対しては次のような心理から、「質問をしてくる」人が多いです。

  • 相手をもっと知りたい
  • 自分もその質問に答えたい
  • 会話を盛り上げたい

気にならない相手であれば、当然興味がないのでわざわざ質問をしてくることもないと言えます。

いつも疑問文が内容に含まれている場合、あなたに「脈ありサイン」を送っていると思って良いでしょう♪

脈ありサイン③:返信が遅いと心配してくれる

「気になる女性には返信が早い」という点と少しリンクしますが、「たくさん知って会話を楽しみたい」と思っている男性の場合、女性側と同じように返信が遅いことに対して不安に思う人がとても多いです。

返信があまりに遅いと「このまま返ってこなかったらどうしよう」とか「嫌われたかな?」といったように、相手に脈があるからこそ心配になるのです。

筆者の場合も、付き合う前の男性や好意を持ってくれていた男性ほどこの共通点がありました。

脈ありサイン④:話に付き合ってくれる

男性の脈ありサインの中には、「話に付き合ってくれる」という点もあげられます。

特に女性が抱えている仕事、家庭、恋愛、人間関係といった悩みや不安を親身に聞いてくれたり、力になろうとしてくれている姿勢が感じられれば、それは筆者の経験上間違いなく「脈あり」です!

 

基本的に男性は面倒くさがり屋な人が多く、本来ラインなどのツールも「連絡事項のみに使用する」と割り切っている方や、そもそもラインが苦手という人も少なくありません。

そんな中、女性の悩みを真摯に受け止めようとしてくれているのであれば、やはり「脈があるサイン」である可能性が非常に高いといえます♡

相手の弱い所も含めて受け止めてくれる男性であれば、お付き合いしても幸せになれそうですよね♪

男性が見せる脈なしサイン

脈なしサインを見せる男性

では、反対に男性が見せる「脈なしサイン」とはどのようなものがあるのでしょうか?

確認していきましょう!

脈なしサイン①:返信率が低い

はじめにあげられるのが「返信率が低い」ことです。

先ほどの「脈ありサイン」の反対ですが、そもそも興味や関心のない女性に対しては1〜数日に一度のペースで返信してきたりと、明らかに返信率が低い場合が多いです。

 

それでもダラダラ続いている場合は、「あわよくば」といった体目当てでキープされている可能性が少なからずあります。

自分の返して欲しい返信率よりも明らかに低く、都合の良いように感じる場合はみずからラインを終わらせることもアリかもしれません。

 

本当は脈があったり、ただマンネリ化していただけの場合は、一度返信をやめたとしても、その後何らかのアクションがきっとあるはずです。

そうやって確認してみることもアリでしょう!

脈なしサイン②:スタンプだけの返信が多い

男女問わずと言えますが、「スタンプだけの返信」ばかりの場合、「相手とのラインを終わらせたい」といった意図が含まれていることが非常に多いです。

ただし、お互いがスタンプ好きでそれを使って会話を楽しんでいたり、盛り上がっている場合は話は別です。

どんどん送り合って楽しみましょう♪

 

しかし、素っ気ない態度のラインのやり取りの中でこのようなスタンプだけで返ってくる場合は、残念ながら「脈なしサイン」と捉えることができるでしょう。

脈なしサイン③:SNSは更新しているだがLINEは未読・既読

とても悲しいパターンですが、ラインは未読だったり既読されても返信がないのに、SNSの更新は行なっている場合、「脈なしサイン」と言えるでしょう。

筆者は女性ですが、返信が面倒になってしまった相手に対して同じことを行なってしまった経験があります(笑)

 

しかし、その相手の男性はただそれを見て諦めるのではなく、まさかのSNSのダイレクトメッセージやコメントを使ってアピールしてきたので、それはそれで驚きました(笑)

まさに強者です!

 

しかし、単純に「送信ミス」をしてしまっていたり、「返していたと思っていたら送れていなかった」という可能性もなきにしもあらず。

既読されても返信がなくどうしても諦めらめられない場合は、一度だけ相手に確認してみるのも良いかもしれません!

恋愛に発展させるためのテクニック

恋愛に発展させるテクニック

「なかなか上手くアピールできない」「もっと恋愛関係に発展させたい」、そう思っている方のために、ここからは筆者おすすめの恋愛テクニックを紹介します♪

誰でも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね♡

テクニック①:共通点で親近感を与える

「共通の好きなこと・希望」が重なっていると、男女ともに嬉しくなるものです。

特に、恋愛に発展させるためには、スポーツや趣味といった普段行っている事柄よりも、次のような相手が恋愛対象に入るかどうかを知って、自分からもアピールできる「恋愛のワード」を出して共感し合うのが、その後お付き合いまで発展させるテクニックです♪

  • 恋人とはどんな風に過ごしたいか?
  • 恋人とはどこに出かけたいか?
  • 将来何人子どもが欲しいか?
  • お互いのタイプ

付き合ってから「なんか違った」とならないためにも、しっかりと確認しておきましょう!

テクニック②:ハートをさりげなく使う

2つ目のテクニックは「ハートをさりげなく使う」です。

ポイントは「さりげなく」という所!

女性ほど簡単にハートマークを使うことのない男性だからこそ「特別感」を抱いている人も多いのが「ハートマーク」の存在。

かわいいからと多様するのはやめて、相手に想いをアピールしたい特別なときにだけ使ったり、赤やピンクのハートマークではなく、オレンジや黄色といった少し控えめでさりげない色のものを使ってみましょう♪

話題に困ったときに使える内容

話題に困ったときに使える内容

付き合う前のやり取りの中で話題に困ってしまうこともありますよね。

そんなときに、ぜひ使って欲しい内容を紹介しましょう♪

内容①:どこか行きたい旅行先ってある?

筆者が話題に困ったときによく使っていた内容が、この「旅行したい場所を聞く」ことです。

しかも、この質問によって色んなことがわかり、その後話題を広げることができます。

 

例えば、次のようなことがわかるんです♪

  • 行きたい旅行先で相手のステータスや旅行好きかがわかる⇒定番の国や場所でなければ、ある程度の年収もあって旅行好き
  • 旅行先の話題から「温泉好き」「ご当地の食べ物が好き」といったその人のこだわりや性格がわかる⇒その後「共通ワード」で盛り上がることができる
  • お互いが行ったことがある場所であればさらに盛り上がることができる
  • 時期によっては暑い気候が好きか寒い気候が好きかわかる

ぜひ話題に困った場合、使ってみてくださいね!

内容②:好きな芸能人は?

比較的定番の質問かもしれませんが「好きな芸能人」を知ることで、旅行先と同じようにその後のラインで盛り上がることができます。

この質問には、次のよう案効果があります。

  • 女性の好みの顔立ちがわかる
  • 女性の好みのスタイルがわかる
  • どんな所(雰囲気など)に惹かれるかがわかる
  • お互いの好きな芸能人で盛り上がれる

芸能人であれば、よっぽどのことがない限り話題として成立します。

しかし、万が一好きな芸能人がいなかったり、まったく芸能人を知らないといった回答が来た場合は、その理由を聞いてみることでより相手を知るひとつのきっかけになるかもしれません♪

ラインのやり取りで工夫して成功した体験談

ラインのやり取りで工夫して成功した女性

では、最後に「超」が付くほどの恋愛体質だった女性の筆者が、一般男性だけに限らず、経営者やプロアスリートといったハイスペック男子に対しても実際に試し、「成功したラインテクニック」をあなたに伝授したいと思います♡

意外と簡単なので、すぐにでも試せる方法として「会ったときの想像を自然にさせる」という方法があります。

これは実際に一般男性だけでなく、一流のハイスペック男子にも効果てき面だった恋愛テクニックです。

 

実際にどのようにしたら良いかを解説しましょう!

  • 「〇〇って美味しそうですよね」→「〇〇をいつか一緒に食べに行きましょう」「〇〇をお互いに作りあって勝負しましょう』
  • 「〇〇さんって明るいですよね」→「〇〇さんといるといつも明るくいられそうです」

このように、「一緒にいること」を想像させるようなポジティブなワードを出すと効果的です♪

男性もこう言われることで、「この人といると楽しそう」「この人といると元気になれそう」といったように恋愛面で意識してくれる可能性が高まります。

 

ただただラインのやり取りを繰り返すだけではなかなか恋愛には発展しません。

相手にリアルに想像させることがとても大切です!

 

機転が利いたり思いやりがある男性は、同時に想像力も豊かな人が多いので、このテクニックを使うことが成功への近道かもしれません♡

ぜひ試してくださいね♪

ただ、あまりにガツガツ行きすぎるとただの「勘違い女」となってしまうので、「ほどよく」そして「さりげなく」使ってみましょう♪

まとめ

LINE(ライン)のやり取りのテクニックをモテ女だった筆者の体験談をもとにお伝えしました。

男性は追いかけすぎると逃げてしまいますが、上手く想いを伝えアピールすることで付き合う前から幸せな時間を過ごすことができます♡

ラインの頻度や内容、男性の心理や恋愛テクニックを使ってぜひ気になるあの人と素敵な恋人関係になってくださいね!

 

なお、こちらではその他のラインテクニックを余すところなくお伝えしています。

落としたい男性がいる女性は、ぜひ使ってみてくださいね♡

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

京華

京華

20代の京華です。現在、オーナー業を中心に飲食店など複数経営。トップセールスマンとしてバリバリ働くOL時代を経て、1人の男性との出会いから人生が180度変わりました。そんなドラマのような出来事や、富裕層の世界の楽しさや厳しさを皆さまにお届けできたらと思います。

他の記事も見る

TOPへ