fbpx

作成日:2019/10/16

更新日:2019/10/17

【解明】なぜ好きだけど付き合いたくない?男性女性別心理10選

Olivia
Olivia

「好き=付き合う」という考え方が一般的ですが、中には好きだけど付き合わないという選択をする人も多くいます。良い関係の相手に告白して振られたら、その人はある理由で付き合いたくないと考えているはずです。今回は、「好きだけど付き合いたくない」という人が持つ心理を、男性・女性別にまとめてお伝えします♪

好きだけど付き合いたくないのはおかしい?

好きだけど付き合いたくないのはおかしい?

好きな気持ちはあるし、デートをしたり体の関係になったりすることもある。

だけど、真剣なお付き合いはしたくない。

 

恋愛のありかたや、人との関わり方は人それぞれです。

昔に比べて「これが正解」なんて形はもはや存在しなくなってきました。

男女の関係になれば自然と付き合うのが当たり前なんて考えは、みんながみんな持っているわけではありません。

 

しかし、「好きな気持ちがあるのに付き合わない」という心理を理解できない人は多いです。

両想いの異性に告白してあっさり振られたら「なんで?」と思わざるを得ないですよね!

そこで、好きなのに付き合わない人の心理や、好きだけど付き合いたくないと言われたときの対処法についてまとめました。

好きだけど付き合いたくない女性の心理

好きだけど付き合いたくない女性の心理

好きだけど付き合いたくない人には、必ず何かしらの理由があります。

「どうして好きなのに付き合いたくないのかな?」と考えているだけでは、状況は進みません。

まずは、各々の抱える理由を理解しようとしたり察してあげようとしたりすることが大切です。

 

また、好きな気持ちはあるのに付き合う気がなくて振った人も、話せる範囲で自分が抱える理由を相手に打ち明けてみましょう。

理由は人によってそれぞれ違いますが、ここでは「好きなのに付き合いたくない人の心理」を男女別にまとめてお伝えします。

 

中には、どうして真剣な恋愛ができないのか悩んでいる人もいるはずです。

そんな人は、これから紹介する心理が自分に当てはまっていないか確認してみると良いでしょう。

でははじめに、女性が持つ「好きなのに付き合いたくない心理」を紹介していきますね。

女性の心理①:他の男性からもアプローチを受けている

真剣な恋愛ができないのは、アプローチしなくてもいつもアプローチしてくれる人が周りにいるからではないでしょうか?

そういった人は、アプローチしてくれる人が数人いるその状況の虜になっているのかもしれません。

 

「自分は多くの男性に求められている」という快感から逃げ出せないでいると、いつまでも真剣な恋愛はできません。

しまいには、本当に大切に思ってくれる人さえも逃してしまいます。

 

他にも、2人の男性の間で悩んでいてどちらを選べば良いのかわからない臆病で優柔不断な心理も隠れています。

恋多き女性こそ真剣なお付き合いができないのは、こういった心理が原因の可能性があります。

女性の心理②:今は独身を満喫したい

恋愛はキラキラして素敵だけど、嫉妬や束縛、ケンカなどで辛い気持ちになることも多いですよね。

辛いことが多い恋愛を、煩わしく思う女性は多くいます。

すなわち、恋愛をするのが「めんどうくさい」と感じているのです。

 

恋愛すれば、自由も限られます。

友達や他の異性との交際の自由が限られるのはもちろんですが、一人でいるのが好きな人からすれば、彼氏に構わなくてはいけない時間も嫌になることがあります。

すると、付き合って誰かに縛られるよりは、楽しくて自由な独身生活を満喫したいと考えるのです。

女性の心理③:男性の経済力が不安的

好きな気持ちはあるし、付き合っても良い人だとは思うけれど、相手に経済力がなければお付き合いを諦める女性は少なくありません。

女性同士の恋愛トークでは「良い人がいるんだけど、経済力がなくて」なんて会話はありがちです。

経済力がなければ、自分の求めるデートやイベントができないと考え、付き合う気持ちが消失してしまうのです。

 

結婚を考えている女性であれば、なおさら真剣に相手の男性の経済力は重要視しているはずです。

ただ、なかなか相手には言えない理由なだけに、心理を伝えないまま曖昧な関係を続けようとする人が多いです。

女性の心理④:恋愛にトラウマがある

過去の恋愛にトラウマを抱えている女性は、いくら好きな人ができても前に進めないことだってあります。

デートして頑張ってみるけど、いざ付き合うとなると勇気が出ないのです。

女性によっては、恋愛すら避けようとする人がいるくらいです。

 

トラウマは消そうと思ってもなかなか消すことができません。

時間がかかります。

「好きな気持ちがあるのに一歩踏み出せない」そんな女性の心理を、男性は理解してあげなくてはなりません。

女性の心理⑤:長く付き合っていける自信がない

「付き合ったとしても、すぐに相手に振られるかもしれない」「どうせ長続きする恋愛はできない」

このように恋愛に対して悲観的に思っている女性は、好きであったとしても付き合う勇気を持てません。

付き合うまでは良いけれど、付き合ってしまえば悲しい別れがないとは言いきれません。

 

恋愛は、他の絆より脆く崩れやすいことが現実です。

特に、これまで付き合ったけど長続きしなかった人や元カレと酷い別れ方をした人には、恋愛に自信が持てない心理が付きまとうのです。

好きだけど付き合いたくない男性の心理

好きだけど付き合いたくない男性の心理

続いて、男性によくある「好きだけど付き合いたくない」心理について解説していきましょう。

男性には、男性なりの付き合いたくない心理があります。

 

男性は、女性よりも自分の心理を打ち明けられない人が多いです。

これから紹介する心理をヒントに、男性の言動から少しずつ本心を探ってみてください!

男性の心理①:仕事に集中したい

20代後半から30代にかけての働き盛りの男性は、恋愛よりも仕事を優先する人が多いです。

「これからキャリアを上げてやる」というときに、恋愛に目を向けられなくなる人がいるのです。

 

「仕事に集中したい」というのは、2つのことを同時に集中してできない男性には多い心理です。

ほどよい距離感で女性と遊ぶことはあっても、本気になることは少ないでしょう。

男性の心理②:女性と釣り合わない

女性の心理でもお伝えしたように、男性も恋愛に自信を持って踏み出せない人は多いです。

例えば、好きな女性が高嶺の花のような美女で、ライバルも多く付き合えることが奇跡と言えるくらいの人だとします。

そんな女性から「好きです。付き合ってください」なんて言われたら嬉しくなるのは当然ですが、同時に大きな不安が襲ってきます。

 

自信のない男性は、「自分なんかじゃ釣り合わない」と感じて、結果お付き合いを断念してしまいます。

釣り合わなくて長続きしないであろう恋愛には、始めから手を出そうとはしないのです。

男性の心理③:お金がかかるのが面倒

女性と付き合えば、少なからず独身のころよりは出費が多くなりますよね。

プレゼントやデート代、ファッションなど自分磨きにかけるお金。

楽しい恋とは裏腹に財布のお金はどんどん逃げていきます。

 

お金がない学生や趣味にお金を費やしたい人にとっては、生活に関わる大きな痛手となってもおかしくありません。

となると、現実を考えて好きな女性とのお付き合いを諦めてしまうのです。

男性の心理④:付き合うと今の関係が崩れそう

もともと友達同士だった場合に多い理由が、現在の関係性が壊れてしまうというものです。

友達から男女の関係になれば、これまでの関係が崩れてしまうかもしれないと恐れているのです。

 

付き合って、もし別れることになれば、友情の絆も壊れかねません。

また、中には付き合うまでのドキドキな期間を楽しみたい男性もいます。

付き合うことで、次第にドキドキが薄れていくのではないかと考えるのです。

 

今の関係を壊したくない男性は、良い雰囲気でも「好き」とは簡単に言いません。

そのため、女性は物足りなく感じることがあるでしょう。

男性の心理⑤:元カノに未練がある

元カノが忘れられず、新しい恋愛に踏み出せないパターンです。

このタイプの男性には2つ種類があります。

  1. 元カノを忘れるために新しい恋愛に向き合おうとする男性
  2. 元カノの気を引こうと新しい女性と遊ぶ男性

前者は、女性からのアプローチが強くないとなかなか前に踏み出せません。

一方、後者の場合は、実質二股をかけている状態です。

女性は、元カノのことを忘れさせるために頑張れるほどの男性かどうか、しっかりと見極めましょう!

告白して「好きだけど付き合いたくない」と言われたら

告白して「好きだけど付き合いたくない」と言われたら

デートへ数回行って、手もつないだし、キスもした。

しかし、告白したら「付き合いたくない」と言われてしまった。

 

これまで紹介した心理を考えれば、そういったことは誰にでも起こりえる話です。

では、もし告白した相手から「好きだけど付き合いたくない」と言われた場合、どうすれば良いのでしょうか?

対処法を紹介していきましょう!

対処法①:付き合いたくない理由を聞く

まずは、相手に直接どうして付き合いたくないのか聞いてみましょう。

普通に「ごめんなさい。付き合えないです。」と言われれば、単純に脈なしだったと思えば良いことです。

 

しかし、手をつないだりキスもしたのに振られるのは納得がいきませんよね!

相手にどうして付き合いたくないのか、さり気なく聞いて理解しようとしてあげましょう。

 

もし、相手が何も言わないのであれば放っておくことが一番です。

きっと、その人には言いたくない心理が隠れているのです。

対処法②:友達のままでいる

相手に付き合う気がないのであれば、自分のためにも深追いせず程よい距離感を保ちましょう。

真剣に付き合いたい気持ちがあるからこそ、曖昧な関係は断ち切った方が身のためです。

友達同士のままでいれば、これまでどおり楽しいことも共有できます。

 

はじめは、好きな気持ちがあるまま友だち同士でいることを辛く感じるかもしれません。

ただ、「付き合わないことで相手の嫌な部分を見なくて済む」とポジティブに考えてみましょう。

対処法③:友達以上恋人未満の関係を続ける

付き合っていないけれど男女の関係になっている場合、その期間をそのまま楽しむという手もあります。

今までどおりデートや連絡のやり取りを重ねることで、相手に付き合いたい意思を持たせようと努力してみることも良いでしょう。

 

そのためには、相手の心理を理解して徐々に相手の懐に入っていくようにしましょう。

付き合いたくない心理によっては、あなたの助けを求めている可能性があります。

会話を重ねて相手が何を思っているのか、もっと知ってあげると良いでしょう。

対処法④:自分から距離を置いてみる

「押してダメなら引いてみろ」とよく言われるように、振られたら一度距離を置いてみてください。

距離を置いたことで、相手はあなたへの本当の気持ちに気づく可能性があります。

 

また、自分自身も冷静になって今後の関係を考える大切な期間になります。

相手から連絡が来るまで自分から連絡することを止めて、相手の反応をうかがってみましょう。

付き合わないことのメリット

付き合わないことのメリット

好きな人に「好きだけど付き合いたくない」と振られた場合は、付き合わないことのメリットを考えて、前向きに捉えてみるのも一つの手段ですよ。

どのようなメリットがあるのかお伝えしていきますね。

メリット①:交際が自由になる

付き合わないことで、他の人と遊ぶことが可能になります。

付き合ってしまえば限られる交際の自由が、そのまま手に入るからです。

 

また、付き合わないことがきっかけで、本当に素敵な相手と出会えることも考えられます。

振られたことにも何かの理由があると思って、新しい出会いを見つけていきましょう!

メリット②:別れがない

付き合って恋人同士になれば、喧嘩やすれ違いで別れることがあるかもしれません。

場合によっては、関係が全て断ち切られることだってあります。

 

しかし、友達同士のままでいれば、「別れ」に直面する可能性は低くなります。

友達の関係を続けなくても、振られたら深追いせず思い切って関係を断てば、自分自身が前に進みやすくなりますよ。

メリット③:きれいな気持ちのまま終われる

付き合ってしまえば、好きな相手の嫌な部分が見えてくるはずです。

付き合う前のドキドキする気持ちも、次第に薄れてくるでしょう。

しかし、付き合わなければ、相手の嫌な部分を知らないままきれいな気持ちで終わることができます。

 

好きも嫌いも紙一重。

そのまま相手と関わっていく気があるなら、友達同士にとどめておくのも賢い選択ではないでしょうか?

まとめ

「好きな気持ちはあるけど、真剣には付き合いたくない」と思う人にはそれぞれ違った状況があるし、違った心理があります。

それぞれの状況がどうであれ、「好きなら付き合うのが普通だ」と自分の考えを押し付けてはいけません。

 

本当に好きで付き合いたいと思った相手が自分とは違った考えを持っていて「付き合いたくない」と言うのであれば、少しずつ寄り添ってあげましょう。

相手の心理を理解すれば、少しずつ心を開いて向こうから恋愛に足を踏み入れてくれるはずです。

 

残念かもしれませんが、全く真剣に付き合う気がない人とは、手っ取り早く関係を断ち切った方が良いでしょう。

それぞれの心理や状況を汲み取って、今後どんな関係を続けていくべきか、自分にとって良い方法を一番に考えてみてくださいね。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

Olivia

Olivia

ホンカツライターのOliviaです。自身の経験や、色彩検定の資格を活かして、心理や恋愛アドバイスの記事を執筆してきました。少しでも多くの恋活を頑張る女性に向けて、タメになる情報をお伝えします!

他の記事も見る

TOPへ