fbpx

作成日:2019/08/25

更新日:2019/08/30

【2019】マジで出会える!目的別おすすめマッチングアプリ10選&選び方

sdavid
sdavid

今や出会いの方法の一つの地位を確立したマッチングアプリ。みなさんの周りにも、マッチングアプリ使いは結構いるのではないでしょうか?「これからマッチングアプリをはじめてみようかな」と考えている人のために、マッチングアプリ歴4年以上の男性筆者がおすすめを10個厳選して「遊び」「恋活」「婚活」別に紹介!そして、選び方と出会うためのテクニックについても経験に基づいてお伝えします♪

マッチングアプリとは

マッチングアプリとは

マッチングアプリとは、友達・恋人・結婚相手など、出会いを求める人達を結び付けるインターネットサービスのことです。

基本的な使い方はどのマッチングアプリもほぼ同じで、次のようなステップです。

  • 会員を検索する
  • 気になる会員に「いいね」を送る
  • お相手も「いいね」したらマッチングする
  • メッセージをやり取りする
  • デートする
  • お付き合いする

「出会い系アプリ」との違い

「マッチングアプリ」と「出会い系アプリ」を混同してしまっている人は少なくなくありません。

しかし、両者には明確な違いがあります。

マッチングアプリと出会い系アプリの大きな違いは、「利用目的」「料金体系」「サクラの有無」の3点にあります。

利用目的

マッチングアプリは、主に友達や恋人、結婚相手を真剣に探すために使っている会員がほとんどです。

一方、出会い系アプリには真剣な関係を探している人は極まれで、殆どはパパ活や援助交際、セフレやワンナイトの相手探しを目的としているユーザーです。

友達にせよ恋人にせよ、真剣な関係を望んでいるのであれば、出会い系アプリは避けた方が良いでしょう!

料金体系

一般的に、マッチングアプリはに月額制をとっており、月額料金さえ払えば「いいね」やメッセージなど基本機能は使い放題です。

一方、出会い系アプリは機能を使えば使うほどポイントを消費する従課金制が採用されています。

アプリに慣れている上級者であれば、少ないメッセージでLINE(ライン)交換やデートにもっていけるため、割安になることもあります。

しかし、基本的にはマッチングアプリの方がコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう!

サクラの有無

サクラとは、一般会員を装って他の会員にポイントを消費させ、課金を促す運営側のなりすまし会員のことを指します。

機能を使えば使うほどお金がかかる「従課金制」の出会い系アプリにはサクラが蔓延しています。

そして、一般会員に課金させようと巧みに誘導してきます。

マッチングアプリの種類

マッチングアプリの種類

マッチングアプリはその利用目的で大きく「デートアプリ」「恋活アプリ」「婚活アプリ」の3種類に分けることができます。

あくまで同じマッチングアプリではありますが、会員の目的や真剣度が異なります。

自分と同じ目的の会員が多いマッチングアプリを使うようにしましょう!

デートアプリ

飲み友やカフェ友、グルメ友達など、カジュアルな関係を探すためのアプリです。

恋活や婚活ほど真剣ではなく、マッチングしてから会うまでのテンポが速いことが特徴です。

恋活アプリ

彼女・彼氏探しに向いているアプリです。

「婚活ほどではないけど真剣に恋人を探したい!」「しっかりメッセージで信頼関係を築いてから会いたい!」といった人におすすめです。

婚活アプリ

マッチングアプリの中でも、最も会員の真剣度が高いのが婚活アプリです。

真面目に結婚相手を探す会員が多く、年齢層も恋活アプリ・デートアプリに比べると高めです。

恋活アプリ・デートアプリは「女性無料・男性有料」のものが多いのに対し、婚活アプリは男女有料のアプリも結構多いです。

サクラはいる?

マッチングアプリのサクラ

マッチングアプリにサクラは存在しません。

先ほど説明したように、機能を使えば使うほどお金のかかる「従課金制」をとっている出会い系アプリには、サクラが蔓延しています。

一方、月額料金を払えば使い放題のマッチングアプリには、そもそもサクラの存在意義がないのです。

 

ただ、マッチングアプリであろうと業者には注意が必要です!

業者はマルチ商法の勧誘や援助交際など、金儲けを目的に登録する一般会員です。

あくまで一般会員として登録するので、登録時に完全に排除することは不可能なのです。

 

業者はどんな出会い系・マッチングアプリにも少なからず存在します。

最低限特徴を押さえて警戒しておくべきではあるでしょう!

本当に出会えるマッチングアプリの選び方

マッチングアプリを選ぶ女性

「マッチングアプリ」と言っても、本当にたくさんの種類あるため、どれを選んで良いものか迷ってしまいますよね。

なかには、まったくと言って良いほど出会えないアプリもあるのです。

そんな残念なアプリに騙されないよう、本当に出会えるマッチングアプリの基準と選び方を紹介しましょう♪

選び方①:実績

マッチングアプリを選ぶ上で実績は重要な判断基準になります。

大手アプリの中には、「成立カップル数」や「累計マッチング数」を公表しているものがあります。

これらの数字はそのアプリがどれだけ出会いやすいかという、いわば「マッチングアプリの実力」を示す数値だと言えます。

出会えるマッチングアプリかを判断するには、実績を一つの判断基準と考えるようにしましょう!

選び方②:会員数

そのアプリの登録会員数に注目してみましょう。

マッチングアプリにおいて、登録会員数は重要な指標です。

男女の会員数に極端な隔たりがある場合や、アクティブユーザーが著しく少ない場合は別ですが、基本的には会員数が多ければ多いほど出会える異性の幅も増えるからです。

 

会員数が多いアプリに登録することで、より出会いの数や幅を増やせるというわけです。

できるだけ会員数の多いマッチングアプリを選ぶようにしましょう!

選び方③:安全度・監視体制

ネットでの出会いですから、アプリの安全度は気になるところ。

マッチングアプリを選ぶ際には、運営の監視体制が十分か、そして不正ユーザーの排除が徹底されているかを確認しておきましょう。

安全度・監視体制は

  • 公的身分証明書による年齢確認・本人確認が義務付けられているかどうか
  • 運営による24時間365日体制のパトロールが行われているかどうか

で判断することができます。

これらに当てはまるマッチングアプリであれば、安全面では問題ないと言えるでしょう!

選び方④:完全無料でない

しっかり出会いたいのであれば、完全無料のアプリは避けるべきです。

マッチングアプリはボランティアでやっているわけではないので、完全無料のアプリはほとんど存在しません。

 

女性のみ無料のアプリはたくさんありますが、そのようなアプリも男性の月額料金や課金コンテンツでお金を回収しています。

ユーザーからお金を回収することで健全な運営、安全水準を保っているわけです。

 

ゆえに、完全に無料で使えるマッチングアプリには業者や不正ユーザーが増える土壌ができてしまっています。

さらに、無料で使えるためセフレ探しやワンナイト探しなど真剣度の低いユーザーが集まりがちなことも特徴です。

マッチングアプリで真剣に出会いたいのであれば、完全無料のものはなるべく避けた方が良いでしょう!

マッチングアプリは同時使用が基本

婚活中の女性

マッチングアプリは、複数を同時に使うことが基本です。

単純計算ではありますが、1つのアプリを使った場合と、2つのアプリを同時に使った場合では、出会いの数や出会えるお相手の幅は2倍に増えるからです。

 

もちろん自身のお財布と相談する必要はあります。

ただ、基本的には2個から3個のアプリを同時に使う方が、短期かつ効率的に出会うことができるのでおすすめです♪

マッチングアプリでも自己投資は必要

自己投資

「リアルでモテないからマッチングアプリに逃げよう」そう考えている人は意外に多いものです。

しかし、マッチングアプリすぐに成功を保証してくれる裏技のようなものではありません。

 

確かに、マッチングアプリは出会いの幅を広げてはくれます。

しかし、実際にデートしたりアプローチしたりするのは自分自身です。

自分に魅力がなければ、アプリを使ったところで恋人を作るのは難しいでしょう。

 

残酷な話ですが、リアルでモテる人はマッチングアプリでもモテるし、逆もまたしかり。

たとえアプリで恋人を探すにしても、自己投資をして自分の魅力を上げる必要があります。

 

仕事に打ち込んで収入を上げるも良し。

筋トレして体を絞るも良し。

本や映画に触れて知識・教養を深めるのも良し。

アプリで出会いの幅を増やしつつ、自己投資は欠かさないようにしましょう!

おすすめマッチングアプリの比較表

おすすめマッチングアプリ

これから紹介するおすすめのマッチングアプリの特徴や料金を一覧表にしてみました!

アプリを選ぶ際にはぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

おすすめマッチングアプリランキング:デートアプリ編

デートアプリ

飲み友などのカジュアルな関係を探すのであればマッチングアプリの中でもデートアプリがおすすめ。

AppStoreのレーティングとともに、目的別におすすめマッチングアプリの特徴を紹介していきましょう♪

アプリ名の右に書いてある数値がレーティング(評価)です。

 

カジュアルなデートにおすすめなマッチングアプリは「Dine」「クロスミー」「Tinder」「タップル誕生」です。

デートアプリ①:Dine(ダイン):3.7

DINE(ダイン)


Dine(ダイン)は、2016年にアメリカで生まれたスワイプ式のマッチングアプリです。

「100通のメッセージより1回のデート」というコンセプト通り、マッチングからデートまでのスピード感が売りのアプリです。

 

なんと、マッチングした男女のデート率は40パーセント。

アカウント登録時には、Dineに登録されている300以上のお店から、行きたいお店を選択します。

「いいね」を送る際には、お相手の登録しているお店3つの中から一つを選ぶ必要があります。

 

他のマッチングアプリでは気軽に「いいね」ができるため、マッチしても会話が続かなかったりデートまでいかない可能性も高いもの。

しかし、Dineでは「いいね」を送るときに「行きたいお店」を選択する必要のあるため、「いいね=デートのお誘い」と同義です。

マッチングするということは、デートOKという意味になるので、余計なメッセージを続けることなくすぐにデートすることができるのです。

 

「いいね」の真剣度が高いがゆえに、他のマッチングアプリよりもややマッチしにくいというのが難点です。

また、月額料金は6,500円と高めの設定です。

登録してあるお店も安くないところが多いので、高収入の男性が集まる傾向があります。

CrossMe(クロスミー):3.9

クロスミー(CrossMe)

Cross Me(クロスミー)は、サイバーエージェントグループが運営するマッチングアプリです。

位置情報を利用して、近くのお相手と出会えることが特徴です。

すれ違ったクロスミー会員がアプリ上に表示されるので、その中から気になった会員に「いいね」を送信し、マッチしたらメッセージ交換という流れです。

行動範囲が似ているお相手と出会えるので、デートに誘いやすいのが魅力です。

 

「近くの人とマッチするのは怖いな」と思う方もいるかもしれません。

しかし、クロスミーでは、すれ違いを表示させる時間・場所を限定させることができるので、注意すればトラブルに巻き込まれることはありません。

すれ違い機能の他に、通常の検索機能も備えているので、近所でなくと気になった相手に会アプローチすることはできますよ♪

Tinder(ティンダー):4.0

Tinder(ティンダー)

2012年にアメリカでサービスを開始したマッチングアプリ。

次々に表示される会員の写真とプロフィールだけで直観的にアリかナシかを判断していくスワイプ式が特徴です。

 

190以上の国々で使用されている国際的マッチングアプリで、外国人の登録者も多めです。

「外国人と付き合ってみたい!」「言語交換をしたい!」という人には特におすすめです。

 

マッチングアプリとしては珍しく、男女ともに無料でもメッセージ交換することができるのが強み。

位置情報を使って、半径160キロまでのお相手を検索することができます。

 

有料プランはあるものの基本的には完全無料で使えるぶん、ユーザーの質はやや低め。

業者やパパ活目的のユーザーが散見されるので、最低限の警戒は必要でしょう!

 

とは言え、真面目なユーザーもそれなりいますし、筆者もこのアプリで彼女を作ることができました!

他の恋活アプリをメインで使いつつ、Tinderを併用するのがおすすめです♪

タップル誕生:4.0

タップル誕生

タップル誕生は、Tinder(ティンダー)と同じように、スワイプ式でアリナシを判断するアプリです。

会員数は400万人を超えています♪

 

特に20代前半の若者から人気を集めており、今最も勢いのあるマッチングアプリの一つと言えるでしょう!

累計マッチング数1億2,000万組以上と、実績も十分です。

 

タップル誕生の提携しているサイトに登録することで、一定期間有料プランを無料でお試しできるという太っ腹っぷりも魅力です。

ほとんどのマッチングアプリは初月からお金がかかるので、これはとてもありがたいです♪

タップルと他のアプリを併用して、無料期間が切れたらどちらかを切るという使い方も良いでしょう。

おすすめマッチングアプリスワイプランキング:恋活アプリ編

恋活アプリ

次は、ある程度真剣に恋活したいという方におすすめの恋活アプリを紹介していきましょう!

恋活におすすめなのは「ゼクシィ恋結び」「with(ウィズ)」「イヴイヴ」「Pairs(ペアーズ)」「東カレデート」です♪

ゼクシィ恋結び:3.5

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結びは、20代が登録会員数の70パーセントを占める若者向け恋活アプリです。

恋活としては珍しく、女性も有料なことが特徴です♪

 

恋活アプリのほとんどは、「女性無料・男性有料」という料金体系です。

女性は無料なので、遊び半分で登録する人も多いわけです。

 

一方、ゼクシイ恋結びはたった108円ではあるものの、女性も登録時に手数料を払う必要があります。

「お金を払ったからには」という意識が芽生えるので、通常の恋活アプリよりも真剣な会員が集まりやすいのです。

 

結婚とはいかないまでも、誠実で真剣なお相手を探したいという方におすすめな狡猾アプリです!

5キロ以内、25キロ以内、50キロ以内から選択しできる距離検索機能で、近所で出会いを探すことも可能です♪

with(ウィズ):4.0

with(ウィズ)

兄がwithっていうマッチングアプリ最近始めたらしいんだけど「ガチで彼女できそう」連呼してて笑う

— もふ (@mofu_moo) August 19, 2019


with(ウィズ)は、メンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングアプリです。

メンタリスト監修監修というだけあって、相性診断や心理テストなどの診断コンテンツが豊富に用意されていることが特徴です。

 

質問形式の診断を受けることで、自分の性格タイプや、相性の良い異性のタイプがわかります。

診断で相性の良いと判断された異性には、1日10人にまで無料で「いいね」を送信できる太っ腹加減も魅力的♪

マッチングアプリの月額料金は結構馬鹿にならなかったりするので、これは本当にありがたいです!

自分の価値観や趣味に合致した「好みカード」を登録することで、同じような趣味嗜好の会員と出会うことも可能です。

イヴイヴ:4.0

イヴイヴ

イヴイヴ、アプリを使うために既存会員と運営による12時間の審査で過半数の承認得なきゃいけないけどそれさえ通れば極楽浄土あるっぽくてめちゃくちゃ楽しみ

— ☆ぽ☆ (@englishpoipoi) June 19, 2019

イヴイヴは、登録の際に入会審査があるマッチングアプリです。

原則、既存ユーザーの過半数が承認すれば入会することができます♪

 

審査制なので、顔写真のないユーザー、迷惑行為を働く可能性が高い不正ユーザーは登録時に排除される仕組みになっており、安心して利用することができます。

合成写真や過度の写真は審査に受からないので、写真詐欺にあうこともありません!

 

スタッフがメッセージで恋愛のアドバイスをしてくれる「イヴイヴサポーター」、その時すぐにトークできるユーザーを紹介してくれる「プチ恋」の機能も魅力的です♪

Pairs(ペアーズ):4.2


登録会員数1,000万人以上と、国内最大規模のマッチングアプリです。

これまで20万人以上のカップルを成立させてきた実績も、マッチングアプリとしての完成度の高さを示しています。

AppStoreのレーティングも、マッチングアプリ屈指の「4.2」を誇ります♪

 

先ほどお伝えしたように、マッチングアプリにおいては会員数が多ければ多いほど出会いの幅が増えると言えます。

国内最大の会員数を持つペアーズは、その点最も出会いを提供してくれるアプリと言って良いでしょう!

 

20代から30代の男女が中心の恋活アプリではありますが、真剣な婚活として使っている会員は多いです。

共通点のある異性と出会える「コミュニティ機能」や、恋活のアドバイスやコラム記事を掲載してくれる「Pairsコラム」を積極活用することでより出会いの数を増やすことができるでしょう!

東カレデート:3.5


東カレデートは、ハイスぺのためのマッチングアプリです。

登録時にはかなり厳しい入会審査があり、男性の入会率は希望者全体の30パーセントほどとも言われています。

 

男性の場合は容姿に加え、年収や勤務先規模、学歴などが厳しく審査されます。

そのため、男性会員の90パーセント以上が大卒、70パーセントが年収750万円以上とカースト上位のマッチングアプラーがしのぎを削る選民アプリです♪

 

女性は主に容姿が入会審査の判断基準になるので、女性会員には美人が多いです。

ハイスぺと美人のためのアプリなので、「リアルでモテないからアプリやるわ!」くらいの気持ちで手をだすと間違いなく痛い目を見るでしょう。

 

裏を返せば、東カレデートの審査に受かるのであれば、どのマッチングアプリを使ってもモテることが保証されているといっても過言ではありません。

他のアプリを使う前に一度恋活の腕試しとして使ってみるのも良いでしょう!

おすすめマッチングアプリランキング:婚活アプリ編

「マッチングアプリで真剣に婚活したい」という人におすすめを紹介していきましょう!

婚活は人生の一大イベント。

理想のお相手に出会うためにも、自分に合っているアプリをしっかり見極めて使うようにしましょう♪

「Omiai(おみあい)」「マッチドットコム」「ブライダルネット」「Pairsエンゲージ」「ゼクシィ縁結び」「マリッシュ」「youbride(ユーブライド)」がおすすめですよ。

Omiai(おみあい):3.9

Omiai(おみあい)

Omiai(おみあい)は、2012年にサービスを開始した老舗のマッチングアプリです。

「お見合い」という名のとおり、婚活志向の真剣な会員が多いことが特徴です。

 

最大の特徴は、マッチングアプリの中でも最高クラスの安全性です。

マッチングアプリが一般的になったとは言え、ネットでの出会いですから安全性は気になるところでしょう。

 

Omiaiは、公的身分証明書による本人確認・年齢確認、そして24時間体制のパトロールに加え、「イエローカード」というペナルティシステムでアプリの安全性を保っています。

迷惑行為をして通報を受けた不正な会員には、他の会員からも見えるイエローカードが提示されます。

それでも迷惑行為をやめず、通報を受けた場合には即刻退会処分されるといったように、厳重なペナルティが課されます。

 

また、「いいね」が特定人気な会員だけに集中しにくいこともOmiaiの魅力です。

Omiaiでは、相手が人気会員であればあるほど「いいね」を送るときの「いいね」消費量が大きくなるシステムになっています。

「いいね」が多くの会員に分散されるので、それだけ多くのマッチングが生まれやすくなっているわけです。

安全なアプリで、結婚も視野に入れた出会いを探したい人におすすめです♪

マッチドットコム:3.1

Tinderほどではありませんが、25ヶ国で利用されている国際的なマッチングアプリです。

Tinder同様に外国人登録者が多いのが特徴ですが、Tinderと比べると会員の年齢層が高く(30代、40代の会員が60%)、婚活志向の真剣な会員が多いです。

また、マッチングアプリとしては珍しく、同性の会員も検索することができるので、LGBTの方にもやさしいアプリ。

国際婚や同性婚に興味がある方におすすめです!

自分が希望する条件にマッチしたお相手を紹介してくれる「シナプスマッチング」の機能も魅力的です。

ブライダルネット:2.5

ブライダルネット


ブライダルネットは、プロの婚活コンシェルジュによる徹底したサポート体制が特徴のマッチングアプリです。

会員一人ひとりにコンシェルジュが付き、恋活・婚活の相談をしたり、アドバイスを受けることが可能です。

 

サポート機能が充実している婚活アプリはたくさんありますが、プロによるマンツーマンのサポートを受けられるアプリは滅多にありません。

そのため、マッチングアプリに慣れていない人・恋愛経験が少ない人にはおすすめです!

 

また、長期プランに申し込むと、かなり割安で使えることも魅力です。

1ヶ月プランでは月額3,980円と平均的な料金設定ですが、6ヶ月プランならひと月あたり2,475円、12ヶ月プランなら1,950円と格安で使えます。

婚活は長期に及ぶことが多いので、最初から6ヶ月・12ヶ月プランに申し込むのもアリでしょう!

Pairsエンゲージ:3.1

Pairsエンゲージは、先ほど紹介した「Pairs(ペアーズ)」と同じ株式会社エウレカが運営する婚活アプリです。

2019年7月31日に開始したばかりの新しいサービスで、現在は東京・神奈川・千葉・埼玉在住の方のみ利用可能です。

 

恋活がメインのペアーズとは異なり、本気で結婚相手を探したい人のためのアプリです。

婚活アプリというよりはネット上の結婚相談所に近いイメージで、コンシェルジュが中心になって婚活を進めていきます。

 

コンシェルジュが毎日1人、相性の良い会員を紹介し、お互いに「いいね」を送ったらマッチングとなります。

そして、7日以内に初回デートの日程調整を行うといった流れです。

初回デートの結果、お互いが再コンタクトを希望した場合に限り「カップリング」成立となり、初めてメッセージ交換ができるようになります。

 

初回デートは10時から19時の間で30分から60分ほど、居酒屋やレストランは禁止されており、カフェなどでのデートになっています。

当日のドタキャンや期限以内の日程調整を怠った場合、最悪の場合は強制退会になる可能性があり、かなり真面目なアプリです。

 

気になる料金は結婚相談所よりはかなり安めですが、入会費9,800円+月額料金9,800円とマッチングアプリとしては強気の設定です。

しかし、そのぶんサポートは非常に手厚いです。

 

24時間体制でコンシェルジュからサポートを受けられるほか、専門アドバイザーである「プロコーチ」からデート時のファッションやコミュニケーションの取り方などの指導を受けることができます。

「絶対に結婚したい」という強い意志をもっている人におすすめのアプリですよ♪

ゼクシィ縁結び:3.2

マッチングアプリ「ゼクシィ縁結び」

ゼクシィ縁結びは、豊富な婚活サポート機能が特徴のマッチングアプリです。

先ほど恋活アプリとして紹介した「ゼクシィ恋結び」とは名前が似ていますが、こちらの「縁結び」の方はより婚活に特化したアプリです。

 

運営がデートの日時、場所を提案してくれる「お見合い調整」機能や、6ヶ月プラン・12ヶ月プランに申し込んだ場合に特定条件下で有料プランを無料延長できる「結婚成功保証」など、結婚を目指す男女をサポートしてくれる機能が充実しています。

また、AI(機械学習)を取り入れており、過去の自分が押した「いいね」の傾向から、自分の好みに合った異性をより上位に表示してくれることも魅力の一つ。

登録時に18個の質問に答えると、自分相性の良い会員を紹介してくれる「価値観診断マッチング」の機能もあります。

マリッシュ:3.5


マリッシュは、離婚経験のある方におすすめのマッチングアプリです。

「バツイチ・シンママ・シンパパ優遇」と公表しており、会員数の半分以上には離婚経験があります。

 

一般的なマッチングアプリの場合、離婚経験者は結構少なくて肩身が狭い思いをしてしまうもの。

そんなバツアリの味方がマリッシュです!

男性は「再婚・シンママへの理解があること」を意味する「リボンマーク」を購入し、プロフィールに表示させることができるため、女性は離婚歴を隠すことなく気になったお相手にアプローチすることが可能です。

 

また、アプリ内に通話機能があるので、デート前やLINE(ライン)を交換する前に個人情報を伝えることなく電話をすることができ、お相手の人柄を確かめられる点もおすすめの理由です♪

youbride(ユーブライド):4.0

Youbride(ユーブライド)

youbride(ユーブライド)は、ミクシィグループが運営する大手婚活用マッチングアプリです。

とにかく検索項目が豊富なことが特徴です!

 

「身長」「学歴」「結婚歴」「居住地」といった一般のアプリにもあるプロフィール項目はもちろんもうらされています。

その他に、結婚相手を探すにあたっては絶対に知っておきたい次のような項目をプロフィールで確認することができるのです♪

  • 結婚に対する意識
  • 結婚までの希望期間
  • 家族と同居する必要性の有無
  • 絶対に譲れないこと
  • 家事の得手不得手

さらに、ユーブライドでは年収を700万円以上と申告する際に、収入証明を提示することが義務付けられています。

そのため、高収入を偽っている会員に騙される心配がないので、安心して婚活することができます。

 

また、マリッシュほどではありませんが、会員の20パーセント以上が離婚経験アリです。

そのため、バツありの方でも問題なく婚活することができますよ♪

マッチングアプリで出会うためのテクニック

マッチングアプリに登録したからと言って、すぐにパートナーができるとは限りません。

「アプリに登録したのは良いけど、デートはおろかマッチングも全然しない」という人はたくさんいます。

 

マッチングアプリでデートまでもっていくためには、ある程度コツをおさえる必要があります。

今までにマッチングアプリを4年以上利用してきた筆者の経験を踏まえて、テクニックをお伝えしましょう!

テクニック①:プロフィール写真

プロフィール写真は、マッチングアプリでは命と言っても良いくらい重要です!

「人は第一印象が大事」と言いますが、それはアプリでも同じなのです。

プロフィール写真の魅力次第で、お相手からの興味や関心の度合いが大きく異なります。

 

プロフィール写真では、お相手に信頼してもらい「この人と会ったら楽しそうだな」と思ってもらうことが重要です。

使える写真枠はなるべくフルに使い、そのうち半分は笑顔で写っている自分の写真を載せることをおすすめします。

 

どんな人でも自然な笑顔は魅力的なものですし、お相手に安心感を与えることができます。

趣味を楽しんでいるところの写真、旅行中で綺麗な景色をバックに撮った写真もウケが良いのでおすすめですよ♪

テクニック②:自己紹介文

プロフィールの自己紹介欄には、自分の仕事・趣味・休日の過ごし方について記入することがおすすめです。

なぜなら、同じ仕事や趣味をもっている会員とのマッチング率が上がり、趣味や休日の過ごし方はメッセージのやり取りの話題やネタになりやすいからです。

 

趣味は基本的には何でも大丈夫ですが、映画や読書、飲みなど、一つは万人ウケするものを混ぜておくと会話が盛り上がりやすくなりますよ♪

当然ですが、ギャンブルや風俗といったものはウケが最悪なので、記載しないようにしてください。

テクニック③:コミュニティ機能

多くのマッチングアプリには、同じような価値観や趣味をもった会員が集まる「コミュニティ」と呼ばれる機能がありあます。

このコミュニティには、できるだけたくさん入っておくことをおすすめします。

 

マッチングアプリで出会うには、マッチング後にどれだけメッセージを盛り上げることができるかがカギです。

会話はお互いの共通点が多ければ多いほど盛り上げやすくなるので、お相手との接点を探るためにできるだけたくさんのコミュニティに入っておくことがとても重要なのです。

テクニック④:メッセージ

メッセージは、お相手のプロフィールから話題を作ることをおすすめします。

時々、一通目のメッセージで自分の魅力をアピールしたいがために、長々と自分のことについてアピールしてしまう人がいますが、これは悪手です。

ただマッチングしただけの相手から自分のことについて長々と話さされても、興味をもってくれる会員はほとんどいません。

 

そうではなく、相手プロフィールをしっかり確認して、自分との共通点があればそれをメッセージの話題や内容にすることがベストです。

たとえ共通点がなくても、相手の趣味に関心を示してあげればお相手は悪い気がしません。

あくまで、メッセージは相手本位、お相手の自己紹介から話題を探るようにしましょう!

 

また、コロコロと話題を変えるのではなく、一つの話題を深掘りするように心がけてください。

例えば、

 

A「仕事は何してるんです?」

B「OLです。」

A「趣味は何ですか?」

B「読書です。」

 

といったように内容どんどんを変えてしまうと質問攻めになってしまいます。

そのため、お相手に威圧感を与えてしまいかねません。

 

しかし、次のように相手の返答から話題を深掘りしてみてください!

より会話を盛り上げやすくなりますよ♪

 

A「休日はどんなことをしてますか?」

B「飲みに行っていることが多いですよ。」

A「僕(私)も良く○○のあたりで飲みますよ。Bさんはどこら辺で飲むことが多いですか?」

まとめ

マッチングアプリでの出会い

おすすめのマッチングアプリや、アプリで出会うためのテクニックを筆者の体験談に基づいて紹介しました。

24歳まで「彼氏いない歴=年齢」だった筆者は、マッチングアプリで初めて彼女を作ることができたように、コツを押さえて自己投資も同時に進めることで、出会いの確率は確実に上げることができます。

今回お伝えしたことを参考にして、理想のお相手と出会える人が一人でも増えれば嬉しいです♪

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

sdavid

sdavid

都内在住27歳ライターのsdavidです!23歳まで童貞という絶望的な状況から、マッチングアプリを始めて4年で2,700マッチ。100人以上の女性と出会った経験を活かし、恋活に役立つ記事を書いています。Tinder、with、Pairsに生息しています。全てのマッチングアプラーに幸あれ!

他の記事も見る

TOPへ