fbpx

作成日:2019/09/21

更新日:2019/09/23

なぜ「中イキ」できない?3つの原因と6つの中イキする方法!3つのおすすめ体位も

shizuku
shizuku

「中イキができない」「そもそも、中イキのしかたがいまいちわからない!」と悩んでいる女性は多いもの。彼氏とエッチする際は、できれば中イキしたいですよね♡そこで、今回は女性が中イキできない原因と中イキするための方法を徹底解説!セックスのときに中イキしやすい体位も教えちゃいます♪

イクとはどういう状態?

イクとは

「イク」とは、セックスやオナニーをして、いわゆる「オーガズム」に達する状態のことです。

「イク」というのがどういう状態なのかわからない、セックスでイッたことがないという女性は意外と多いもの。

 

イクときの感覚というのは、膣がビクビクと痙攣したり、呼吸がしづらくなったり、身体がふわっと浮いているように感じたり、頭の中が真っ白になったり、全身がカーッと熱くなったりと、人それぞれです。

中には、「イク直前はトイレに行きたくなって、それを我慢しているといつのまにかイッてしまう」という女性もいます。

イクときの感覚というのは実に人それぞれなので、「これが『イク』という状態!」と定義することは、実は難しいのです。

中イキとは?

中イキ

中イキとは、膣内への刺激によって女性がオーガズムに達することです。

具体的には、膣内を指で愛撫されたり、膣内にペニスを挿入して刺激されたりすることによってオーガズムに達することを「中イキ」といいます。

 

中イキには「Gスポットでの中イキ」と「ポルチオでの中イキ」の2種類があります。

 

膣内にあるGスポットを刺激することで得られる中イキには、身体の内側から快感がわき上がってくるような感覚があることが特徴です。

Gスポットを刺激し続けるとトイレに行きたくなるという女性は多く、Gスポットで中イキをしたときは全身の力が抜け、身体がふわっと浮いた感じになるんだとか♡

 

また、ポルチオでの中イキは、快感が余韻となって長い時間残り続けるのが特徴です。

オーガズムの深い波が次々と起こるので、何度でも連続でイクことのできるのがポルチオでの中イキのすごいところなんだとか♪

中イキできない女性は多い

中イキできない女性

「クリトリスではイケるのに、中ではイケない」という女性は多いです。

あるアンケートでは、7割近くの女性が「中イキをしたことがない」と回答したといいます。

また、「オナニーではイケるのに、セックスではイッたことがない」という女性も多いです。

 

一方、中イキをしたことのある女性の声を聞くと、「これまでにないってくらい気持ち良くなれる」「今まで味わったことのない快感を味わえる」というものです。

これまでに味わったことのないような中イキでの快感を、女性としては一度は味わってみたいですよね♪

女性が中イキできない原因は?

Q&A

女性が中イキをするためには、まず中イキができない原因をきちんと把握し、その原因を取り除くことが大切です。

ここからは、女性が中イキをできない原因を3つに分けて紹介していきます♪

きちんとチェックをして、心当たりのあるものはどんどん改善していきましょう!

原因①:緊張している

女性がオーガズムに達するためには、心も身体もリラックスしていることが絶対条件です。

彼氏とのセックスではイケないのに、自分のオナニーではイケるという女性が多いのは、「誰にも見られていない」という安心感からリラックスできていると考えられます。

 

彼氏とセックスをする際に緊張していては、中イキをするどころかオーガズムに達することもできません。

恥ずかしくて緊張してしまうなら照明を暗くしてもらったり、彼氏に優しく声をかけてくれるように頼んだりして、自分がどうすればリラックスできるのかを彼氏と一緒に探っていきましょう!

原因②:ムードがない

女性がオーガズムに達するためには、快感と同じくらいムードが必要です。

いつも同じ場所でセックスをしていたり、彼氏とのセックスがマンネリしてしまったりしていませんか?

 

女性は、身体を刺激されることだけでなく、雰囲気や「彼氏に愛されている」という幸福感から快感を感じるものなのです。

ムードを出すためにたまにはオシャレなラブホテルに行ったり、「彼に愛されている」という幸福感を得るためにいつもよりキスやハグを多めにしてもらったりして、イキやすくなるような雰囲気づくりをこころみてみましょう。

原因③:膣内の開発不足

女性が中イキをするためには緊張をほぐしたりムードを出したりすることも大切ですが、それ以上に大切なのは膣内を十分に開発することです。

Gスポットやポルチオの開発が不十分だと中でイク感覚がつかめず、いつまでも中イキのできる身体にはなれません。

中イキをするためには、膣内の十分な開発が必要不可欠なのです。

中イキするための方法

中イキする女性

ここまで、女性が中イキできない原因を解説してきました。

ここからは、女性が中イキするための手順をお伝えしていきます。

 

正しい手順を踏んできちんと膣内を刺激し、ちょっとしたコツをつかんでしまえば、誰にでも中イキができるようになります♡

中イキの手順を確認して、あなたも中イキができる身体になってしまいましょう♪

方法①:まずはクリトリスを愛撫する

中イキをするために、まずはクリトリスを優しく愛撫してあげましょう♪

クリトリスはとても敏感なので、乾いた指で力を入れて触るのはNG!

クリトリスを触るときは、指とクリトリスに唾液やローションをつけて「ちょっとヌルヌルすぎるかな?」と思うくらいじゅうぶんに潤わせてあげましょう。

 

クリトリスを愛撫する際に、指を使って皮をグッとむいてしまう必要はありません。

クリトリスはとても敏感なので、いきなり皮をむくと痛みが走り、中イキどころではなくなってしまいます。

 

いきなり皮をむいてしまうのではなく、最初は皮の上から優しく触ってあげるようにしましょう!

爪を立てないように、指の腹を使ってゆるゆると優しく刺激してあげてくださいね♪

気持ち良いと感じる触り方は人それぞれなので、上下になでたり円を描くようになでたり、指の腹で軽く叩いてみたりと、一番気持ち良い触り方を模索してみましょう!

 

一番気持ち良い触り方を見つけられたら、その触り方をしばらく続けてみましょう。

だんだんクリトリスがかたくなって、膣から愛液があふれてくるはずですよ♡

方法②:Gスポットを優しく刺激する

クリトリスの愛撫ができたら、次はGスポットを優しく刺激してあげましょう!

Gスポットとは、膣の入り口から4センチから5センチ入ったところの前壁(お腹側)にあるザラザラとした箇所のことです。

クリトリスと同様、刺激されて「気持ちいい」と感じるとぷっくり膨れてくるのが特徴です。

 

Gスポットの位置には個人差があり、人によっては左右どちらかにズレていたり、より奥の方にあったりするので、根気強く探すことが大切です。

Gスポットに指が触れると、それまでとはちがう感覚に身体がビクッと反応してしまうはずですよ!

 

Gスポットを見つけたら、優しく刺激することから始めましょう♪

指を強くこすりつけたりして強い刺激を与える必要はありません!

Gスポットを愛撫するときは指を抜き差しするのではなく、挿入した指を前後に振動させると快感を得られやすくなります。

このときも力をこめるのではなく、Gスポットを指の腹を使って優しくトントンと刺激してあげるようにしましょう!

 

Gスポットへの刺激に慣れてきたら、だんだんトントンと叩くリズムを速めてみてください。

このとき、「おしっこがしたい」という感覚になったら、Gスポットへの刺激が効いている証拠ですよ♪

方法③:ポルチオを開発する

Gスポットへの刺激を気持ち良いと感じるようになったら、いよいよ中イキスポットであるポルチオを開発していきます♪

ポルチオとは、膣の奥の子宮口のあたりにあるコリコリした箇所のことです。

膣の奥の方に指を挿入してみて、コリコリしたところ、またはプルンとしたところに触れたと感じたらそれがポルチオです。

 

「指では届かないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、クリトリスやGスポットへの愛撫をねばり強く続けることで子宮口は下へ下へ下がってくるため、ポルチオも探し当てやすくなっているはずですよ。

 

ポルチオはクリトリスと同じくらい敏感なところなので、いきなり指に力を込めて刺激するのはNG!

ポルチオを探し当てたら、まずは指の腹を小刻みに動かして優しくタッチしてあげてください♪

その刺激に慣れてくると、じんわりとした快感が広がっていくはずです♡

 

「気持ち良い」と感じられるようになったら、指を一定のリズムで動かしてポルチオを刺激し続けましょう!

一定のリズムで刺激をした方がポルチオは快感を感じやすく、よりイキやすくなることができますよ♪

方法④:ムードを作る

「イかなくちゃ、イかなくちゃ」と焦ってしまっては、いくら快感を与えられたとしてもイクことはできません!

女性は脳でセックスやオナニーを楽しむといわれています。

脳が緊張状態に陥ってしまっていては、いくら身体が「気持ちいい」と感じていてもイクことはできないのです。

 

オナニーで中イキをこころみるときは、自分の部屋などのリラックスできる場所を選んでオナニーをしたり、大好きな彼とのセックスを想像したりして、身体だけでなく心も満たされた状態を自分で作るようにしましょう!

そうすることで、「脳が楽しむ」オナニーをすることができるはずですよ♡

 

彼氏とのセックスで中イキをこころみるときは、ムードを作るために普段は行かないオシャレなラブホテルに連れて行ってもらったりするのことが一つの方法です。

クリトリスやGスポット、ポルチオなどのデリケートな部分を愛撫するときは、彼氏にあなたの状態を観察しながら、「痛くない?」「気持ちいい?」とこまめに声をかけてもらうようにしましょう。

 

脳でセックスを楽しむためには、彼氏の思いやりが必要不可欠。

いつも以上にキスやハグを多めにしてもらったり、「かわいいよ」「好きだよ」と声をかけてもらったりして、心も身体も満たされるセックスができるように彼に協力してもらってください!

心も身体も満たされたセックスをすることで、より中イキをしやすい状態を作ることができますよ♡

方法⑤:気持ちよさを素直に表現する

「気持ち良いけど、あんまり大きな声を出して喘ぐのは恥ずかしい……」「気持ち良いからって思いっきり乱れてしまって、彼氏にはしたないと思われたらどうしよう?」なんて気にしていては、リラックスをした状態でセックスをすることはできません!

快感のあまり大きな声で喘いだり、顔を赤くして乱れている恋人の姿というのは、男性にとってはかわいくてかわいくてたまらないものなのです♡

 

「彼氏に喘ぎ声を聞かれたくない」「彼氏に乱れている姿を見られたくない」と思うのではなく、「彼に喘ぎ声を聞いて興奮して欲しい」「彼氏に乱れている姿を見てかわいいと思って欲しい」というくらいの気持ちで、「気持ちいい」という身体の声を素直に表現するようにしましょう!

 

気持ちよさを素直に表現することで、心と身体が緊張状態から解き放たれ、リラックスした状態でセックスを楽しむことができます♪

リラックスした状態でセックスを楽しむことで、より心も身体も中イキしやすい状態にもっていくことができますよ♡

方法⑥:膣のトレーニングをする

中イキは、1日でできるようになるものではありません。

中イキしやすい身体を作るために、日頃から1日5分の膣トレを習慣づけるようにしておきましょう!

膣トレをすることで膣内をギュッとしめつける動きが活発になるので、セックスやオナニーによる快感が増すだけでなく、彼氏にもあなたとのセックスが気持ち良いと思ってもらうことができるんですよ♡

 

膣トレに使う道具は、2リットルのペットボトル1本のみ。

空の2リットルペットボトルを用意し、脚の付け根にはさみます。

両足のかかとはつけ、つま先は90度くらいに開いてください。

 

お尻の穴をギュッとしめるようなイメージで力を入れ、ゆっくり呼吸をしながら5秒くらいグーッと力を入れていきます。

その後、ふーっと力を抜いていきます。

このとき、身体が前かがみになったり後ろに添ったりしてしまわないように注意してください。

 

この動きを1日5分行うだけで、しまりがよく中イキしやすい膣を手に入れることができます♪

ペットボトル1本あればできる簡単なトレーニングですので、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。

膣トレで中イキしやすい身体を手に入れて、オナニーも彼とのセックスも何倍も楽しいものにしちゃいましょう♡

中イキしやすい体位とは?

パズル

さきほどは、指を使ったクリトリスやGスポット、ポルチオの刺激のしかたをお伝えしました。

せっかくなら、彼氏とのセックスで中イキをできるようになりたいですよね♡

 

実は、セックスで中イキをしやすい体位というものが存在するんです!

ここからは、セックスで中イキをしやすい体位を2つ紹介していきます。

指での愛撫で中イキをしやすい身体をゲットしたら、彼とのセックスでぜひこれからご紹介する体位をためしてみてくださいね♪

中イキしやすい体位①:騎乗位

女性が男性の上に乗ってペニスを挿入する騎乗位は、正常位にくらべてペニスが奥まで当たりやすくなることが特徴です。

男性が腰を突き上げることで、より子宮の奥に刺激を与えることが可能になり、中イキしやすくなります。

 

また、騎乗位は女性が自由に動ける体位であるため、女性自身が自分で「気持ち良い」と思えるスポットを探ることができることも大きなメリットです♪

女性自身が自分の気持ち良いスポットに刺激を与え続けることができるので、より中イキしやすい体位と言えます。

中イキしやすい体位②:寝バック

ペニスでポルチオを刺激するためには、膣を水平に保つことのできる寝バックがおすすめです。

このとき、女性が少しお尻を突き出すようにすることで、よりペニスがポルチオに届きやすくなります♪

 

寝バックで中イキをこころみるときは、彼氏に奥をゆっくりと圧迫するようなイメージで動いてもらうようにお願いしてみてください。

そうすることでじわじわとポルチオの感度を上げることができ、より中イキがしやすくなるんですよ♡

 

また、彼氏と身体をぴったりと密着させることができることも寝バックの特徴です。

彼氏と身体を密着させることで「愛されている」という幸福感が増し、心も身体も満たされたセックスができそうですよね♡

中イキしやすい体位③:屈曲位

屈曲位とは、正常位の状態で女性の足を男性の方に掛けた体位のことです。

屈曲位をすることで、膣が上向きになった状態でペニスを挿入することができるため、通常の正常位よりもより奥にペニスが届きやすくなります♪

 

男性は通常より前かがみの姿勢になり、女性も腰が浮いた状態を保たなければならないため疲れやすいです。

そのため、あまり長時間続けられる体位ではありませんが、ポルチオを刺激するために一度は試してみて欲しい体位です♡

まとめ

セックス

女性が中イキできない原因と中イキするための方法、そしてセックスで中イキをしやすい体位について詳しくお伝えしました。

中イキには、正しい触り方や手順を守ることだけでなく、ムードを作ったりこまめに反応を観察したりといったパートナーの気づかいも必要不可欠であることがおわかりいただけたでしょう。

 

中イキがしやすい身体になれば、オナニーも彼氏とのセックスも今より何倍も気持ち良く楽しいものになるはず♡

これから膣トレや中イキしやすいセックスの体位などを取り入れて、あなたも中イキしやすい身体を手に入れちゃいましょう!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

shizuku

shizuku

他の記事も見る

TOPへ