fbpx

作成日:2019/10/01

更新日:2019/10/02

【解明】付き合って4ヶ月はどんな時期?プロポーズや結婚は?倦怠期を乗り越える方法

ホンカツ編集部
ホンカツ編集部

世の中では、付き合って3ヶ月を「魔の3ヶ月」と呼び、カップルたちは警戒します。そんな魔の3ヶ月を超えた4ヶ月目。安心してはいませんか?まだまだ安心するのには早すぎます!今回は、次にくる6ヶ月へのスタートラインに立った「付き合って4ヶ月」のカップルに注意してもらいたい点を紹介!社会人の場合は、プロポーズや結婚はアリなのかについても解説♪

目次

付き合って4ヶ月は重要な時期って本当?

ラブラブカップル

みなさんは、恋人とお付き合いしてどれくらいの年月が経っているでしょうか?

まだまだ付き合いたての1ヶ月から3ヶ月くらいの方は、特に気になるであろう交際4ヶ月。

 

魔の3ヶ月を抜けて安心したのもつかの間。

意外にも喧嘩が多かったり、意外にもラブラブだったり!?

付き合って4ヶ月というのは、次のステップである6ヶ月へのスタートラインに立っているということです。

 

3ヶ月を超えて安心してしまい、6ヶ月を迎えずにお別れするカップルも実際には多いです。

次なる目標である6ヶ月を達成するには、意外にも付き合って4ヶ月をおろそかにしてはいけないのです♪

人によって差がある?付き合って4ヶ月のカップルの特徴

4ヶ月目のカップル

付き合って4ヶ月のカップルには、どのような特徴があるのでしょうか?

自分たちのことはわかっていても、他のカップルがどんな風に付き合っているのかということは意外に知らないですよね!

ここでは、付き合って4ヶ月のカップルの特徴を知って自分たちと比べてみましょう♪

特徴①:まだまだラブラブ

付き合って4ヶ月のカップルは、まだまだラブラブの2人が多いのではないでしょうか?

付き合って4ヶ月なら、まだまだ相手の知らないところがたくさんあり、初めて知る相手の良いところにも目が行くはず♡

好きな人の良い部分をたくさん見ているカップルは、付き合って4ヶ月でも以前ラブラブでしょう♪

特徴②:相手の性格や生活リズムがだんだんわかる

慣れもあり、最初は遠慮して出していなかった性格や合わせていた生活リズムが徐々出始めるのが、付き合って4ヶ月目あたりです。

それが良いのか悪いのかは、結局のところ相性ということでしょう!

特徴③:喧嘩が増えてくる

喧嘩するカップル

付き合って4ヶ月目は、喧嘩が多くなるケースもあります。

実際、筆者の周りでも体験談をよく聞きます。

「慣れてきて相手になんでも言い合える」というポジティブな面と、「不満が溜まっている」というネガティブな面の両方あることが特徴です。

特徴④:倦怠期に入る

付き合って4ヶ月、なんだか相手にときめきを感じない……。

そんな気持ちになるのも、付き合って4ヶ月ごろの特徴です。

 

しかし、付き合って4ヶ月で倦怠期を迎えてしまうということは、会う頻度がちょっと多い可能性も考えられます。

たくさん会っているという方は、少し距離を置いてみるとお相手の大切さがわかるかもしれません♪

特徴⑤:将来の話が出てくる

将来の話

付き合って最初のころは、お互いに探り探りであまり相手の本性が見えづらいです。

しかし、4ヶ月くらい経つと徐々に相手のことが見えてきます。

 

中学生、高校生、大学生といった学生は結婚のことはあまり意識しませんが、20代半ば以降の社会人の場合は将来のことを思い描き始めることもあります。

さまざまな経験を2人ですることで、将来が見えてくるのです♡

付き合って4ヶ月のカップルが乗り越える3つのこと

生活リズム

付き合って4ヶ月が経ったころは、いろいろな問題が表に出やすい時期。

そんなとき、あなたならどうしますか?

 

確かに、さっさと関係を終わらせてしまうこと一つかもしれません。

しかし、付き合って4ヶ月くらいを乗り越えることができなければ、この先どんな人と付き合っても長くは続かないのではないでしょうか。

 

せっかくこれまでの4ヶ月を付き合ってこられたのだから、困難にぶち当たったときはできるだけ努力して乗り越えていきましょう!

ハードルを乗り越えていった方が、二人の関係がより深まります♡

では、特に4ヶ月目のカップルがぶち当たりやすい困難を3つに分けて紹介しましょう。

乗り越えること①:マンネリ化

会う頻度にもよりますが、頻繁にデートしているカップルは、4ヶ月経つとマンネリする時期かもしれません。

では、どうやったらマンネリ化は解消できるのでしょうか?

解消法については、後半で解説していきますよ♪

乗り越えること②:金銭感覚

財布

付き合いが続くにつれてだんだんと問題になっていくのが金銭感覚です。

金銭感覚は、なかなか難しい問題です。

なぜなら、金銭感覚はそれまでの育った環境や過ごし方が顕著に出るからです。

 

金銭感覚が合わない人とのお付き合いは、正直なところ続けていくことが厳しい場合もあります。

ただ、それでも乗り越えて付き合いを続けていきたいと思う方は、しっかりとお相手と話し合いましょう!

お金のことはなかなか腹を割って話しづらいですが、しっかりとお互い話し合うことで解決できるはずです♡

乗り越えること③:価値観

付き合って4ヶ月で乗り越えるべき一番大きな課題は、価値観の相違です。

価値観というのは、「自分はこう感じる」「こう考える」といったような自分と相手の根本の話です。

 

「根本の部分が違っても、お相手と一緒にいることができるか?」

その問いに「YES」と答えられる人であれば、4ヶ月以降も長くお付き合いを続けることができるでしょう♪

幸せな5ヶ月目を迎えるために注意すべきこと

注意点

続いて、付き合って4ヶ月を乗り越えて「5ヶ月目」を迎えるために注意したいことを紹介していきましょう。

意外と大切なことをお伝えするので、しっかりと読んでいただくことをおすすめします♪

注意点①:相手に合わせすぎない

恋愛は、相手に合わせてばかりいて良いことはあまりありません。

自分が疲れてしまったり、相手が調子に乗ってしまったりするからです。

 

自分が相手に合わせすぎて疲れてしまっては元も子もありません。

それにともなって、相手は必ず調子に乗ります。

 

相手をうまく気持ちの良いようにてのひらで転がすのと、調子に乗らせるのとでは意味が違います。

自分が合わせたぶんだけ相手にも合わせてもらいましょう♪

注意点②:程よい距離感を保つ

距離感

どんなに仲の良いカップルでも、程よく距離を保つことが長くお付き合いを続けていくコツです。

「恋人」といえど、所詮は赤の他人です。

それくらいクールでいた方が、恋愛は長続きしますよ♡

注意点③:連絡はまめに取り合う

先ほどは「クールで」とお伝えしましたが、態度までクールにする必要はありません!

そこまですると、逆効果です。

会ってない間の連絡は、まめに連絡を取り合うことをおすすめします♡

注意点④:相手の対応をきちんとみる

さみしそうな女性

「対応はクールに」「連絡はまめに」とお伝えしましたが、すべては「相手の対応ありき」です。

自分がしたことに対して、相手はどのような反応をするのか?

そこをしっかりとチェックしてください!

 

距離を保ちクールな対応をした場合、お相手はどんな反応をするでしょうか?

もし、お相手が嫌がったらやめましょう!

きちんとお相手の反応を見て、その結果を踏まえて自分が対応しましょう♪

付き合って4ヶ月目のマンネリ解消法

マンネリ化

付き合って4ヶ月も経つと、だんだんとマンネリ化を迎えてしまうカップルも少なくはありません。

では、マンネリを解消する術はあるのでしょうか?

 

いままでどおりに接するだけでは、マンネリは加速する一方です!

付き合って4ヶ月の早い段階で、マンネリを打破していきましょう。

解消法①:少し距離をおく

先ほども軽くお伝えしましたが、少し適度な距離をおくことはマンネリを解消することにとても効果を発揮します。

どうしても、会いすぎると新鮮度がどんどんなくなっていくことは間違いありません。

 

「マンネリ化し始めたかも……」と思っている方は、会う頻度をへらしてみてはいかがでしょうか?

会えないくらいが会いたいという気持ちを高めたり、お相手を大切にしたいという気持ちが強くしたりしてくれますよ♡

解消法②:いつもと違うデートをする

屋外デート

会う頻度を落とさずにマンネリを解消する方法としては、いつもしているデートとはまったく異なるデートをすることがあります。

いつも街でデートをしているなら、自然に触れるデートをしてみたり少し遠出をしてみたりしてみましょう!

 

特におすすめは、2人ともしたことのない体験を2人でしてみることです♪

新しいことを体験することによって、心がリフレッシュされますよ。

解消法③:友達や家族に会わせる

いつもと違ったデートプラスαとして、友達を交えて遊んでみたり、兄弟・姉妹などの家族を交えて食事をしてみたりしてみることもおすすめのマンネリ解消法です。

お互いの家族に会うなど、いつもとは違う行動を2人でしてみるのです。

そうすることによって、お互いにいつもと違った顔を見ることができ、新鮮な気持ちになること間違いありません(^^♪

解消法④:外見を変えてみる

美容院

一番手っ取り早い方法が、外見を変えてみるということです。

視覚的な情報は、相手に与える影響がとても大きいです。

 

例えば、美容院に行っていつもとは違う髪型にしてもらうと良いでしょう♪

また、着ている服もいつもとテイストの違うものを選んでみることもおすすめです。

外見は比較的簡単に変えることができ、しかも効果を発揮する可能性大です!

解消法⑤:記念日を一緒に祝う

2人が付き合って4ヶ月。

短いようで長いようで、色々あったことでしょう!

 

2人が付き合ったことを改めて実感するために、記念日をお祝いしてみてはどうですか?

お互いに「あんなこともあった」「こんなこともあった」と今までを回想し、気分を盛り上げましょう♡

【社会人男性向け】付き合って4ヶ月でプロポーズするには?

プロポーズ

「付き合って4ヶ月でプロポーズ?」と思う方もいるかもしれませんが、年齢や安定した社会人なら意外とそんなに驚くことではありません。

なんなら、ダラダラと不毛な恋愛をするよりも、付き合って4ヶ月くらいのタイミングでサクッとプロポーズをする方がスマートでかっこいいと女性なら思います♡

 

ただ、学生の方、特に中学生や高校生の方にはまだまだ先の話ですよね。

ここでは、社会人の方に向けて、お付き合い4ヶ月で結婚するためのテクニックを紹介していきますね♪

プロポーズするために①:収入の安定をアピール

付き合って4ヶ月の比較的スピードプロポーズを成功させるには、収入の安定をアピールしていくことが一番です!

なぜなら、女性に対して結婚に対する安心感を与えることができるからです♡

収入の「多さ」よりも、「安定」した収入をどんどん彼女にアピールしていくと良いでしょう♪

プロポーズするために②:浮気をしない

浮気

女性は、結婚相手の条件の一つとして「浮気しないこと」をしばしば挙げます。

付き合って4ヶ月以内に浮気の影などがある男性は、結婚対象には思えないでしょう。

しっかりと、疑いすら持たせないように行動してきましょう!

プロポーズするために③:友達に会わせる

プロポーズを成功させるには、周りから固めていくことが一番手っ取り早いです。

自分の友達に会わせて自分を褒めてもらったり、自分がどんな風に友達と接しているのかを見せましょう!

そうすることで、自分に対する彼女の印象をより高めていくことができますよ♪

【社会人女性向け】付き合って4ヶ月でプロポーズされるには?

結婚しよう

男性向けのところでも紹介しましたが、女性の場合であっても4ヶ月でプロポーズは社会人ならではでしょう。

学生同士では、付き合って4ヶ月でプロポーズする人は多くはないですよね。

 

しかし、社会人の中でもフランクなお付き合いをしている方もいるでしょう。

付き合って4ヶ月でプロポーズされるには、付き合う前に「結婚前提のお付き合いをする」と相手と話したうえで付き合い始めた方が良いです。

 

ただ、交際を始める前にそういったお話をしなかった方でも、彼氏にプロポーズしてもらうことは決して無理な話ではありません。

次の3つのポイントを実践してみてくださいね!

プロポーズされるために①:家庭的な一面をみせる

付き合って4ヶ月でプロポーズされるには、結婚に必要である「家庭的な面」をさりげなく見せていくことが重要です。

料理ができることや、子供との接し方、親との付き合い方など、一口に「家庭的」といえどたくさんあります。

 

一つを極めるのではなく、少しずついろいろな家庭的な一面を整えておきましょう!

そして、それを一気に彼氏に見せるのではなく、小出しで少しずつ継続的に見せていくのです♪

プロポーズされるために②:まじめさを日ごろから伝える

真面目な女性

男性向けのところでもお伝えしましたが、結婚するには女性もまじめさが大事です。

もちろん、男性同様に浮気の影などはもってのほかです!

浮気などの男女交際は論外ですが、女友達と遅くまで飲み歩いてしまうような女性もプロポーズされることは厳しいでしょう。

 

たまに遊ぶことは必要もちろん必要です。

しかし、基本はまっすぐ家に帰り、飲んだとしても深い時間まで遊ばないなど、まじめだと思われる行動を普段からとっておくことがマストです!

プロポーズされるために③:金銭感覚をしっかり持つ

結婚を意識させる重要なポイントの一つが金銭感覚です。

お給料が入ったら、何も考えずに使ってしまう人は付き合って4ヶ月でのプロポーズは厳しいかもしれません。

 

男性は、結婚した後に女性がどういったお金の使い方をするのか想像しています。

そのため、しっかりと計画を立ててお給料を使っているような計画性のある女性の方が、男性には結婚を意識させますよ!

まとめ

仲の良い男女

今回は、「付き合って4ヶ月」をテーマとしてお伝えしてきました。

交際していてなかなか難しい時期が、4ヶ月目ではないでしょうか?

 

長く続く人は長くお付き合いするけど、短い交際しか経験してない人が多いこともまた確か。

数ヶ月のような短い交際しか今まで経験したことのない人は、今回のお伝えしたポイントをしっかりと押さえて、まずは6ヶ月を目標にお付き合いをしていきましょう♪

その次は1年、その次は2年と、徐々に交際年月を増やしていくと良いでしょう!

 

しかし、「長く付き合うのが果たして良いのか?」という問いに対しては、絶対答えが「YES」というわけではありません。

社会人の場合は、だらだらと交際するよりも、付き合って4ヶ月のスピード婚アリでしょう!

まずは、付き合って4ヶ月のうちに相手のことを見極めることがいずれにしても重要です。

 

付き合って4ヶ月は、そんな結婚と交際の瀬戸際であり、なかなか重要な節目と言えるタイミングです。

気を抜かずにいきましょう♡

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

ホンカツ編集部

ホンカツ編集部

ホンカツ編集部です。婚活・恋活に関する情報を配信していきます。

他の記事も見る

TOPへ