fbpx

作成日:2019/10/04

【解明】年上女性の落とし方はどうすれば良い?職場・合コン・LINE別の落とすコツ7選

アバター
mishima

年上女性の落とし方について紹介します。少しハードルが高いように思えるかもしれませんが、コツを掴めばそれほど同年代の女性を落とすのとそれほど変わりません。素敵な年上女性の彼女を作ってください。

目次

年上女性にとっての年下男性のイメージ

ラブラブカップル

まずは、年上女性が年下の男性にどんなイメージを持っているのかについて紹介していきましょう。

年上女性は、年下男性を良くも悪くも「自分とは全然別の生き物」だと認識していると自覚しておきましょう。

どんな風に見られているのかがわかると、落とし方の糸口が見えてきますよ♪

イメージ①:甘えさせる必要がある

年上女性は、年下男性に接するときに甘えさせなければいけないと思っています。

弱音やわがままを聞いてあげる、ごはんをおごってあげる、分からないことを教えてあげるなどの役割を果たさなければならないと思っているのです。

イメージ②:頼りなさそう

年上女性は、自分よりも人生経験の少ない年下男性のことを少し頼りなさそうと思っていることが多いです。

教養、経済力、度胸、判断力、責任感、能力などが自分よりも少し劣っているのではないか、同年代の男性よりも足りないのではないかと思っています。

良くも悪くも、年下男性にあまり期待をしていません。

イメージ③:恋愛対象として見てもらえないかも

年下男性が恋愛対象にするのは、年下の男性と同年代かさらに年下の女性だろうと考えています。

なぜなら、「男性はみんな若い女性が好き」というように考えている女性は非常に多いからです。

そのため、自分はどんなに仲良くなっても恋愛対象として見てもらえないだろう、好きになるだけ無駄だと最初から諦めている年上女性は多いものです。

イメージ④:ポテンシャルが大きい

年上女性にとって、年下男性は現時点では頼りなく甘やかさなければならない存在だと見ています。

しかし、あくまで「現時点では」です。

将来、成長していい男になりそう、出世しそう、頼りがいのある男性になりそうなどのポテンシャルを感じています。

イメージ④:かわいい

年上女性にとって、年下男性は頼りない一方で庇護欲をそそる存在です。

甘やかすのは、義務感や年下男性の機嫌を取るためだけでなく、純粋にかわいいのからという理由もあります。

 

同年代の男性にはない無邪気さやひたむきさ、擦れていないところがたまらなくかわいいのです♡

多少のわがままならば「かわいいな」と思ってもらえることが多いでしょう!

年上女性へのアプローチ方法

アプローチ

では、年下の男性が年上女性へアプローチする際に効果的な方法はどのようなものでしょうか?

同年代の女性へのアプローチとは少し違うので注意してくださいね♪

アプローチ方法①:フットワークは軽く気軽に誘う

年上女性は用心深く、フットワークが重い傾向にあります。

だからこそ、年下男性がグイグイと誘いましょう!

 

ただし、改まって「好きだからデートしてください」と言うと警戒されてしまいます。

デートだとか恋愛対象として見て欲しいなどということはあまり強調せず、「楽しそうだから」「一緒にいたいから」というスタンスで気軽に、そして頻繁に誘いましょう♪

アプローチ方法②:しっかりしていることをアピールする

年下男性は頼りなさそうと思っている年上女性は多いので、しっかりしていることを証明してください!

マナーや教養があることを示したり、デートでリードしたりすると「あら、年の割にはしっかりしているのね」と思ってもらえ、1人の男性として見てもらえるようになりますよ♡

アプローチ方法③:背伸びはせず知らないことは知らないでOK

年上女性にアプローチする場合、男性は少し背伸びをしたくなりますが、その必要がありません。

年上女性にもプライドというものがあります。

知らないこと、分からないこと、できないことなどは見栄を張らず「わからない」と言えば良いのです。

 

年上女性にとって、素直な年下男性はかわいく映ります。

年下男性が背伸びをし過ぎてしまうと、年上女性まで背伸びをしなければならなくなってしまい、2人で疲れてしまうなんていうことになりかねませんよ。

アプローチ方法④:将来性をアピールする

年下男性の強み、それは将来性です。

いま何を頑張っているのか、どんな男を目指しているのか、そのための計画、夢などを語りましょう!

もちろん、語るだけでなく、実行することも重要ですよ。

アプローチ方法⑤:母性本能を刺激する

年下男性ならではのかわいさを使って、年上女性の母性本能をくすぐりましょう!

助言を求める、助けてもらったらお礼を言うなどで「私は必要とされている」と年上女性の心を捕まえることができますよ♪

アプローチ方法⑥:同世代のように扱う

年上女性に敬意を払おうとして年上扱いをしてしまうと、年上女性からかわいがってはもらえても「この人は私を恋愛対象としては見てくれないだろう」と思われてしまいます。

同年代の女性に接するように接することで恋愛関係に持ち込みやすくなるでしょう。

アプローチ方法⑦:褒める

年上女性と接していると褒められることが多いですが、それに満足していてはいけません。

年上女性のことも褒めましょう!

 

何歳になっても、褒められることは嬉しいものです。

「センスがいい」「さすが〇〇さん」「すごいですね」「助かりました」など気が付いたことはどんどん褒めてください♡

アプローチ方法⑧:相談する

年上女性は、年下男性に頼られると張り切ります。

「〇〇さんのセンスを見込んでお願いしたいんですが」「〇〇さんはこういうの詳しそうなんで……」などと相談をし、そしてしっかりとお礼をすればどんどんと距離が縮まるでしょう♪

年上女性の落とし方:職場の場合

職場恋愛

では、年下の女性を落とすためのコツをお伝えしていきます。

まずは、職場の年上女性を落とすコツを2つ解説しますね。

ただの仕事仲間から抜け出しましょう!

落とし方①:ピープルトークを使う

ピープルトークとは「1人に話しているようで複数人に語り掛ける」「複数人に話しているようで、たった一人に語り掛ける」話法です。

 

たとえば、あなたが隣の人に「このフォーマット見やすいですね」と言ったとします。

会話の相手は隣の人ですが、フォーマットを作った人、フォーマットの恩恵を受けた人に向けてのことばでもあります。

つまり、フォーマットを作った人を間接的に褒めることができる話法なのです。

 

職場は直接褒めるとあからさま過ぎてしまうので、ピープルトークはとても使える手ですよ♪

落とし方②:2人しか知らないことばを使う

年上女性と共通の好きなものなどで、2人しか知らないことばを作りましょう。

2人にしか知らないことばを使うことで、2人の親密度を一気に上げることができます♡

 

たとえば、同じ小説が好きならキャラクターのセリフや口癖などを会話に取り入れるなどがおすすめです。

ただし、悪口を言うための隠語はなどはやめましょう!

良い関係を築けなくなりますよ。

年上女性の落とし方:合コンの場合

合コン

続いて、合コンなどで年上女性を落とすコツを紹介していきましょう。

第一印象で好感を引き出し、その後につないでくださいね!

落とし方①:自分の立ち位置を把握しておく

ボケチャラ、突っ込み担当、弟キャラ、まとめ役キャラ、お世話係など自分の立ち位置を理解しておきましょう。

そして、その役をしっかりこなし、合コンを盛り上げてください。

そうすることで「空気の読める男」として見てもらうことができます。

 

どの役割であっても、フォローや気配りができることは大前提です。

ボケキャラだからといって、何を言っても良いわけではありません。

落とし方②:自己紹介を工夫する

普通の自己紹介ではすぐに忘れられてしまいます。

自己紹介で名前だけでなく、読んで欲しいあだ名とその由来を言う、特技や趣味などを言う、どんな出会いを求めているかなどを言いましょう!

見に行きたい映画を自己紹介に取り入れるとそのままデートの約束にもっていきやすくなりますよ♪

落とし方③:女性全員を楽しませる

周りはライバルだらけ、そして時間が限られる合コンではお目当ての女性だけにアプローチをしようとしますが、女性は男性のそういった立ち回りをよく見ています。

たとえ自分に優しくしてくれる男性でも、友達をないがしろにしたり自分を良く見せようとしたりすることに執心しているようならば、恋愛対象としてはNGです。

合コンに参加した女性全員を丁寧に扱い、楽しませ、その上でお目当ての女性にアプローチしましょう!

年上女性の落とし方:LINE

スマホ

続いては、LINE(ライン)で年上女性を落とすコツを紹介していきましょう。

恋愛においては、LINEは攻略すべき重要アイテムです♪

落とし方①:きれい・かわいいと伝える

LINEなら、直接言いにくいことばも伝えやすいもの。

きれい、かわいいなどといったことばを惜しまず伝えましょう!

 

年下男性からきれい、かわいいといったことばをもらって喜ばない女性はいません。

直接容姿を褒めるだけでなく、言動やスタンプなどをかわいいと褒めるのもありです。

落とし方②:一緒にいるときに他のLINEを返さない

一緒にいる時に他の人とLINEをしていると「私といても楽しくないのかな」「私と一緒にいることよりも重要なことがあるんだな」と思われます。

どうしても年上女性と一緒にいる時にLINEを返さなければならないときには「ちょっと急ぎで仕事の用事があって」など一言断りましょう!

年上女性を落とすときのNG行為

後悔する男性

これまで、年上女性を落とすためのコツをお伝えしてきました。

逆に、やってはいけない行為にはどのようなものがあるでしょうか?

やってはいけないことは、「悪気はなかった」は言い訳にならないので気を付けてくださいね!

NG行為①:年下であることをアピールしない

年下男性には年下男性ならではの魅力があります。

しかし、自分から「俺は年下だから」と言っては台無しです。

年下であることのアピールは年上女性に年齢差を突きつけると同時に、年下男性が未熟であることの言い訳に聞こえてしまいます。

NG行為②:年上扱いをしない

年長者を敬うことはマナーとして大切ですが、恋愛は別ものです。

「〇〇さんが高校生の時流行っていたやつって、俺わかんないんだよね」などは年齢差を意識させてしまい、恋愛対象外とみなされてしまいます。

また、「〇〇さんて、〇〇才には見えないくらい若く見えるよね」というのも誉めことばにはなりませんよ。

NG行為③:甘えすぎない

甘えるのは年下男性の特権ですが、甘えすぎはよくありません。

最初はかわいがってもらえても「面倒くさい」「私はあなたのお母さんじゃない」となってしまいます。

年上女性がどの程度の「甘え」を求めて居るのかを見極めましょう!

NG行為④:年上女性に夢を見過ぎない

年上女性だからといって何でもできるわけではないし、なんでも知っているわけではありません。

あなたよりも少しだけ長く生きている女性です。

なので、わがままなところも、未熟なところも、弱いところもあります。

「年上女性ならばこれくらいしてくれて当然」「年上女性ならばできて当たり前」などと思うと年上女性に負担になってしまうでしょう。

年上女性の脈ありサイン

オーケーサイン

年上女性にアプローチする中で、女性はどういった脈ありサインを出すのでしょうか?

男性に押さえておいてもらいたいサインを4つ紹介しましょう!

このサインが見えたらもう一息です!

油断せずに押しましょう♪

脈ありサイン①:頼み事をしてくる

年上女性から頼み事をしてくるということは、あなたのことを頼れる相手だと認識し信頼している証拠です。

どんな些細なことでも引き受け、頼れる男であることを証明しましょう!

笑顔でお礼を言ってくれるはずです♪

 

また、ちょっとしたお礼(缶コーヒー)などをおねだりしてデートに持ち込むのこともアリです。

ただし、あまり恩着せがましくすると面倒な男だと思われてしまうので注意してくださいね!

脈ありサイン②:相談される

相談されるということは、年上女性から頼りになる男だと見られています。

女性は「相談」という名目で愚痴を言いたいだけのことも往々にあるので、相談された際には「共感」を大切にしましょう!

 

逆に、上から目線でのアドバイスは嫌われてしまいます。

また、相談された内容は漏らしてはいけません。

口の軽い男は軽蔑されますし、それまで築き上げた信用も失ってしまうでしょう。

脈ありサイン③:彼女の有無を聞かれる

彼女がいるかどうか聞いてくるのは、あなたの恋愛事情が気になっているからです。

恋愛対象として見てもらっている可能性が高いです。

ここは見栄を張らずに「大募集中です!」「とくに年上彼女が欲しいです」と言ってしまってください♡

脈ありサイン④:甘えてくる

女性は年齢関係なく、男性に甘えたい性分です。

しかし、年下男性にはなかなか甘えられません。

 

そんな年上女性が甘えてきたのなら、あなたは彼女にとって頼れる男である証拠です♪

思いっきり甘やかしてあげてください!

 

年上女性は普段、さまざまなことを頑張り、強がりこなしていっています。

そんな彼女の癒し約になってあげましょう♪

まとめ:年上女性を落とすには頼られる男になること

年上女性には魅力がたくさんありますが、なかなか年下男性のことを恋愛対象として見てくれません。

年上女性にとって、年下男性とはかわいさや将来性はあるものの、未熟な面が多いし、何よりも年齢差が気になってしまうのです。

年上女性を落としたかったら、そこを攻略しましょう!

 

頼りがいがありしっかりとした男性であることをアピールすると同時に、年上女性を年上扱いせず、同年代の女性として接し、褒めることがポイントです。

もちろん、年下男性ならではのアピールポイント、かわいさや素直さもバランスよく見せていきましょう♪

 

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

アバター

mishima

他の記事も見る

TOPへ