作成日:2019/10/19

更新日:2019/12/16

【衝撃】男でも乳首は開発可能?5つのステップと乳首開発おすすめグッズ3選!

yuri
yuri

男性であっても、乳首で感じることができることを知っている人は多くはないのではないでしょうか?実は、男性も女性と同じように乳首で感じることができますし、乳首開発を極めれば「ドライオーガズム」という絶頂を経験することができるようになるのです!今回は、男性が乳首を開発するための方法を紹介!エッチする際やオナニーの幅が広がりメリットがありますよ♪

男も開発すると乳首だけでイケるようになる?

男性の乳首

女性の場合、乳首を舐めたり触ったりすると快感を感じる部分として、オナニーやセックスで性感帯の一つとして扱われます。

しかし、男性の乳首はオナニーやセックスであまりいじらない場所ですよね。

乳首を触ってみても特に何も感じないという男性は多いでしょう。

 

しかし、実は男性の乳首も開発次第では快感を味わうことができますし、開発を極めれば乳首だけでイケるようにすらなれる可能性があるのです♪

実は、男性の性の未知の可能性を秘めている部分なんですよ!

生物学的には男女の乳首に大きな違いはない

女性の乳首は、オナニーやセックスにおいて快感を感じる重要なポイントの一つです。

アダルトビデオや漫画といったメディアでも、女性はオナニーやセックスのときに乳首をいじる描写は多いですよね。

実際にセックスのときに女性の乳首を攻める男性も多いでしょう。

 

対して、男性の乳首はオナニーやセックスにおいてあまりスポットを浴びることはありません。

なぜなら、多くの人は男性の乳首を快感を感じる場所だと思っていないからです。

 

乳首を触ったり、舐めたり吸ったりして快感を感じるのは女性だけと思っている人は多いのではないでしょうか?

しかし、実は生物学上では男性と女性の乳首に大きな差はありません。

 

差があるのは母乳を出すための乳腺があるかないかくらいで、乳首だけに焦点を当てれば神経の通り具合などは同じです。

そのため、男女で感度の差はほとんどないのです。

つまり、男性も開発次第では乳首だけで感じたり、イケるほどの神経は通っているということなのです。

男性の乳首も立派な性感帯

男性の乳首はあまり注目されないポイントなので、オナニーやセックスでもいじることは少ないです。

しかし、先ほどお伝えしたように、男性と女性では乳首の作りや神経の通り方に大きな差はありません。

実際に男性が乳首を触っても、女性ほど感じる様子がないため「本当に女性と同じように乳首で感じられるようになるの?」と疑問を持つ男性は多いでしょう。

 

男性が乳首を触っても何も感じることがないのは刺激に慣れていないからであり、女性の乳首が敏感なのは乳房が盛り上がって服に擦れることが多く刺激に慣れているからなのです。

つまり、男性の乳首も刺激を与えて開発すれば女性と同じように感じられるようになり、立派な性感帯となるのです!

男性の乳首の開発方法とは?

悩む男性

開発次第で性感帯になるとはいえ、具体的にどのよう男性の乳首を開発すれば良いのかわからないという人は多いでしょう。

ここでは、男性の乳首の開発方法を5つのステップに沿って解説しましょう!

ステップに沿って開発していけば、乳首でイケるようになるのでぜひ試してみてくださいね♪

ステップ①:乳首の神経を刺激する

まずは、乳首の神経を刺激して、今まで眠っていた神経を起こすところから始めます。

その起こし方とは、ずばり普段とは違う刺激を与えることです。

 

例えば、指ではじいたり、先端を引っかいたり、引っ張るなどです。

少しピリッとした痛みを感じる程度の強さが良いでしょう!

 

「痛い!」と思わず声が出てしまう強さはやり過ぎで、乳首を傷付けてしまう恐れがあるので注意が必要です。

早く乳首開発をしてみたい気持ちがあるかもしれませんが、グッと抑えてあくまで少しだけ痛みを感じる程度の力から始めましょう!

ステップ②:オナニーのときは性器と一緒にいじる

ステップ①を続けて、ちょっとした刺激でも乳首がピリッとした刺激を感じているのがわかるようになったら、次のステップに移ります。

ステップ②では、乳首を触ると刺激を感じるだけでなく、気持ち良いと感じるように脳に記憶させます。

 

その方法は、オナニーをするときに乳首もいじることです。

オナニーでは性器のみを刺激していた人が多いと思いますが、オナニーをするときに空いている手で乳首をいじりましょう!

 

そうすことでと、絶頂に達したときに乳首をいじっていることにより、「身体に乳首を触っている=気持ち良い」という感覚を植え付けることができるのです。

これを続けることによって、だんだんと乳首をいじると気持ちいいと思えるようになりますよ。

ステップ③:与える刺激の種類を増やす

ステップ②で乳首をいじることが気持ち良い感覚を身体に植え付けたら、次のステップでは与える刺激を増やします。

これは、今までのいじり方に加えてさまざまな刺激を与えることで、乳首の感度をより高めるためです。

 

おすすめの刺激方法は、次の2つの方法です。

  1. 乳首にソフトタッチをくり返す
  2. ローションでヌルヌルとした感覚を与える

どちらも今までのいじり方よりソフト目に触るようにすることがコツです。

強いいじり方で呼び覚ました神経を、ソフトタッチでも感じられるようにすることで感度を上げることができるのです♪

ステップ④:強い以外の刺激も気持ち良いに変える

次のステップは、ステップ③のさらに強化版の方法です。

ソフトタッチで感度が上がってきたら、通常では「くすぐったい」程度しか感じなかった刺激方法でさらに感度を上げることを目指しましょう!

 

筆先でさわさわとなぞったり、水やローションで濡れた乳首に自分で息を吹きかけたりする程度の刺激をくり返し、ソフトタッチよりも微細な刺激で感じるようになれば、乳首だけでイケるようになるゴールも間近です♪

ステップ⑤:最も気持ち良い刺激方法で開発していく

乳首開発の最終段階では、今まで与えてきたさまざまな刺激の中で、自分が最も気持ち良いと感じた刺激方法で刺激を与えて開発を続けて、乳首でイケるようにしましょう!

ただし、ここで気持ち良いからといって、強すぎる刺激を与えることはNGです。

 

強すぎる刺激は与え過ぎると、その強さに慣れてしまい強い刺激でないとイケなくなってしまうからです。

あくまで強すぎない刺激でイケるようになることが大切です。

男性の乳首開発にかかる時間は?

時間

男性の乳首開発をステップに分けて紹介しましたが、開発にかかる時間はどのくらいなのでしょうか?

男性の乳首開発にかかる時間について解説しますね。

元々の感度によって異なる

男性の乳首の開発時間は、そもそもの感度によって大きく異なります。

元々感度が良い男性は、先ほど紹介した開発ステップ①を跳ばせる場合もあるため、当然期間は短くなります。

ただ、そのような人はまれで、触ってみたときに何も感じないという人がほとんどです。

 

乳首を触ってみても何も感じないという人は元々感じやすい人より時間はかかります。

ただ、しっかり時間をかければ開発はできますので、根気よく続けることが大切です。

平均は3ヶ月から1年

男性の乳首開発にかかる時間はおよそ3ヶ月から1年ほどだと言われています。

もちろん、感度は人それぞれなので1ヶ月もしないうちに開発が成功する人も、1年かけてもステップ③ほどまでしか進めない人もいます。

 

しかし、何より続けることが大切。

なかなか次のステップに進めなくても、いつかは開発成功できると信じて根気よく続けましょう♪

乳首でイケるようになるメリットとは?

メリット

ここまで、男性の乳首開発方法をステップに沿って説明しました。

でも、乳首でイケるようになるとどんな良いことがあるのかよくわからないという人は多いでしょう。

 

実は、乳首開発することによって、今までの性生活に革命を起こすほどのメリットを得られることがあります♪

乳首開発によって得られる3つのメリットを紹介しますね。

メリット①:ドライオーガズムを経験できる

ドライオーガズムを経験できるようになることは大きなメリットでしょう。

男性はオーガズムに達すると射精しますが、一度射精すると無気力になったり、それ以上性欲が沸かなかったりといわゆる「賢者タイム」に突入しますよね。

しかし、ドライオーガズムは射精を伴わないオーガズムなので、気持ち良さの頂点に達しても、賢者タイムにはならず続けて何度でもイクことができるのです。

 

ドライオーガズムを知ってしまったら、知らなかったときには戻れないと言われるほど気持ち良いとされています。

ドライオーガズムが経験できることは、乳首開発のとても大きなメリットと言えるでしょう!

メリット②:セックスの幅が広がる

セックスの幅が広がることも、乳首開発のメリットです。

乳首を開発していないときは、性器の快感しか味わうことができません。

しかし、乳首を開発することで乳首でも快感を得られるようになれば、彼女に触ってもらったり舐めてもらったりとセックスの幅が広がります。

 

彼女がフェラするときの上目遣いがたまらないという男性は多いもの。

乳首も感じるようになって彼女が舐めてくれれば、フェラのときの顔をもっと近い位置で見ることができますよ♪

メリット③:肌がきれいになる

意外かもしれませんが、肌がきれいになるというメリットもあります。

なぜかというと、乳首を刺激することで微量な女性ホルモンが分泌されるからです。

 

「男性なのに女性ホルモンって出るの?!」と驚く人もいるでしょう。

しかし、異性のホルモンが分泌されるのは普通のことなのです。

 

例えば、元々男性ホルモンが分泌されやすい体質の女性もいます。

女性ホルモンは肌をきれいにする作用があるので、乳首開発のメリットに肌がきれいになることが挙げられるのです。

乳首の開発方法の注意点

注意点

乳首開発のメリットを紹介しましたが、逆にデメリットや注意点はあるのでしょうか?

男性の乳首開発に大きなデメリットはありませんが、開発の際に気を付けたいことがあります。

次の3点には注意して、楽しい開発ライフにしましょう!

注意点①:無理はしない

原則として、無理はしないようにしましょう。

無理して早く開発しようとして必要以上に強い力で刺激したり、ステップの途中で次のステップに進んだりしても大きな成果は得られません。

 

むしろ、乳首を傷付けてしまうなど、悪影響が出てしまうことも考えられます。

無理をせずゆっくりと自分のペースで開発することが大切です!

注意点②:なるべく継続することが大切

継続することも重要です。

1週間に1回や数日に1回、集中して開発をするよりも、1日に少しずつの時間で良いので開発に時間を使った方が開発は進みやすいです。

 

身体は一度の刺激をある程度までしか記憶しません。

例えば、1回に150パーセントの刺激を与えても、身体が覚えているのは100パーセントまでです。

そして、次に刺激するまでに感覚をどんどん忘れてしまいます。

それよりも、60パーセントの刺激でも毎日続けた方が身体が感覚を覚えているというわけです。

注意点③:女性ホルモンを増やすサプリなどは逆効果

肌がきれいになるのは、微量の女性ホルモンが出るからということをお伝えしました。

では、女性ホルモンが多ければ開発が進みやすいかというとそういうわけではありません!

そのため、女性ホルモンを増やすサプリなのを飲んで感度を上げようとしても効果はありません。

 

むしろ、男性が女性ホルモンを過剰摂取すると、身体のホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れるなどの悪影響が出る恐れがあります。

そのため、女性ホルモンを上げようとしてサプリなどを飲むことは絶対にやめてくださいね。

乳首の開発が思うように進まない場合

思い悩む男性

乳首開発を始めてみたけれど、思った以上に時間がかかったり、なかなか感度が上がらなかったりする人もいるでしょう。

そんなときには対処法があるので、開発が思うように進まないという男性は今から紹介する方法を試してください!

開発が進む可能性を高くできますよ♪

対処法①:プロの手に頼る

開発がなかなか進まない場合は、プロを頼ってみるのも一つの手です。

世の中には乳首攻めの専門店があるので、お店を探して行ってみてはいかがでしょうか?

 

プロの技と他人に開発されるドキドキ感で一気に開発を進めることができるでしょう!

また、プロから効率的に開発を進める方法を盗めるということもメリットです。

対処法②:女性の気持ちになって開発する

開発するときに、女性の気持ちになってみる方法です。

乳首をいじるとき、自分が女性になって男性に攻められているという設定でいじってみると、いつもとは違う感覚を得られる可能性がありますよ。

対処法③:温度差の刺激を与る

寒いときに乳首が勝手に立った経験は多くの人があるでしょう。

乳首は、立っている状態の方が敏感です。

その性質を利用して、温度差でまずは乳首を立たせて敏感にしてから開発してみましょう!

 

敏感な状態から開発していくので、立ってない状態から始めるよりも開発しやすくなります。

氷を当てたり冷蔵庫に入れて冷やしたスプーンなど、単に冷たいものを乳首に当てるだけなので簡単ですよ♪

乳首開発はグッズを使うとより効率的

おすすめ

男性が乳首を開発する際は、手だけで行うよりグッズを使うとより効果的に開発を進めることができます。

乳首開発に便利なおすすめのグッズを3つ紹介しておきますね♪

グッズ①:スポールバン(1,184円)

スポールバン

出典:Amazon

 

スポールバンは、乳首開発専用のグッズというわけではありません。

本来は肩や腰、ひざなどに貼って痛みをとるセルフ針治療用品です。

針治療用品なので、小さなシートの裏には針が付いています。

 

乳首に貼ることによって乳首に常に刺激を与えることができるため、普段の生活の中でも乳首開発が進められるのです。

「針を乳首に刺すなんて怖い」と思う男性は多いでしょう。

しかし、針とは言っても1ミリくらいの極細の針なので、痛みというよりはちょっとした刺激程度しか感じないので安心してください!

グッズ②:U.F.O.SA(4,680円)

U.F.O.SA

出典:Amazon

 

U.F.O.SAは乳首開発専用のアダルトグッズ(ローター)です。

数ある乳首用のグッズの中でも、かなりの高評価を得ています。

お椀型のカップの中に乳首を刺激する舌を模したパーツなどがあり電動で動くという仕組みですが、その動きがかなりリアルと話題になっています。

 

お値段は5円近くとやや高額ではありますが、口コミでは「買って損なし!」の声が多数です。

また、男女兼用なので自分以外に彼女に使ってみても良いでしょう♪

グッズ③:MEROURII(2,000円)

MEROURII

出典:Amazon

 

MEROURIIも乳首開発専用グッズ(乳首刺激ローター)です。

ローター内臓で乳首に断続的に刺激を与えられます。

USB充電式で重みもあまりなく、さらに生活防水加工なのでさまざまなシーンで使うことができますよ♪

 

MEROURIIも男女兼用なので、自分だけでなく彼女に使うことができます。

価格はU.F.O.SAの半分未満なので、まずはMEROURIIから始めて見るのもありでしょう!

 

まとめ

乳首を見せる男性

男性と女性の乳首は神経の通い方などに大きな違いはありません。

そのため、男性でも乳首開発は可能ですし、乳首で快感を味わえるようになればオナニーやセックスの幅も広がります。

 

乳首でイケるようになるとドライオーガズムを経験できますし、いつものオナニーやエッチの際にもう一味快感を加えたいと思ったのであれば、ぜひ開発を始めてみてください!

新しい快楽の扉が開けるかも知れませんよ♪

 

なお、こちらでは女性の乳首の感度についても解説しています。

男性自身の乳首の開発に役立つかもしれないので、ぜひ目を通してみてくださいね!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

yuri

yuri

20代後半のアラサーです。 恋愛経験は20代半ばからと少し遅め?根っからの長女気質で、周りから相談を持ち掛けられることもしばしば。 そうして培ってきた恋愛のノウハウで、皆さんの恋愛もサポート出来ればと思います♪

他の記事も見る

TOPへ