fbpx

作成日:2019/11/06

更新日:2019/11/07

彼氏持ちに告白しないで諦める?失敗しにくい5つのステップ&告白のタイミング4選

アバター
mishima

彼氏持ちの女性に告白をしてOKをもらうことは簡単なことではありません!しかし、段階を踏んで距離を縮め信頼関係を築いていき、タイミングよく告白をすれば、チャンスははないわけではありません♡そこで、今回は彼氏持ちの彼女に告白してOKをもらうためのステップと、告白のタイミング、そしておすすめのことば・フレーズを紹介します♪

目次

彼氏持ちの女性は告白されたらどう思う?

カクテルデート

彼氏がいる女性が、男性に告白をされたらどう感じるのでしょうか?

実は、彼氏がいるからといって、すべての女性が告白をされるのが嫌だというわけではありません!

それどころか嬉しく思う女性もいるくらいです。

女性の心理①:悪い気はしない

仲良くしている男性から好意を寄せられていると、知って悪い気はしないものです。

告白にOKを出すかどうかは別として、男性からの告白を「嬉しい」と受け取る女性は少なくありません。

自分の魅力を再確認できたと喜ぶ女性も多いものです。

また、告白をきっかけにその男性のことに興味を持ったり、真剣に恋の相手として検討を始めたりすることもあります。

女性の心理②:彼氏との別れを決意する

女性は打算的なことがあり、彼氏とうまくいっていなかったとしても、彼氏と別れる前に次をキープしておきたいと考えていることも多いです。

彼氏とうまくいっていない女性は、他の男性からの告白で「彼氏から乗り換えようかな」「今、彼氏と別れても寂しい思いはせずに済む」と考え、彼氏との別れを決意するきっかけになることもあります。

女性の心理③:迷惑・困惑する

彼氏一筋の女性には、他の男性からの告白はちょっと困ったことだと受け取られます。

告白をされたということは返事をしなければならないということです。

「なんと言って断ろうかな。傷つけたくないな」「次に顔を合わせるときに気まずくなるのは嫌だな」と考えてしまいます。

 

また、「ずっと信頼できる男友達だと思っていたのに、そんな下心を隠していたなんて酷い!」と裏切られたような気分になる女性もいます。

さらには「私にスキがあったから彼氏がいるにも関わらず告白されてしまったのだろうか」「彼氏に誤解されないと良いけど」と罪悪感に悩まされたり心配したりする女性もいます。

このような女性に告白をしても勝利はありません!

彼氏持ちの女性へ告白をするステップ

告白成功

彼氏持ちの女性へ告白をする場合、情熱だけて押し切ろうとしてもうまくいきません。

彼氏持ちの女性に告白する場合は、彼女の警戒心をじっくりと解いて心を開いてもらうことを目指しましょう!

次の5つのステップを着実に踏んで想いを伝えましょう♪

ステップ①:気安く話せる友達になる

まずは、下心のない男友達として認識してもらえることを目指しましょう。

いきなりアプローチをしても、「彼氏持ちと知りながらアプローチをしてくる常識のない男」と警戒されてしまいます。

 

挨拶、ちょっとした雑談、相談などを繰り返して距離を縮めていくことがおすすめです。

最初から2人きりで話すことが難しいのなら、「グループ」として仲良くなるのも良いでしょう!

ステップ②:連絡を頻繁に取り合う

日常的に緊張せずに話せるようになったら、今度は気軽に連絡が取れる間柄を目指してください!

連絡が取れる間柄になると「内緒の話」や「2人だけの話」や「重要な相談」などができるようになります。

そうすることで彼女との距離が縮まり、信頼してもらえるようになるのです♪

最初は「用事のついでにちょっと雑談」という感じで警戒されない程度に親し気に振舞い、だんだんと「雑談」の割合を増やしていきましょう!

そして、ゆくゆくは「君が興味を持ちそうな情報を見つけたから」「特に何もないけれど、話したくて」と言った連絡ができる間柄を目指してくださいね。

ステップ③:彼氏とはできないことをする

「彼氏とできないことをする」ということは、たとえば彼氏がインドア志向ならば彼女をアウトドアのイベントに誘ってみる、彼氏が甘いものが苦手なら彼女をスイーツのお店に誘ってみる、彼女の趣味に合わせた映画に誘ってみるといったことを指します。

新鮮なデートをすることによって、彼女は男性の魅力を感じてくれるようになるでしょう!

 

また、「彼氏とはできないことだから」と罪悪感をあまり感じることなくデートの誘いに乗ってくれます。

雑談などから普段彼氏とどんなデートをしていて、彼氏はどんなことを好まないのか、彼女はどんなことに興味を持っているのかなどをしっかりとサーチしておきましょう!

彼氏が苦手としていること、彼氏が興味を持っていないこと、彼氏が物理的や時間的に無理なことで、かつ彼女が望んでいることを提案することが成功の秘訣です♪

ステップ④:相談相手になる

相談相手になるということは弱い部分を見せるということなので、信頼の証です。

最初は「この降水確率なら傘は必要かどうか」などという他愛のない相談であっても、実績を重ねていくことで恋愛相談や重要な相談などもするようになってきます。

そして、男性のことが「気の置けない男友達」から「頼りになる人」という存在になっていくのです。

 

なかなか彼女が相談をしてくれないという場合は、まずは男性の方から相談をすると良いでしょう!

相談事は些細なことでかまいません。

そして、相談に乗ってくれたら喜んだりお礼をしたりするなどを丁寧に行うことで距離を縮めることができます。

 

また、よく言われるように、女性は「共感」を大事にする生き物です。

相談された際に、必ずしも正論を求めているわけではありません。

相談してきたからとあれこれアドバイスをしても「でもね~」とあまり参考にしようとしない場合は具体的なアドバイスよりも、「うん、うん、大変だよね」と言って欲しいときだと心得ましょう!

ステップ⑤:下心は見せない

彼女と距離を縮めていく過程で、決して下心は見せないように注意してください!

下心が見えてしまうと、彼女は男性のことを警戒してしまいます。

裏切られたと感じ、怒りを覚える女性も多いでしょう!

これまで築いてきた信頼関係がなかったことにされてしまいかねません。

度の過ぎたスキンシップ、告白もしていないうちから誘うようなフレーズ、シモネタなどは控えましょう!

彼氏持ちの女性に告白をするタイミング

ハートマーク

これまでは、彼氏持ちの女性へ告白するまでのアプローチ方法について解説してきました。

女性に告白するのは、タイミングの見極めが重要です!

女性にスキがあるときを狙うと成功率が上がりますよ♪

タイミング①:彼氏と喧嘩をしたとき

彼氏と喧嘩したときは、彼氏持ちの女性に告白をする最大のチャンスと言っても過言ではありません!

彼女の彼氏への心象はかなり悪くなっているうえ、傷ついて不安にもなっています。

つまり、スキだらけ。

 

このタイミングで優しく親身にふるまい告白すると、落ちる女性は多いです♪

「彼氏と喧嘩をした」と相談されたら、万難を排して彼女の元へと駆け付けましょう!

タイミング②:彼氏と遠距離恋愛のとき

遠距離恋愛は、物理的な距離だけでなく心の距離も離れてしまいやすいです。

なかなか会えず、寂しく思っているときに身近にいてすぐに頼りになる男性に告白をされると、女性はそちらの男性に惹かれてしまいやすいもの。

また、遠距離中だと女性も「ちょっとくらい、良いよね!」という心理が働きやすいです。

タイミング③:彼氏に冷めているとき

喧嘩と言うほどではないけれど、彼氏に対してちょっと気持ちが離れてしまっているときや、何となく盛り上がっていない時などもチャンスです。
男性に新鮮さを感じ、乗り換えを検討してくれるからです。

 

彼氏がお酒の席や仕事などでみっともない失敗をしてしまった、借金やギャンブルなどの悪癖に呆れている、といったタイミングが狙い目です。

「相談」と称して彼氏の愚痴が増えてきたら彼氏に冷めているのかもしれません。

タイミング④:彼氏との将来に不安を感じているとき

女性はリアリストです。

彼氏がいつまで経ってもきちんと働かない、付き合ってもう長いのにプロポーズをしてこないといった場合、「このままこの人と付き合い続けて私の人生大丈夫かな?」と不安になります。

 

そんなときに将来が見通せるような男性に告白をすると「頼もしい!この人とならばこんな不安とは無縁でいられる!」と受け入れてもらいやすいです♪

いわゆる「適齢期」の女性は堅実な男性に惹かれやすい傾向があります。

彼氏持ちの女性がクラっとくる告白フレーズ

男性に惚れた女性

彼氏持ちの女性にアプローチする方法、告白するねらい目のタイミングを解説しました。

告白は、タイミングも大事ですがどのような想いを伝えるかも重要です。

そこで、彼氏持ちの女性を落とすためにおすすめの告白の口説き文句を教えちゃいましょう♡

 

彼氏持ちの女性だからこそ、心をとらえられる告白のフレーズというものがあります。

しっかりと信頼関係を築いたうえで、誠意をもって伝えれば彼女の心に響きやすいでしょう♪

告白のフレーズ①:「幸せにするよ」

女性は、誰しもが幸せになりたいと願っています。

ことに、彼氏持ちの彼女は「恋人がいることと幸せなことは別物」ということが身に染みています。

そのため、ただ「好き」と自分の好意を押し付けるだけでなく「私があなたのことを幸せにするよ」と伝えることでキュンとこさせることができるのです♡

告白のフレーズ②:「俺の方が良い男だよ」

彼氏持ちの女性は、男性に告白をされると今の彼氏と告白をしてきた男性を天秤にかけます。

そのときに「俺の方が良い男だよ」と一押しすることで、彼女は「今の彼氏と付き合い続けるよりもメリットが大きいかもしれない」と考えやすくなります。

もちろん、どの点がどんな風に「良い」のかをアピールすることもお忘れなく!

告白のフレーズ③:「彼氏のことは置いておいて俺のことをどう思っているか教えて欲しい」

彼氏持ちの彼女にとって、告白してきた方の男性を選ぶということは、今まで付き合ってきた男性を裏切るということです。

また、誠実な女性ほど、条件反射的に「私には彼氏がいるから」という理由で告白を断ってきます。

ここで「彼氏のことは抜きにして、自分自身を見て欲しい。あなたはどう思っているのか?」と問いかけることで、女性は罪悪感や倫理抜きで男性のことを見ようとするでしょう。

告白のフレーズ④:「付き合って欲しい」

彼氏持ちの彼女に告白をする場合、自分がどうしたいのかを伝えましょう。

「ただ気持ちを伝えて満足」なのではなく、「今の彼氏と別れて自分と付き合って欲しい」とお願いすることで、男性の覚悟や情熱が伝わります。

潔く熱い告白で男らしさを見せましょう!

告白のフレーズ⑤:「君を悲しませるようなことはしない」

彼女が彼氏とうまくいっていないときにとてもおすすめなフレーズです。

「僕ならばこんなことはしない(言わないよ)。(今の彼氏みたいに)君を悲しませるようなことは絶対にしない」と言うと、女性は「このまま今の彼氏と付き合い続けるよりも幸せになれそう」と感じます♪

相談相手としてのポジションを獲得しているととても説得力があるでしょう!

彼氏持ちの女性にやってはいけない告白

振られた男性

彼氏持ちの女性に告白するとき、自分本位の告白やアプローチをするとうまくいきません。

冷静になり、彼氏持ちの女性という立場を理解していないような告白はやめましょう!

NGの告白①:彼氏と順調で幸せなときにアプローチする

彼氏とうまくいって幸せなときに、他所の男からアプローチや告白をされても迷惑なだけです。

彼氏とうまくいっている女性にとって、他所の男からのアプローチや告白は彼氏から誤解を受け、交際にヒビを入れる危険物でさえあります。

 

彼氏と順調なときには、打って出るタイミングではありません。

親しい男友達ポジションをキープし、好機を待ちましょう!

NGの告白②:焦って恋人になろうとする

フリーの女性なら「まずはお試しで付き合い、徐々に親密度を上げていく」というルートもアリです。

しかし、彼氏持ちの彼女の場合、「乗り換えた瞬間から今の彼氏と付き合い続けるよりも幸せになれる」という確証がないと告白にOKしません。

男性の焦りに女性は敏感に反応し、ほだされるどころか「なんか怖い」と警戒されてしまいやすいです。

NGの告白③:彼氏より魅力ない状態で勝負する

彼氏持ちの女性に告白する場合、「彼氏よりも魅力的」と女性が思ってくれるかどうかが勝負の分かれ目になります。

容姿、経済力、性格、愛情表現、社会的地位など何らかの点で(できれば全てにおいて)、今の彼氏よりも勝っている状態で勝負を仕掛けましょう!

NGの告白④:彼氏の悪口を言う

今の彼氏よりも、自分の方が優れていることをアピールする際にやってしまいがちなのが彼氏の悪口ですが、これは悪手です。

まだひとかけらでも今の彼氏に心が残っている場合、女性は「そんなことないもん!」という気持ちを沸かせてしまうからです

 

たとえ、女性側がどんなに彼氏の悪口を言っていたとしても、一緒になって悪口を言ってはいけません。

軽く共感したり肯定したりする程度にとどめましょう!

彼氏の悪口を言って「俺の方がこんなにすごい!」というアプローチは下心丸見えで嫌悪感を持つ女性は多いです。

彼氏を貶めることは自分自身を貶めることになるだけでなく、彼氏を選んだ彼女も侮辱していることになるからです。

NGの告白⑤:唐突に告白する

彼氏持ちの女性に玉砕覚悟の唐突な告白をしても待っている運命は玉砕しかありません。

彼氏という安定安心した存在がいるのに、いきなり何も知らない男に告白されてもそちらに行く理由がないからです。

たとえ彼氏との間柄が冷めていたとしても、そちらに悩んでいて得体のしれない男の相手をしている余裕などありません。

NGの告白⑥:告白の前に体の関係を持つ

正式に付き合う前にエッチしてしまうと、それはただの浮気相手、セフレになってしまいやすいです。

お互いに後ろめたい思いを持ってしまうので、その後正式に付き合うという流れにはなりにくくなってしまいます。

真剣な気持ちを持っているのならば、手順を踏んで関係を深めてください!

彼氏持ちの彼女に告白して振られたときの対処方法

告白を断る女性

頑張ったからといって、必ずしも報われるわけではないのが恋というもの。

彼氏持ちの彼女のアタックするのならばなおのこと。

告白しても振られることもあるでしょう!

 

しかし、そこで試合が終了するわけではありません。

振られた場合にスマートなふるまい方があります。

投げやりにならなければ、またチャンスが回ってくることもあるかもしれませんよ!

対処法真①:「真剣に考えてくれてありがとう」

告白を断るということは、女性にとっても苦しい決断です。

しっかりと誠意をもって対応してくれたのなら、そのことに対して感謝を伝えましょう!

最後まで紳士的な人だったわという印象を持ってもらうことができますよ。

対処方法②:「これからも友達でいて欲しい」

告白をする、そして断るということをすると、それまで築いた関係が壊れてしまいギクシャクしてしまいやすいものです。

告白したこと自体を後悔しないためにも、「これからも友達でいて欲しい」と伝えることで、彼女が男性に対してどう振舞ったらよいのかがわかります。

 

失恋してしまったことには変わりありませんが、表面上は今までと同じように過ごすことができます。

また、彼女の側に友達として居続けることができるため、また彼氏とうまくいかなくなったなどといったチャンスが巡ってきたときにアプローチがしやすくなりますよ。

まとめ:彼氏持ちの女性への告白は忍耐が大切

告白する男性

彼氏持ちの女性へ告白しても、100パーセント望みがないとは限りません。

女性の気持ちが彼氏から離れていたり、男性が彼氏よりも魅力的だったりする場合、告白すればOKをもらえる可能性はあります。

 

しかし、いきなり告白するのはいけません!

女性の警戒心をあおってしまうからです。

 

彼氏持ちの女性を落としたいのなら、まずは気の置けない男友達や相談役としてのポジションを目指しましょう!

そうして信頼関係を築いたのち、彼女の心から彼氏の存在が離れるチャンスを逃さずに告白をするのです。

 

彼氏を貶めることをせずに自分の良さをアピールするような告白で彼女の心を掴みましょう。

もともと厳しい勝負なので、振られてしまった場合もヤケクソにならず、彼女に紳士的にふるまうことを心がけてくださいね。

 

なお、もっとしっかりと彼女持ちの女性を奪う戦略を立てたい方は、こちらも参考にすることをおすすめします。

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

アバター

mishima

他の記事も見る

TOPへ