fbpx

作成日:2019/11/15

【解明】振られたあとのLINE(ライン)はどうすべき?送るべき内容と再告白のコツ

igarashi
igarashi

告白して振られたあと、どうやって告白相手と接していけば良いのか迷いますよね。下手をすれば告白をきっかけに、関係が気まずくなってしまうこともあります。しかし、振られたあとのLINE(ライン)の対応によっては、いずれ再告白のチャンスがめぐってくることもありますよ!今回は、振られたあとのLINEの対応方法から、再告白のコツを解説します♪

振られたあとにLINEするのはあり?なし?

振られてしまった女性

結論からお伝えすると、振られたあとに相手にLINE(ライン)をするのは「あり」です。

ただし、送る内容やタイミングを間違ってしまうと、相手から距離を置かれてしまうリスクがあります。

そのため、相手の気持ちを考えて行動することが大切!

 

しかし、告白をして振られたあとってどうすれば良いのか迷いますよね。

振られたこと自体もショックだし、辛い気持ちが収まらなくてご飯も喉を通らない人もいるでしょう。

好きという気持ちは簡単に諦められません。

 

だからこそ、告白の再アタックを考える人も多いのではないでしょうか?

告白して振られたあとのLINEの対処をきちんとすれば、まだ逆転するチャンスはあります♪

なぜなら、振った相手も「これまでと同じくLINEを続けて仲良くしたい」という気持ちがある人が多いからです。

せっかく好きになるほどの魅力的な人に出会えたのに、告白をしたことで関係がなくなってしまうのは悲しいことです。

まずは、友達として良好な関係を築いていき、その後時間を置いて再告白を目指しましょう!

振られたあとのLINEで取るべき対応

LINEする女性

告白して振られたあとにLINE(ライン)する際は、どんなを送れば良いのでしょうか?

まずは、取るべき対応から紹介していきましょう!

対応①:告白を聞いてくれたことに感謝する

告白を聞いてくれたことに対して、相手に感謝の気持ちを伝えましょう!

自分のために時間を作ってくれたこと、話を聞いてくれたこと自体がありがたいという気持ちを忘れてはなりません。

つい振られたことに意識が向きがちですが、ここできちんと「ありがとう」と言えることで、相手も告白を断ったという罪悪感が薄れます。

対応②:告白をなかったことにはしない

告白をして振られたあとにその事実をなかったことにすると、告白相手も罪悪感が生まれ余計に気まずい関係になってしまいます。

すると相手も気を使って話題にできないうえ、好きな相手との会話を打ち切ろうとすることは印象が悪くなります。

不自然に話題を避けているうちに、相手に「嫌われたのかな」とショックを与えてしまうこともあるので気を付けましょう!

 

だからこそ、できるだけ自然に告白の話題に触れたら避けようとしないで会話することを心がけてください。

告白を断ったことに対して、相手の男性に罪悪感を持たせないことが大切です。

対応③:お礼後は連絡を取らない

お礼後にむやみに連絡を取って、相手の負担にならないように注意しましょう!

告白後に良好な関係を築こうと、つい先走って頻繁にLINEをしてしまいがち。

 

しかし、告白した相手から避けられるのが怖いからといって頻繁に連絡するのは、告白した相手にとって精神的な負担になってしまいます。

LINEを送る際は、告白後の感謝の気持ちを送ってから最低でも1週間はあけることがおすすめです。

内容も告白前と同様に友達のような気さくなものを心がけましょう!

振られたあとにLINEで取ってはいけないNG行動

LINEに悩む女性

振られてしまったあと、ついついやってしまいがちなLINE(ライン)でのNG行動を紹介します。

次のような行動を取ってしまうと、告白相手から距離を置かれてしまう可能性があるので気をつけてくださいね!

NG行動①:相手が振ったことを蒸し返す

告白相手が自分を振ったことを蒸し返して、話題にすることはNGです。

どんな相手でも、告白を断るのは勇気が必要ですし、罪悪感があるもの。

 

にも関わらず、「あのとき振られた」と話題に出すのは振ったことを責めているようなものです。

告白相手から距離を置かれる原因になるため、基本的に自分からは話題に出すことはやめましょう!

NG行動②:かわいそうぶる

告白相手に振られたことに対して、「凹んでいる」「立ち直れない」といった様子を伝えることは悪印象。

振られたことを根に持って、落ち込んでみせることで告白相手の同情を引こうとすると、かえって距離を置かれてしまいます。

反対の立場だったら、一方的に悲しまれて引きずられたら付き合いを続けづらいですよね。

 

告白をしたからと言って、必ずしも好きな相手と付き合えるとは限りません。

もし、振られたあとも告白相手と関係を続けていきたいなら、落ち込んでいる様子や悲しんでいる姿は見せないようにしましょう!

NG行動③:アイコン・プロフィールで凹んでいることをアピール

LINEでついやってしまう人が多いのは、アイコンやプロフィールの内容を変更し「悲しんでいる気持ち」を遠まわしにアピールすること。

たとえば、プロフィールに「傷心中」と書いたり、アイコンを悲しそうな自撮りに変えたりなどが該当します。

 

こうして遠まわしに告白相手の同情を誘おうとすることは絶対にNGです!

告白を断った相手がまるで悪者とも思われるような行動は控えましょう。

LINEでも普段どおり振る舞うことが大切ですよ。

NG行動④:振られたことを周囲に言いふらす

告白相手に振られてしまったことを友達や知人に言いふらすことは、相手の立場を悪くしてしまうのでやめましょう。

告白を断られたことがつらく、つい誰かに相談したくなる気持ちはわかります。

しかし、告白相手も告白を断ったという事実が広く知られれば、冷たい人という印象を持たれる可能性も出てきてしまいます。

 

相談をするにしても、多くの人には話さないで本当に信用できる人にだけ伝えましょう。

TwitterなどのSNSでは発信しないことも大切です。

振られたあとも復縁のチャンスはある

スマホをいじる人

一度振られたら、もう告白した相手と付き合うのは難しいのでしょうか?

結論からお伝えすると、再告白で付き合える可能性は十分にあります!

 

というのも、告白を断られたときは相手との仲が深まっておらず、信頼関係が薄いこともあるから。

振られたあとに、改めてしっかりと友人関係を続けていくことで、相手の気持ちが変わることは多くあります。

 

ただし、すぐに告白し直すことはNG!

数ヶ月から1年と時間をしっかりと置いて、じっくりと信頼関係を作っていきましょう。

振られたあとにLINEでリベンジするための方法

リベンジしたい女性

では、相手に振られたあと、LINE(ライン)でリベンジするためにはどんなことに気をつけるべきなのでしょうか?

再告白を成功させるためにも、知っておきたいポイントを紹介していきますね。

方法①:しつこく告白を繰り返さない

一度振られたからと言って、続けて何回も付き合って欲しいと告白を繰り返すことは、相手から嫌われてしまう原因です。

「他の誰かと付き合って欲しくない」「早く恋人関係になりたい」と焦っている気持ちが伝わると、かえって告白相手からは引かれてしまいます。

いったん断られたら、頭を冷やして適切な距離で改めて信頼関係を作っていきましょう!

方法②:気まずいからと相手を避けない

告白を断られたことに対して、気まずいからと避けてしまうと、相手は「嫌われてしまった」と悲しんでしまいます。

告白相手からすると、現時点で付き合うまでの気持ちはないけれど、良い友人関係は続けていきたいと前向きな気持ちがあるかもしれません。

 

しかし、そこで自分が避けてしまったら、せっかくの再告白のチャンスがなくなってしまいます。

気まずいからと相手のことを避けないで、友達として気さくに話しかけたり遊びに誘ったりしてみましょう!

方法③:友達でいて欲しいと伝える

告白して振られたあとは、友達として付き合いを続けて欲しいと一言添えましょう。

告白を断ったことに相手は、少なからず後ろめたい気持ちがあり、友人関係を終わらせるべきなのか悩みます。

 

もし付き合いを続けたいと思っているのなら、はっきりと友人関係を続けたい意志を伝えましょう!

「これからも友人として仲良くして欲しい」と伝えることで、気まずさがなくなり連絡を取りやすくなります。

方法④:できるだけ普段どおりに接する

告白したあとも、できるだけこれまでどおりに相手と接するようにしましょう。

告白を断られたとしても、友達として一緒に過ごしたいと気持ちを行動で示すことで、相手も安心してくれます。

 

大切なのことは「告白を断ったことが悪かった」と思わせない行動を心がけることです。

そのため、今までどおりに告白相手と過ごすことで、相手も気まずくならずにお互い楽しく過ごしていけます。

信頼関係を作っていければ、やがて再告白のチャンスがやって来ますよ♪

方法⑤:告白前と態度を変えない

告白して振られたあとも、告白する以前と変わらない明るい態度で過ごしましょう!

告白した相手だけに限らず、友達や知人に対しても態度を変えないでいることが大切です。

なぜなら、振られたことがきっかけで落ち込んでしまったら、まわりの人に気を遣われてしまい、自然と告白相手からも距離を置かれる原因になるからです。

 

振られたことを気に病んでいると思われたら、告白された相手も周囲も申し訳ないいたたまれない気持ちになってしまいます。

告白相手と良好な関係を続けるには、共通の知人や友人の協力もとても大切です。

「あの二人に何かあったのか?」と心配されるような態度は控えましょう。

方法⑥:傷ついていることをアピールしない

振られたことを理由に、傷ついていると告白相手にアピールをすることはNGです!

辛さをどうすることもできないくらい、落ち込んでしまう気持ちもわかります。

しかし、辛そうにしている姿は相手にも気を遣わせてしまいます。

 

好きな人の前では、できるだけ明るくフレンドリーな態度でいることが大切です。

決して、振られたことが辛いというマイナスな感情を告白相手にぶつけるのはやめましょう!

方法⑦:返信が遅くても相手を急かさない

LINEの返信が遅いと、もう相手に嫌われてしまったのではと不安になりますよね。

そこでどうして返信がないのかと急かしてしまったら、相手にとってストレスになってしまいます。

 

告白相手も告白を断ってしまった罪悪感で距離を置きたいのかもしれませんし、単純に忙しいのかもしれません。

その気持ちや状況を無視して連絡をし続けてしまうと、本当に告白した相手に嫌われてしまいます。

待つことも再告白を成功させるために大切なポイントですよ。

方法⑧:恋愛の話題は控える

振られたあとしばらくは、告白相手も断ってしまったことに対して多かれ少なかれ申し訳ない気持ちを感じています。

そんなときにLINEで恋愛の話題を振ることは、お互い気を遣ってしまいますし気まずい雰囲気になる可能性があります。

 

お相手から恋愛の話題を振られない限りは、自分から告白を思い出すような話題を出すことは控えましょう!

何より、告白相手と話しているうちに、振られたことを思い出すと自分自身もつらくなってしまいますよ。

方法⑨:辛いなら連絡を控える

振られたことがつらくてどうしようもないなら、告白相手との距離を取ることも大切です。

つらい気持ちを無理に隠し切るのは精神的にすり減りますし、告白相手から傷ついていることを勘づかれたら距離を置かれる原因になります。

 

その場合、告白相手からの連絡がない限り、無理に自分からLINEを送ったり遊びに誘ったりする必要はありません。

気持ちが少し落ち着くまで、LINEのやり取りを控えめにしましょう!

 

相手と距離を取ることで、気持ちの整理がついてまた良い友人関係を作っていけるきっかけになります。

つらくてどうしようもないなら、気持ちがまとまるまで引く勇気を持ちましょう!

方法⑩:自分磨きに力を入れる

再告白を成功させるには、告白相手に以前よりも魅力的だと思ってもらえることが大切です!

振られたことを引きずらないためにも、ぜひ美容やダイエット、勉強など自分磨きを頑張りましょう。

自分磨きに力を入れることで、振られたことを思い出す時間も減るので早く立ち直素ことができますよ。

 

また、何かに一生懸命打ち込む姿は、とても素敵に見えます。

そんな姿を見た告白相手が「あの子前より魅力的になった」と、気にかけてくれるかもしれません。

恋愛中心の生活をいったん置いて、自分のための努力も重ねましょう!

LINEで振られたあとに諦めるべき恋

失恋中の女性

告白を振られてしまったあとも、再告白が成功しやすいパターンと諦めた方が良いパターンがあります。

ここでは、再告白を諦めた方が良い恋愛についてみていきましょう。

諦めるべきパターン①:相手に恋人がいる

相手に大切な恋人がいる場合は、振られたあとも恋心を抱き続けることは精神的につらいものです。

もし告白相手が恋人と別れたら、付き合うチャンスは確かにあるかもしれません。

 

しかし、それは予想ができません。

むしろ、下手にアプローチを続ける自体が迷惑になることもあります。

恋人がいる人に告白を断られたら、距離を置いて気持ちを整理させましょう。

諦めるべきパターン②:相手が遠くに引っ越してしまう

相手が遠くに引っ越すなど環境が変わるという理由から、気を遣って告白を断る場合もあります。

遠距離恋愛は大変ですし、もともと付き合っているカップルならともなく付き合って早々に遠距離恋愛はかなりつらいものです。

 

お互いの心の距離も埋まりませんし、自然消滅につながってしまうケースが多いです。

相手としばらく会えない、連絡が取れない環境でも愛し続けられるか、少しでも迷いがあるなら再告白は諦めましょう。

諦めるべきパターン③:LINEを送っても既読無視される・未読のまま

振られたあとにLINEを送っても、既読無視や未読スルーが続くなら、残念ながら告白相手は距離を置きたいと考えています。

告白した側の気持ちを受け取る気がない状態なので、無理に追いかけ続けることが迷惑になってしまいます。

 

そのため、LINEで何度か連絡をしても返信がなければ、悲しいですが距離をしばらく置きましょう。

再告白はすべきではありません。

諦めるべきパターン④:実際に会ってもそっけない・避けられる

告白を振られてしまったあとも、告白相手と顔を合わせることはありますよね。

その際に、態度がそっけなかったり避けられたりするようであれば、これ以上告白相手は仲良くする気がないサインです。

ここで無理に「前みたいに友達になって欲しい」とお願いしたり再告白したりすると、本格的に嫌われてしまう可能性があるので注意が必要です!

 

告白相手も断ってしまったことが気まずくて、今は距離を取りたいのかもしれません。

いったん再告白は諦めて、少しずつ関係を元に戻していくようにしましょう。

もしくは、話せるようになるまで告白相手と無理にコミュニケーションを取ることを控えてください。

LINEで振られたあと再告白するベストタイミング

スマホをいじっている男性

LINE(ライン)で告白を断られてしまったら、その後すぐに再告白をすることはあまりおすすめできません。

なぜなら、お互い気持ちの整理がついていませんし、告白相手も数日や1ヶ月程度で気持ちが簡単に変わることはほとんどないからです。

 

では具体的にどんなサインがあったら、再告白しても良いのでしょうか?

意識したいベストタイミングご紹介します。

タイミング①:3ヶ月以上あと

最初の告白から、最低でも3ヶ月以上の期間はあけることをおすすめします。

すぐに次のアタックをしたくなりますが、ここはぐっとこらえて告白相手の気を引きましょう!

 

なぜなら、特に男性は所有欲が強い生き物です。

一度自分を好きになってくれた女性に対して「手の届く存在」、つまり「自分のもの」という感覚が生まれます。

 

そこではじめて、男性から意識してもらうきっかけになるのです。

期間を置かずにいきなり再告白をするのは、男性にとってまだ手に入れられると安心している状態です。

 

そんなときに告白をしても、追いかけたい気持ちが薄ければまた告白を断られてしまいます。

しかし、告白をする様子は見せないでいることで、「この子はまだ自分のことが好きなんだろうか?」と、男性の方から意識してくれるようになるのです。

 

この心理状態を引き出すため、最低でも再告白までは3ヶ月以上あけること。

場合によっては半年、1年以上時間をあけて再告白をする場合も珍しくありません。

決して焦らないで、時間をあけることを大切にしましょう!

タイミング②:相手から積極的にLINEが来るようになった

自分からLINEを送らなくとも、告白相手から積極的に連絡をくれるなら、だいぶ信頼してくれているサインです。

わざわざ嫌いな人には自ら連絡をしませんよね!

 

相手からLINEを送ってくれる時点で、少なくとも嫌われていません。

さらに、用事ではなく世間話まで盛り上がるようであれば、うまく信頼関係を作っていけているサインですよ♪

タイミング③:悩みごとを相談してくれるようになった

男性はプライドが高く、なかなか友達には弱みを見せないものです。

もし、告白相手が相談を持ちかけてくれるようであれば、かなり頼りにされている証拠です。

 

特に、女性には見栄を張りたい心理が働くため、それを乗り越えても相談してくれるのはかなり好感度が高い状態です。

ここまできたら、そろそろ再告白のタイミングを考えていきたいですね♪

タイミング④:2人で遊びに行けるようになった

2人であちこちに出かけるようになれば、かなりお互いのことを良く知っている状態です。

告白相手から遊びに誘われるのであれば、一緒にいることが楽しいと思っていてもらえるサインです。

 

ここまで来たら、友達という枠をもう一度越えるチャンス!

思い切って2人きりのときに、告白をするタイミングを狙いましょう♪

タイミング⑤:嫉妬してくれるときがある

まだ付き合ってもいないのに、他の異性の話を出したり誰かと遊びに行ったりといった話題を出すと嫉妬するようであれば、告白相手はかなり好意を抱いてくれています。

「自分に告白したのに異性と話したり遊んでいる」状況が気になるのは、独占欲が出ている証拠です。

 

告白相手が好意を持ってくれていると考えて良いでしょう!

ここまできたら、お相手から告白をしてくれる可能性もありますよ。

タイミング⑥:相手が忙しくない・余裕がありそう

仕事やプライベートで忙しそうなときは、恋愛に時間を割いている余裕がなく再告白をしても断られるケースが多いです。

そのため、再告白をするなら告白相手がある程度ゆとりのあるタイミングを狙いましょう。

 

早く付き合いたいからといって、過剰なアピールをしたり自分のタイミングで再告白をしたりすることはNGです。

相手の様子をしっかりとチェックし、今なら話を聞いてくれそうと思ったときにこそ再告白したいですね♪

再告白を成功させるための3つのコツ

心配な女性

それでは、振られた相手に再度告白をする際に、どんなことに気をつければよいのでしょうか?

告白の成功率を上げる3つのコツをしっかりと覚えておいてくださいね♪

コツ①:振られたあとに自分が成長したことを伝える

再告白をする際は、まず前回相手に断られたときから、自分がどれだけ変わったのかアピールしましょう。

1回目の告白のときよりも、「外見や内面を磨いたこと」「新しい学びを得たこと」など、告白をきっかけに自分が変われたと相手に感謝の気持ちを伝えましょう。

 

人は感謝されると悪い気持ちになりませんし、「あなたのおかげで私は変わった」と人生に影響を与えることができるのはとても嬉しいことだと感じます。

そこで、改めて「あのときよりもかわいくなれたと思います。よければ付き合ってください」と気持ちを伝えましょう!

コツ②:ストレートに「好き」だと気持ちを伝える

告白相手に誠意を感じてもらうには、しっかりと目を見てストレートに「好き」と伝えることも大切です!

いったん告白を断られていると、「好き」ということばだけでは冗談かもしれないと告白相手に流されてしまいます。

本当に真剣にまだ相手のことが好きで、付き合いたいという気持ちを行動で示しましょう。

コツ③:じっくり考えての再告白であることを伝える

好きという気持ちをストレートに伝えるのと同時に、再告白が軽い気持ちではないことをアピールすることも大切です。

真剣に数ヶ月考えたうえでの結論だったことを告白相手に伝えることで、それだけの気持ちがあると理解してもらえます。

答えをはぐらかされる可能性も減ります。

「LINEをしたり遊びに行ったりするうちに、改めて好きだと思った」と、前回の告白から関係を深めたことで、さらに告白相手への好意が増したとアピールしましょう!

まとめ

振られたあとのLINE(ライン)と際告白する際のポイントや注意点についてお伝えしました。

一度告白を断られてしまっても、その後絶対に付き合えないとは限りません。

 

しっかりと数ヶ月ほどかけて関係を深めていくうちに、告白相手も自分のことを意識してくれる可能性があります。

決して諦めないで時間をかけ、いずれやってくる再告白のタイミングを狙いましょう!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

igarashi

igarashi

ホンカツライターのいがらしです。今までの恋愛経験を活かして、みなさまの婚活・恋活、そして恋愛のお悩みに関するお役立ち情報を提供しています。

他の記事も見る

TOPへ