作成日:2019/11/23

更新日:2019/11/24

【解明】彼女いない歴=年齢はいつまで許される?モテない男の14の特徴と彼女の作り方

ミハエル
ミハエル

女性が好きになった男性が「彼女いない歴=年齢」ということもあるでしょう。しかし、男性からそのような恋愛状況を伝えられると、女性としては「何か欠点があるのかもしれない」「本当はモテないのかもしれない」といったように、あまりポジティブに受け取られないことが多いのではないでしょうか?そこで、今回はなぜ「彼女いない歴=年齢」という事態に陥ってしまうのか、そのような男性が生まれてしまうメカニズムや「彼女いない歴=年齢」の男性を細分化して、彼女ができたことがない男性の原因、そういった男性を彼氏にするメリット、そして付き合う際の注意点まで幅広く解説していきます♪

「彼女いない歴=年齢」が許されるのはいつまで?

彼女ができた男性

「彼女いない歴=現在の年齢」という男性がいますが、一般的にこのような返答が許されるのはいつまでなのでしょうか。

できれば大学生

女性側から見ると、できれば大学生までが理想的という声が多く挙がっていました。

大学生となると、普段の学生生活や、サークル、バイトなど、中学や高校時代と比べて環境や交友関係はグッと広がります。

また、将来的なことを考えた上でも、大学生のうちに女子との交際関係を作っておいて欲しいとの意見が一般的でした。

デッドラインは25歳

一方で、デッドラインとして、多くの女性が挙げていた年齢は「25歳前後」という回答でした。

「自分より年上で一度も付き合ったことがない男性はちょっと……」「25歳過ぎても付き合ったことがないとリードしてもらえるのか不安」というように、一部の女性では「単純に引いてしまう」といった意見や、自分からリードすることに抵抗があるといった声が多く挙がっていました。

「彼女いない歴=年齢」の男性に共通する特徴

彼女ができない男性

「彼女いない歴=年齢」の男性には、共通して見られる特徴があります。

続いては、そういった男性の特徴を具体的にお伝えしていきましょう!

特徴①:ネガティブで自分に対する自信がない

過去のトラウマや心の傷、日頃から自分に自信がないまま生活していると、自分への評価が著しく低かったり、自信喪失、自己嫌悪につながり、結果的にネガティブになっていきがちです。

これは恋愛において、女性を遠ざけたり魅力的な男性に映らないといったマイナス要因になってしまいます。

特徴②:協調性がない

「彼女いない歴=年齢」という男性の中には、自分のリズムで行動してしまい、マイペースで協調性がない男性が多くいます。

一人であればそういった性格でも良いかもしれませんが、恋愛となると話は違います。

女性が話を聞いて欲しいときや相談に乗って欲しいときに、男性側が自分の話ばかりしていたり片手間に悩み事を聞いていたら、当然ですが女性にとっては良い気はしないでしょう。

 

恋愛となると、会話や行動は一人ではすることができません。

そのためマイペースや協調性が欠けており、自分のことしか考えられない男性は、「彼女いない歴=年齢」になりがちな傾向があるのです。

特徴③:夢や目標がない

身近な男性の中にも、夢や目標を熱く語る男性がいるのではないでしょうか?

そういった男性は女性から好意的に見られたり、恋愛対象として見てもらえたりする可能性が高まります。

 

一方で、何も考えずに生活していたり夢や目標がなく過ごしている男性は、女性にとって魅力的には映りません。

そのため、彼女ができないままの生活を過ごすことになってしまうのです。

特徴④:何事にもケチ

お金や時間など、何事においてもルーズなのことはいけませんが、何事にもケチな男性も女性からモテなくなります。

「節約しなきゃ」「もったいない」「割り勘」といった話ばかりをしていると、女性から煙たがられたり敬遠されてしまいます。

そういった男性は注意が必要ですよ。

特徴⑤:自分が中心のコミュニケーション

モテない人や恋愛に発展しない人の特徴として、自分中心のコミュニケーションばかりになってしまうことが挙げられます。

このような人は、いつの間にか自分の話ばかりしていたり、話すことに対して反応が薄いなど、自分には興味があるものの、相手の言動には一切興味を示しません。

 

これが恋愛となると、「彼女の話は聞かない」「女性を困らせたり不快にさせる」といったことになります。

そういった男性を女性は彼氏にはしたいとは思わないのです。

特徴⑥:性格は良いが男らしくない

あなたの周りにも、「顔や性格は良いけど、恋愛対象には見えない」というカテゴリーに含まれる男性がいるのではないでしょうか?

女友達からの評判は良く頻繁に遊んだりするものの、なぜか友達止まりで恋愛まで発展しないといった男性です。

 

このような男性は、結果的に「相談相手」や「頼れる人」にはなります。

しかし、そういったイメージが定着してしまい、良い人止まりになってしまうのです。

特徴⑦:強いクセや難がある

典型的な特徴として、これまで彼女がいなかった男性には、総じて強いクセや難(なん)がある場合が見られます。

これは、見た目や性格だけでは判断できません。

 

しかし、会話をしていると「人の悪口を言う」「潔癖症」「怒りやすい」といった特徴が現れます。

そのため、近寄りがたい、付き合いづらいと思われ女性から遠ざけられがちです。

特徴⑧:デリカシーがない

男性の中には「相手に思ったことを素直に伝えるのは良いこと」と解釈する男性もいますが、恋愛においてはそればかりでは決して上手くいきません。

特に、男性は言い合う文化やタテ社会に順応することに慣れていますが、女性は横のつながりを重視しています。

そのため、女性はダイレクトに思ったことを伝えられるよりも、自分の意見に共感したり聞いて欲しいという側面を強く持っています。

 

しかし、デリカシーなく女性の言動に対して指摘していると、女性に嫌われたり結果的に女性を遠ざけてしまいます。

男性が本来持つ「使命感」や「正義感」、「優越感」から女性に対して発言することもケースバイケースでは良いときもありますが、女性と話すときは、相手の気持ちを汲むことや自分を客観視して話すことを心がけましょう。

特徴⑨:人を好きになったことがない

ライフスタイルやライフプランが多様化した昨今、「人を好きになったことがない」という男性も多く見受けられます。

ここに至るまでには、それまでの生い立ちや過去の環境などが関係しており、それらが作用して影響を及ぼしています。

 

こうなると男性側は、人を好きになること自体をネガティブや否定的に捉えていることが多く、人を好きになる喜びや彼女を作りたいという意識を持っていません。

そのため、「彼女いない歴=年齢」となることは珍しくないのです。

特徴⑩:女性へアプローチができない

「彼女いない歴=年齢」という男性の中には、これまで好きな人がいたにもかかわらず、女性へのアプローチができない、または仕方がわからないとの理由から恋愛に至らなかったというケースも多く見受けられます。

「女性から拒否されたらどうしよう」「デートに誘って積極的と思われたらどうしよう」など、今後の展開がネガティブに発展することを考えてしまい、自分の思うようなアプローチができない男性も実は多く存在するのです。

特徴⑪:服装や髪型に気を使っていない

自分の服装や髪型といった外見に一切気を使っていない男性も、女性からはモテません。

自分の見た目に興味関心を持たない男性は、女性側から清潔感や真面目さが欠けていると判断されがちで、恋愛相手としても敬遠されがちです。

 

特に、学生であれば制服、社会人であればスーツや作業着など決められた服装であることが多く、私服に気を使っていないと次第にファッションセンスが欠けてしまいがちです。

ハイレベルなファッションセンスや今時の髪型など流行に乗る必要はありませんが、適度な清潔感を感じられる身だしなみは必要です。

特徴⑫:女性への理想が高すぎる

「彼女いない歴=年齢」の男性でありがちな特徴が、女性に求める理想が高過ぎるがゆえに、彼女ができにくくなっているということです。

また、女性とお付き合いせずに年齢を重ねてしまうとどんどん理想だけが高くなってしまい、より恋愛に発展しづらくなってしまうという悪循環も生まれてしまいます。

 

このような男性は、「漫画」や「アニメ」、「ドラマ」に登場する女性をイメージし、主人公と自分を投影してしまう傾向があります。

そのため、現実的な恋愛ができなくなってしまうのです。

特徴⑬:仕事人間

男性の中には、恋愛より仕事を優先している男性も一定数います。

このような男性は、恋愛をしたいとは思っているものの、仕事に時間を取られたり、仕事優先で生活リズムを作ってしまっているため、気がついたら歳を取っていたというケースが見受けられます。

特徴⑭:プライベートが充実している

経済的にも困っておらず、友達も多く、休日は趣味に邁進している。

このように自立している男性は、プライベートが充実しています。

そのため、彼女ができない、もしくは作る必要性がないのです。

イケメンなのに彼女ができたことがない男性の原因

彼女ができないイケメン

「彼女いない歴=年齢」の男性と聞くと、これまでモテてこなかった男性を想像しがち。

しかし、中にはイケメンの男性も含まれているのです。

 

イケメンにもかかわらずこれまで彼女がいたことがないとなると、女性は余計に疑問を抱いたりアプローチするハードルが高くなるものです。

ここでは、イケメンなのに彼女ができたことがない男性の主な原因についてお伝えしてきましょう。

原因①:女性にアプローチできないから

男性がイケメンだからといって、必ずしも女性に対して積極的であったり、女慣れしているわけではありません。

しかし、女性ならある程度アプローチしてくれる人や、リードしてくれる男らしい人を好意的に思うものです。

これは「イケメンだから」といって優遇されるわけではありません。

 

女性にアプローチできない男性は、女性から恋愛対象に見られる機会が減り、彼女ができにくくなる傾向が高まります。

特に、イケメンになるとこれらに対するハードルが高く、アプローチできない人やリードできない人は女性から見逃されることが多くなってしまうため、結果として彼女を作ることが難しくなってしまうのです。

原因②:ライバルが多いと思われ敬遠されるから

イケメンの男性は、必然的に女性からの人気が高く「ライバルが多いのでは?」「恋愛対象として見られないのでは?」と思われ、女性から敬遠されがちになります。

そのため、結果的に誰からも告白されたりアプローチされることがなく、彼女ができないといった事態に陥ることがあります。

 

「イケメン=モテる」ということをメリットに捉える人が多いと思います。

しかし、イケメンであるがゆえにライバルが多いなどと思われることは、恋愛において必ずしもメリットになるわけではないということを覚えておきましょう。

原因③:彼女がいないことが冗談だと思われているから

多くの女性は、男性がイケメンであると「実は彼女がいるのでは?」「遊ばれているだけなのでは?」など、あらゆる憶測をしてしまいがちです。

そのため、男性側が彼女がいないことを伝えても本気で信じられなかったり、無意識に拒絶してしまう女性も多くいいます。

そのため、結果的にイケメンは敬遠されて彼女ができにくくなってしまうのです。

彼女を作るために最低限必要なこと

乾杯

続いて紹介するのは、彼女を作るために必要最低限はおさえておきたいポイントです。

実はできていると思っていても、客観的に分析するとできていないといったことが多くあります。

これを機会に、ぜひとも確認しておくことをおすすめします。

必要なこと①:最低限の身だしなみは整える

彼女にしたい女性が現れたら、まずは最低限自分の身だしなみは整えるようにしましょう。

これまで服装や髪型などの外見に一切気を遣わなかった男性が、急にセンスある身だしなみになるということは難しいかもしれません。

身だしなみにおいて多くを追求すると、かえって難しくなってしまいますので、ここではあえて「清潔感を持つこと」に着目して身だしなみを変えてみましょう。

 

「清潔感のある身だしなみ」とは、髪型であれば髪を切って髪型を整えセットすること。

服装であれば、ジャージやサンダルなどを着るのではなく、シワやヨレていないシャツを着ることなどが挙げられます。

 

これらの項目は基本的なことであり、相手の女性と会う上で相手に敬意を表することにもつながります。

当たり前と思って身だしなみに気を使うようにしましょう!

なお、清潔感がわからない方はこちらを参考にしてみてください。

必要なこと②:理想の彼女像を明確にしておく

「彼女いない歴=年齢」の男性は、これまで付き合ったことがないため、理想の女性像が高くなりがちです。

これだけ聞くと、自分の求めている女性のハードルが高くなってしまい、彼女がよりできにくくなってしまうと思われるかもしれません。

 

しかし、ある程度の理想を持つことは、自分の求めている女性(彼女像)を見極める際には重要なことです。

そのため、ある程度明確にしておくことをおすすめします。

 

自分の理想をすべて満たす女性となると出会うこと自体がとても難しいです。

ただ、「これだけは譲れない」という理想を持つことで、いざ目の前に理想な女性が現れたときにアタックしやすくなるなどのメリットがあります。

必要なこと③:自分中心で考えない

付き合うこと自体、相手の女性がいてはじめて成立することです。

そのため、行動や発言を自分中心で考えずに、常に相手のことを考えながら客観的にみることが必要です。

 

「彼女いない歴=年齢」の男性は、ここの部分が欠けていることが多いです。

そのため、彼女が欲しいと思ったら、必要最低限自分中心で考えないことを意識しましょう!

「彼女いない歴=年齢」な男性が恋人を作る方法

ラブラブなカップル

彼女を作るために最低限必要なことをおさえたところで、次のステップとなるのが、恋人を作る具体的な方法です。

ここでは、彼女の作り方についてかなり細分化して紹介していきます。

全部に挑戦するのではなく、自分のライフスタイルや価値観に合ったものから試してみることをおすすめします。

方法①:友達に紹介してもらう

学生時代であれば、ある程度女性とのつながりや話す機会があったかもしれません。

しかし、年齢を重ねるにつれて家と職場の往復だけになることが多く、次第に行動範囲が狭くなり自分の力だけでは理想の女性と出会うことが難しくなってしまいます。

 

自分の行動範囲や実力に限界を感じたら、知人や友達に女性を紹介してもらうことが一つの手段です。

頼むこと自体を恥ずかしいと感じる男性も多いかもしれませんが、友達たちに女性を紹介してもらうことで、自分の理想的な相手を紹介してくれたりする確率は高まります。

彼女が欲しいと思う男性は迷わずお願いしてみましょう!

方法②:同じ趣味の人が集まるイベントに参加する

彼女が欲しいと思ったら、自らの行動範囲を広げることも大切です。

特に、自分の趣味や関心があることであれば、はじめの一歩を踏み出しやすいのではないでしょうか?

そのため、同じ趣味の人が集まるイベントやサークルなどに参加して、女性を探すことも一つの手段です。

同じ趣味であれば女性との会話に困る男性でも参加しやすいため、恋愛に発展しやすいのでおすすめです。

方法③:習い事を始める

時間的に余裕がある人は、これを機に習い事をはじめることも女性との出会いの場を増やす機会につながるのでおすすめです。

習い事の場が女性との恋愛に発展せずとも、習い事の種類によっては自分自身のスキルを高めることができます。

そのため、結果的に男性としての魅力を高めることや、女性に対してのアピールポイントへと結び付けることができますよ。

方法④:合コンへ参加する

学生時代の友達や同僚に合コンをセッティングしてもらうことも、理想の女性を探す上では有益な手段です。

合コンに参加する目的は、男女ともに出会いです。

 

そのため、その後恋愛に発展する可能性は高いため、出会いの場としては活用すると良いでしょう。

合コンは複数同士で行うものなので、一対一のコミュニケーションがあまり得意ではない男性でも楽しむことができますよ。

方法⑤:街コンに参加する

理想の女性がわからない人や自分の好みが絞れていない人は、さまざまな女性が参加する街コンに参加するのも良いでしょう。

街コンはそのエリアのカジュアルなレストランなどで開催されることが多いため、気負わず参加することができますよ。

方法⑥:マッチングアプリを利用する

近年出会いの場として若年層を中心に支持を集めているのが、マッチングアプリです。

「出会い系サイトなのでは?」「ネットを利用しての出会いはちょっと……」などと、抵抗感のある男性もいるかもしれませんね。

 

しかし、マッチングアプリならいろいろな女性を簡単に探すことができます。

また、出会う時間がない人でも手軽に始めることができるため、効率的に理想の女性を探すことができますよ♪

「彼女いない歴=年齢」男性の女性にとっての魅力

仲の良いカップル

「彼女いない歴=年齢」の男性と聞くと、女性としてはデメリットや欠点ばかりが浮かぶかもしれません。

しかし、必ずしもネガティブな要素ばかりではありません!

ここでは、そのような男性とお付き合いする上で、女性側にとって魅力・メリットになり得る部分を紹介していきましょう。

魅力①:一途

「彼女いない歴=年齢」の男性は、できた彼女に尽くしてくれたり、一途に愛してくれたりするなどのメリットがあります。

これまで一度もお付き合いしたことがないので彼女のことを大切にしてくれますし、女性の期待に最大限応えようと努力してくれます。

そのため、一途な男性が好きな女性は「彼女いない歴=年齢」男性が狙い目かもしれませんよ。

魅力②:結婚しやすい

過去に恋愛をしていると女性慣れしていたり、リードしてくれると言ったメリットを持つ反面、元彼女と比較したり、結婚相手を慎重に選ぶ傾向など、デメリット的な要素も少なからずあります。

しかし、「彼女いない歴=年齢」の男性であれば比較されることはありませんし、今の恋愛がベストと考えれば結婚を前向きに捉えてくれる確率が高いでしょう。

魅力③:自分色に染めやすい

「彼女いない歴=年齢」の男性は、過去の恋愛経験または女性との交友関係が乏しい傾向にあります。

そのため、これからお付き合いする女性との出来事は「何もかもはじめての女性」である可能性が高いです。

なので、女性側にとっては相手を自分色に染めやすく、理想的な彼氏を作りやすくなります。

 

女性慣れしていないため、初めのうちは男性の発言が目に付く点もあるかもしれません。

ただ、少しずつ育てていくことで、自分好みの理想的な相手に作り上げていくことができますよ。

「彼女いない歴=年齢」男性を落とす方法

男性を落とす女性

「彼女いない歴=年齢」と聞くと「経験もないし簡単ではないか?」と思う女性もいるかも知れませんが、男性を落とす際は万全を期すことに越したことはありません。
ここでは「彼女いない歴=年齢」の男性を落とす方法について誰でもできるテクニックを紹介します。

落とし方①:男性としての自信を持たせる

これまで女性と付き合ったことのない男性は、自信がなかったり女性の扱いに慣れていなかったりと、自信が持てずにいる人が多いです。

そんなときは、男性側に自信を持たせるような発言や行動をさりげなく促しましょう!

 

「さすが!」「ありがとう」「気が利く」など、ことばだけでも男性に自信を持たせることができますよ。

積極的に使ってみてください!

落とし方②:すきを見せる

「すきを見せる」ということも「彼女いない歴=年齢」の男性を落とすには有効な方法です。

「普段はしっかりしているのにどこか抜けている」「仕事はバリバリこなすけど、プライベートは甘えるか弱さを見せるなどのギャップ」といったように、メリハリを持たせることに弱い男性は多いですよ。

落とし方③:女性の魅力を感じさせる

女性に対して免疫のない男性にアピールするには、女性の魅力を最大限感じさせることが有効な手段です。

「女性らしい仕草」や「服装」「香り」「発言の仕方、「気配り」など、アピール方法はなんでも構いません。

相手の男性をドキッとさせることができれば、落とすことができるでしょう!

「彼女いない歴=年齢」の男性と付き合う際の注意点

付き合う男女

最後に紹介するのは、「彼女いない歴=年齢」の男性と付き合う際の注意点です。

これまで女性と付き合ったことがある男性と比べて、気を付けた方が良い点は少し異なります。

これからお伝えする項目に注意しながら接するようにしましょう!

注意点①:女性の扱いに慣れていない

「彼女いない歴=年齢」の男性は女性の扱いに慣れていないため、この点においては注意する必要があります。

男性によっては女性も話すこと自体ままならない、女心をくんでくれない、まったくリードしてくれないなど、デリカシーのない発言や行動が目につくかもしれません。

こういった点は大目に見てあげるか、それを踏まえた上で接することをおすすめします。

注意点②:自分を優先しがち

「彼女いない歴=年齢」の男性はこれまで一人の生活が長く、そのリズムに慣れてしまっています。

そのため、自分の生活やスケジュールを優先しがちという点にも注意が必要です。

特に、年齢を重ねて付き合うと柔軟性に欠けたり生活を変えたりすることが難しくなります。

注意点③:束縛される

初めてのお付き合いとなれば、誰でも束縛したりされたりした経験があるのではないでしょうか?

これは「彼女いない歴=年齢」の男性にも当てはまるため、非常に重たい存在になり得るかもしれません。

注意点④:重たい

これまで女性経験がない男性は、付き合う女性に依存しやすい傾向があります。

そのため、女性にとって重たく感じることがあります。

 

男性側からすれば「大切にしたい」「別れたくない」などといった理由かもしれません。

しかし、相手の女性からすると重たく感じることがあるかもしれないことは覚えておきましょう。

注意点⑤:結婚願望が強い

「彼女いない歴=年齢」の男性は、特に年齢が上がるにつれて結婚を強く意識する傾向が見受けられます。

これは、周りが結婚し出したり親からプレッシャーをかけられたりすることが要因です。

 

そのため、付き合うこと自体を軽く考えていないため、結果的に結婚願望が強くなりがちなのです。

その願望ゆえ、相手の女性にプレッシャーをかけることにつながってしまいやすくなります。

まとめ

「彼女いない歴=年齢」の男性の全容を解明してきました。

これまで彼女いない男性となると、女性は「どこかに難があるんじゃないか?」と想像しがち。

しかし、男性によって付き合ってこなかった理由はさまざまです。

 

「彼女いない歴=年齢」の男性を一括りにするのではなく、しっかりと男性の内面や背景などもみてあげてください。

そして、素敵な男性を見つけてくださいね!

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

ミハエル

ミハエル

都内在住の20代。仕事は経営者兼投資家。年収も大台を突破し、日本各所に家を持ち、車に囲まれながら悠々自適に生活。 現在の趣味はクラシックカーの収集。豪華絢爛な世界の一部をお届けできれば嬉しいです。

他の記事も見る

TOPへ