fbpx

作成日:2019/11/29

更新日:2019/12/01

【必見】中学生の恋愛の脈ありサインは?男女別18のサインと10のアプローチ方法!

アバター
igarashi

中学生の恋愛において、好きな人への脈あり態度は意外とわかりやすいもの。片想いは悩みがつきないものですが、相手をじっくりと観察すれば好意や関心がないのかある程度見抜くことができますよ。ここでは中学生の脈あり行動や態度を男子、女子それぞれ紹介します!両想いになるためのコツも説明しているので、ぜひチェックしてくださいね♪

目次

男子中学生の恋愛で脈ありの行動・態度

学校の教室

まずは男子中学生の恋愛で、脈ありの相手にはどんな行動や態度をとってしまうのかをご紹介します。

男子の脈あり行動・態度①:急に話しかけなくなる

今まで友人として仲良く話せる関係だったのに、最近話かけてこなくなった、話す機会が減ってしまった…。

これは男子中学生が好き避けしているサインの1つ!

 

好きな人の前では照れるし、話そうと思っても戸惑ってしまうありますよね。

これは男子中学生でも同じで、好意があるからこそうまく話しかけられずに距離を置いてしまうのです。

特にケンカをしたとか、相手を傷つけるようなことを言ってしまったわけでもなければ、好き避けていると考えられますよ。

男子の脈あり行動・態度②:女の子をからかう

特定の女の子のことを、何かとからかっているのも中学生男子の脈ありサインです。

なぜなら男子は女子よりも子どもっぽく、小学生の頃から変わらず好きな女子をからかってしまうものだから。

 

つまりからかえば好きな人がきっと反応してくれて、会話のきっかけにもなると考えているんですね。

また、素直に会話するのが恥ずかしい心理も隠れています。

男子の脈あり行動・態度③:目がよく合う

ふと顔を上げたときや、遠くを見たとき、特定の男子中学生と目がよく合うなら、こちらを意識してくれているサインです。

好きな人のことは、ついつい暇があれば目で追ってしまいますよね。

 

男子中学生も気になっている相手がいれば、無意識に姿をずっと見つめてしまうのです。

あまり話すことはないけれど、よく目が合う男子がいたらこちらに好意を持ってくれているかもしれませんよ。

男子の脈あり行動・態度④:目が合うとそらす

話している最中やふと目が合ったとき、男子中学生はどんなリアクションをしますか?

もし焦ったようにすぐに逸らすなら、恥ずかしさから長い時間見つめ合えない心理が隠れています。

 

会話したいけれど恥ずかしい気持ちが強く、なかなか話しかけられないでいる状態。

できればこちらから積極的に声をかけていきたいですね。

男子の脈あり行動・態度⑤:何でもないラインを送ってくる

今日あったことやちょっとした小話をわざわざラインしてくるのは、中学生男子ができるだけ会話をしたいサインです。

好きな人には自分のことを知ってほしいし、うれしい気持ちや悲しい気持ちを共有したくなりますよね。

直接話すときはそっけなくても、ラインは積極的に送ってくれるのは、シャイな中学生男子の特徴でもあります!

 

目を見て話したり声を聞いたりするのは恥ずかしくても、文章ならまだ話しやすいですよね。

だからこそ、わざわざ世間話をラインでしたがるのは興味を持ってくれている証拠です。

男子の脈あり行動・態度⑥:テンションが高い

好きな人と話すと、嬉しさから自然とテンションが高くなりますよね。

特に、男子は隠し事が苦手で感情がそのまま出やすいので、好きな人を前にするとついつい嬉しさが表情や態度に出てしまうのです。

ニコニコと嬉しそうに話してくれたり声が高くなったりするなら、好意を持ってくれていると考えていいでしょう。

男子の脈あり行動・態度⑦:髪型などの変化にすぐ気づく

髪を切ったりヘアアレンジを変えたりした時、すぐに気づいて声をかけてくれるなら、それだけいつも姿を見てくれている証拠。

男子は女子と比べて、服や髪型などのおしゃれの違いに気づきにくいものです。

にも関わらず、変わったことに気づいてくれるのは、しっかり興味を持って見てくれているからです。

男子の脈あり行動・態度⑧:人前では冷たいが2人だと優しい

周りにからかわれるのが恥ずかしくて、人目があるところでは素直になれないのも男子中学生の特徴です。

人前だとそっけなかったり冷たかったりする態度でも、2人で話している時は優しく気遣ってくれるなら、好きという気持ちがあるサインです。

男子の脈あり行動・態度⑨:物を借りようとしてくる

嫌いな人からわざわざ物を借りようとは思わないですよね。

たとえば筆記用具を忘れてしまったとき、貸してほしいとお願いされるなら少なくとも相手の男子中学生に嫌われてはいません。

ほかにも好きな歌手のCDや本を貸してほしいと、積極的に声をかけてくれるなら好きなものを知ろうと考えてくれています。

女子中学生の恋愛で脈ありの行動・態度

LINEする女子中学生

では次に、女子中学生の脈ありサインや行動についてご紹介します。

女子の脈あり行動・態度①:ラインがよく送られてくる

1つ目はラインがしょっちゅう送られてくること。

女子は好きな人と出来事や気持ちを共有したいという感情を持っています。

そのため好意のある相手には、今日あった出来事や好きな物など、大きな用事がなくともラインで連絡をとろうとしてくれます。

 

反対に興味のない異性にはわざわざラインも送りません。

普段からよくラインで連絡を取り合うなら好かれているサインです。

女子の脈あり行動・態度②:よく目が合う

一緒の教室にいるときや、遊んでいるとき、女子中学生と良く目が合うようなら、それだけ興味を持ってくれている証拠です。

まったく関心がない人をわざわざ見ようともしないですよね。

 

ふと目が合うことが多いのは、こちらが見ていない間もじっと見つめているということ。

女子は興味のある人や好きな人を無意識に目で追ってしまいがちです。

それだけ相手の男子中学生に興味を持ってくれています。

女子の脈あり行動・態度③:ずっと見てくる

話しかけてこない間も、視線をよく感じる、なぜかずっとこちらの動きを見てくる…。

そんな様子が見られたら、女子中学生に好意をもたれているサインです。

 

ずっと見られるのは恥ずかしくもありますが、女子中学生にとってはできるだけ好きな人の姿を見ていたいと思うし、知りたいもの。

目が合ってもなおずっと見つめてきたり、笑ってくれれたりするのなら、好きという気持ちがある証拠です。

女子の脈あり行動・態度④:笑顔が多い

目が合ったときや話しているときに、いつもにっこりと微笑んでくれるのは話すのが楽しいからこそ。

好きな人や物の前では、ついうれしさからにっこりとしてしまうものですよね。

 

もちろん女子は日頃から笑顔が多い子もいます。

しかし、こちらと話しているときはいつにも増してテンションが高くなるし、うきうきした雰囲気があります。

女子の脈あり行動・態度⑤:よく話しかけられる

何かと理由をつけて、ちょっとした世間話や相談事を持ちかけてくれるなら、それだけ会話をしたいし一緒に過ごしたいということ。

特に相談事までしてくれるのは、女子中学生にしっかりと信頼してもらえてますよ!

 

中学生にもなると、周りの目が気になってあまり異性と話さなくなっていきますよね。

それでも積極的に話しかけてきてくれるのは、仲良くなりたいという心理が隠されています。

女子の脈あり行動・態度⑥:好きなものやことを聞いてくる

趣味のことや好きなものをよく質問してくるのは、相手のことを深く知りたいサインです。

好きだからこそ、どんなものが好きで何に興味を持っているのか、くわしく知りたいと考えるのは自然なことですよね。

たとえば「〇〇君って休みの日に何してるの?」「好きな歌手いる?」と、プライベートなことを良く質問されるなら脈ありのサインです。

女子の脈あり行動・態度⑦:好きな人がいるか聞いてくる

今好きな人がいるのか、彼女はいないのか、ストレートに聞いてくるのも脈ありの可能性が高いです。

好きになったとしても、相手に好きな人や恋人がいたらと考えると不安になりますよね。

 

女子中学生は好きな相手の恋愛事情を知っておきたくて、勇気を出して質問してくれるケースがあります。

もし質問されたらはぐらかさないで、はっきりと答えを伝えましょう。

女子の脈あり行動・態度⑧:やさしくしてくれる気遣ってくれる

普段から何かと優しくしてくれたりよく気遣ってくれたりするのなら、それだけこちらを大切な人だと考えてくれている証拠です。

あまり好きでもない相手ならそもそも優しくすることもないし、積極的に関わっていこうとも思いませんよね。

 

たとえば忘れ物をしたら、女子中学生の方から貸してくれたり困っていたら声をかけてくれるのは、いつも気にかけてくれているからこそです。

女子の脈あり行動・態度⑨:ボディタッチしてくる

話している最中に肩や背中にぽんと触れてきたり肩が触れそうな近い距離に座ってきたり、女子中学生の方からボディタッチをしてくるなら心を許してくれているサインです。

 

女子中学生は嫌いな男子に自分から触ろうとすることはほとんどありません。

でも積極的にボディタッチをしてくれるなら、それだけ好意を持ってくれている脈ありと考えていいでしょう。

脈ありと判断した場合のアプローチ方法:女子編

電車に乗る女子中学生

ここまで挙げた脈ありサインに当てはまっている場合、女子から男子中学生にアプローチをするのならどんな方法をとればいいいのでしょうか?

おすすめのアプローチ方法を5つご紹介します。

女子のアプローチ方法①:LINEを頻繁に送ってみる

まずは気になる相手と仲良くなるため、積極的にラインを送ってたくさん会話をしましょう。

会話のやりとりをすればするほど、男子中学生に意識してもらえるし距離を縮めていけますよ。

 

おすすめは相手が返信しやすいように、質問形式の内容を送ること。

たとえば「今日は〇〇を食べたよ」という報告ではなく、「〇〇君は今日何を食べたの?」と質問形式にしましょう。

 

報告だけだと返信の文章に悩んでしまいますが、質問だと答えを返しやすいですよね。

できるだけラインのやり取りが続くよう積極的に質問してみましょう。

女子のアプローチ方法②:学校でも積極的に話しかけてみる

ラインだけでなく学校でも積極的に声をかけてみましょう。

文章のやりとりよりも、直接顔を見ながら話すのは距離を縮めるための最短方法。

 

ただし男子中学生によっては女子としゃべっているのを、からかわれるのが苦手な人もいます。

無理に会話に割り込んだり、男子グループが集まっているところに入っていったりするのは控えましょう。

 

おすすめは男子中学生が一人でいるところや少人数で話しているとき。

もし話しかけるのが恥ずかしければ、毎朝おはようの挨拶だけでも声をかけていきたいですね。

女子のアプローチ方法③:一緒に勉強してみる

テスト前や放課後を狙って、一緒に勉強をして距離を縮めていきましょう!

デートには誘いづらくても「テストが近いから一緒に勉強しよう」と声をかけるのは、比較的簡単ですよね。

 

特に相手の男子中学生の得意科目があれば、「わからないところを教えてほしい」とお願いしてみてください。

男子は女子に頼られるとうれしいですし、まして脈ありなら喜んで勉強にも付き合ってくれますよ。

女子のアプローチ方法④:相談事を持ちかけてみる

男子は頼られることがうれしいと紹介しましたが、同じように日頃の悩みや相談事を打ち明けてみるのもおすすめのアプローチ方法です。

悩みを相談するのは、相手のことを信頼していないとできないことですよね。

だからこそ、こちらが相手を信頼して好意を持っていることを伝えられますよ。

 

ただし相談する内容はあまりに重すぎるものはかえって、男子中学生に気を遣わせてしまうのでNG!

もちろん勉強についてを相談するのもいいですし、ちょっとした友人関係の悩みを持ちかけてみてください。

女子のアプローチ方法⑤:スキンシップをしてみる

積極的にボディタッチをして、スキンシップを図っていきましょう。

男子中学生は女子に触れられることにドキドキするし、もしかして好意を持ってくれているのではと考えてくれることもあります。

 

ボディタッチと聞くと恥ずかしいイメージもありますが、たとえば挨拶ついでに肩をぽんとタッチするだけでも十分なスキンシップになりますよ。

一緒に出掛ける機会があれば、思い切って女子から手をつないで男子中学生を引っ張っていくのもありです!

言葉で好きをアピールしづらいのなら、行動で気持ちを伝えていきたいですね。

脈ありと判断した場合のアプローチ方法:男子編

勉強する男子中学生

次に気になっている女子中学生がこちらに好意を持ってくれている場合、男子はどうやってアプローチをしていけばいいのか、具体的な方法を紹介します!

男子のアプローチ方法①:ラインをこまめに返す

女子中学生はたくさん話したりラインをやり取りする人ほど、印象に残るし好意も持ちやすいです。

だからこそ、ラインが来たらできるだけこまめに返すようにしましょう。

こまめな返信をすることで女子中学生のことを考えている、優先している気持ちをアピールできますよ。

男子のアプローチ方法②:部活の大会やイベントに誘ってみる

いきなりデートに誘うのは厳しいなら、部活の大会や学校イベントに誘ってみましょう。

今度大会があるから見に来て欲しいと、はっきりと理由があれば声をかけやすいですよね。

 

また、文化祭や体育祭などのイベントも仲良くなるチャンスです!

いっしょにイベントを過ごそうと誘ってみましょう。

男子のアプローチ方法③:悩みを相談する

女子中学生に悩み相談をするのも、アプローチにつながります。

悩みを相談することで、女子中学生のことを信頼している気持ちを伝えられますよ。

学校や部活での悩みがあれば、直接でもラインでも良いのでぜひ相談を持ちかけて距離を縮めていきましょう。

男子のアプローチ方法④:褒める

女子中学生がもし髪型を変えたら積極的に褒めましょう。

もし休日に一緒に出掛けることがあれば、服やメイクを褒めることも大切です!

 

誰でも人に褒められて悪い気持ちにはならないもの。

ぜひ女子中学生の良いところを見つけたら、積極的に褒めて相手の好感度をアップさせていきましょう。

男子のアプローチ方法⑤:できるだけ優しく接する

ついつい男子の目があると、女子に優しくしようと思ってもそっけない態度をとってしまいますよね。

でも、女子中学生にアプローチするにはできるだけ優しく接してあげるのがポイント。

 

優しい男子は魅力的だし、好意をさり気なく伝えられる良い方法です。

たとえば困っていたら積極的に助けてあげる、重い荷物を持ってあげるなど男らしさをアピールしてみてください。

中学生の脈ありサインで気をつけたい5つのポイント

悩んでいる女子中学生

中学生の脈ありサインがあっても、その後の対応次第で相手に距離を置かれてしまう可能性もあります。

相手を傷つけずに距離を縮めていくためにも、気をつけたい5つのポイントをご紹介します。

ポイント①:周りに脈ありだと言いふらさない

脈ありサインに気づいても、友人やクラスメイトにそのことを言いふらさないようにしましょう。

好きと言う気持ちはデリケートなもので、簡単に周りにはバレたくないもの。

 

そのため、周りにバラしてしまうと好意を持ってくれた相手が、ほかの人にからかわれてしまうかもしれません。

どれだけ嬉しいと思っても、両想いになる前はむやみに周りには話さないように気をつけましょう。

ポイント②:すぐに告白しない

相手の脈ありサインがあっても、急いで告白をするのはちょっと待ってください。

「脈ありサインがあった=告白をすればすぐ付き合える」とは限りません!

 

というのも好きだからと言って、相手がアプローチをしてこないのは、まだ心の準備ができていなかったり、何か事情があって今は告白ができないのかもしれません。

 

そんなときに一方的に告白をしてしまったら、両想いでも恋が実らない状況になってしまいます。

あまり急ぎすぎずにじっくりと仲良くなっていきましょう。

ポイント③:できるだけ電話や会って告白する

もし告白をするのなら、ラインではなく電話や直接会って気持ちを伝えましょう。

ラインは既読無視される可能性があるうえ、声とくらべたら真剣な気持ちが伝わりにくいもの。

そのため必ず相手の声を聴きながら、または顔をしっかりと見ながら告白したいですね!

ポイント④:好き避けをしない

脈ありサインに気づくと、こっちもさらに相手のことを意識しちゃうもの。

話しかけられても、恥ずかしさからうっかり好き避けしちゃったという場合もあります。

 

しかし、好き避けは気になる相手と仲良くなるきっかけを逃してしまいますし、嫌われてしまったかもしれないと悲しまれるきっかけにもなります。

脈ありサインがあっても今までと変わらずに話しかけたり、遊んだりしましょう!

ポイント⑤:好意をからかわない

ついつい恥ずかしさから、「もしかして好きなの?」とからかいたくなる気持ちも出てきますよね。

でも、こうした態度は相手を傷つけてしまいます。

決して相手の好きという気持ちをからかうことは言わないように気をつけたいですね。

相手と付き合う気がないなら深く関わらない

そっけない女性

もし自分に脈ありだなと思っても、相手と付き合う気がないなら期待させる行動はNGです。

たとえば、相手の好きという気持ちを周りにバラしたり、からかったり。

付き合う気がないのにデートに誘うなど、期待をさせてしまう行動も控えましょう。

 

好きな人から期待させるだけさせられて、その後に冗談だったと言われたらと考えると悲しいですよね。

2人きりで遊びに誘うなど、あまり深く関わるのは控えましょう。

中学生が好きな人と両思いになる方法

両想いに慣れた女子中学生

脈ありサインがあった中学生と両想いになりたい人は、どうやって距離を縮めていけばいいのでしょうか?

これからやりたい、両想いになるためのアピール方法を紹介します!

方法①:毎日話す

顔を合わせる日は毎日話しましょう。

話す回数が多い人ほど印象に残るものだし、早く仲良くなれますよね。

恥ずかしければ挨拶だけでも、毎日声をかけることを目標にしてください!

方法②:好きな人にだけ相談する

相談事を脈あり相手に持ちかけてみるのも、仲良くなるコツです。

悩みは信頼できる人にしか簡単に打ち明けられないですよね。

 

脈あり相手も、頼ってもらえるのは嬉しいし、きっと真剣に相談に乗ってくれるでしょう。

2人の秘密の共有にもなりますよ。

方法③:学校行事を一緒に楽しむ

文化祭や運動会などの学校行事を積極的に一緒に楽しんで、仲良くなりましょう!

普段は話す機会が少なくても、協力して何かを作ったり、戦ったりする行事は、思い出づくりにもなるし、相手との距離が一気に縮まる絶好のチャンスです。

方法④:学校から一緒に帰る

放課後一緒に帰るのは、中学生でも無理なくできるデートのようなもの。

1日あったことを帰り道に話したり、ちょっと食べ物屋さんに寄ってみたり。

2人で過ごす時間が長くなれば、自然と距離も縮まって仲良くなっていけますよね。

中学生が好きな人を落とす方法

勉強する女子中学生

中学生が好きな人にアプローチをして、落とすためのテクニックを紹介します。

落とし方①:たくさん絡む

たくさん話して、たくさん一緒に過ごす時間を作りましょう!

一緒にいる時間が長ければ早く打ち解けられるし、信頼関係も築いていけますよ。

 

自分から話しかけるのは勇気がいりますが、緊張するのは相手も同じ。

まずは勇気を出して休み時間や放課後に話かけてみましょう!

落とし方②:相手の友達と仲良くなる

両想いになりたい人と仲良くなるため、その友達と仲良くするところから始めるのもおすすめです。

直接気になっている人と話すのは恥ずかしくても、友達となら話しやすいですよね。

特に共通の友達がいるのなら、一緒に放課後に帰ったり休日に遊びに行ったりするのも誘いやすいですよ。

落とし方③:特別扱いする

両想いになりたい相手が、自分にとって大切な人だと行動でアピールしましょう!

困っていたら助けてあげたり、相談に積極的に乗ってあげたりしてください。

 

ほかにも、ちょっとしたプレゼントを贈るのもいいですね!

「〇〇さんにだけ特別だよ」と、プレゼントと一緒に言葉でも特別である気持ちをアピールできるとさらに良いですね!

落とし方④:連絡先を聞く

学校以外でも話ができるように、LINEなどの連絡先を交換しましょう。

学校であまり話せなかった日も好きなときに連絡ができるし、直接話すのは苦手な人もLINEなら話しやすいですよね。

 

直接連絡先を聞くのが恥ずかしいなら、学校の授業や部活のことで相談したい、一緒に遊びに行くから連絡先を教えてほしいと理由をつけて交換をお願いしましょう。

中学生が好きな人に告白する方法

待ち合わせする女子中学生

中学生が好きな人にいよいよ告白するとなったとき、どんな方法がいいのでしょうか?

おすすめの3つのパターンをご紹介します。

告白方法①:直接会って告白する

1つ目は直接会って告白をすること。

お互いの顔を見て声で伝えられるので、気持ちが相手にしっかりと伝わりますよ。

 

また、直接会っているなら相手に告白を誤魔化されてしまうこともほとんどありません。

真剣な気持ちを伝えるためにも、恥ずかしくても告白は勇気を出して直接言うことをおすすめします。

告白方法②:LINEで告白する

直接ではどうしても気持ちを伝えられないと悩んでいるのなら、LINEで告白をするのもおすすめです。

特に、普段からLINEでよくやりとししているなら、会話の流れから告白に持っていきやすいですよね。

 

でもLINEだからこそ、文章はストレートに好きだという気持ちを伝えることが大切です。

「あなたのことが好きです。付き合ってください。」と、わかりやすく文章で好意を伝えましょう。

 

ただし、LINEは相手から既読スルーされたり無視されたりする可能性もあるのを覚えておきたいですね。

また、文章として残るので、相手によっては誰かに告白したことをバラしてしまうかもしれません。

メリットもあればデメリットもあるので、LINEでの告白はよく考えたうえで実行しましょう。

告白方法③:友達に伝えてもらう

共通の友達がいるなら、友だちを通じて気持ちを伝えてもらう方法もあります。

直接自分では好きと言えないなら、友達にそれとなく「〇〇ちゃんが〇〇君のこと気になってるって言ってたよ」と、伝えてもらいましょう。

気持ちを知ってもらうことで、好きな人に自分のことを意識してもらえるし、その後自分から告白もしやすくなります。

まとめ

中学生の脈ありサインは男子と女子によって違いはあるものの、よく目が合ったり話しているときに嬉しそうだったりと、よく見てみるとわかりやすいサインがたくさんあります。

もし、脈ありサインのある相手と両想いなら、ぜひ積極的に話しかけて仲良くなっていきましょう!

 

また、告白をするのなら、できるだけ直接会って声で気持ちを伝えることがおすすめです。

告白は勇気がいるものですが、いつか気持ちを伝えなければ好きな人との両想いへの道は遠ざかるばかり。

脈ありサインに気づいたら、こちらからも積極的にアプローチしてハートをつかみたいですね♪

この記事に関するタグ

ライタープロフィール

アバター

igarashi

他の記事も見る

TOPへ